大涌谷の黒たまごの魅力とは?販売所・値段・賞味期限をまとめてチェック!

箱根観光で人気の大涌谷には、ご当地グルメ「黒たまご」があります。食べると寿命が伸びると言われている黒たまごは、どんなものなのか?おすすめの販売所や気になるお値段の他、購入前に知っておきたい賞味期限等、大涌谷の黒たまごについての情報をまとめます!

大涌谷の黒たまごの魅力とは?販売所・値段・賞味期限をまとめてチェック!のイメージ

目次

  1. 大涌谷の名物黒たまごは寿命が伸びるスーパーフード?
  2. 大涌谷の黒たまごってどんな食べ物?
  3. 大涌谷の黒たまごで寿命が伸びるって本当?
  4. 大涌谷の黒たまごの作り方は?
  5. 大涌谷の黒たまごって賞味期限はどのぐらい?
  6. 大涌谷の黒たまご販売所1:玉子茶屋
  7. 大涌谷の黒たまご販売所2:くろたまSHOP
  8. 大涌谷で販売している黒たまごグッズ
  9. 黒たまごが販売されている大涌谷へのアクセス方法
  10. インスタ映えする大涌谷の黒たまごの撮り方
  11. 大涌谷の黒たまごを食べて健康長寿を目指そう!

大涌谷の名物黒たまごは寿命が伸びるスーパーフード?

首都圏からのアクセスも良い箱根温泉の大涌谷は、外国人観光客にも大人気!様々なお土産がある中で、インパクトのあるルックスで話題となっているのが大涌谷名物の「黒たまご」です。1つ食べると7年寿命が伸びるという噂の黒たまごについて、作り方やおすすめの販売所の他、気になるお値段や賞味期限も含めて詳しくお伝えしていきます!

大涌谷の黒たまごってどんな食べ物?

関東近県からアクセスがよく、ゴールデンウィークにはたくさんの方が訪れる大涌谷。あちこちからもくもくと上がる湯気からも分かるとおり、現在も活発な火山活動が続いています。観光名所として知られている箱根から程近いエリアにある大涌谷では、昔から湧き出る温泉や噴煙を利用して、黒たまごが作られてきました。

平安時代には、既に、箱根温泉の観光名所の一つとして、多くの人々が湯治に訪れたと言われる大涌谷。病や伝染病など、当時の医学では解決できない病気に冒された人々が、救いを求めてやってきたと言われています。今ではすっかり大涌谷の観光名物となっている黒たまごは、延命の効果があるとされ、傷病労苦に悩む人々珍重されてきたようです。

Thumb大涌谷の観光スポット&お土産特集!所要時間やロープウェイの料金も紹介!
神奈川県の箱根町にある「大涌谷」は、火山活動によりできた荒涼とした地を間近にながめる事ができ...

大涌谷の黒たまごで寿命が伸びるって本当?

大涌谷の黒たまごは、1つ食べると7年寿命が伸びるという言い伝えがあります。なぜ、寿命が伸びると言われているのか?その秘密は、大涌谷の温泉成分にあります。大涌谷の温泉成分に、硫黄がたくさん含まれており、鉄分が豊富なことで知られています。そのため、白いたまごを温泉につけると、真っ黒に変色するようになっています。

体に良い成分があることから、延命に効果があるのでは?と思われる方が多いようですが、黒たまごを食べると寿命が伸びると信じられるようになった理由は、平安時代、弘法大師によって、延命に関するお地蔵さまがこの大涌谷に奉られたことに起因するそうです。現在のような医学がなかった時代の人々にとって黒たまごは希望の光だったのでしょう。

Thumb箱根彫刻の森美術館へのアクセス・ランチ・料金まとめ!子供も楽しめる!
箱根彫刻の森美術館は、国内で最初に造られた野外の技術館です。広い敷地の至る所にアート作品が展...

大涌谷の黒たまごの作り方は?

続いては、気になる大涌谷の黒たまごの作り方です。温泉が湧き出ている大涌谷では、約80度の源泉が湧き出るエリアに白いたまごをつけて1時間ほど茹で、じっくりと時間をかけて黒たまごを作ります。長い時間をかけて茹でることで、白いたまごの殻に含まれる硫黄成分が、温泉成分の鉄分と反応し、真っ黒な黒たまごへと姿を変えていきます。

大涌谷の黒たまご作りは、ここで終わりません。80度の源泉で1時間茹でた後は、蒸す工程に入ります。黒たまごを蒸す作業は、大涌谷のあちこちに立ち昇る100度の湯気を使って行われます。蒸し時間は約15分ほどで、この工程を加えることによって、黒たまごのうまみが凝縮されると言われています。この作り方は、大涌谷独特の製法です。

大涌谷の黒たまごは、この独特の製法で手間暇かけて作られるため、観光客からもかなりおいしいという声が上がっています。一節によると、大涌谷の黒たまごの旨味成分は、普通のゆで卵よりも20%も旨味成分が多く、たまごの味がぎゅっと凝縮した味わいになっているそうです。続いては、気になる黒たまごの賞味期限についてご紹介します。

大涌谷の黒たまごって賞味期限はどのぐらい?

寿命が伸びる効果があると言われており、濃厚な旨味もつまった大涌谷の黒たまご。お土産に持ち帰りたいという方も多いのではないでしょうか?そこで気になるのが、黒たまごの賞味期限です。黒たまごを販売している大涌谷の玉子茶屋のパッケージによると、黒たまごの賞味期限(正しくは消費期限)は、購入後1日から2日となっているようです。

賞味期限と消費期限は、意味に違いがあり、消費期限は「食べきった方が良い期間」で「賞味期限は美味しくいただける期間」となります。賞味期限=消費期限ではありませんが、大涌谷の黒たまごは、消費期限が短いので、その場で食べるのがおすすめです。お土産に持って帰るのは、春先と秋から冬の季節だけにした方が良さそうです。

大涌谷の黒たまご販売所1:玉子茶屋

nadia.1119さんの投稿
11116862 911365722219677 1828130285 n

ここからは、大涌谷で黒たまごを販売している販売所をご紹介していきます。まず、最初にご紹介する販売所はその名も「黒玉子茶屋」。もちろん、黒たまごを販売しています。大涌谷でも、有名な販売所である「黒玉子茶屋」は、テレビ番組で何度も登場している有名なお店です。黒玉子茶屋の黒たまごのお値段は、6個入りで500円です。

昔は1個100円というお値段でばら売りもしていたようですが、現在は6個500円というお値段で均一販売となっているようです。黒たまごは賞味期限も短いので、できれば1個だけ買ってその場で食べたいところですが、現在は、ばら売りはしていないということですので、ご家族やお連れの方とシェアして食べるのがおすすめです。

黒玉子茶屋へのアクセスは、大涌谷の頂上付近まで続く散策コースを歩いて登ったところにあります。大涌谷の頂上付近にある温泉から取り出された黒たまごを販売しているようです。ちなみに、黒玉子茶屋のおばちゃんおすすめの黒たまごの食べ方は、マヨネーズをかけて食べる食べ方だそうです!マヨラーのみなさん、ぜひお試し下さい!

大涌谷の黒たまご販売所2:くろたまSHOP

jiewklさんの投稿
19052257 734600253378175 1872717697968504832 n

大涌谷で黒たまごを買えるもう一つの販売所は、観光のお土産も買える「くろたまSHOP」。こちらのお店には、イートインスペースがあり、店内で黒たまごを買ってその場で食べることができます。こちらのショップではお値段5個500円で販売しています。黒たまご茶屋の方が、1個多くて一個あたりのお値段が20円近くお得です!

okr_83さんの投稿
16230332 1368228059863942 4445093724598304768 n

くろたまSHOPで黒たまごと並んで人気のご当地グルメと言えば「黒チョコソフト」。黒たまごにちなんで作られた真っ黒なラスクが添えられたチョコソフトはお値段400円。黒たまごと合わせて、ぜひ、大涌谷で食べていただきたいおすすめのご当地グルメとなっています。黒たまSHOPには他にもおすすめアイテムがあるので続けてご紹介します。

大涌谷で販売している黒たまごグッズ

wanana877さんの投稿
30604264 304471730085591 5992150659833528320 n

大涌谷のくろたまSHOPでは、名物黒たまご以外にも、様々な黒たまごグッズを販売しています。インスタでも人気のお土産アイテムは、ご当地キューピーちゃんとご当地キティちゃん。キーホルダーやタオルなど、お値段も手頃なものが揃っています。また、温泉まんじゅうなど賞味期限が比較的長いお土産もありますので、お買い物におすすめです。

caprice_skさんの投稿
27880551 2000654183484949 9186762006206611456 n

また、大涌谷のくろたまSHOPでは、オリジナルのお菓子等も豊富に販売しています。ご当地キャラクターグッズも大人気ですが、観光客に人気のお土産の中には、大涌谷温泉とたまごのエキス使って開発された化粧品も人気を集めています。大涌谷の温泉成分が入っており、美肌効果が期待できるそうですので、女性へのお土産におすすめです。

黒たまごが販売されている大涌谷へのアクセス方法

ここからは、黒たまごが買える大涌谷へのアクセス方法をご紹介します。都内から大涌谷へのアクセス方法は、バスまたは車でアクセスする方法と、箱根ロープウェイを使ったアクセス方法があります。ロープウェイ駅には駐車場もありますが、ゴールデンウィーク等、混雑する時期は公共交通機関を使った方が、アクセス時間を短縮できておすすめです。

公共交通機関でのアクセスなら、まず、JR東京駅から新幹線に乗車します。JR小田原駅にて下車し、そこから箱根登山電車に乗り換えます。箱根登山電車に乗ったあとは、箱根湯本駅から、ケーブルカーとロープウェイを乗り継いで、大涌谷に到着です。新幹線を利用するとお値段は割高になりますが、アクセス時間を短縮できるのでおすすめです。

インスタ映えする大涌谷の黒たまごの撮り方

youkahouさんの投稿
20838525 169581886921186 2452246225152376832 n

大涌谷の黒たまご、かなりインパクトがあるので、ぜひ、撮影してインスタにUPしたいと思う方も多いと思います。そこで、おすすめの撮影方法が、大涌谷の湯気を背景にして黒たまごを撮影する方法です。黒たまごだけを撮影すると「なんじゃこりゃ?」という絵になってしまいますので、撮影場所である大涌谷をバックに入れることをおすすめします!

大涌谷の黒たまごを食べて健康長寿を目指そう!

大涌谷名物「黒たまご」についてご紹介しました。1つ食べると7年寿命が伸びるといわれている黒たまご。その歴史は古く平安時代に遡ります。古代の人も、現代を生きる私たちも、健康長寿に対する思いは変わりません。少しでも元気で長生きできるようにという願いを込めて、ぜひ、大涌谷の黒たまごを大切な人と一緒にお召し上がり下さい!

関連記事

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ