河内藤園の見ごろはいつ?入園チケットの入手方法やアクセスも要チェック!

初夏を迎えるこの時期に見ごろを迎えるのが藤の花です。その藤の名所として知られる河内藤園は、SNSやメディアで取り上げられることで有名になり、現在では藤の見ごろの時期には入場制限が行われるほどです。河内藤園へのアクセスや見ごろ、チケットの入手方法を紹介します。

河内藤園の見ごろはいつ?入園チケットの入手方法やアクセスも要チェック!のイメージ

目次

  1. 河内藤園は大人気
  2. 河内藤園とは
  3. 河内藤園はどこにある?
  4. 河内藤園へのアクセス
  5. 河内藤園の開花時期は?
  6. 河内藤園の見ごろは?
  7. 河内藤園はチケットが必要
  8. 河内藤園のツアーは?
  9. 河内藤園の周辺観光スポット
  10. 河内藤園で幻想的な美しさを体験

河内藤園は大人気

桜の季節が過ぎると、次に見ごろを迎える花の一つが藤です。花が滝のように下る姿は本当に美しいものですが、その名所の中で人気のスポットの一つが河内藤園です。河内藤園へのアクセスのほか、藤の開花時期や見ごろ、チケットの入手方法などについて紹介します。

河内藤園とは

河内藤園は福岡県にあり、1977年4月、私設庭園として開設されました。敷地面積は3000坪ほどあり、そのうち約1850坪に藤が植えられているほか、周辺には紅葉の木があり、それぞれの時期には美しい姿を見せてくれます。ふだんは藤と紅葉の時期のみ開園されます。

河内藤園は、その名の通り藤の名所なのですが、近年特に観光客が多く訪れるようになっています。なぜかというと、その美しい姿が「実在する世界の美しい場所10」「世界の絶景10」ということでSNSなどで紹介されたほか、アメリカのテレビ局などでも絶景スポットとして紹介されたのです。

河内藤園はもともとはCMなどでの宣伝をしていなかったこともあり、比較的のんびりと藤の見ごろを楽しむことができる藤園だったのですが、一気に観光客が押し寄せるようになりました。そこで2016年からは藤の見ごろの時期は事前にチケットを購入することが必要になりました。

河内藤園はどこにある?

河内藤園があるのは福岡県北九州市八幡東区です。周辺には河内貯水池があり、「せせらぎ広場」やサイクリングロードなどがあるので、河内藤園の開花から見ごろの時期以外でも、休日をのんびり楽しむ人たちが多く訪れる地域でもあります。しかし河内藤園の見ごろの時期には多くの観光客で混雑しています。

河内藤園へのアクセス

それでは河内藤園へのアクセスについて紹介します。河内藤園は福岡県北九州市にあるのですが、公共交通機関でのアクセスは便利とは言えません。藤が見ごろの時期以外は公共交通機関を利用する場合、最寄り駅からバスを乗り継ぎ、さらに徒歩で数十分かかるという場所なのです。

藤が見ごろの時期に河内藤園にアクセスする場合、最寄り駅はJR鹿児島本線の「八幡駅」となります。遠方などで新幹線などを利用する場合は「小倉駅」もしくは「博多駅」で乗り換えることになるでしょうか。電車を降りたら駅から50メートルほど歩いたところにある、西鉄バスの乗り場から無料シャトルバスを利用してアクセスします。

この無料シャトルバスは2018年の場合、5月6日までは8時から17時まで1時間ごとに、7日と8日は1時間半から2時間ごとに一本の割合で運行されました。シャトルバスで河内藤園までの所要時間は30分ほどです。このバスを利用することで便利にアクセスすることができます。

シャトルバスがない時期は八幡駅かイオンモール八幡東から西鉄バスの北九州上重田行きに乗車して、終点まで行きます。そこから徒歩で40分ほどかかります。基本的に藤が開花する時期にはバスがあるので、こちらを利用することはあまりないでしょうが、こちらを利用するのであればタクシーを利用したほうがいいかもしれません。

河内藤園へのアクセスで多くの方が利用するのが車です。車の場合は福岡方面からは都市高速「大谷IC」、山口方面からは同じく都市高速「山路IC」が最寄りICとなります。それぞれのICを降りたら、そこから河内貯水池を目指して進みます。河内貯水池に着いたら1.8キロほど進んだ橋の手前を左折します。

この左折する場所には上方に案内看板があり、右に河内小学校があります。これが目印となります。この場所を曲り、道なりに進んで行くと藤棚の看板があって、そこが河内藤園への入り口となります。河内貯水池までアクセスできれば、そこからは案内看板を見ていくといいということになります。

河内藤園には無料駐車場が200台分ほどあります。藤が開花し、見ごろの時期を迎えるとこの道沿いに混雑する可能性があります。事前にチケットを購入する形になってはいますが、福岡発のバスツアーなどが設定されていることもあるので、もし混雑が心配ならばこれらのツアーなどを利用することを考えてもよいかもしれません。

河内藤園の開花時期は?

それでは、河内藤園の開花時期はいつ頃なのでしょうか。藤も桜などとおなじく、その年の気候により開花時期にずれが生じますが、例年は4月下旬ごろから開花が始まるとされています。河内藤園は前述したように、藤の時期と紅葉の時期のみ開園するのですが、4月中旬ごろから開花ということで開園することが多いようです。

河内藤園の見ごろは?

河内藤園には野田長藤や口紅藤など、花房が長いもの、短いもの含めて約22種類の藤があります。そのため、開花から見ごろの時期も長く、5月初旬ごろが例年の見ごろとなるようです。だいたい4月下旬から5月中旬のGW前後が最も見ごろの時期と考えてよいでしょう。

河内藤園の中には入場した途端に目に入る「藤のトンネル」が2本あるほか、藤棚に大藤棚、藤ドームなどがあります。中でも藤のトンネルは複数の藤が植えられているために、白から紫へとグラデーションのようになっていて、まさに水彩画のような美しさを楽しむことができるのです。

さらに藤ドームは、入口から入ると、360度藤に囲まれる風景を楽しむことができます。いずれも絶景として紹介されたことがうなずけるほどです。さらに藤棚周辺の紅葉はちょうどこの時期には春もみじが楽しめる新緑の時期なので、春紅葉の緑とのコラボレーションも見逃せません。

また、大藤棚は約1000坪の広場になっています。以前はここでお弁当を食べたりできたのですが、藤の木を保護するために根元の部分が立ち入り禁止となりました。といってもこの大藤棚の美しさはまさに絶景そのもので、満開時には藤の花が目の前まで垂れさがるのを見ることができます。

ちなみに秋の紅葉の見ごろは、例年では11月中旬から12月上旬となっています。紅葉は藤のある周辺の斜面部分に植えられており、約700本の紅葉が植えられています。その中には樹齢70年から80年という木も18本ほどあり、古木の魅力を漂わせています。福岡の紅葉見物の際にはぜひこちらも鑑賞してはいかがでしょうか。

河内藤園はチケットが必要

さてこの河内藤園ですが、前述したように絶景スポットとして世界的に有名になったことで、多くの観光客が訪れるようになりました。福岡周辺に観光に来る方の多くが河内藤園の藤を見に来るようになったことで、周辺の道路の渋滞などが起こり、問題が生じるようになったのです。

そのため、河内藤園は2016年から事前にチケットを購入することが必要になりました。GWの前後の時期は、コンビニエンスストアで事前の予約チケットを購入しなければ入園することができません。このチケットは日時指定となっており、2時間ごとの時間が指定されています。この日時時間以外は入ることができません。

また、このチケットにはもう一つ、注意点があります。それは料金が藤の時期によって違うということです。コンビニでチケットを購入した段階では一律1人500円なのですが、これは藤の咲き始め、咲き終わりの時期の料金で、藤の開花状況により1000円、もしくは1500円となり、差額を受付で支払うことになっています。

ですから、藤の見ごろの時期に入園する場合は料金が1500円となり、500円でチケットを購入し、受付で1000円払うということになります。つまり、料金が1500円だった場合は、藤が最も見ごろな時期に入園できたということで、ラッキーだったということになるのです。

河内藤園のツアーは?

先ほど触れましたが、河内藤園は観光スポットとして有名になったこともあって、ツアーなども設定されるようになりました。この時期の福岡市内の花の名所や、他の観光名所と組み合わせたツアーは、福岡県内はもちろん、遠方からのツアーも設定されているので、それらを利用するのもおすすめです。

ツアーを利用するメリットとして挙げられるのは、やはり混雑の解消です。事前チケットで入園者を制限しているとはいえ、河内藤園は車以外でのアクセスはあまりよいとは言えませんし、車で渋滞にかかる可能性もあります。ツアーならばこれらの心配はいりません。河内藤園の藤を楽しむことに専念できます。

これらのツアーはいろいろな旅行会社から出ています。GWごろのツアーということで、早めに埋まる可能性もありますので、もし河内藤園にツアーで行こうと考えているのならば、早めにいろいろと確認してみることをおすすめします。福岡の周辺観光スポットなども一緒に楽しむのもよいかもしれません。

河内藤園の周辺観光スポット

河内温泉「あじさいの湯」

河内藤園から徒歩でも行ける距離にあるのが河内温泉「あじさいの湯」です。露天風呂などもあるほか、食事をする場所などもあるので、河内藤園で藤を楽しんだ後でここによって、食事を取ってお風呂を楽しむという楽しみ方もおすすめです。なお、こちらも条件はありますが、無料送迎バスがあります。

Thumb北九州の温泉特集!日帰りや家族風呂付きなどおすすめの施設を紹介!

河内藤園で幻想的な美しさを体験

桜のお花見は美しいピンクが春の訪れを教えてくれますが、藤の落ち着いた、それでいて優美な姿と、紫や白の爽やかな色合いは、まさに初夏を迎えるこの時期にぴったりの花です。世界に絶賛された河内藤園の幻想的な藤の美しさをぜひ堪能してみてはいかかでしょうか。

関連記事

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ