のこのしまアイランドパークへの行き方や料金を調査!おすすめの楽しみ方は?

福岡の博多湾に浮かぶ小さな島「のこのしまアイランドパーク」はフェリーで気軽に訪れることが出来る人気の島「能古島」にあります。のんびりと自然の中で過ごしたい人にはおすすめの場所です。今回は「のこのしまアイランドパーク」のおすすめの楽しみ方や料金などを紹介します。

のこのしまアイランドパークへの行き方や料金を調査!おすすめの楽しみ方は?のイメージ

目次

  1. 1のこのしまアイランドパークに遊びに行こう!
  2. 2のこのしまアイランドパークはどんな場所?
  3. 3のこのしまアイランドパーク1:フェリーのりばへの行き方
  4. 4のこのしまアイランドパーク2:フェリーのりばからの行き方
  5. 5のこのしまアイランドパーク3:営業時間は?
  6. 6のこのしまアイランドパーク4:入園料は?
  7. 7のこのしまアイランドパーク5:おすすめのエリア
  8. 8のこのしまアイランドパーク6:パーク内のレストラン
  9. 9のこのしまアイランドパーク7:パーク内の宿泊施設
  10. 10のこのしまアイランドパークで自然を満喫しよう!

のこのしまアイランドパークに遊びに行こう!

「のこのしまアイランドパーク」は、福岡県博多湾に浮かぶ小さな島「能古島」にあります。フェリーで約10分で気軽に訪れることが出来る人気の観光スポットです。「能古島」はのんびりと自然の中で過ごしたい人にはおすすめの場所です。今回は「のこのしまアイランドパーク」の行き方や料金・おすすめの楽しみ方を紹介します。

のこのしまアイランドパークはどんな場所?

「のこのしまアイランドパーク」がある「能古島」は、福岡の博多湾に浮かぶ小さな島です。フェリーを利用して福岡市内から約10分で行けるので、気軽に訪れることが出来る観光スポットとして人気があります。能古島は、海や花畑などの自然を楽しむことが出来ます。島内ではサイクリング・海水浴場などで自然を満喫することが出来ます。

「のこのしまアイランドパーク」では、季節ごとに四季折々の花が咲くことでも人気があります。春の花は菜の花・サクラ・ポピー・つつじなど、夏の花はあじさい・ひまわり・ブーゲンビリアなど、秋の花はコスモス・遅咲きコスモス・紅葉など、冬の花は日本水仙・さざんか・つばき・梅などの花を季節ごとに楽しむことが出来ます。

のこのしまアイランドパーク1:フェリーのりばへの行き方

電車・バスを利用した行き方

「のこしまアイランドパーク」への行き方として、遠方から飛行機を利用した場合、福岡空港から姪浜駅間を福岡市営地下鉄空港線を利用します。所要時間は約25分、福岡空港から姪浜駅間の料金は330円です。姪浜駅を下車した後は、姪浜駅北口バス停から能古渡船場バス停まで路線バスを利用した行き方があります。所要時間は約15分です。

「のこのしまアイランドパーク」の行き方として、福岡・博多駅と天神駅からはバスを利用した行き方があります。博多駅から能古渡船場バス停までは西鉄バスを利用します。のりばは「博多駅前Aバス停」です。天神駅から能古渡船場までは西鉄バスを利用します。のりばは「天神高速バスターミナル前」です。所要時間は博多駅が約42分・天神駅が約29分です。

車を利用した行き方

「のこのしまアイランドパーク」へ車を利用した行き方は、九州自動車道を利用します。九州自動車道の太宰府ICまたは福岡ICより福岡都市高速に乗り換えます。福重・天神方面へ進み「愛宕ランプ」でおります。所要時間は約20分です。「愛宕ランプ」からは姪浜渡船場までは約10分で到着します。所要時間は交通状況により変わる場合があります。

のこのしまアイランドパーク2:フェリーのりばからの行き方

「のこのしまアイランドパーク」への行き方は、姪浜渡船場から能古島渡船場まではフェリーを利用します。所要時間は約10分です。フェリーで能古島渡船場へ到着した後は、西鉄バス「アイランドパーク行き」に乗車をして「のこのしまアイランドパーク」へと向かいます。GWや夏休みの混雑時期には、フェリーとバスの臨時便も運行されます。

「のこのしまアイランドパーク」までフェリーを利用した場合、姪浜渡船場から能古島渡船場までのフェリーの片道料金は、大人230円・小人120円です。能古島渡船場からアイランドパークまでのバスの片道料金は大人230円・小人120円になります。車を能古島に乗り入れる場合の料金は、普通車5m未満の料金は4940円、4m未満の料金は3080円です。

Thumb能古島へのフェリーでのアクセスガイド!料金や乗り場・所要時間は?
福岡にある能古島は陸地とつながっておらず、フェリーでアクセスできる小さな島です。フェリーの時...

のこのしまアイランドパーク3:営業時間は?

「のこのしまアイランドパーク」の営業時間は、平日(月曜日から土曜日)は9時から17時30分です。日曜日・祝日は9時から18時30分です。冬の期間の営業時間は平日と同じ時間になります。定休日は年中無休です。菜の花・コスモスが満開した時期には、ライトアップ営業を行っています。その時期は営業時間が9時から20時になります。

のこのしまアイランドパーク4:入園料は?

「のこのしまアイランドパーク」の入園料金は、大人(高校生以上)1200円・小人(小中学生)600円・幼児(3歳以上)400円です。30名以上の団体で利用する場合は、入園料が2割引になります。高校生300円・中学生250円・小学生200円・園児150円・専門学校600円です。留学生証明書・学生証の提示で留学生の入園料が5割引になります。

ローソンチケット

「のこのしまアイランドパーク」の入園チケットは、前売りで購入することが出来ます。ローソンチケットを利用すると「のこのしまアイランドパーク」の入園券が1割引になり、チケット窓口に並ばずに入園が出来るのでおすすめです。ローソンチケットを利用する際にはLコード「81604」が必要です。詳しくはローソンチケットHPで確認をお願いします。

定型会員クラブ割引

JTBえらべる倶楽部・グルメぴあ・中小企業同好会・福利施設倶楽部(リロクラブ)の会員カードをお持ちの方は、チケット窓口で会員カードを提示すると入園料の1割相当の「園内利用券」の利用が出来ます。「園内利用券」の利用は、本人含め同伴者4名まで利用することが出来ます。会員カードを提示すれば入園券が割引になるおすすめの割引プランです。

のこのしまアイランドパーク5:おすすめのエリア

のこのこボール

14592126 613975302118163 4543670701579567104 n
kazuya_matsuda

「のこのしまアイランドパーク」の人気アクティビティ「のこのこボール」は、アイランドパークのオリジナルスポーツです。クラブやボールを使い全9コースを回ります。料金は500円(9コース)800円(18コース・2周)です。表彰式も出来て10名以上のグループには優勝カップがプレゼントされます。グループや大人数で楽しむにはおすすめです。

ミニ動物園

「のこのしまアイランドパーク」のおすすめ人気エリアは「ミニ動物園」です。ミニ動物園には、ウサギやヤギなどの動物たちとふれあうことが出来ます。ウサギやヤギにはエサをあげることも出来ます。海が見える丘にはヤギ小屋があります。海が見える眺めの良い場所のヤギ小屋では、時々生まれたばかりの赤ちゃんも見ることが出来ます。

陶芸体験

「のこのしまアイランドパーク」では、陶芸体験も人気です。専門のスタッフに指導してもらいながら、初めての人でも安心して陶芸体験を楽しむことが出来ます。湯呑み・お茶碗・マグカップなどのオリジナル作品を15分ほどで作ることが出来ます。料金は1つ2300円からです。焼きあがった作品は、約2ヶ月後に着払いでの配送となります。

楽焼(絵付け体験)

「のこのしまアイランドパーク」では、楽焼(絵付け体験)も人気があります。自分で絵付けをしたオリジナルのお皿を作りを体験出来ます。お皿だけではなく様々な素焼素材も用意しています。料金は、お皿の大きさや種類により異なります。小さいお皿・灰皿・貯金箱などは800円から体験出来ます。作品は後日郵送となります。

Thumb能古島の観光スポット特集!コスモスやキャンプなど島の魅力が満載!
島というと船に乗って遠くに行くというイメージはありませんか?福岡の能古島は、博多湾に浮かんで...

のこのしまアイランドパーク6:パーク内のレストラン

バーベキューハウス

「のこのしまアイランドパーク」には、手ぶらでバーベキューを気軽に楽しむことが出来る「バーベキューハウス」があります。絶景を楽しみながら、九州産和牛の炭焼きを楽しむことが出来ます。連休や行楽シーズンに利用する際には予約をおすすめします。営業時間は11時から17時30分です。テラス席・室内・屋外の席でバーベキューを楽しめます。

「のこのしまアイランドパーク」の「バーベキューハウス」おすすめメニューは「のろし焼き」です。持ち込みでバーベキューを楽しみたい場合は、別途料金が掛かります。「食材の持ち込み」は大人700円・小人500円、「ドリンクの持ち込み」は大人300円・小人200円、「食材とドリンクの持ち込み」は大人1000円・小人700円になります。

耕ちゃんうどん

16908190 1778843399109053 4991374390252797952 n
y1u1m2i0

「のこのしまアイランドパーク」の「耕ちゃんうどん」は、名物の「能古うどん」を楽しむことが出来ます。「能古うどん」は能古島で作られているうどんです。細めんでコシの強い能古うどんを「耕ちゃんうどん」では、通常のうどんの他に冷やしうどんや釜揚げうどんで楽しめます。「耕ちゃんうどん」の営業時間は11時から17時30分です。

のこのしまアイランドパーク7:パーク内の宿泊施設

「のこのしまアイランドパーク」には、宿泊施設があります。博多湾を一望できる1戸建タイプのコテージが10棟あります。コテージの周りにはお花畑があり、春はサクラや菜の花、秋はコスモスなど、自然を楽しみながらコテージでゆっくりと過ごすことが出来ます。コテージを利用する場合は、電話で予約する必要があります。

「のこのしまアイランドパーク」のコテージの宿泊料金は、1泊1名で大人5000円・小学生3000円・3歳以上1500円です。チェックインは15時から17時の間、チェックアウトは翌朝の10時です。コテージ1棟の定員は6名です。特典として、宿泊時はアイランドパークの入園が無料です。能古島キャンプ場・海水浴場の利用が1回無料になります。

のこのしまアイランドパークで自然を満喫しよう!

「のこのしまアイランドパーク」への行き方や料金、パーク内の楽しみ方などを紹介しました。能古島はフェリーで福岡市内からも10分ほどで行ける場所なので、1年を通していつでも遊びに行くことが出来ます。コンビニやホテルがない「のこのしまアイランドパーク」で都会の喧騒から離れて、四季折々の花々や自然を満喫してみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
櫻井まりも

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ