箱根の雪はいつ頃から?積雪状況や道路交通など注意点を観光前にチェック!

箱根は雪景色がとても綺麗ですが、雪が降ると交通状況が大変になります。通行止めになったり、立ち往生したり、スリップで事故が起きたりします。今回は箱根で雪が降ると、交通状況がどういうふうになるのか確認していきたいと思います。

箱根の雪はいつ頃から?積雪状況や道路交通など注意点を観光前にチェック!のイメージ

目次

  1. 1箱根の冬は積雪が大変!?
  2. 2箱根は雪景色が綺麗!
  3. 3箱根の雪の時期はアイスバーンが危険!
  4. 4箱根は雪が降ると各地で通行止めに
  5. 5箱根は雪が降ると事故が多い!
  6. 6 箱根の雪はいつから降り始める?
  7. 7箱根の年末は雪が積もる?
  8. 8箱根の雪は年明けが特に注意!
  9. 9箱根の1月の雪の状況は?
  10. 10箱根の2月の雪の状況は?
  11. 11箱根の3月の雪の状況は?
  12. 12箱根の観光名所のウェブサイトを確認しよう!
  13. 13箱根の雪の日に使いたいスタッドレスタイヤってそもそも何?
  14. 14箱根の雪の日に使いたいスタッドレスタイヤはいくら?
  15. 15箱根にも雪のあまり降らないエリアもある
  16. 16箱根の雪の状況はライブカメラで確認しよう!
  17. 17箱根の冬はTwitterで雪の情報を確認しよう!
  18. 18箱根の雪の日はバイクも注意が必要!
  19. 19箱根の雪景色を見るならどの時期に行くのがおすすめ?
  20. 20箱根に雪景色を見に行こう!

箱根の冬は積雪が大変!?

箱根は雪景色が綺麗なスポットでもあります。美しい雪景色の写真を撮影しに来られるお客さんもたくさんいらっしゃいます。温泉宿では雪景色を楽しみながら温泉につかることができるので、露天風呂が人気になったりします。しかし交通状況も大変です。雪は降ると交通規制が始まり、道路が滑りやすくなるのです。今回は箱根の雪の日の交通状況や対策について見ていきます。

箱根は雪景色が綺麗!

26864411 600294470309033 6770149170499026944 n
d_society.dp_hakone

箱根はとても雪景色が綺麗です。特に芦ノ湖周辺に訪れれば確実に美しい雪景色を見ることができるでしょう。芦ノ湖からは富士山が見えるので、雪の時期に行けば積雪した富士山を見ることができるようになっています。雪が降っている時期の方が湖が美しく見えるので、写真を美しく雪景色を撮影することができるでしょう。

17127201 271625479916302 7773177540541153280 n
mamechiyanyooo

大涌谷の方面も美しい積雪が山々に見えます。箱根登山鉄道に乗っていれば周辺で美しい景色を車窓から眺めることができます。あたりには霧が立ち込めて幻想的な雰囲気にもなります。彫刻の森美術館などでは展望台から周辺の山を見渡せますが、辺り一面の雪景色を見ることができます。箱根の観光名所からでも美しい雪景色を見ることができるのです。

15877307 361470044229525 6338802946376990720 n
ikim828

箱根の温泉宿館でも美しい雪景色を楽しめるところがたくさんあります。温泉に入りながら雪を眺めることができるところも多いので、箱根では露天風呂のある温泉宿がとても人気になったりします。新しくできた星野リゾートなど、芦ノ湖や周辺の山を美しく見ることができる絶景の宿は特に人気が出そうです。

Thumbカップル向け箱根温泉旅行プラン!人気の旅館などおすすめスポットを厳選!
東京都心から1時間でアクセスできる温泉街「箱根」。カップルの旅行先として人気のある箱根には、...

箱根の雪の時期はアイスバーンが危険!

17437740 278926352530628 11769988507500544 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sc36sc37

アイスバーンとは一体何なのでしょうか?箱根に雪の降る時期に行くならアイスバーンに注意しておいた方がいいでしょう。アイスバーンとは路面が凍結することです。雪が降って地面が凍ってしまうことをアイスバーンというのですが、雪が降り積もった後に車などが通って、積雪が踏み固められます。すると夜のうちに凍ってアイスバーンができるのです。

ミラーバーンという言葉もあります。交差点付近などで多いのがミラーバーンです。こちらはスタッドレスタイヤが主流になりつつある現代で起こり始めた現象です。ミラーバーンはタイヤによって鏡のように地面が磨かれてしまうことによって起こります。スタッドレスタイヤは雪を取り除いてくれるのですが、コンクリートの地面などが隙間に雪が踏み固められます。

わずかに残った雪が地面の下の熱などによって溶けて凍結してしまうのです。これによって地面が一見凍っていないように見えて、鏡のように綺麗に凍ってしまうのがミラーバーンです。またブラックアイスバーンというのもあります。こちらは地面の水分が凍結して薄い氷の膜ができてしまうことを言います。こちらも怖いです。

17661958 517790361724565 216730350473183232 n
sc36sc37

ミラーバーンに似ていますが、一見凍っているのか見えずらいのが特徴です。凍っていないと思いブレーキをかけると、実際は凍っていてスリップしてしまうということが起こります。目視しただけでは分かりづらいのが冬の時期のアイスバーンです。箱根で雪が降る時期に行く場合はこうしたアイスバーンにも注意が必要です。

箱根は雪が降ると各地で通行止めに

箱根では雪が降ると道路がとても滑りやすくなるので、各観光地で通行止めになります。インターネットにライブカメラなどを見ることができるので、国道1号線や箱根峠の道通行止めになりやすい所のライブカメラを見ることができるようになっています。国土交通省の横浜国道事務所では、ライブカメラを設置している上に、ツイッターでの配信も行っています。

箱根に観光に行く場合はこうしたアカウントをあらかじめチェックしておくのもいいかもしれません。スタッドレスタイヤの着用や、通行止めになった時のお知らせなどを受け取ることができます。箱根ターンパイク株式会社というところでも、Twitterのアカウントで積雪の滑り止め規制やスタッドレスタイヤのお願いなどもお知らせしています。

箱根新道なども箱根に向かう自動車専用道路ですが、雪が降り始めると除雪作業のために通行止めになったりします。箱根新道などはラジオでもよく警告しているので、箱根新道を通る場合はあらかじめいろんなところでチェックしておくと良いでしょう。こちらでは玉突き事故が多いので、通行止めになりやすいエリアでもあります。

箱根は雪が降ると事故が多い!

箱根で通行止めになった場合は引き返したりしなければいけなくなります。車もバイクも通行することができなくなりますので、ネットやラジオなどで交通情報を早めに確認しておくと良いでしょう。雪が降り始める恐れがあったら交通規制がかかることが多いので、注意が必要です。ネットでライブカメラを見ておくと良いでしょう。

毎年のように積雪によって渋滞や交通事故が起こっています。よくあるのがスリップして玉突き事故が起こるパターンです。後ろの車がスリップし前の車にぶつかり、そのまま何台も被害が広がってしまうのです。オーソドックスなこのパターンですが、箱根でもかなり多い事故なので注意が必要です。箱根新道や箱根峠でよくあります。

他の車にぶつからなくてもガードレールなどにぶつかってしまうことも多いです。クラッシュして車が回転したりすることもよくあります。箱根新道は入る前にタイヤチェックなどを行われたりするので、そもそもチェーンやスタッドレスをつけていなかったら入れない場合もあります。チェーンやスタッドレスをつけていたとしても事故を起こすこともあるので注意です。

箱根の雪はいつから降り始める?

箱根の雪は早いところでは11月の終わりぐらいから路面が凍結し始めます。雪が降らなくても自動車が通る道路は凍結し始めるので、あらかじめ注意しておいたほうがいいでしょう。地面が凍り始めると普通のタイヤでは滑ってしまうかもしれません。チェーンなどをする必要ありませんが、スタッドレスタイヤをつけておくのも良いでしょう。

芦之湯から芦ノ湖や強羅や仙石原方面など山道が多いところでは11月から積雪が予想されています。積り始めるのは12月が入ってからの方が多いですが、足柄方面では関東の中心部よりも積雪の恐れが早いので、11月頃に観光に訪れるならスタッドレスタイヤやチェーンなどを持っておくのがおすすめです。

11月頃から雪が降り始めの恐れがあるので、11月以降に行くなら車のトランクに雪が降っても大丈夫なようにしておくと良いでしょう。夜などは山の中の道路がとても寒くなります。地面を滑りやすくなるのでいろんな注意が必要になるのです。朝は特に冷え込みが激しくなるので、ホテルなどに泊まっていてもかなり寒いです。

箱根の年末は雪が積もる?

11月頃から雪が降り始める恐れがあると言いましたが、場所によっても変わります。恐れがあるだけで実際に降ったことはほとんどあまりないので、年明けぐらいから本格的に積雪の準備をしておいた方がいいでしょう。年末辺りから雪が降る恐れも出てきます。場所によっては積雪しているところもあるので注意が必要です。

箱根スカイラインなどドライブで人気のエリアは積雪の恐れがあります。地面が凍ったりすることもあるので、スタッドレスタイヤが必要になります。スタッドレスタイヤなどをつけていない場合は入れないことが多いので、年末に箱根に行く場合はタイヤを付け替えておくと良いでしょう。

箱根の雪は年明けが特に注意!

年明けあたりから箱根は特に注意しなければいけません。年が明けると本格的に積雪が始まるので、箱根の観光スポットではいろんな場所で積雪の注意があります。雪が降りやすい時期は1月の中旬頃から3月頃になっています。関東各地でも雪が降り始める時期なので、観光地に行く場合はスタッドレスタイヤなどの準備をしておくと良いでしょう。

もちろん山道なので山の中に入ることすら大変になります。ハイキングや登山などもできないので注意が必要です。年明け2月から3月あたりは大雪が降ったりしているので、近年では1月を過ぎたあたりから特に注意が必要です。関東各地でも積雪が多いので、2月3月あたりに箱根に行く場合は特に注意が必要です。

この時期では車の駆け込み需要も多くなってくるので、箱根の道路でも立ち往生していたり、車が止まってしまったりしているのが多く見かけられます。夜や朝方など、人を呼べない時間帯などに車が止まってしまって大変なので、観光する時にも出発する時間帯などをよく考えておいた方がいいでしょう。車が止まると本当に大変です。

箱根の1月の雪の状況は?

16465666 1794095434245817 8259607527688241152 n
fumitime37

標高の高いエリアでは雪が積もる恐れもあります。しかし箱根駅伝などを見ていると分かるのですが、1月ではまだ雪が積もったりすることが比較的少ないです。雪が箱根で積もることがあるのはそれほど多くないので、標高の高いエリアに行く場合は積雪の注意をしておいた方がいいでしょう。しかし地面の凍結は大変です。

15876427 878202088989437 6383055385997082624 n
papahahage

雪は比較的1月は降らないでしょうが、地面が凍結してアイスバーンが発生する恐れがあるのでこちらの注意が必要です。箱根で1月に訪れる場合はアイスバーンに特に注意しておいた方がいいでしょう。坂道などがあるので滑るとかなり大変です。雪は積もりませんが箱根の1月はアイスバーンに注意が必要です。

箱根の2月の雪の状況は?

16583686 250431098715990 2503309834363863040 n
annamaria_tkhs

箱根の2月頃は雪が降りやすい時期でもありません。温泉地で人気投票一位にも輝く箱根ですが、温泉に入りたくなる時期にはとても雪が降りやすいです。交通規制も多くなり始める2月では、特に積雪などが厳しい時期であるとも言えます。周辺の静岡あたりでもよく雪が降ります。標高の高いところでは積雪の恐れがあるので注意が必要です。

15875857 314520948942635 8913301825017348096 n
mygirl

箱根湯本では最高気温が10度、平均気温は3度です。1月と2月はだいたいこれくらいの気温になります。とても寒いので積雪よりも寒さ対策をしておいた方がいいでしょう。特に寒くなるのは朝方辺りです。夜はエアコンなどをガンガンに入れて体がポカポカしているかもしれませんが、朝の寝床はびっくりするぐらい寒いです。

箱根の3月の雪の状況は?

14566522 159399814532980 5963946189421281280 n
me_key.love

3月からは最高気温が上がり始めます。最高気温は13度ぐらいになります。最低気温は5度ぐらいになりますが、3月でもまだまだ積雪の恐れがあります。今まではそれほど目立って積雪があった印象がありませんが、最近は関東でもかなり積雪が増えてきています。東京で雪が降ったら箱根も雪が降ることはほぼ確実なので、3月でも積雪の恐れがあります。

10245914 777232085699502 181411358 n
akiaceaaa

日差しは暖かくなり始めますが、年末以降は3月頃まではスタッドレスタイヤを付けておくか、チェーンなど入れておく必要があります。各観光スポットのホームページでは雪の情報が公開されているので、自分の行きたい観光スポットの周辺の雪の状況を確認するといいでしょう。3月でもまだまだ雪の対策が必要です。

箱根の観光名所のウェブサイトを確認しよう!

26153724 742003102659585 1427753180522872832 n
photonanaiphone

自分の行きたいスポットの公式ホームページには、ブログ形式などで必ず過去の積雪状況などの記事が書かれたりしています。リアルタイムでお知らせに情報が入ったりもするので、箱根に観光に行く場合は観光する目的地のWeb サイトを確認してみると良いでしょう。ホテルなどはこうした情報を流していることが多いです。

26070839 592514261093243 4083698194012176384 n
photonanaiphone

ホテルや温泉旅館などは周辺の写真などもアップロードされているので、自分の宿泊する予定のホテルや温泉旅館の周辺の雪の状況を確認することができます。場所によっては周辺の交通状況なども詳しく書いてくれたりするところがあるので、こうした情報も調べてみると良いでしょう。車で行く場合は特にチェックが必要です。

箱根の雪の日に使いたいスタッドレスタイヤってそもそも何?

スタッドレスタイヤとは基本的には吸水し密着し、引っ掻いてくれる特殊なタイヤのことです。溶けた雪の成分を路面から取り除いたり、道路とタイヤを密着させてくれたり、特殊なタイヤによって引っ掻いて雪を取り除いてくれたりします。凍結している道路でも水分を取り除いてくれるので、ブレーキをしても滑らずに走行することができるのです。

一方チェーンはそのままタイヤにチェーンをつけるので、雪を取り除くことしかできません。雪が降っている時にしか使えず、雪が降っていない時に使うと地面を損傷してしまうことがあるので何かと不便なのです。チェーンの方が安いので未だにチェーンを使っている人も多いかもしれませんが、取り付けるのにも時間がかかるので大変です。

箱根の雪の日に使いたいスタッドレスタイヤはいくら?

箱根観光に行く際に必要になってくるスタッドレスタイヤは一体いくらぐらいで購入することができるのでしょうか。スタッドレスタイヤはサイズや国産メーカー、海外のメーカーのものがたくさんあるので、値段もそれによって大きく変わります。海外のメーカーの方が比較的安い値段で買うことができることが多いです。

一本7000円から15000円くらいの間で購入することができるでしょう。しかし日本の国産メーカーのものを購入すれば十万近くなることもあります。海外の方が安いイメージですが、海外の方が性能が悪いといえばそういうわけでもありません。日本のメーカーから素材を仕入れていたりもするので、品質に問題があるというわけでもありません。

スタッドレスタイヤは雪が降りそうな地域に住んでいる場合は、購入しておいて普段からつけておくのがいいでしょう。ものすごく高いものでもないので、ヘタに保険などに加入するよりも、スタッドレスタイヤをつけておいた方が安く済む場合があります。安全面にはお金をかけておくのがベストです。一緒にスノースプレーなども購入しておくと良いでしょう。

箱根にも雪のあまり降らないエリアもある

箱根には雪があまり降らないエリアもあります。箱根湯本などは雪が年に数回しか降りません。箱根湯本は標高が低いので、比較的雪が降りにくい地域になっているのです。箱根湯本にはたくさんの観光スポットやホテルなどもあるので観光しやすいスポットになっています。雪が降りそうになったら進路を変えて箱根湯本に遊びに行くのもいいかもしれません。

冬場はスタッドレスタイヤなどが無くても道路は比較的に利用できるようです。朝方などに行くとやはり地面が凍結している恐れがあるので、スタッドレスタイヤはつけておいた方がいいですが、積雪などによって車が通行止めになったりするということは比較的少ないのです。箱根にも雪が降りにくいエリアはあるのです。

Thumb箱根湯本のおすすめディナー・ビュッフェ特集!デートで人気のおしゃれ店も!
日本有数の温泉地として国内外問わず観光に人気の箱根。美術館や温泉、自然をめいっぱい楽しんだ後...

箱根の雪の状況はライブカメラで確認しよう!

箱根の雪の情報はライブカメラを見て確認しましょう。ライブカメラは箱根町の公式ウェブサイトで確認できるようになっています。ライブカメラが設置されているのは、箱根湯本、大平台、宮ノ下、箱根峠、芦ノ湖眺望、仙石原です。箱根湯本から山の方に行くにつれて積雪が激しくなりやすいです。仙石原方面はよく雪が降るエリアです。

箱根の冬はTwitterで雪の情報を確認しよう!

16464148 477216522666377 4271402906390888448 n
googooconbrio

Twitterのアカウントでも雪の情報を受け取ることができます。関東地方整備局の横浜国道事務所ではTwitterのアカウントが用意されています。こちらはライブカメラを道路に設置しているので、道路の凍結情報などをライブカメラで見ることができます。ライブカメラには通行止めになっている姿や、立ち往生している車なども映ったりしています。

29088816 1020654981431910 8915288354765930496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
numazu_

箱根新道の道路状況を主に確認できるようになっています。滑り止めなしには登ることができない道路なので、Twitterによってスタッドレスタイヤの着用を呼びかけたりしています。立ち往生してしまった車を強制撤去したり、積雪時に滑り止めのタイヤをつけているかチェックしてくれたりしています。

28430321 148616069167056 6432555884810862592 n
akiotsuruta

パソコンやスマホでライブカメラを見ることができるので、公式サイトで確認してみるのもいいでしょう。Twitterでは動画付きのツイートを流したりしているので、アカウントをフォローしておけばツイートが流れるようになります。公式サイトに飛ぶのが面倒な場合は、Twitterで予めフォローしておくのがおすすめです。

箱根の雪の日はバイクも注意が必要!

箱根にバイクで行く場合も注意が必要です。道路状況が悪いのでバイクは特に転倒したりする事故が多発しています。箱根新道などバイクのツーリングで人気のあるスポットなどは、バイクにも注意の呼びかけが始まっています。箱根にバイクで行く場合は、車で行くのと同じように交通状況や時期などを確認しておく必要があります。

箱根湯本の方までは比較的地面も綺麗なのでバイクのツーリングは冬でも楽しいでしょう。しかし山の方まで登って行くと積雪があったりするので、道路の状況がだんだん悪くなります。バイクでツーリングする際は凍結していないか道路の状況をよく確認するのがおすすめです。バイクにもスタッドレスタイヤがあるのでタイヤを変えておくのもいいでしょう。

バイクにはスパイクタイヤやスタッドレスタイヤがあります。凍結した地面で大きな効果を発揮するスパイクタイヤや、スパイクタイヤよりも安く購入することができて、雪道で効果を発揮するスタッドレスタイヤを利用するのもいいでしょう。アイスバーンなどにはスタッドレスタイヤはあまり効果が発揮されないので注意が必要でもあります。

箱根の雪景色を見るならどの時期に行くのがおすすめ?

ではどの時期に箱根で雪景色を見に行けばいいのでしょうか。どの時期に行けば比較的安全に雪景色を見ることができるのかも気になるところです。時期はいつでもいいのですが、雪が振ってから、交通整備などが行われ、道路が綺麗になってから行くのがおすすめです。この時期に行けば道路や交通整備などが行われているので、足止めを食らうこともないでしょう。

箱根に雪景色を見に行こう!

いかがでしたか?箱根は雪が降ると道路の交通状況がとても大変になります。交通規制も行われ始めるので、最近は東京でも積雪が激しいので箱根に観光に行く場合は注意しておいた方がいいでしょう。3月頃でも気温が暖かくなっても雪が降る恐れが最近はあります。是非今回の記事を参考に安全に旅をしてきてください。

関連記事

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ