喜望峰(南アフリカ)を観光!ビーチにはペンギンも!行き方や見所紹介!

南アフリカ共和国のケープ半島に位置する喜望峰は、地理や歴史の教科書でもお馴染みの有名な岬です。今回は、大西洋とインド洋がぶつかる美しい景色が素晴らしい喜望峰への詳しい行き方や、ペンギンと泳げるビーチ等、喜望峰周辺の観光地も合わせてご紹介致します。

喜望峰(南アフリカ)を観光!ビーチにはペンギンも!行き方や見所紹介!のイメージ

目次

  1. 南アフリカ共和国の「喜望峰」をご紹介!
  2. 南アフリカ観光で人気の喜望峰ってどんなところ?
  3. 喜望峰って南アフリカ最南端じゃないの?
  4. 喜望峰の最寄り都市ケープタウンへの行き方
  5. ケープタウンから喜望峰への行き方1:観光ツアー
  6. ケープタウンから喜望峰への行き方2:レンタカー
  7. 喜望峰でレンタカー運転するのは安全?
  8. 運転しないけどツアー以外で喜望峰に行きたい場合は?
  9. 喜望峰周辺の観光スポット1:喜望峰
  10. 喜望峰周辺の観光スポット2:ケープポイント
  11. 喜望峰周辺の観光スポット3:アグラス岬
  12. 喜望峰周辺の観光スポット4:ボルダーズビーチ
  13. 喜望峰と合わせて見たい観光スポット1:ドイカー島
  14. 喜望峰と合わせて見たい観光スポット2:テーブルマウンテン
  15. 喜望峰と合わせて見たい観光スポット3:ライオンズヘッド
  16. 喜望峰と合わせて見たい観光スポット4:ウォーターフロント
  17. 南アフリカ最南西端「喜望峰」へ行ってみよう!

南アフリカ共和国の「喜望峰」をご紹介!

南アフリカの「喜望峰」は、大航海時代に探検家ヴァスコ・ダ・ガマがインド洋への航路を発見した歴史的に有名な観光スポット。喜望峰に広がる景色を一目見ようと、世界中から多くの観光客が訪れます。喜望峰周辺には、世界遺産にも登録されている自然保護区やペンギンに会えるビーチもありますので、詳しい行き方を含めてご紹介致します。

南アフリカ観光で人気の喜望峰ってどんなところ?

喜望峰は、南アフリカ第2の首都「ケープタウン」から約50kmほど離れたケープ半島に突き出した岬で、インド洋と大西洋の2つの海が交わる地点です。喜望峰は15世紀後半、大航海時代に先駆けて、ポルトガル人航海者バーソロミュー・ディアスによって発見されました。その後、ヴァスコ・ダ・ガマがインド洋への航路を開拓したと言われています。

喜望峰を回る航路は、当時ヨーロッパで大変貴重なものとして高額で取引されていた「香辛料」をインドから持ち帰る夢の航路でした。ポルトガルに富をもたらす期待も込めて、当時の国王によって「Cape of Good Hope」(希望の岬)と命名されたそうです。喜望峰という表記は、翻訳間違いによるものだと言われていますが、伝承は定かではありません。

Thumbテーブルマウンテンはケープタウンのシンボル!絶景の山頂への行き方など紹介!
南アフリカのケープタウンにあるテーブルマウンテンは、山頂が名前の通りテーブルのように平たくな...

喜望峰って南アフリカ最南端じゃないの?

歴史や地理の時間に「喜望峰はアフリカ大陸最南端の地」と習った方も多いと思いますが、実は、喜望峰はアフリカ最南端ではなく、正しくはアフリカ最南西端の地となります。アフリカ大陸最南端の地は、喜望峰からさらに150kmほど南に下った「アグラス岬」で、現在では、このアグラス岬も喜望峰と合わせて人気の観光スポットとなっています。

喜望峰をスタート地点に、美しい海岸線の景色を楽しみながら、アグラス岬まで3つの岬を巡るルートは、南アフリカを訪れる観光客に人気のルートです。途中には、ケープペンギンが生息するビーチもあり、かわいいペンギンたちの姿を見ることもできます。最南端のアグラス岬は、クジラが見られるホエールウォッチングポイントとしても有名です。

喜望峰の最寄り都市ケープタウンへの行き方

ここからは、南アフリカの喜望峰への行き方をご紹介します。まず、日本から喜望峰の最寄り都市である「ケープタウン」までの行き方です。日本の各国際空港から、南アフリカのケープタウンまで飛ぶ直行便は運航されていませんので、シンガポール経由または、ドバイ経由やロンドン経由等を利用します。乗り継ぎが一番少ないのはロンドン経由便です。

ロンドン経由便の所要時間は、日本からロンドンまでが約12時間30分、ロンドンからケープタウンまでがが11時間40分となっています。シンガポール経由で行く場合、南アフリカのヨハネスブルクでストップオーバーとなりますので、乗り継ぎが2ヶ所になります。時間はかかりますが飛行機代が安い場合が多いのでバックパッカーにおすすめの行き方です。

Thumbケープタウン観光まとめ!治安に気候・見どころやおすすめホテル紹介!
南アフリカの活気に溢れる街、ケープタウンの観光情報を集めました。世界中から観光客が訪れるケー...

ケープタウンから喜望峰への行き方1:観光ツアー

続いてケープタウンから喜望峰への行き方です。ケープタウンから喜望峰への行き方として、もっとも一般的なのは、観光ツアーに申し込んでツアーに参加する行き方です。ケープタウンからは、現地発の一日観光ツアーが催行されており、観光バスに乗って朝からケープ半島方面へ移動します。観光ツアーなら確実に目的地へ行くことができます。

観光ツアーの中には、喜望峰周辺の観光名所となっているケープポイントとケープタウンの観光名所テーブルマウンテンを回るツアーの他、南アフリカの主要輸出品の一つにもなっているワインの農園等と喜望峰を合わせて回るツアーなど、いくつかのツアーが催行されています。観光ツアーなら現地を知り尽くしたガイドが案内してくれますので安心です。

ケープタウンから喜望峰への行き方2:レンタカー

続いてご紹介するケープタウンから喜望峰への行き方は、レンタカーを利用した行き方です。南アフリカのケープタウン周辺には、様々な観光地が点在しており、公共交通機関がほとんどないためレンタカーでの移動がおすすめです。レンタカーで行く利点は、時間の制約がないので、のんびりと景色を見たり、行きたい場所をカスタマイズできる点です。

南アフリカの喜望峰周辺には「チャップマンズ・ピーク・ドライブ」という、絶景が広がるドライブルートもあります。レンタカーで行く場合は、観光名所への行き方だけでなく、所要時間も頭に入れておきましょう。帰りに道に迷ったり、暗くなるまで運転していたりすると、治安も気になりますのでご注意下さい。

喜望峰でレンタカー運転するのは安全?

南アフリカの車は、日本と同じく右ハンドル左側通行となっているため、日本人でも運転しやすくなっています。レンタカーの手配は、ケープタウンで行えます。海外で運転する際には、国際運転免許証が必要になりますが、レンタカーを借りる際には、日本国内の運転免許証の提示を求められる場合もありますので、ご注意下さい。

運転しないけどツアー以外で喜望峰に行きたい場合は?

観光ツアーで喜望峰へ行くと、滞在時間が短く、写真を撮るだけで精一杯という方が多いようです。車は運転しないけどプライベートでのんびり行きたいという方には、タクシーをチャーターするという行き方もあります。料金は少し割高にはなりますが、英語が多少話せればチャータータクシーでも問題ありません。参考になさって下さい。

喜望峰周辺の観光スポット1:喜望峰

詳しい行き方も分かったところで、いよいよ喜望峰周辺の観光スポットをご紹介していきます!まず、最初にご紹介するのは、もちろん「喜望峰」。歴史的に有名なこの岬は、ケープ半島の突端ににあります。あまり特徴のない場所なので、ここが喜望峰だと分かるように名前が書かれた看板の前で写真を撮りたい観光客が多くの長蛇の列ができています。

喜望峰は、かなり天候の荒れやすい地域にあり、雨や霧、風が出ることも多いようです。お天気の悪い日は、さして景色も良くないようですので、できれば晴天の日に行くのがおすすめです。ケープタウンから喜望峰への所要時間は車で約2時間半ほどとなっています。インド洋と大西洋がぶつかるこの岬は、海の色が2色に分かれているそうです!

喜望峰周辺の観光スポット2:ケープポイント

続いてご紹介する喜望峰周辺の観光スポットは、喜望峰からさらに南に下った先にある「ケープポイント」。先にご紹介した喜望峰と合わせて観光ツアーで巡ることもできます。全長75kmのケープ半島にあるケープポイントは、喜望峰より景色が素晴らしく、たくさんの野生動物も観察できるようです。おすすめは、旧灯台のあった展望台からの景色です。

ケープポイントの自然保護区には、約250種類の鳥類と1100種類の植物が生息しており、中には、喜望峰エリアの固有種や、絶滅危惧種に指定されている貴重な動物たちもいます。2004年には、ケープポイントの自然保護区を含めた一帯がユネスコの世界遺産にも登録されており、南アフリカの大自然を満喫できるおすすめの観光スポットとなっています。

喜望峰周辺の観光スポット3:アグラス岬

続いてご紹介する喜望峰周辺の観光スポットは、喜望峰から約150km離れたアフリカ大陸最南端の地「アグラス岬」です。アグラス岬には「あなたは今アフリカ大陸最南端にいます」という看板も立っています!喜望峰ではなく、こちらが正真正銘「最南端」の岬です!海岸沿いの道路からは、海とアグラス岬の美しい景色を見ることができます。

アグラス岬を含めたアグラス国立公園では、バードウォッチングやホエールウォッチング等、たくさんの生き物を観察することができます。56kmに渡って広がるビーチの景色は撮影スポットの一つです。花の季節には、美しい花々が咲き乱れるお花畑もありますので、自然が好きな方におすすめです。大航海時代に思いを馳せながら、散策してみましょう。

喜望峰周辺の観光スポット4:ボルダーズビーチ

続いてご紹介する喜望峰周辺の観光スポットは「ボルダーズビーチ」です。美しいビーチは、世界で唯一、ケープペンギンを近くで観察できる人気の観光スポット。都市近郊でこんなに多くの野性のペンギンを観察できるビーチは、世界的にも非常に珍しく、かわいいペンギンを見ようと毎年多くの観光客がこのボルダーズビーチを訪れています。

普通のペンギンより、一回り体の小さいケープペンギンは、実は、数が激減しており絶滅危惧種に指定されている貴重な生き物です。ボルダーズビーチ周辺では、観光汚染や地球温暖化の影響で、年々ケープペンギンのヒナの個体数が減っているため、保護活動に力を入れているようです。いつまでもかわいいペンギンが見れるビーチであって欲しいものです。

喜望峰と合わせて見たい観光スポット1:ドイカー島

喜望峰と合わせて見たいケープタウン周辺の観光スポットもご紹介しておきましょう。ケープタウンから車で約20分の距離にある港町ハウトベイの沖合いにある「ドイカー島」は、ハウトベイからボートで10分ほどの距離にある小さな島で、野生のオットセイが観察できる人気スポットとなっています。島を埋め尽くすオットセイの景色は圧巻です!

喜望峰観光の最寄り都市となるケープタウンから、かなりアクセスの良いドイカー島は、喜望峰と合わせて回るのにおすすめの観光スポットで、オプショナルツアーでも人気のコースとなっています。南半球にあるケープタウンは、ご存知の通り日本と季節が逆になりますが、南アフリカの春から夏に当たる9月から4月はオットセイと一緒に泳げます!

喜望峰周辺の海域は、かなり天候が変わりやすく、南極大陸から上がってくる海流の影響で、大航海時代に沈んだ沈船が400隻以上もあると言われています。ドイカー島周辺も、水温がものすごく低い時期もありますので、心臓の弱い方や体力に自信の無い方は、海に入らず、船上からオットセイたちを見るだけにしておきましょう。

喜望峰と合わせて見たい観光スポット2:テーブルマウンテン

喜望峰と合わせて見たいもう一つのおすすめスポットは「テーブルマウンテン」。ケープタウンを見下ろす天空の城テーブルマウンテンは、標高1036m。風雨の侵食により、柔らかい土が削り取られたことによって生み出された絶景の山です。付近にはユネスコの世界遺産に登録されている自然保護区もあり、南アフリカの固有植物も生息しています。

テーブルマウンテンは、車とロープウェイを乗り継いで観光するのが一般的で、喜望峰観光の拠点となるケープタウンの観光地の中で、最も人気のある観光スポットです。ケープタウンの景色を一望できるテーブルマウンテンは、標高300mのロープウェイ駅から、頂上手前の終着駅まで約10分。ロープウェイの窓からも素晴らしい景色を見ることができます。

テーブルマウンテンの山頂までは、山頂トレイルを歩いて行く必要があり、ロープウェイの終着駅から1日2回、無料のガイドツアーも出ています。幅3kmの平らな大地が広がる山頂トレイルは、雲の上に浮いている天然の要塞というべき場所で、山のあちこちで、ケープハイラックスというかわいい野生動物にも会うことができます!

喜望峰と合わせて見たい観光スポット3:ライオンズヘッド

続いてご紹介する喜望峰と合わせて見たい観光スポットは、ケープタウンのもう一つのトレードマーク「ライオンズヘッド」です。先ほどご紹介したテーブルマウンテンから見下ろすこともできる小さな尖塔型の山がライオンズヘッドで、テーブルマウンテンと合わせて、ケープタウンエリアで人気の観光スポットとなっています。

17世紀にケープタウンに入植したオランダ系移民が、街の西側にある2つの丘をそれぞれライオンの頭と、ライオンのお尻の部分に見立て、先にある小さな尖塔の丘を「ライオンズヘッド」と名づけたと言われています。ライオンズヘッドにも、トレッキングルートがありますので、アウトドアが好きな方やハイキングをしたい方におすすめです。

ライオンズヘッドのトレッキングルートはたいへんよく整備されていますが、途中崖っぷちに晒されているルートもあり、高所恐怖症の方にはあまりおすすめできません。標高約670mの山頂までは、約1時間から1時間ほどかかりますので、水や軽食を入れた小さなリュックを背負って登るのがおすすめです。山頂からは街を一望することができます。

喜望峰と合わせて見たい観光スポット4:ウォーターフロント

最後にご紹介する喜望峰と合わせておすすめしたい観光スポットは、ケープタウンの「ウォーターフロント」です。先にご紹介したテーブルマウンテンを今度は下から見上げるのにおすすめのスポットです。インスタ映えするウォーターフロントは、のんびり散策するのもおすすめです。市内を走るバスで気軽にアクセスできます。

南アフリカ最南西端「喜望峰」へ行ってみよう!

南アフリカの喜望峰をご紹介しました。喜望峰自体は、さほど景色が素晴らしいというわけではなさそうですが、ボルダーズビーチのケープペンギンがよちよち歩く姿や、ケープポイントからの景色は心が癒されるおすすめのスポット。歴史ロマンを感じられる南アフリカ最南西端「喜望峰」へ行って、海風と大自然を満喫して下さい!