メキシコ・カンクン観光の見所特集!絶景の遺跡やビーチなど名所いっぱい!

メキシコの南東部に位置するカンクンは、世界中から観光客が訪れる人気のリゾート。美しいビーチやメキシコの歴史を感じさせる遺跡等、様々な見どころがあります。今回は、カンクンの治安や気候等の基本情報に加え、おすすめ観光スポットやお土産もご紹介します。

メキシコ・カンクン観光の見所特集!絶景の遺跡やビーチなど名所いっぱい!のイメージ

目次

  1. 1メキシコの観光都市「カンクン」をご紹介!
  2. 2メキシコの観光都市「カンクン」ってどんなところ?
  3. 3メキシコの観光都市「カンクン」の気候は?
  4. 4メキシコの観光都市「カンクン」の治安は?
  5. 5メキシコカンクンの観光スポット1:プエルト・モレロス
  6. 6メキシコカンクンの観光スポット2:ボルボッシュ島
  7. 7メキシコカンクンの観光スポット3:コスメル島
  8. 8メキシコカンクンの観光スポット4:エルレイ遺跡
  9. 9メキシコカンクンの観光スポット5:トゥルム遺跡
  10. 10メキシコカンクンの観光スポット6:ウシュマル遺跡
  11. 11メキシコカンクンの観光スポット7:チチェンイッツァ
  12. 12メキシコカンクンの観光スポット8:グラン・セノーテ
  13. 13メキシコカンクンの観光スポット9:セノーテ・ドスオホス
  14. 14メキシコカンクンの観光スポット10:シカレ海洋公園
  15. 15メキシコの観光都市「カンクン」のお土産1:食品編
  16. 16メキシコの観光都市「カンクン」のお土産2:ファッション・雑貨編
  17. 17メキシコのカンクンでビーチや遺跡観光を満喫しよう!

メキシコの観光都市「カンクン」をご紹介!

新婚旅行先としても大人気のビーチリゾート「カンクン」。メキシコのユカタン半島にあるカンクンは、透明度の高い海と、メキシコの遺跡の両方が楽しめる素晴らしい観光スポットです。今回は、旅行に役立つ治安情報の他、観光におすすめのビーチや遺跡に加えて、カンクンで買いたいメキシコのお土産も含めて、情報満載でお届け致します。

メキシコの観光都市「カンクン」ってどんなところ?

メキシコのビーチリゾート「カンクン」は、1960年代末からメキシコ政府によって、開発されてきた一大観光スポット。カンクンの名前の由来は、古代マヤ語でカンは「蛇」、クンは「巣」を意味し、「蛇の巣」という地名です。カンクンには、100軒以上ものリゾートホテルが立ち並ぶ娯楽街と、遺跡やダイビング等を楽しめる観光エリアがあります。

日本からメキシコへの直行便はなく、カンクンも同様で、主な経由地点はアメリカのロサンゼルス空港になります。アメリカ経由でカンクンまでの所要時間は、約16時間30分から17時間30分ほどです。日本とカンクンの時差は14時間あり、アクセスも時間がかかるので、観光で行くなら、最低でも10日間から12日間の日程を見ておく必要があります。

メキシコの首都メキシコシティを経由する場合は、カンクンまでの所要時間が2時間30分ほどとなっています。カンクンは、カリブ海を航行するクルーズ船のツアーや、ダイビングスポットコスメル等、美しい海を満喫できるリゾート地です。また、ユカタン半島にあった古代マヤ文明の著名な遺跡やセノーテと呼ばれる不思議な泉もたくさんあります。

Thumbロスカボス(メキシコ)観光のおすすめスポットは?治安や空港も紹介!
メキシコのロスカボスは素晴らしい海の風景が広がるリゾート地です。ロスカボスに一度行った人なら...

メキシコの観光都市「カンクン」の気候は?

広大な国土を誇るメキシコは、地域によって乾燥地帯や熱帯に近いエリアがあります。ユカタン半島のカンクンは、一年中平均気温が27度を上回る熱帯性気候に近く、雨季と乾季の2つのシーズンに分かれています。カンクン観光のベストシーズンは、やってみたいアクティビティによって分かれます。遺跡めぐりがメインの方は11月から4月がおすすめです。

ダイビングやシュノーケリング等のマリンスポーツを楽しみたい方は、6月から8月のカンクンがおすすめです。この時期は、世界最大の魚「ジンベイザメ」と一緒に泳げるシーズンでもあります。ビーチリゾートでのんびりしたい方は、ハイシーズンの7月、8月は避けましょう。続いては、気になるカンクンの治安をお伝えします。

Thumbティファナはメキシコの観光名所!人気スポット&ホテルを厳選して紹介!
ティファナはメキシコの観光名所として知られています。近隣のアメリカからもたくさんの観光客がテ...

メキシコの観光都市「カンクン」の治安は?

かなり治安の悪い国というイメージがあるメキシコですが、カンクンの治安は、メキシコシティ等の治安に比べると非常に良いと言われています。カンクンは、元々メキシコ政府が観光業を発展させるために開発したリゾート地で、細長いホテルゾーンのあるエリアは、南北の入り口では、リゾートに入る人のセキュリティチェックを行っています。

カンクンの治安は、日本並に良いと言っても過言ではありません。カンクンを旅行している人は、大抵セレブであったり、アメリカの富裕層だったりすることから、安全な方が多いという印象です。夜の治安もそこまで悪くないので、カンクンでは、夜に外出することも可能です。しかしながら、いくら治安が良いからと言ってあまり油断するのは禁物です。

カンクンのダウンタウンは、ビーチリゾートの連なるホテルゾーンほど治安が良いわけではありませんので、観光する際は、現金や貴重品はあまり持ち歩かないようにしましょう。また、夜は総じて治安が悪くなりやすいですので、人通りの少ない暗い路地等を一人で歩くのはやめましょう。以上、メキシコの観光都市カンクンの治安情報をお伝えしました。

メキシコカンクンの観光スポット1:プエルト・モレロス

治安や気候などの基本情報も押さえたところで、ここからは、メキシコ「カンクン」のおすすめ観光スポットをご紹介していきます。まず、最初にご紹介するカンクンの観光スポットは、美しいビーチが大人気の「プエルト・モレロス」。小さな漁村「プエルト・モレロス」は、今ではたくさんの観光客が訪れるビーチリゾートとなっています。

メキシコカンクンの観光スポット2:ボルボッシュ島

続いてご紹介する観光スポットは、カンクンから車とフェリーを乗り継いで、約2時間30分ほどでアクセスできるカリブ海の孤島「ボルボッシュ島」です。この島は、カンクンの中でも、ジンベイザメと泳げる観光スポットとして人気を集めています。メキシコ政府指定の自然保護区であるボルボッシュ島は、渡り鳥の楽園としても知られています。

ボルボッシュ島は、古代マヤ語で「黒い穴」という意味を持っています。あまり開発の進んでいないビーチは、野生動物の宝庫として、知る人ぞ知るリゾートとなっています。人口もかなり少ない島ですので、ゆったり過ごしたい方におすすめです。伝統的なマヤ様式の建物や、美しいビーチに沈む夕日を眺めて、のんびりとした休日をお過ごし下さい。

メキシコカンクンの観光スポット3:コスメル島

続いてご紹介するカンクンの観光スポットは「コスメル島」。ユカタン半島の東に浮かぶメキシコ最大の島は、世界有数のダイビングスポットとして、ダイバーが集まる聖地。コスメルはマヤ語で「ツバメの島」という意味です。カリブ海に浮かぶこの島は、10の市町村からなっていて、マリンスポーツやシュノーケリングを楽しむ観光客も多い地域です。

カンクンから南に90kmの沖合いに浮かぶコスメル島は、世界的に有名な伝説のダイバー「ジャック・クストー」も認めた「パランカー・リーフ」というダイビングスポットがあります。メキシコ政府は、海洋公園を設置し、環境保護に取り組んでいるようです。美しいサンゴの広がるビーチは、シュノーケリングでも楽しめます!

メキシコカンクンの観光スポット4:エルレイ遺跡

ここまでカンクンのビーチリゾートを中心にご紹介しましたが、ここで遺跡についても触れてみたいと思います。カンクンで、まず最初にご紹介する遺跡は「エルレイ遺跡」。カンクンの高級リゾートが立ち並ぶエリアの南部に位置しています。メキシコの遺跡の中では、規模は大きくない遺跡ですが、古代マヤ文明を垣間見ることのできる観光スポットです。

「エルレイ遺跡」には、石造建築の跡が残されており、遺跡のあちこちでは、カンクンを代表する野生動物「イグアナ」も観察することができます。今は廃墟となっている「エルレイ遺跡」には、神殿跡や、祭壇跡の他、古代文字が残された場所もあり、遺跡好きにはたまらない観光スポットとなっています。遺跡はかなり暑いので、水分補給を忘れずに!

メキシコカンクンの観光スポット5:トゥルム遺跡

続いてご紹介するカンクンのおすすめ遺跡は「トゥルム遺跡」です。マヤ文明の中でも、海に面した城塞都市である「トゥルム遺跡」は、非常に珍しい遺跡として世界遺産にも登録されています。「トゥルム遺跡」は、1000年から1400年頃に建設されたとされており、大航海時代にスペイン人が最初に発見した遺跡と言われています。

美しいビーチに張り出した城塞都市「トゥルム遺跡」は、観光と合わせてビーチも楽しめるおすすめの観光スポットです。カンクンからは、トゥルム行きのバスが出ている他、日本人向けの現地発オプショナルツアーもたくさん催行されています。トゥルム遺跡周辺には、観光スポットとして人気の「セノーテ」もありますので、後ほど詳しくご紹介します。

メキシコカンクンの観光スポット6:ウシュマル遺跡

続いてご紹介するカンクンおすすめの遺跡は、ユカタン半島の街「メリダ」から110kmほどの距離にある「ウシュマル遺跡」です。ウシュマルとは、古代マヤ語で「3度建てられた街」という意味で、紀元700年から1100年頃に建設された都市と言われています。メキシコシティから程近い「テオティワカン遺跡」と類似するピラミッド等が残されています。

「ウシュマル遺跡」の見どころは、何といっても「魔法使いのピラミッド」です。高さ36.5m、長さ73m、幅36.5mの巨大なピラミッドは、かなり急な傾斜のついた118段の階段と神殿からなっています。神殿の装飾には、古代マヤ文明の神々が刻まれています。マヤ文明の歴史を垣間見ることのできる「ウシュマル遺跡」で古代ロマンを感じてみましょう。

メキシコカンクンの観光スポット7:チチェンイッツァ

続いてご紹介するカンクンエリアおすすめの遺跡は「チチェン・イッツァ」。1988年に世界遺産にも登録された壮大な遺跡は、メキシコでもっとも有名な遺跡の一つです。「エル・カスティージョ」と呼ばれる巨大ピラミッドは、それ自体がカレンダーの役割を果たしており、マヤの最高神「ククルカン」を祭った祭壇とも言われています。

世界中から遺跡ファンがこの地に集まるのは、毎年「春分の日」と「秋分の日」の2日間です。一年のうち、この2日間には、太陽が沈む際にピラミッドの西側に「ククルカン」の胴体が影となって現れ、その雄大な姿は「ククルカンの降臨」と呼ばれています。マヤ文明の巨大遺跡「チチェン・イッツァ」。ぜひ訪れていただきたい観光スポットです。

メキシコカンクンの観光スポット8:グラン・セノーテ

続いてご紹介するカンクンのおすすめ観光スポットは「グラン・セノーテ」。石灰石でできているユカタン半島には、「セノーテ」と呼ばれる鍾乳石でできたいくつもの泉があります。透明度の高いセノーテは、100m先まで見渡せるほど美しい水をたたえた神秘の泉です。「セノーテ」は、古代マヤ人が吉凶を占うために使った神聖な場とも言われています。

いくつものセノーテの中で、もっとも観光客に人気のセノーテが「グラン・セノーテ」です。透明度の高い泉の中を、ダイビングやシュノーケリングで観光するツアーも人気です。暑いメキシコでも、グラン・セノーテは、かなり水が冷たいので、あまり長時間は入っていられません。観光で行くなら水が澄んでいる午前中の時間帯がおすすめです。

メキシコカンクンの観光スポット9:セノーテ・ドスオホス

先ほどご紹介した「グラン・セノーテ」と並んで、メキシコ「カンクン」エリアで人気の観光スポットとなっているのが「セノーテ・ドスオホス」です。「セノーテ・ドスオホス」では、鍾乳洞でできた洞窟の中を水中ダイビングするツアー等も催行されています。死ぬまでに一度は見たい絶景の泉を、ぜひ、その目でご覧下さい!

メキシコカンクンの観光スポット10:シカレ海洋公園

続いてご紹介するカンクンおすすめの観光スポットは「シカレ海洋公園」です。カリブ海と遺跡をメインにしたテーマパークは、メキシコ近海で暮らす珍しい生き物たちと出会える人気の観光スポット。お子様連れでカンクンから観光するのにおすすめのスポットです。セノーテから流れ出る水を使ってボディラフティングを楽しむアトラクションもあります。

メキシコの観光都市「カンクン」のお土産1:食品編

ここからは、カンクンで買いたいメキシコのお土産をご紹介していきます。まず、最初にご紹介するのは「チョコレート」。メキシコの代表的な料理には「モーレ」というチョコレートを使ったソースが使われています。メキシコは、カカオの原産地でもあることから、チョコの種類も豊富です。「ABUELITA」のチョコレートがお土産に人気です。

メキシコのお土産で、食料品と並んで人気なのが「テキーラ」。言わずと知れた、メキシコを代表するお酒です。かなり度数の高いテキーラは、あまりたくさんは飲めませんので、小さなボトル入りのお土産を買うのがおすすめです。パッケージが小さいものなら、ばらまき用のお土産にも使えますし、トランクの中であまり場所も取らなくて済みます。

食品系のお土産で、最後におすすめするのは「サルサソース」。辛い食べ物が大好きという方に、ぜひおすすめしたいメキシコのお土産です。メキシコのサルサソースは、種類もかなり豊富で、辛さの度合いも風味もメーカーによって異なります。ぜひ、お土産に1つ購入して、帰国後に家庭で本場メキシコの味をお楽しみ下さい!

メキシコの観光都市「カンクン」のお土産2:ファッション・雑貨編

カンクンで買えるメキシコのお土産。続いては、ファッション編をお送りします。カンクンでおすすめしたいお土産の一つは「パナマ帽」。最近では、リゾート地だけでなく、メンズライクなコーディネートの仕上げにパナマ帽をかぶるおしゃれ女子も増えています。また、メキシコらしい刺繍がほどこされたワンピースもかわいくておすすめです。

カンクンでは、メキシコの伝統的な民芸品のお土産も販売されており、有名な「ウィチョール族のビーズアート」等も人気のお土産の一つです。ウィチョール族は、幻覚作用のあるサボテン「ペヨーテ」を食べて、見えた幻覚をビーズの模様として編んでいるそうです!持ち運びに便利なお土産として、シルバーアクセサリーもおすすめです。

メキシコのカンクンでビーチや遺跡観光を満喫しよう!

メキシコが世界に誇る巨大リゾート「カンクン」の情報をご紹介しました。メキシコの中では、特に治安のよいカンクンは、ビーチも遺跡も楽しめるおすすめの観光スポット。ダイビングやシュノーケリング等、大自然を満喫できるアクティビティも満載です。カリブ海に浮かぶ憧れのリゾート「カンクン」で、素敵な休日をお過ごし下さい!

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson