ナスカの地上絵の謎に迫る!種類や場所などペルーの不思議スポットを調査!

未だに多くの謎が残るペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」。上空からしかその絵の全貌がわからず、なぜナスカの地上絵が描かれたのか、どんな手法で描いたのかなど不思議な謎が多く残っています。ナスカの地上絵は人々の好奇心をくすぐり、ペルーの歴史を垣間見ることができます。

ナスカの地上絵の謎に迫る!種類や場所などペルーの不思議スポットを調査!のイメージ

目次

  1. 1ナスカの地上絵の有力情報をご紹介!
  2. 2ナスカの地上絵ってなに?
  3. 3ナスカの地上絵はいつ頃描かれた?
  4. 4ナスカの地上絵の描き方:1「種まき」
  5. 5ナスカの地上絵の描き方:2「原画拡大方」
  6. 6ナスカの地上絵の種類:1「ハチドリ」
  7. 7ナスカの地上絵の種類:2「サル」
  8. 8ナスカの地上絵の種類:3「クモ」
  9. 9ナスカの地上絵の種類:4「クジラ」
  10. 10ナスカの地上絵の種類:5「宇宙飛行士」
  11. 11ナスカの地上絵の大きさは?
  12. 12ナスカの地上絵見学方法:1「セスナ」
  13. 13ナスカの地上絵見学方法:2「ミラドール」
  14. 14ナスカの地上絵の場所は?
  15. 15ナスカの地上絵が一部破損されていた?
  16. 16ナスカの地上絵周辺にはピラミッドが建設されている?
  17. 17ナスカの地上絵は消えない?
  18. 18ナスカの地上絵が描かれた理由:1「食料管理」
  19. 19ナスカの地上絵が描かれた理由:2「カレンダー」
  20. 20ナスカの地上絵が描かれた理由:3「権力者のお墓」
  21. 21ナスカの地上絵が描かれた理由:4「雨乞い」
  22. 22ナスカの地上絵が描かれた理由:5「宇宙人からのメッセージ」
  23. 23ナスカの地上絵のオアシス
  24. 24世界の謎「ナスカの地上絵」を見学しに行こう!

ナスカの地上絵の有力情報をご紹介!

テレビで1度は見たことのある不思議な絵「ナスカの地上絵」。ペルー共和国の世界遺産でもあり、未だに多くの謎を残している絵になります。紀元前にある国が何種類も描かれたものになり、描かれた理由や手法などは未だに解明されていません。今回はそんなナスカの地上絵について、徐々に解明されている有力な情報をまとめてご紹介します。

ナスカの地上絵ってなに?

ナスカの地上絵とは、ペルーの国を代表する不思議な絶景とも呼ばれています。約30種類もの具体的な絵柄をはじめ、今でも謎の深まる不思議な種類の絵が300種類も残されています。20世紀に発見されて以降、多くの研究者たちが謎の解明に努めペルー共和国に通っていますが、未だに多くの謎を残している不思議な絵です。

ペルー共和国の乾燥地帯に描かれており、不思議とナスカの地上絵の周辺の小石はすべて取り除かれています。ナスカの地上絵は地上からはその絵のすべてを確認することができず、飛行機に乗って上空から絵の全貌を見ることができます。ペルー共和国はナスカの地上絵を保存するため、世界遺産に登録し、周辺を立ち入り禁止地区にしています。

ナスカの地上絵はいつ頃描かれた?

ナスカの地上絵が描かれたのはナスカ文化のあった1400年から2200年の間と言われています。ナスカの地上絵は地上線が彫られており、その際使用した木棒で観測された年号になります。当時の技術の高さに驚きを隠せず、何より今でもなおナスカの地上絵は消えずに観察することができます。ナスカ文化は不思議な謎の残る文化になります。

ナスカの地上絵周辺からはナスカ文化を生きていた人々の土器が発見されており、そのほとんどがナスカの地上絵同様、動物をイメージして作られています。ナスカ文化の人々は自給自足で生活しており、宗教を重んじていた人々が多く生活していました。現代のペルー共和国のナスカ市周辺に住んでいた人々がナスカの地上絵を描いたと言われています。

ナスカの地上絵の描き方:1「種まき」

不思議なナスカの地上絵の謎の1つである描き方ですが、長年の研究の結果で2通りあることが現在分かっています。場所やナスカの地上絵の大きさによって描き方が変わってきますが、ナスカの地上絵で最も多い手法が「種まき」の応用編になります。現在でもナスカの地上絵は作成を行われており、現在でもこの種まき手法が行われています。

複数の人たちが横に並び、同じ歩幅で絵柄の種類にそって前進していきます。同じ歩幅によって均等なナスカの地上絵を描くことができ、また描きながら正確な距離を出すことができます。絵の種類にもよりますが、だいたい50mほどのナスカの地上絵を描く際はこの種まき応用編が用いられています。多くの人々、そして息の合った歩幅は必要です。

ナスカの地上絵の描き方:2「原画拡大方」

50m以上ある巨大なナスカの地上絵にはこの原画拡大方を用いります。最初にナスカの地上絵のデザインを決めておき、デザインを元に地上に大きな絵を描いていきます。原画拡大方にはナスカ文化で使用されていた木棒が必需品となっていきます。デザインされている絵の支点に木棒を置き、それに合わせて地上に巨大な絵を描きます。

謎の残るナスカの地上絵は数字の計算力で完成した絵でもあり、ペルー共和国をはじめ、日本でも小学校の算数にナスカの地上絵を教科書に載せてる学校が多くあります。この手法では200mくらいの地上絵まで描くことができます。ですが、不思議とナスカの地上絵は200m以上もの地上絵も存在しており、その絵の手法はいまだ謎のままです。

ナスカの地上絵の種類:1「ハチドリ」

ナスカの地上絵をテレビや本によって紹介する際に、必ず紹介されている種類「ハチドリ」です。700種類以上もあるナスカの地上絵の中でも保存状態が良いと言われており、空からでもその全貌を確認できると言われています。複雑な線を上手く描きながらハチドリを描いており、不思議な光景を目にした始まりと言われています。

96mほどの巨大な地上絵となっており、ナスカの地上絵に詳しくない方でも1度は見たことのある光景になります。ハチドリとコンドルは間違えやすいですが、よくよく見るときちんとその動物の特徴を掴んでおり、一寸の狂いもなく描かれています。ハチドリが何の意味を持って地上絵として描かれているかは謎に包まれたままです。

ナスカの地上絵の種類:2「サル」

雨や風などで少しずつ消えて行っているナスカの地上絵の1つになります。ぐるぐると巻いてある尻尾が特徴的なナスカの地上絵になり、その尻尾の部分が少しずつ消えかけていると言われています。そのため、今の状態を見ておこうと多くの人々が訪れており、人類の祖先である不思議な形をしたサルの地上絵を楽しんでいます。

110mにも及ぶ巨大な地上絵になっており、ナスカの地上絵で動物の種類の中では比較的大きいサイズになっています。サルの特徴を掴んでおり、線で起用に描いたぐるぐるの尻尾が注目を集めています。どんな角度からでもサルと分かるような作りになっており、見ていると今にも動き出しそうな不思議な感覚になれます。迫力あるサルの地上絵です。

ナスカの地上絵の種類:3「クモ」

大きさは約46mと小ぶりのサイズになり、おそらく種まきの応用編で作られたナスカの地上絵と言われています。実際に農作に関することで描かれた地上絵と言われており、クモの特徴1つ1つを丁寧に描いています。ハチドリ同様、保存状態の良い地上絵としても言われており、小さいですがどこか迫力を感じるナスカの地上絵になっています。

上空から見ると少し見つけづらいかもしれませんが、ナスカの地上絵で代表的な絵とも言われています。アマゾンに生息しているクモの種類だとも言われており、いまだに多くの謎が残っている絵でもあります。当時の人々がどうやってそのクモの種類を知っていたのか、それとも単純にクモを描いたのかなど研究者たちを悩ませている絵でもあります。

ナスカの地上絵の種類:4「クジラ」

ペルー共和国の海には存在していなかったはずの海の生物「クジラ」まで描かれています。インターネットはもちろん、写真も存在していないナスカ文化の時代にどうやってクジラの存在を知ったのか、クジラの全貌をどうやって知ったのか多くの不思議な謎が残っているナスカの地上絵の1つになります。クジラ以外にもさまざまな海の生物が描かれています。

全長は63mほどの大きさになり、もしかしたらクジラではない他の生物の可能性もあります。ですが、クジラの特徴を細かく地上絵に描いており、ナスカ文化時代の人々の謎が一気に深まった地上絵でもあります。心なしか他の地上絵よりも線が薄めになるので、上空から探す際は見落としてしまう可能性もあります。目を凝らして探してみてください。

ナスカの地上絵の種類:5「宇宙飛行士」

ナスカの地上絵の中でも最も不思議な景色を生み出している地上絵になります。見つけた当初は何を描いているのが判明されていませんでしたが、長年の研究によって宇宙飛行士ではないかという説が浮かんできています。ナスカの地上絵が宇宙人からメッセージとも呼ばれるようになったきっかけでもあり、未だに多くの謎を残しています。

見ようによってはただの人間にも見えますが、小高い丘の斜面に器用に描かれています。全長32mとナスカの地上絵の中では小さいサイズになり、なんとも言えない不思議な感覚になれる地上絵になります。こちらに向かって手を振っているようにも見ることができ、心なしか笑顔に見えます。見つけにくいですが、見る価値のある地上絵の1つです。

ナスカの地上絵の大きさは?

ナスカの地上絵で最大の大きさは285mにもなります。その絵はペリカン、サギ、フラミンゴとも言われており、羽を広げた堂々たる姿をしています。また、50kmにも渡って続いている矢印の地上絵も描かれており、上空からでも全貌を確認できないほど巨大な絵もあります。285mの地上絵に関しては、未だに描かれた方法が解明されていません。

ナスカの地上絵見学方法:1「セスナ」

ナスカの地上絵は絵を保護するために歩いて見学するのは固く禁じられています。そのため、セスナに乗って上空からナスカの地上絵を見学するのが世界遺産を見学できる手法です。ナスカの地上絵付近には航空場が設置されており、小さいですが飛行場になっています。飛行場にはナスカの地上絵をイメージしたお土産品も販売されています。

大小さまざまなセスナが準備されているので、大人数でも気軽に利用することができます。乗り込むパイロットによってさまざまな地上絵を紹介してくれ、まるでツアーにでも参加しているようなお得な気分になることができます。小さい子供連れの方では操縦桿を握らせてくれるパイロットもおり、貴重な時間を過ごせる人気の見学方法です。

ナスカの地上絵見学方法:2「ミラドール」

セスナに乗って上空から楽しんだ後は、研究者たちによって建設された展望台からナスカの地上絵を見学することができます。展望台はかなりの高さがあり、登っている最中は少しスリルを味わうことができます。その分展望台からのナスカの地上絵は見事な光景が広がっており、セスナよりも間近で不思議な地上絵を見学することができます。

展望台までは車も走れる道路から歩いて行けるので、ナスカの地上絵を壊す心配もなく景色を楽しむことができます。展望台からはナスカの地上絵の「手」と「木」という種類を見渡すことができます。展望台は研究者が建設したものになるので、その見方が独特なのも魅力的です。麓のではお土産屋も併設しており、多くの観光客で賑わっています。

ナスカの地上絵の場所は?

ナスカの地上絵が保存されている場所は、ペルー共和国の「パンパ・コロルダ」と呼ばれる場所です。ペルー共和国でもこの場所は乾燥地帯で知られており、本来ならば小石の散りばめられている盆地になります。ですが、ペルー共和国の南岸線、アンデス山脈に囲まれている場所でもあり、年間で雨の降量が少ないことで有名な場所です。

ペルー共和国でも水はけの良い場所となり、ナスカの地上絵の絶好の場所となっています。ナスカ文化の人々はその自然の仕組みを活かし、この場所に巨大なナスカの地上絵を描いたと言われています。後世にも伝わっていくようにナスカの地上絵が消えにくい場所を選び、見事に現代まで保存し続けています。自然の仕組みを理解している方だからこそ描けた絵になります。

ナスカの地上絵が一部破損されていた?

ナスカの地上絵をまたぐようにして続いている国をまたぐ道路になります。実はナスカの地上絵が見つかる前に建設工事が始まってしまい、ナスカの地上絵の一部が破損、もしくは消えてしまったと言われています。ナスカの地上絵の中にある「トカゲ」はこの道路によって一部が破損されており、残念ながらその全貌を見ることはありませんでした。

道路を建設している途中にナスカの地上絵が発見されますが、当時は歴史的価値を見出せずに工事を進めてしまいます。今では世界遺産に登録されており、この道路以外の道を車で走行するのは固く禁じられています。地上からは見つけづらい大きな絵になるので、ついつい走ってしまいそうになりますが、貴重なナスカの地上絵を守るために規則は守るようにしましょう。

ナスカの地上絵周辺にはピラミッドが建設されている?

ナスカの地上絵の近くには歴史を感じるピラミッドが設置されています。周辺には30以上もの巨大なピラミッドが建設されており、ナスカのピラミッドとも呼ばれています。ナスカの地上絵を描いた人々がピラミッドを建設したと言われており、地上絵と共に研究が進められています。現在では世界で最も古いピラミッドとも言われています。

エジプトは当時の奴隷が建設したことで有名ですが、ナスカ文化に奴隷というシステムはありませんでした。そのため、誰かここまでのピラミッドを建設したのかは未だに謎に包まれています。当時は人々に階級も存在していなかったと言われており、何の目的で建設をはじめたのかも謎になります。見どころが点在しているのでぜひ足を運んでみてください。

ナスカの地上絵は消えない?

ナスカの地上絵は、地上に線を描いただけの絵となりますが、何千年も経過している現在まで消えずに絵柄を保ち続けています。ペルー共和国の自然が生んだ場所にもよりますが、あまりにも綺麗に保存されているため世界の七不思議の1つとしても取り上げられています。ですが、現在では少しずつこの謎のナスカの地上絵が消えつつあります。

場所や気候によって保存されていますが、1994年に世界遺産に登録され、多くの謎に魅力を感じる観光客が多く押し寄せたのが原因と言われています。ナスカの地上絵を消さないように当時は特殊な靴を配布していましたが、消える速度が上がっていると言われています。現在では研究や保存のため、飛行機やヘリコプターでしか場所に入ることができません。

ナスカの地上絵が描かれた理由:1「食料管理」

ナスカ文化の時代には、ペルー共和国は飢饉に悩まされていました。また、ナスカに住んでいた人々は自給自足を行っていましたが、場所によっては作物が十分に実らず他の場所からも食料を流通できないので飢饉にさらされることが多かったようです。そのため、ナスカの人々はナスカの地上絵を描くことによって国中の食料を回収するよう考えたと言われています。

ナスカの地上絵を1つ製作することによって、労働者に食料を支給するシステムを利用したと言われています。ですが、多くの謎が残り、100m規模のナスカの地上絵ならば1日かからず完成してしまうため、長期で行うにはさまざまなメリットがあると言われています。ですが、ナスカ文化の飢饉問題は深刻なものだったと研究で分かっています。

ナスカの地上絵が描かれた理由:2「カレンダー」

ナスカの地上絵を描く際に利用している無数の線ですが、これは太陽の動きや季節の方角によって描かれているという説があります。農業をするには欠かせない季節を認識するために描かれたものだと言われており、当初は1番有力な情報だと言われていました。ですが、地上からはその全貌を見ることができないので、謎が多く残っています。

不思議とナスカの地上絵の中には夏を表すもの、雨季や乾燥時期の星の動きをイメージして描かれた絵の種類もいくつか存在しています。そのため、農業を営む際に利用していたとも言われています。未だに多くの謎が残るナスカの地上絵では、カレンダーを描いた理由にすると未だに不思議な絵や謎の理由が多く浮かび上がってきます。

ナスカの地上絵が描かれた理由:3「権力者のお墓」

先ほども紹介したように、ナスカの地上絵周辺には大きなピラミッドが建設されています。そのため、ナスカ文化での権力者たちが埋葬された際に、1つずつナスカの地上絵を描いたと言われています。宗教に重んじるナスカ文化の人々だからこその習慣になり、ナスカ文化の人々は死者は太陽に帰ると信じられており太陽に向けた絵とも言われています。

今ではこの説が1番有力を言われており、今でもその研究が続けられています。死者へのメッセージを地上に描き、太陽にいるであろう死者へ贈ろうとしたと言われています。そのため、地上では大きすぎでその全貌を確認できず、太陽から見つけやすいように大きな地上絵にしたと言われています。1つ1つの地上絵にはメッセージ性があるとも言われています。

ナスカの地上絵が描かれた理由:4「雨乞い」

ナスカ文化の時代には、雨乞いの際にペルー共和国の伝統的な楽器を鳴らしながら道を歩いていく習慣がありました。ナスカの地上絵はその際の道しるべとも言われており、雨乞いの儀式の際はナスカの地上絵の周りを歩いていたと言われています。ですが、歩いていたのなら何千年もたった今でも綺麗な状態で保存されているのが不思議になります。

雨乞いの際は貝殻を使用していたと言われており、ナスカの地上絵周辺にはその貝殻が多く見つかっています。未だに雨乞いの際にナスカの地上絵を使用していたかの謎は深まるばかりですが、実際に貝殻が発見されているので有力な説として今でもなお研究が続けられています。雨乞い説ならば多くの巨大な地上絵を天に向けて描いた理由も説明がつきます。

ナスカの地上絵が描かれた理由:5「宇宙人からのメッセージ」

ナスカの地上絵は描かれてから何千年もの間見つけられなかったこと、未だに解明されていない謎が多く不思議な光景を生み出していることから宇宙人からのメッセージではないかと当初は世間を騒がせました。実際に地上からしか確認できないほど大きな地上絵は前代未聞の光景になり、その手法も謎なので1つの説として世界中に知れ渡っています。

ナスカの地上絵がUFOの到着場所とも言われており、全長50kmにも及ぶ矢印の形をした地上絵は、宇宙人への道案内とも言われています。さまざまな謎が多く残っているナスカの地上絵だからこそ宇宙人説も納得がいくと言われています。今でもなお研究が続けられており、研究者の中には宇宙人説を中心に調べている方もいます。

ナスカの地上絵のオアシス

ナスカの地上絵から程近くに位置しているオアシスになります。オアシスはワカチナと呼ばれており、ヤシの木が茂る緑と水が豊かなエリアになります。まさに砂漠の中のオアシスになり、ナスカの地上絵とは違う絶景を楽しむことができます。オアシスの内部には軽食を楽しめるカフェが併設しており、観光の休憩がてら気軽に立ち寄ることができます。

今にも砂に埋もれそうなオアシスになり、幻想的な景色を一望することができます。人は多いですが不思議と静寂な時間を過ごすことができ、あまり見られなかった水の景色を楽しむことができます。水の音に癒されながら過ごすことができ、ナスカの地上絵から車でアクセスすることができます。ホテルもあるので宿泊したい方におすすめです。

世界の謎「ナスカの地上絵」を見学しに行こう!

地球上で多くの謎を残している「ナスカの地上絵」。未だに解明されていない謎が多く、不思議な光景を楽しめると多くの人々から人気があります。不思議な魅力を感じることができ、ペルー共和国の世界遺産として多くの観光客が訪れています。ナスカの地上絵を表す意味を一緒に考えて、ナスカ文化の人々の気持ちを解いてみませんか。

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
mdn