ボリビア観光で世界遺産巡り!旅行者に人気の料理やお土産もリサーチ!

南アメリカ大陸にあるボリビアは、日本と全然違う魅力を持っている国です。今回はボリビアを観光する際に役に立つ、世界遺産や観光名所、おすすめの料理、お土産などの情報をご紹介します。ぜひ参考にして、ボリビア旅行を楽しんでください。

ボリビア観光で世界遺産巡り!旅行者に人気の料理やお土産もリサーチ!のイメージ

目次

  1. 1南アメリカ大陸にある国・ボリビア
  2. 2ボリビアを観光しよう1:日本とボリビアの時差
  3. 3ボリビアを観光しよう2:ボリビアの言語
  4. 4ボリビアを観光しよう3:ボリビアの通貨
  5. 5ボリビアを観光しよう4:日本からボリビアへのアクセス
  6. 6ボリビアを観光しよう5:エル・アルト国際空港
  7. 7ボリビアを観光しよう6:ボリビアの世界遺産
  8. 8ボリビアを観光しよう7:世界遺産以外の観光名所
  9. 9ボリビアを観光しよう8:ボリビアの料理
  10. 10ボリビアを観光しよう9:お土産
  11. 11ボリビアに行ってみよう

南アメリカ大陸にある国・ボリビア

ボリビアは南アメリカ大陸にある国で、「死ぬまでに行きたい絶景ナンバーワン」にも選ばれたウユニ湖がある国でもあります。今回はそんなボリビアの基本情報、空港、世界遺産、観光名所、おすすめの料理、お土産などの情報をシェアします。ボリビア旅行の際の参考にしてください。

ボリビアを観光しよう1:日本とボリビアの時差

ボリビアはボリビア時間というものを採用していて、日本との時差はマイナス13時間です。日本で午後1時を迎えた時に、ボリビアは日本と同じ日付の午前0時を迎えます。ボリビアはサマータイム制を採っていないので、一年中日本との時差に変化はありません。時差が大きいので、時差ボケの予防をしっかりしておきましょう。

Thumb喜望峰(南アフリカ)を観光!ビーチにはペンギンも!行き方や見所紹介!
南アフリカ共和国のケープ半島に位置する喜望峰は、地理や歴史の教科書でもお馴染みの有名な岬です...

ボリビアを観光しよう2:ボリビアの言語

ボリビアの公用語はスペイン語と先住民の言葉36個で合計37個ありますが、基本的にスペイン語が使われています。英語を話せる人たちも多く、有名な観光スポットの周辺では日本語を話せる人たちも居るそうです。挨拶や旅行中によく使いそうな言葉は、あらかじめ少しでも覚えておきましょう。

Thumb南アフリカの首都はプレトリア?おすすめ観光スポットや見どころ紹介!
南アフリカの首都の一つプレトリア(ツワネ)。南アフリカの中で北よりにあり、歴史ある街です。時...

ボリビアを観光しよう3:ボリビアの通貨

25013187 1777126819258111 4125443635451789312 n
maurimendoza122

ボリビアの通貨はボリビアーノといいます。1ボリビアーノは日本円に換算すると15.8円です(2018年4月30日現在)。100ボリビアーノは1580円です。アメリカドルが使えるところも多いそうですが、使えないところもあるみたいなので、ボリビアーノは持っておかれることをおすすめします。

ボリビアを観光しよう4:日本からボリビアへのアクセス

残念ながら、日本からボリビアへの直行便はありません。そのためボリビアへ行くには、少なくとも2回、飛行機を乗り継がなくてはいけません。日本からボリビアの首都であるラ・パスまでの所要時間は、乗り継ぎ時間も含めると、最低でも25時間45分と、一日以上かかります。

ボリビアを観光しよう5:エル・アルト国際空港

ボリビアの空港のひとつである「エル・アルト国際空港」は、ボリビアの首都であるラ・パスにあります。空港の中にはフードコート、両替所、お土産屋、ラウンジなどが入っているため、ウユニ空港やポトシ空港などの国内線の乗り継ぎ時間などに困ることはありません。

ボリビアを観光しよう6:ボリビアの世界遺産

ボリビア旅行中に訪れるべき世界遺産1:ポトシ市街

30991720 1639708636065177 8340321477987401728 n
rohitkakar1

1つ目にご紹介するボリビア旅行中に訪れるべき世界遺産は「ポトシ市街」です。セロ・リコという鉱山で銀が発見されてから、南アメリカで一番裕福な都市のひとつになりました。1987年に文化遺産として世界遺産に登録されましたが、2014には危険遺産リストにも登録されました。

ボリビア旅行中に訪れるべき世界遺産2:チキトスのイエズス会伝道所群

20688033 1577304338980114 7723107232711180288 n
andrescms

イエズス会と聞けば社会の授業で習ったフランシスコ・ザビエルを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?フランシスコ・ザビエルが創設メンバーの一人であるイエズス会の「チキトスのイエズス会伝道所群」は、聖堂をはじめとする建築物が今も維持されているという理由で1990年に文化遺産として世界遺産に登録されました。

ボリビア旅行中に訪れるべき世界遺産3:古都スクレ

「古都スクレ」は、標高2810メートル地点にある都市です。1991年に、街並みの美しさから文化遺産として世界遺産に登録されました。高いところにあるため、一年を通して涼しく穏やかな気候です。この都市もポトシと同じく銀の貿易を行っていたため、比較的裕福な家庭が多いようです。

ボリビア旅行中に訪れるべき世界遺産4:サマイパタの砦

30890555 829722003886180 4972973741039419392 n
ximevaldh

4つ目にご紹介するボリビア旅行中に訪れるべき世界遺産は「サマイパタの砦」です。アンデス山脈の標高1650メートル地点にありますが、サマイパタの街からシャトルバスが何台も運行されているので、アクセスは難しくありません。1998年に文化遺産として世界遺産に登録されました。

ボリビア旅行中に訪れるべきの世界遺産5:ティワナク

2000年に文化遺産として世界遺産に登録された「ティワナク」は、インカ帝国の前のアンデス文明期にできた遺跡です。考古学や歴史に興味がある方は、絶対に見ておきたい世界遺産です。ガイド付きのツアーに参加すれば、ティワナクについて深く知ることができます。

ボリビア旅行中に訪れるべき世界遺産6:アンデスの道路網カパック・ニャン

30076923 147080799463892 2161791300754472960 n
juan_alhuay_munive

6つ目にご紹介するボリビア旅行中に訪れるべき世界遺産は「アンデスの道路網カパック・ニャン」です。ボリビアだけでなく、アルゼンチン、エクアドル、コロンビア、チリ、ペリーの6か国に延びています。インカの人々が整備した道路網で、商業取引や防衛システムとして機能しました。

ボリビア旅行中に訪れるべき世界遺産7:ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

10004257 918489834895782 1714276654 n
unescoarabic

「ノエル・ケンプ・メルカード国立公園」は、ボリビアの北東部に位置するサンタ・クルス県にある生物学的に保護されている国立公園です。北からはアマゾンの、南からは亜熱帯の、東からはセラドの、西からはチキターノ森林の、それぞれの影響が集まる貴重な地域です。

ボリビアを観光しよう7:世界遺産以外の観光名所

ボリビア旅行中に寄りたい観光名所1:ウユニ塩湖

ボリビアのナンバーワン観光スポットである「ウユニ塩湖」を世界遺産だと思っている方も多いですが、実は世界遺産ではありません。しかし、ウユニ塩湖でしか見ることができない幻想的な景色は、世界遺産レベルに素晴らしいものです。ボリビアに来たら、必ず寄りたいスポットです。

ボリビア旅行中に寄りたい観光名所2:太陽の島

27573520 1612994068781660 8495503430985449472 n
southamerica

2つ目にご紹介するボリビア旅行中に寄りたい観光名所は「太陽の島」です。インカ帝国の発祥の地として知られているこの島は、ボリビアを代表する観光スポットのひとつです。ボリビアの首都であるラ・パナから3時間から4時間でアクセス可能で、日帰りでも十分に観光することができるので、おすすめです。

ボリビア旅行中に寄りたい観光名所3:月の谷

29740647 575991449445266 5832081248800997376 n
chiletravel

「月の谷」は、ラ・パズから車で約50分の距離にあります。長い期間風や水が固い岩を侵食したことにより表面にデコボコができ、それが月面に見えることから「月の谷」という名前が付けられました。整備されたコースもあるので、不思議な光景を眺めながら散策することも可能です。

ボリビア旅行中に寄りたい観光名所4:国立民族博物館

30084853 1888613041171348 4908688818036539392 n
fla.spit

最後にご紹介するボリビア旅行中に寄りたい観光名所は「国立民族博物館」です。インカ帝国時代に発掘されたものや、織物、仮面などが展示されています。ボリビアの先住民の文化と、スペインをはじめとするヨーロッパの文化がミックスされたボリビア独自の文化を知ることができます。

ボリビアを観光しよう8:ボリビアの料理

ボリビア旅行中に食べるべき料理1:サルテーニャ

ボリビアでは朝食としてよく食べられている「サルテーニャ」の中には、エンドウ豆やニンジン、ジャガイモ、お肉などが入っていて、栄養も満点です。味は甘さと辛さが上手くミックスされている感じです。ボリビアに引っ越してきたアルゼンチン女性が名前の元になっているそうです。

ボリビア旅行中に食べるべき料理2:サヒタ

29416089 437564536697989 903019712957382656 n
iggc_go

ボリビア西部が発祥の「サヒタ」は、お米の上にチキンと角切りトマト、玉ねぎ、チューニョ(凍らせた後に乾かしたアンデスポテト)を載せたものです。チューニョは好き嫌い分かれるそうですが、一度は挑戦してみてください。ボリュームもあるので、これ一皿でお腹いっぱいになれます!

ボリビア旅行中に食べるべき料理3:ソパ・デ・マニ

ボリビア旅行中に食べるべき料理の3つ目は「ソパ・デ・マニ」です。ピーナッツスープに野菜やパスタ、スライスしたジャガイモが入っています。ランチセットに必ずといって付いてくるそうです。ボリビア人なら嫌いな人は居ない!と言われるほどの国民スープです。

ボリビアの料理4:ピケ・マチョ

11875304 1480212888940916 1362262144 n
americooficial

「ピケ・マチョ」は、牛肉とスライスしたトマト、玉ねぎ、ロコト(チリペッパーの一種)、ゆで卵に、ケチャップやマヨネーズ、マスタードをたっぷりかけた料理です。昔、レストランのオーナーが閉店後にお腹を空かせてやってきた男性たちに余りものを提供してこの料理が生まれたそうです。

ボリビアを観光しよう9:お土産

ボリビア旅行中に買うべきお土産1:ボーラーハット

21147219 119756268682859 6990259007399133184 n
danielenigr

「ボーラーハット」はボリビアの女性がよく身につけるアイテムです。屋台やお土産ショップなどで購入することができます。女性がボーラーハットを斜めに被っていたら独身、フラットに被っていたら既婚ということを示しているそうです。「あの人は既婚かな?」と考えながら人間観察するのも楽しそうです。

ボリビア旅行中に買うべきお土産2:ポンチョ

26070387 376315502816461 1740581723437006848 n
jenntimmons92

「ポンチョ」は、主にアンデス山脈に住む人たちが寒さから身を守るために着る伝統衣装です。ほとんどのものがアルパカの毛から作られているそうです。カラフルで明るく、またユニークなポンチョはデザインも多様なので、自分のスタイルにあったものを選んでみてください。

ボリビア旅行中に買うべきお土産3:チュロ

16464834 383282205366701 1520150721767407616 n
enigmaperu

3つ目にご紹介するボリビア旅行中に買うべきお土産は「チュロ」です。チュロもポンチョと同じくアンデス山脈に住む人たちの伝統衣装のひとつで、基本的にボリビアのどの地域でも見かけることができます。ほとんどのものがラマの毛から作られていて、とても温かくしてくれるので、冬に大活躍します。

ボリビア旅行中に買うべきお土産4:アンデスの織物

「アンデスの織物」は、ボリビアの女性がよく着ているペチコートだけでなく、バッグや靴、ハットなど、様々なものに使われています。マーケットではもちろん既製品を購入することもできますが、織物を買って家でオリジナルのものを作ればもっと目立つことができそうです。

ボリビア旅行中に買うべきお土産5:SUPAY

最後にご紹介するボリビア旅行中に買うべきお土産は「SUPAY」という辛口のアルコール飲料です。SUPAYというのは瓶にも書かれている死神、下界の支配者、またミネラルの神のことで、ボリビアの祭りや、先ほどご紹介した国立民族博物館でも見ることができます。

ボリビアに行ってみよう

今回はボリビアの基本情報や、空港、世界遺産、観光名所、おすすめの料理、お土産をご紹介しました。日本からボリビアへ行くには丸一日以上かかってしまいますが、それほど価値のある旅行先です。夏休みや冬休みなどの長いバケーションの間に、ぜひ行ってみてください。

Noimage
この記事のライター
zvs