マナウスの治安や気候を調査!ブラジル旅行で行きたい観光スポット多数!

ブラジル北部の街「マナウス」は、有名なアマゾン川の支流沿いにある魅力的な観光スポット。日本からは飛行機を乗り継いで40時間以上かかります!今回は、ブラジルのマナウスの気候や治安、空港等の基本情報の他、おすすめの観光スポットをまとめます。

マナウスの治安や気候を調査!ブラジル旅行で行きたい観光スポット多数!のイメージ

目次

  1. 1アマゾン川の観光拠点「マナウス」をご紹介!
  2. 2マナウスってどんな街?
  3. 3マナウスの気候は?
  4. 4マナウスの治安はいいの?
  5. 5マナウスの空港は「マナウス空港」じゃない?
  6. 6マナウス市内の移動手段について
  7. 7マナウスの観光スポット1:アマゾナス劇場
  8. 8マナウスの観光スポット2:アマゾン川合流地点
  9. 9マナウスの観光スポット3:インディオ博物館
  10. 10マナウスの観光スポット4:アドウフォ・リスボア市場
  11. 11ブラジルのマナウスからアマゾン川観光へ出かけよう!

アマゾン川の観光拠点「マナウス」をご紹介!

アマゾン川の本流と、支流であるネグロ川の合流地点にある街「マナウス」は、早くからブラジルの交通の要所として栄えてきました。そんなマナウスは、ブラジルが誇る世界の秘境アマゾン川観光の拠点としても人気のある街です。今回は、旅に役立つマナウスの気候や治安情報の他、最寄り空港やタクシー等、基本情報を中心にお伝えします。

マナウスってどんな街?

ブラジルのアマゾン川流域最大の都市であるマナウスは、19世紀から、コーヒー豆やジュートの栽培地として開かれた都市。人口200万人を越える巨大都市でありながら、どこかのんびりとした雰囲気がある港町です。マナウスは、アマゾン川流域にある国立公園や自然保護区とのアクセスが良いため、アマゾン観光の拠点として多くの旅行者が訪れます。

市街地には、マナウス開拓時代に作られたコロニアル調の歴史ある建物も数多く残されており、劇場や博物館など、観光スポットもたくさんあります。アマゾン川流域にあるマナウスでは、ブラジルの中でも非常に珍しい食文化があり、街の市場では、亀やピラニア等、普段は見かけることのない珍しい食材も販売されています。

観光スポットの中には、マナウス周辺に暮らすインディオの歴史を知ることができる博物館もあります。マナウスは、1960年代には「マナウスフリーゾーン」という免税都市に選定され、以来、日本のヤマハやホンダ等も進出している工業都市でもあります。日本の真裏に当たるブラジルのマナウス。この地まで出張する日本人も多いようです。

Thumbブラジルの観光名所完全ガイド!旅行者に人気のスポットや治安も紹介!
ブラジルは明るくパワフルな国。豊かな自然に恵まれた国で、アマゾンや大湿原、大滝など観光名所が...

マナウスの気候は?

日本の約23倍の国土面積を誇るブラジルでは、国の北と南、そしてジャングル地帯や湿地帯でいくつかの気候に分かれています。ブラジル北部に位置するマナウスは、熱帯雨林気候に属しており、一年を通じて最高気温は30度を越えています!熱帯雨林気候なので、乾季でも蒸し暑く、雨も局所的に降ります。40度近くまで気温が上がることもあります。

熱帯雨林気候は、湿度も高く過ごしやすい気候とは言えませんが、ブラジルの春夏にあたる6月から10月頃までは、降水量が減るため、アマゾン川観光をするのに適していると言えます。反対に、降水量の多い雨季でも、マナウスの気温は常に30度を越えていますので、服装は日本の夏服で過ごせます。雨の多い時期は、蚊の蔓延等が心配です。

熱帯雨林気候に属するブラジルのマナウス。観光するベストシーズンを敢えて言うなら、一番降水量の少ない7月から9月が良いでしょう。マナウスから船でアマゾン流域を観光する場合は、水位が落ち着き始める6月からでも大丈夫です。マナウスの最低気温は、一年中23度ぐらいで安定しています。続いては、気になるマナウスの治安をお伝えします。

マナウスの治安はいいの?

海外旅行をする際に最も気になるのが旅行先の治安です。マナウスの治安については、在マナウス日本国総領事館によると、悪化傾向にあるようです。以前は、ブラジルの大都市である、リオやサンパウロに比べて、比較的治安が良いと言われていたマナウスですが、近年では人口あたりの犯罪件数が高くなっており、治安が悪化しているようです。

マナウス市内や郊外を含めて治安が悪いスポットとしてあげられるのは「ファベーラ」と呼ばれるブラジルの貧民街です。危険区域に設定されていますので、立ち入らないようにしてください。治安が悪いエリアが分からない場合は、在マナウス日本国総領事館のホームページで犯罪頻度の高いスポットを確認してから出かけましょう。

日本人が巻き込まれた犯罪の多くは、窃盗(スリや置き引き)の被害がほとんどのようです。治安が良いと思われそうな観光スポットやレストランでも、過去に犯罪が発生しているようです。また、治安の悪いエリア付近では、車で信号待ちをしている際に強盗に遭うという被害も発生しているようですので、くれぐれも注意して旅行して下さい。

Thumbブラジリアはブラジルの首都&世界遺産!観光の見どころや行き方を紹介!
ブラジルの首都ブラジリアは近年計画都市として生まれた歴史の浅い街ですが、実は世界遺産にも登録...

マナウスの空港は「マナウス空港」じゃない?

マナウス観光の空の玄関口となる最寄り空港は、「エドワルド・ゴメス国際空港」です。マナウス空港ではありません!空港からマナウス市街地までの所要時間は、車で約30分ほどとアクセスも便利です。「エドワルド・ゴメス国際空港」は、アマゾンエリアのハブ空港となっており、アメリカのマイアミ等へ行く国際便の発着も多くなっています。
 

エドワルド・ゴメス国際空港は、非常に小さな空港ですが、空港内にお土産の販売所等もあります。国内線は、ブラジルの首都ブラジリアや観光で人気のリオ、サンパウロ等の他、周辺地域への発着便も多いようです。就航便数の多い国際空港ですので、発着時間が変更になることもあります。フライトの時間は事前に確認することをおすすめします。

マナウス市内の移動手段について

観光の際に必要となるマナウス市内の移動手段についてですが、公共交通機関であるバスは、路線が分かり辛い上に、バス停や車内の治安もあまりよくないことから、あまりおすすめできません。レンタカーを運転するか、タクシーを利用するのがおすすめです。マナウスのタクシーはメーター制となっていますが悪徳業者もいるので注意が必要です。
 

マナウスでタクシーに乗車する際は、メーターが作動しているかをよく確認し、空港から市内で移動する際は、到着ロビーにあるタクシー乗車券の販売所で正規タクシーを利用することをおすすめします。また、マナウス市内でタクシーを使うなら、ラジオタクシーが比較的安全なようです。治安が良くない地域ですので、気をつけて観光しましょう。

マナウスの観光スポット1:アマゾナス劇場

ここからは、マナウスの観光スポットをいくつかご紹介していきます。まず、最初にご紹介するのは「アマゾナス劇場」。ヨーロッパ系移民が流入した19世紀後半に、マナウスに建てられた歴史ある劇場は、マナウスの中で文化の香りを感じられるクラシックなオペラハウス。イタリアのルネッサンス様式の外観がインスタ映えするスポットです。

アマゾナス劇場には、ポルトガルやイタリアから取り寄せた大理石や、イギリスから輸入した真鍮製の手すりなど、豪華な内装がほどこされています。当時アマゾン一帯はゴムの輸出栽培が盛んで、ゴム景気によって建てられた豪華絢爛な劇場は、当時の文化水準の高さを今に伝える歴史的建造物となっています。毎日コンサートが開催されています。

マナウスの観光スポット2:アマゾン川合流地点

続いてご紹介するマナウス観光のおすすめスポットは「アマゾン川合流地点」です。マナウスに面したネグロ川と、ソリモンエス川の二つの川が合流する地点は、マナウス観光のハイライトとなっています。いくつかの旅行会社からツアーが出ていて、半日から1日のコースでアマゾン川を探検します。二つの大河の合流地点は一見の価値ありです。

マナウスの人気観光スポットとなっているアマゾン川ツアーでは、合流地点だけでなく、この二つの川に生息する野生の淡水イルカを見ることもできます。旅行会社によっては、ピンクの淡水イルカと泳げるツアー等を催行しているところもあります。時間がない場合は、チャーターボートで、合流地点だけを見学することもできるようです。

マナウスの観光スポット3:インディオ博物館

続いてご紹介するマナウスの観光スポットは「インディオ博物館」です。ブラジルの先住民族であるインディオたちは、キリスト教入植者が入る前に、ネグロ川一帯に暮らしていました。この「インディオ博物館」では、現在ネグロ川の上流で暮らすインディオたちの生活様式や文化、衣装等が展示されています。博物館は、日曜休館となっています。

マナウスの観光スポット4:アドウフォ・リスボア市場

最後にご紹介するマナウスの観光スポットは「アドウフォ・リスボア市場」。こちらは、マナウスの市営市場で、マナウス港に隣接しています。20世紀初めにパリのLes Hallesをモデルに建てられたという歴史スポットは、早朝には、アマゾンのピラニアや亀など珍しい食材が並ぶ市民の台所です。改修工事を経て、2013年にリニューアルオープンしています。

ブラジルのマナウスからアマゾン川観光へ出かけよう!

ブラジルの観光都市「マナウス」をご紹介しました。マナウスのエドワルド・ゴメス国際空港へは、日本からの直行便がなく、オランダのアムステルダム国際空港を経由して50時間近くかかります。アクセスも不便な辺境の地ですが、そこには、巨大な運河アマゾン川があなたを待ち受けています!ぜひ、ブラジルのマナウスからアマゾン観光におでかけ下さい!

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson