ハワイ島の空港・ヒロとコナはどちらがおすすめ?特徴やアクセス紹介!

ハワイといっても色々な島があります。それぞれの島へは飛行機でのアクセスが早くてらくちんです。中でも一番大きな島ハワイ島は 観光スポットもいっぱいで、空港も2つあります。そんなハワイ島の2つの空港、ヒロ空港とコナ空港をご紹介します。

ハワイ島の空港・ヒロとコナはどちらがおすすめ?特徴やアクセス紹介!のイメージ

目次

  1. 1ハワイと言えばハワイ島
  2. 2ハワイ島の溢れる魅力
  3. 3ハワイ島には空港が2つある
  4. 4ハワイ島・コナ空港の特徴
  5. 5ハワイ島・コナ空港へ就航しているエアライン
  6. 6ハワイ島・コナ空港近辺の観光スポット
  7. 7ハワイ島・コナ空港近辺のグルメ
  8. 8ハワイ島・コナ空港発のツアー
  9. 9ハワイ島・コナ空港へのアクセス
  10. 10ハワイ島・ヒロ空港の特徴
  11. 11ハワイ島・ヒロ空港へ就航しているエアライン
  12. 12ハワイ島・ヒロ空港近辺の観光スポット
  13. 13ハワイ島・ヒロ空港近辺のグルメ
  14. 14ハワイ島・ヒロ空港発のツアー
  15. 15ハワイ島・ヒロ空港へのアクセス
  16. 16ハワイ島のヒロ空港・コナ空港どちらも魅力がいっぱい

ハワイと言えばハワイ島

日本人に大人気のハワイ。ハワイ諸島の中で一番大きく、「ビッグアイランド」の愛称で知られているのが、このハワイ島です。州都のワイキキがあるのがオアフ島ですがこのハワイ島の特徴はその大自然。現在でも活火山として活動を続けるキラウェア火山。常夏の島で雪が降るマウナケア山など魅力的な大自然でいっぱいの島です。

また、ハワイ島西海岸には有名なリゾートホテルが立ち並び、休日を優雅に過ごすセレブ達が集まってきます。オアフ島のように日本語が通じないのは不安材料かもしれません。

でも今はスマホがあれば十分です。勇気を出して訪れてみれば、本当のハワイの魅力を存分に楽しめるでしょう。

ハワイ島の溢れる魅力

ハワイ島はその大自然が特徴なことに加えて、ローカルの文化を楽しめるという特徴もあります。ワイキキの日本人がいっぱいの観光地とは違い、情緒あふれる地元の人たちの素朴な村や神聖なハワイの史跡、カメハメハ大王の生誕地などがあります。ローカルの文化を体験するのもおすすめです。

Thumbハワイの歴史・文化を学んで観光を!歴史的人物にまつわるスポットも紹介!
ハワイは日本からも多くの観光客が訪れる人気スポットです。ハワイの歴史は長く、歴史的建造物も多...

ハワイ島には空港が2つある

ハワイ諸島の一部といっても、やはり最大の島は大きいです。面積は東京都の約5倍ということですから空港が2つあるのも無理はありません。(実はもう1つウポル空港というセスナ用の空港があります。)自然が豊富な島なので島の東西を横断する道路もそれほど多くはありません。それぞれ東端と西端の両側に空港があるのは、地元の人とっても観光客にとってもとても便利なシステムです。

東に位置するのがヒロ空港、西に位置するのがコナ空港です。観光の目的によってどの空港を選ぶかも変わってきます。これから両方の空港のアクセスや特徴、おすすめスポットなどをご紹介します。

ハワイ島・コナ空港の特徴

ハワイ島西端に位置するのがこのコナ空港。その特徴は、なんと屋根がない空港だということです。オープンエアな雰囲気で満ちているコナ空港。そこに降り立った旅行客たちを一気にハワイモードに変えてくれます。本当に気持ちのいい空港です。唯一の難点は日影が少ない事。でもそれも旅の楽しみの一つです。

ハワイ島・コナ空港へ就航しているエアライン

コナ国際空港から行けるのは世界46の都市。アメリカ国内線が41都市、アジアへは成田と羽田両方就航しています。また、カナダのトロント、バンクーバー、エドモントと結ばれています。就航している航空会社はアラスカ航空、アメリカン航空にデルタ航空。他にもユナイテッド航空やウェストジェットなども就航しています。

日本からの直行便もあるコナ空港

日本から飛んでいる航空会社はハワイアン航空が羽田から1日1便、JAL航空が成田からやはり1日1便飛んでいます。日本の航空会社が飛んでいるのは助かります。言葉の面でも安心ですし何より直行便は乗り換えのことを考えなくていいのでハワイ島オンリーを楽しみたい方にはおすすめです。

ハワイ島・コナ空港近辺の観光スポット

ハワイ島・コナ空港近辺にはおすすめの観光スポットがたくさんあります。ハワイ島のコナ空港に降り立ったならぜひ寄ってみることにいたしましょう。特に人気なのはマジックサンドビーチやホナウナウベイ。透明度の高い海は世界中からの人気を集めています。またコーヒー園・マウンテン・サンダーコーヒーもおすすめです。

真っ白に輝く海岸・マジックサンドビーチ

ハワイ島は火山がいっぱいあり黒い溶岩で満ちているので、以外に真っ白な砂が広がるビーチは珍しいようです。マジックサンドという名前の由来は、季節によって浜辺の白い砂が流されて、一晩で砂浜が消えてしまうことがあることから来ているそうです。コナの街からもとても近いので地元の人たちの憩いの場所ともなっています。

澄んだビーチ・ホナウナウベイ

こちらはシュノーケリングにピッタリのスポットです。ハワイ島は海が綺麗なので、わざわざボートツアーなどに参加しなくても岸からのアプローチでもシュノーケリングには十分です。綺麗なサンゴに加えて、運が良ければイルカやカメなどの歓迎を受けることができるおすすめの場所です。

コーヒー好きは訪れたい・マウンテン・サンダーコーヒー

ハワイと言えばコーヒーも有名です。コーヒー豆にこだわりをお持ちの方でしたらオーガニックのコナコーヒーと聞いただけで気分がウキウキしてきます。あの特徴的な甘い香りをすぐに頭の中に思い浮かべる方も多いでしょう。そんなコーヒー好きの人に特におすすめなのがこのコーヒー園、マウンテン・サンダーコーヒーです。

空港から車で約20分の場所にある農園です。ほとんどの人はレンタカーを借りてハワイ島観光の一部としてここを訪れるようです。

このコーヒー園にはショップが併設されていて、コナコーヒー豆のほかに、お茶やチョコレートなどお土産にも最適なものがたくさん売っています。農園ツアーやコーヒーの試飲もあるおすすめの場所です。

Thumbハワイ島のコナ観光はグルメやショッピングも楽しい!おすすめホテルも紹介!
ハワイ島の中でもコナ地域を取り上げて紹介してみたいのですが、ハワイ島のコナといえばカメハメハ...

ハワイ島・コナ空港近辺のグルメ

コナ空港周辺は、ヒロ空港周辺と比べると、ビーチもたくさんあり、有名リゾートホテルもたくさんオープンしているという特徴があります。ですので、おすすめグルメスポットもたくさんあります。空港は市内からそれほど遠くないのでアクセスも便利なレストランもたくさんありますので、いくつかご紹介します。

デザートも美味しいフレンチカフェ・フレンチマンズカフェ

ハワイ島のなかでも一番のおしゃれなカフェ。アメリカの料理に飽きたころに、繊細なフレンチを食べるとホッとします。メニューも豊富で、ガレット、オムレツ、クレープなど。朝7時からオープンしているので空港に到着して、とりあえずどこかで朝食を、という方にはおすすめです。

アメリカ風スシの店・ウルオーシャングリル・アンド・スシラウンジ

空港からは11キロありますが、ほとんどの人はレンタカーを借りると思いますので大丈夫でしょう。日本食っぽいあっさりした料理が食べたくなったなら、ぜひこちらをお尋ねください。フォーシーズンズホテル内にあるレストランなので値段は覚悟したほうが良いと思いますが、とにかくロケーションが最高です。

地元料理の店・パインツリーカフェ

ハンバーガーなどのファストフードやローカルメニューが美味しいお店です。店内でも食べられますし、お願いすればパックにしてくれるので料理をテイクアウトすることもできます。ロコモコ、フライドポテトなど美味しい料理がたくさんです。空港から近いのでとりあえず何か食べたいときはこちらがおすすめです。

ハワイ島・コナ空港発のツアー

コナ空港から出ているツアーも種類が豊富で数えきれないほどです。飛行機やヘリコプターでハワイ島の火山や大自然を見て回るツアーや、シュノーケリングやダイビングのボートツアーなど盛りだくさん。日本からの人気のツアーはマウナケア山頂での星空観察などです。値段は人数などによって様々ですが心から楽しめるツアーばかりです。

ハワイ島・コナ空港へのアクセス

バスなどは無いので市内へアクセスする場合はレンタカーかタクシーになります。タクシーはメーター制で玄関を出た中洲のところにタクシー乗り場があります。カイルア・コナまでのアクセスは20分の道のりで約30ドル。マウナケアまでのアクセスは1時間15分ほどで約80ドルです。チップの目安は15パーセントぐらいです。

ハワイ島・ヒロ空港の特徴

ハワイ島の中でも西側のコナ空港と比べるとこのヒロ空港はすこし地味な空港です。気候も雨が多く曇りがちで、アクセスの良いビーチも少ないためリゾートホテルがほとんどありません。ですがその分人が少なくて静かです。ハワイでは、とにかくゆっくりと休みたいという方におすすめのローカルな雰囲気を味わえる空港です。

ハワイ島・ヒロ空港へ就航しているエアライン

このヒロ国際空港に就航しているエアラインは2つだけです。ハワイアンエアラインとユナイテッド航空です。それに加えてここからはヘリコプターツアーがたくさん出ているのでヘリポートもあります。日本から到着便はないので、ほとんどの方はホノルルなどからハワイ島観光のために国内線でアクセスした際にこの空港を利用することになります。

ハワイ島・ヒロ空港近辺の観光スポット

ヒロ空港はそれほど大きな空港ではないのですが、世界遺産のキラウェア火山などのすぐ近く。ヘリポートも併設されているので、ヘリを使ったツアーの拠点ともなっているのも特徴の1つです。ですので、ワイキキなどから日帰りのツアーに参加する人も多数いらっしゃいます。そんなヒロ空港周辺の観光スポットをご紹介します。

キラウェア火山の国立公園

世界で最も活発に活動している火山がこのキラウェア火山でしょう。ヒロ国際空港からはすぐの好立地です。世界遺産としても有名なこの火山には、溶岩にのみ込まれたオヒアの森、以前は溶岩が流れていた溶岩トンネル。また広大な溶岩大地など魅力にあふれたスポットがたくさんあります。

一番のおすすめは夜に訪れるハレマウマウ火口見学です。人口の光がほとんどない中で赤々と輝きながらゆっくりと流れていく溶岩を見るのは、まるで地球の鼓動を感じているかのような錯覚に陥ります。地球の巨大さや威力を目の当たりにして、なんだか謙虚な思いにさせられます。

本店見学!ハワイ島名物・ビッグアイランドキャンディーズ

地元ハワイの素材を使って、人々に喜びをもたらしたい、という思いのもとにこのヒロ地区で創業されたのがこのビッグアイランドキャンディーズです。創業以来のオリジナル商品、元祖チョコレートディップマカダミアナッツショートブレッドクッキーはハワイの代名詞として多くの人々が購入して帰ります。

このヒロ空港近くの本店にはギフトショップがあり、見学や試食をすることもできます。もはやハワイ土産の定番となったこのクッキーを本店で買えば、一味違うかもしれません。

海洋生物に会える・カールスミス・ビーチパーク

溶岩岸が多いハワイ島東海岸の中では珍しく、白砂が多いのがこのビーチです。海の色は淡いエメラルドグリーン。岩場が少なく、浅瀬が多いのでお子さんたちといらっしゃる方たちに人気のビーチです。こんな浅瀬でもときどきカメがやってきてシュノーケリングで観察できるようです。子どもたちも大興奮です。

Thumbハワイは山で観光もおすすめ!有名な標高世界一の高さをもつ山はどこ?
ハワイと聞いてまずイメージするのは、青い海と白い砂浜ではないでしょうか。ハワイにはビーチ以外...

ハワイ島・ヒロ空港近辺のグルメ

コナ空港周辺とは違いヒロ空港周辺は特にB級グルメの名店がたくさんあります。地元の人たちと一緒になって食べるような食堂もあります。新鮮な野菜や魚を使った料理もたくさんあり、とくにこの島は色々な国の文化が混ざったフュージョン料理があちらこちらで楽しめます。そんなグルメ情報をいくつかご紹介します。

ハワイで老舗の魚屋さん・スイサン

スイサンという店名は水産から来ています。日系人が創業した魚屋さんです。そこで食べていただきたいのがポケ丼です。ポケとは新鮮な魚のぶつ切りを塩やゴマ油などであえた、ハワイ風のカルパッチョみたいなものです。そのポケをご飯の上にたっぷりとのせて食べるのがポケ丼です。アメリカンなこってり味は疲れた時に癒される味です。

新鮮な魚を使ったおしゃれな料理・ポールズ・プレイスカフェ

ヒロの港で取れた新鮮な魚たちを大胆にアレンジしていきます。小ぢんまりとしていて座席数は少ないですが味は確かです。なので、予約をしていった方がいいでしょう。メニューはフレッシュフィッシュボウル、フレッシュフィッシュサンドイッチなど。エッグベネディクトやワッフルなどアメリカ定番の朝食も美味しいです。

地元の人に人気・ムーンアンドタートル

次にご紹介するのが地元の人に人気のこのお店、ムーンアンドタートル、月と亀。ちょっと変わったテイストのアジア料理という感じです。メニューには魚のカルパッチョに加え、チャーハンやギョーザもあります。和のテイストに東南アジアのテイストやハワイのテイストが混ざり合った、他とは全く違う味です。

ハワイ島・ヒロ空港発のツアー

星が綺麗に見えるマウナケア山頂や世界遺産キラウェア火山の見学ツアーがたくさんあります。ホノルルから日帰りツアーでこのヒロ空港におつずれる人たちもたくさんいます。空港にはヘリポートもあるのでそのままアクセスして、ヘリコプターツアーに参加というのもおすすめです。

最近人気なのはドアなしヘリコプターツアーです。経験豊かなヘリコプターパイロットがキラウェア火山の見どころを一番よく知っているのかもしれません。

ヘリコプターならではの至近距離で壮大な溶岩流を観察することができます。これはヒロ空港のみのツアーのようです。

ハワイ島・ヒロ空港へのアクセス

こちらもコナ空港と同じく、公共交通機関はないのでレンタカーかタクシーになります。メーター制で、ヒロ・タウンまで約10分で15ドル程度。ボルケーノまでは約45分で55ドルほどです。レンタカーは空港の手荷物受取所から出てすぐのところにあるので、コナ空港よりレンタルはしやすいようです。

ハワイ島のヒロ空港・コナ空港どちらも魅力がいっぱい

大自然を体験出来る、ハワイ島の2つの空港の魅力をお伝えしました。それぞれの空港がそれぞれの特徴があり甲乙つけがたい役割を果たしていることが良くわかりました。おしゃれな観光地を目指すのか、よりローカルな雰囲気を味わいたいのかそれによって変わってきます。

いずれにしても、この島を訪れたならハワイ島の大自然を満喫してください。海の青さと色とりどりの魚たち。ケタ違いな火山の迫力と夜の神秘的な風景。

それに加えて満天の星空を観察すればはるばる遠い日本からやってきたかいがあったというものです。ハワイ島旅行の計画を立てて見てください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Canna

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ