鎌倉七福神の御朱印巡りルートはコレ!御朱印帳・色紙の料金や種類も紹介!

鎌倉のお寺や神社巡りを楽しむなら、鎌倉七福神の御朱印巡りがおすすめです。徒歩や電車を利用しながら、鎌倉のパワースポットを巡ります。今回は、人気の鎌倉七福神御朱印巡りについての情報をお届けします。おすすめのルートや御朱印帳・色紙についても見て行きましょう。

鎌倉七福神の御朱印巡りルートはコレ!御朱印帳・色紙の料金や種類も紹介!のイメージ

目次

  1. 1鎌倉七福神の御朱印巡りを紹介!
  2. 2七福神とは?
  3. 3鎌倉七福神御朱印巡り1:鎌倉七福神
  4. 4鎌倉七福神御朱印巡り2:御朱印帳
  5. 5鎌倉七福神御朱印巡り3:鎌倉七福神専用御朱印帳
  6. 6鎌倉七福神御朱印巡り4:色紙
  7. 7鎌倉七福神御朱印巡り5:御朱印のいただき方
  8. 8鎌倉七福神御朱印巡り6:ルートと時間
  9. 9鎌倉七福神御朱印巡り7:お得な一日乗車券
  10. 10鎌倉七福神の御朱印巡りを楽しもう!

鎌倉七福神の御朱印巡りを紹介!

鎌倉と言えば、神社やお寺が多い街。その歴史は深く、中でも鶴岡八幡宮は鎌倉を代表する神社です。歴史の街・鎌倉で人気なのが、鎌倉七福神の御朱印巡り。七福神が祀られているお寺や神社が比較的近くに集まっており、一日で七福神の御朱印巡りが楽しめると評判です。では、早速、鎌倉七福神の御朱印巡りについて紹介して行きましょう。

七福神とは?

七福神とは、七福の神(大黒天・毘沙門天・恵比寿天・弁財天・福禄寿・布袋尊・寿老人)の事を指します。七福神が祀られている神社やお寺を巡る七福神巡りは、江戸時代より広まりました。七福神巡りは正月の15日までに行われ、その年に神様からのご加護に預かれると言われています。そのため、1年の始まりに七福神巡りを行う方が多いというわけです。

鎌倉七福神御朱印巡り1:鎌倉七福神

鎌倉・江ノ島エリアでは、鎌倉七福神巡りが人気です。新年に七福神巡りに出かける方が多いですが、鎌倉七福神では一年を通して七福神の御朱印がいただけます。鎌倉七福神は、全部で8ヶ所。七福ですが、弁財天が2ヶ所の神社で祀られているため、8ヶ所巡る事になります。

江島神社(えのしまじんじゃ)江島弁財天(えのしまべんざいてん)は、技芸上達・財宝・幸福を招く神です。御霊神社(ごりょうじんじゃ)福禄寿(ふくろくじゅ)は、長寿長命の神。長谷寺(はせでら)大黒天(だいこくてん)は、出世開運・商売繁盛の神。浄智寺(じょうちじ)布袋尊(ほていそん)は、福徳円満の人を作る神。

鶴岡八幡宮(つるおかはちまんぐう)旗上弁財天(はたあげべんざいてん)は、芸能成就の神です。宝戒寺(ほうかいじ)毘沙門天(びしゃもんてん)は、財宝富貴・病魔退散の神。妙隆寺(みょうりゅうじ)寿老人(じゅろうじん)は、安全・健康・長寿の神。本覚寺(ほんがくじ)恵比寿尊神(えびすそんじん)は、商売繁盛・縁結び・五穀豊穣の神です。

鎌倉七福神は正月期間だけでなく、一年を通して御朱印がいただけます。8ヶ所・7つの神を巡ると、難を逃れ福が訪れると言われています。また、諸願成就がもたらされるとの言い伝えがあります。七福神について紹介しましたが、今度は七福神巡りに必要な御朱印帳について詳しく見て行きましょう。

鎌倉七福神御朱印巡り2:御朱印帳

参拝の証として手元に置いて置けるのが、御朱印帳です。昔は参拝者が写経を納めて、御朱印をいただいていました。現在では、写経無しでも参拝の証として御朱印がいただけます。御朱印を頂くときに必要になるのが、御朱印帳です。御朱印帳は、寺社で購入する事ができます。また、文房具屋やオンラインショップでも手に入れる事ができます。

鎌倉七福神御朱印巡り3:鎌倉七福神専用御朱印帳

14031562 1082622718493198 277462057 n
feb27a

鎌倉七福神巡りをする方におすすめなのが、鎌倉七福神の専用御朱印帳です。専用御朱印帳の表紙には、「鎌倉江ノ島七福神」と名前が入っています。8ヶ所の寺社の欄があり、そこに御朱印がいただけます。御朱印帳は横に広げられる蛇腹タイプで、料金は800円。各寺社で販売されていますが、念のため購入前に確認しておいた方が良いでしょう。

鎌倉七福神御朱印巡り4:色紙

御朱印は御朱印帳だけでなく、色紙を利用しても良いです。色紙の場合、1枚に全ての御朱印をいただくことができます。家に飾りたい方には、色紙がおすすめです。気になる料金ですが、専用御朱印色紙は、1枚500円。飾り色紙たとう付きの料金は、1枚1000円。色紙は各寺社で購入できます。

Thumb鎌倉『円覚寺』で御朱印集め&座禅体験!おしゃれなカフェや紅葉も見どころ!
北鎌倉にある円覚寺は建長寺に並ぶ北鎌倉の観光スポットとして人気があります。特に北鎌倉の秋の風...

鎌倉七福神御朱印巡り5:御朱印のいただき方

29095136 155836231760233 1655038438895779840 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tr1905y

寺社によって、拝観料が必要になる場所もあります。拝観料が必要な寺社では、入口で拝観料を払います。料金は寺社により異なります。その後、手水舎で手と口を清めます。最初に参拝するのが、本堂です。その他にもお堂がある場合は、本堂参拝後、別のお堂に向かいます。最後に七福神の御朱印とはっきり伝え、七福神の御朱印をいただきます。

26308254 146911289363267 8986814897572544512 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
_sachiko_03

拝観の料金は、宝戒寺100円、浄智寺200円、長谷寺300円。御霊神社の宝物庫は100円。江島神社の八角堂の拝観料金は、150円かかります。御朱印の料金は、一般的に300円。寺社により異なりますが、鎌倉七福神の御朱印料は300円となっています。寺社で料金を支払う時には、おつりが出ないように気を付けましょう。

Thumb鶴岡八幡宮は鎌倉屈指のパワースポット!見どころや拝観料を徹底調査!
鶴岡八幡宮は源頼朝ゆかりの神社であり、頼朝がここを中心に街づくりをしたことから、今でも鎌倉の...

鎌倉七福神御朱印巡り6:ルートと時間

鎌倉七福神巡りは、一日で全て巡る事ができます。寺社の本堂やその他のお堂も見ながら巡ると、8時間くらいは必要になります。一日で巡る場合は、寺社の受付時間を頭に入れながら、朝の時間に出発しましょう。鎌倉七福神巡りをゆっくり楽しみたい方には、二日にかけて巡るのがおすすめ。では、今から一日で巡る人気のルートを紹介しましょう。

鎌倉七福神巡り一日ルート1:浄智寺(布袋尊)

JR「北鎌倉駅」より「鎌倉駅」方面に徒歩で5分くらい向かうと、浄智寺が見えてきます。福徳円満の人を作る神の布袋尊が祀られています。拝観料は大人200円、小中学生100円。拝観時間は、9時から16時30分まで。御朱印帳や色紙が無い方は、こちらで手に入れましょう。

鎌倉七福神巡り一日ルート2:鶴岡八幡宮(旗上弁財天)

浄智寺を出て「鎌倉駅」方面へ歩いて行くと、鶴岡八幡宮が見えてきます。鎌倉の有名な神社で、一年中多くの参拝客で賑わいます。源頼朝ゆかりの神社として知られており、出世運や勝負にご利益があると言われています。境内への入場・参拝は基本無料。ただし、宝物殿は200円、ぼたん庭園は500円かかります。

七福神巡りの旗上弁財天社は、境内の源氏池に浮かぶ島に佇みます。源頼朝が戦の際に必勝祈願をした弁財天が祀られています。芸能成就の神としても有名です。鶴岡八幡宮の拝観時間は、6時から21時(10月から3月)。5時から21時(4月から9月)。どの時期も入門は、20時50分までとなっています。

鎌倉七福神巡り一日ルート3:宝戒寺(毘沙門天)-妙隆寺(寿老人)-本覚寺(恵比寿尊神)

鶴岡八幡宮周辺には、宝戒寺(毘沙門天)・妙隆寺(寿老人)・本覚寺(恵比寿尊神)があります。鶴岡八幡宮とその周辺を歩いて巡るのは、2時間から3時間ほど時間がかかります。本覚寺は「鎌倉駅」に一番近いお寺です。本覚寺で御朱印をいただいた後は、「鎌倉駅」で江ノ電に乗車し移動します。

鎌倉七福神巡り一日ルート4:長谷寺(大黒天)

江ノ電「長谷駅」で下車すると、すぐ長谷寺があります。長谷寺の大黒天像は神奈川県内で最も古く、宝物館に安置されています。それとは別に大黒堂に鎌倉七福神として祀られているのが、「出世開運授け大黒天」。また、触って御利益を授かれる「さわり大黒天」もあります。

鎌倉七福神巡り一日ルート5:御霊神社(福禄寿)

御霊神社へは、「長谷駅」より徒歩で5分ほど。御霊神社の鳥居の目の前には江ノ電の線路があり、電車が鳥居のすぐそばを通ります。御霊神社に祀られている七福神の福緑寿は、長寿・幸福・財産の神です。御朱印をいただいた後は、「長谷駅」に戻り電車に乗ります。また、御霊神社からそのまま次の駅「極楽寺駅」まで徒歩で行くこともできます。

鎌倉七福神巡り一日ルート6:江島神社(江島弁財天)

最後は、江ノ島にある江島神社に向かいます。江ノ電「江ノ島駅」で下車し、江ノ島へ歩いて行きます。駅から江島神社までは徒歩で約20分。ここで注意したいのが、時間です。江島神社は8時30分から17時まで。駅から移動の時間を考慮しながら参拝プランを練る必要があります。

30884509 876832165834560 4246987344458022912 n
fujisawa_scene

江島神社の江島弁財天は、日本三大弁財天の1つ。海や水の神の他に、技芸上達・財宝・幸福を招く神として仰がれています。島全体が境内となっており、奥津宮(おくつみや)・中津宮(なかつみや)・辺津宮(へつのみや)の三宮から成ります。辺津宮のそばにある八角のお堂「奉安殿」には、八臂(はっぴ)弁財天と妙音(みょうおん)弁財天が安置されています。

Thumb長谷寺は鎌倉観光の名所!アクセス・見どころ・所要時間まで徹底ガイド!
神奈川県鎌倉市「長谷寺」は、「鎌倉の大仏さん」と並んで鎌倉を代表する観光スポットです。「長谷...

鎌倉七福神御朱印巡り7:お得な一日乗車券

26865004 148869292487381 6282685681076535296 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hidekitakenaka

今回紹介したルートは、江ノ電の乗り降りが多いです。このような時に利用したいのが、お得な電車の乗り放題チケット。江ノ電では、江ノ電一日乗車券「のりおくん」を発売しています。江ノ電全駅の券売機で購入できます。大人600円・子供300円で、江ノ電が一日乗り放題です。

24839084 547099545639333 6905124255852134400 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yukiki3452

また、江ノ電周辺施設のお得な割引特典もあります。指定の飲食店では、5%から10%の割引が受けられます。江島神社がある江ノ島のエスカレーター施設「エスカー」は、大人40円引き。子供は20円引きとお得。江ノ島の展望灯台や新江ノ島水族館にも割引が適用されます。

鎌倉七福神の御朱印巡りを楽しもう!

以上、鎌倉七福神の御朱印巡りについてお届けしました。歴史深い街だからこそ楽しめる鎌倉の七福神巡り。一日で御朱印巡りが可能です。また、時間のある方は、鎌倉観光とセットで御朱印をいただくのも素敵です。鎌倉でパワースポット巡りを楽しみながら、鎌倉七福神の御朱印をいただきましょう!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
amakana

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ