ボゴタ観光の楽しみ方&治安ガイド!空港の様子や天気・時差も紹介!

南米の北端に位置する国「コロンビア」。そんなコロンビアの首都である「ボゴタ」には数多くの観光スポットが集まっています。ボゴタ観光の楽しみ方、気になる治安に注意点、また空港の様子、天気や服装、時差など、ボゴタ観光について気になる点をまとめました。

ボゴタ観光の楽しみ方&治安ガイド!空港の様子や天気・時差も紹介!のイメージ

目次

  1. 1コロンビア・ボゴタの観光ポイントを押さえよう!
  2. 2街並みが魅力のコロンビアの首都「ボゴタ」
  3. 3コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方1:ボリーバル広場
  4. 4コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方2:Zona T
  5. 5コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方3:93公園
  6. 6コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方4:ボゴタ植物園
  7. 7コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方5:黄金博物館
  8. 8コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方6:マロカ科学博物館
  9. 9コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方7:ウケサン・マーケット
  10. 10コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方8:パロクエマオ・マーケット
  11. 11コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方9:The Market
  12. 12世界一危険?コロンビア・ボゴタの治安とは
  13. 13コロンビア・ボゴタ観光中に守るべき注意点
  14. 14コロンビア・ボゴタの空の玄関口「エルドラド国際空港」
  15. 15コロンビア・ボゴタの天気と観光中の服装
  16. 16コロンビア・ボゴタとの時差はどれくらい?
  17. 17注意点をよく守りコロンビア・ボゴタ観光を満喫しよう

コロンビア・ボゴタの観光ポイントを押さえよう!

南米の北端に位置している「コロンビア」といえば熱帯雨林やアンデス山脈、そして数多くのコーヒー農園を抱える国として有名です。そんなコロンビアの首都であるのが「ボゴタ」。ボゴタの街には見応えのある数々の観光スポットが点在しています。ボゴタ観光の楽しみ方や治安、空港の様子や天気、時差などボゴタの観光ポイントを押さえましょう。

街並みが魅力のコロンビアの首都「ボゴタ」

コロンビアの首都として知られている「ボゴタ」は人口約770万人を抱えている都市で、世界第38位の都市圏人口を誇ります。アンデス山脈の盆地に位置しているボゴタの標高はおよそ2640メートル。南アメリカ大陸の中でも、ラパスとキトに次ぐ三番目に標高の高い首都としても知られています。コロンビア屈指の観光スポットのひとつでもあります。

そんなボゴタの魅力といえば、なんといってもその美しい街並みではないでしょうか。ボゴタの街並みはヨーロッパ文化に影響されており「南米のアテネ」という別名も付けられているほどの美しさです。街並みの魅力だけでいえば、アテネ以上であるという声も多く上がっています。新市街と旧市街の良さがうまく融合された独特の美しさが特徴的です。

コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方1:ボリーバル広場

30591501 210438776228121 4002457826751414272 n
ni.ki0430

ボゴタの街を観光する際、まず欠かすことのできない定番の観光スポットがこちら「ボリーバル広場」です。旧市街の中心地であるボリーバル広場は、比較的治安もいい方なので安心して観光することができます。ボリーバル広場の周辺には数々の観光スポットが点在していることもあり、多くの観光客で賑わっています。鳩が多いので糞には要注意です。

13584253 645470892284908 769198634 n
m.lobs

ボリーバル広場周辺の見どころのひとつが、ネオクラシック様式の「カテドラル」。起源は1538年、ボゴタで最も大きな規模を誇る教会であることから連日たくさんの観光客が訪れる名所です。同じくネオクラシック様式が美しい「国会議事堂」も見応え抜群。また1557年に建設されたカトリック教会「サンフランシスコ教会」も迫力ある美しさです。

コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方2:Zona T

21434158 1757021957930838 46403788738658304 n
sketchandcity

東京都でいう、表参道や代官山のようなおしゃれスポットがボゴタの街にも存在します。その名も「Zona T」。ルイ・ヴィトンやブルガリ、カルティエにヒューゴ・ボス、ジミー・チュウ、サルヴァトーレ・フェラガモなど、ハイブランドのブティックが数多く立ち並んでいます。治安の悪さが噂されるボゴタの中でも、比較的治安はいいスポットです。

27877657 510768819304828 6297044628625424384 n
la_patilla

ベルシュカやデシグアル、フォーエバー21にマンゴ、マッシモ・ドゥッティ、ストラディバリウス、ザラなど、ファストファッションブランドも多く、ちょっとしたショッピングにも最適です。グリーンとホワイトの美しい色合いが魅力の「ポルシウンクラ教会」や、ゴシック様式のカトリック教会「ルルドの聖母教会」など観光スポットも満載です。

コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方3:93公園

11143012 405761252958018 533732916 n
rojas_daniel17

天気のいい日には、ボゴタの人々の憩いの場である「93公園」にも立ち寄ってみてください。93公園は、ボゴタの街でもセレブリティーな通りとして知られている「93ストリート」に位置している公園です。周辺には数多くのショッピングスポットやレストランが点在しており、ショッピングの合間に一休みしたり、食後の散歩などにもおすすめです。

1170201 191930744344532 1806345865 n
menesescitas

93公園は、ボゴタの豊かな自然を満喫することのできる公園です。公園内は非常に綺麗に整備されており、首都のど真ん中でありながらもゆったりとした時間を過ごすことができておすすめです。都会の喧騒に疲れたときなんかにも、一度立ち寄ってみてください。クリスマスなど、イベントシーズンにはライトアップが施され美しい光景が待っています。

コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方4:ボゴタ植物園

30957237 231198374298746 8306620961264762880 n
lafilleducoupeurdejoint

ボゴタだけでなくコロンビア全体で見ても必訪の観光スポットとして知られているのが「ボゴタ植物園」です。ボゴタ植物園はなんと、東京ドームのおよそ15倍もの広大な敷地面積を誇る大規模な植物園です。園内では18000種類以上もの植物を観察することができます。日本では見ることのできない非常に珍しい植物たちに出会うことができるはず。

30954008 359502921214400 8567373309182738432 n
miilamochila

こんなにも規模が大きく充実した植物園を訪れる機会もなかなかないものです。コロンビアの定番観光スポットであるボゴタ植物園、ボゴタを訪れることになったら必ずプランに組み込んでおきましょう。夜になるとライトアップが施され、幻想的な植物たちの姿を見ることができます。周辺の治安も悪くないので夜も割と安全に観光することができます。

コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方5:黄金博物館

13473256 189209898148159 1891678684 n
kathysaenzh

「黄金博物館」は、ボゴタだけでなくコロンビアが誇る超人気の観光スポットです。黄金博物館もまた、ボゴタを訪れる際には必ず立ち寄って頂きたい見どころです。黄金博物館はその名の通り、黄金細工の展示物を見ることができる博物館。コロンブス期の黄金細工34000点に20000点ものオブジェと、世界随一の展示数を誇る圧巻の博物館なんです。
 

18809629 424592267911703 127388974812495872 n
lolahella

一度黄金博物館に足を運べば、これまでの博物館に対する概念が覆されること間違いありません。圧倒されるほどの展示数に息をのむほどに美しい輝き、そこには非日常的な空間が広がっているのです。黄金博物館では黄金細工の展示がメインではありますが、それ以外にもミイラや絵画など、コロンビアの歴史にまつわる展示物も多く展示されています。

コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方6:マロカ科学博物館

15306006 155347418276962 4712362809214631936 n
andyjurka

博物館に興味がある方は「マロカ科学博物館」にもぜひ足を伸ばしてみてください。マロカ科学博物館はその名の通り科学に関する博物館なのですが、科学博物館にしてはかなり大きな規模を誇ることで知られています。館内はもちろんのこと、館外のさまざまな場所にも展示物が展示されています。展示物を探しつつ、楽しみながら回ることができます。

32287483 161395561376744 4769986242236383232 n
elsonpmagalhaes

マロカ科学博物館は、特に子供連れのファミリー層に人気の高い博物館です。コロンビアでも、学校行事の一環として利用されることも多いのだそう。インタラクティブな展示物が豊富にあるほか、デザイン性の高い建築様式も魅力的であり、子供から大人まで楽しむことができる施設です。イベントも頻繁に行われているので参加してみるのもおすすめ。

コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方7:ウケサン・マーケット

20067268 180934672444880 1463262033095950336 n
negahelp

ボゴタの街で地元ならではのショッピングを楽しみたいのであれば「ウケサン・マーケット」がおすすめです。ウケサン・マーケットは、毎週月曜日に開催されているフリーマーケット。ボゴタの人々の生活を垣間見ることができる非常に面白いスポットです。ボゴタのお土産選びの場所としても最適ということで、観光客の姿も多く見ることができます。

29088967 1842779535735326 3986599471759753216 n
tallerabuela

ウケサン・マーケットでは、ボゴタの人々が手作りした雑貨などが主に販売されています。発色の綺麗なものばかりで、どの雑貨からも南米らしさを感じることができます。デザインもかわいくお手軽な雑貨が豊富に並んでいるので、きっと気にいるものに出会うことができるはず。ウケサン・マーケット周辺は治安面も安心でゆっくり観光が可能です。

コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方8:パロクエマオ・マーケット

30886516 800134983510945 8369343628568428544 n
sima_sinkova

フルーツや野菜、衣料品などのショッピングなら「パロクエマオ・マーケット」もチェックしてみてください。日程が合わず毎週月曜日に開催されている「ウケサン・マーケット」に立ち寄ることができないという方も、パロクエマオ・マーケットはおすすめ。大きな平屋建てのマーケットで雨の日でも安心です。毎週日曜日は全店休業となっています。

28753402 412671019180856 9033359213346160640 n
arielccs

「パロクエマオ・マーケットに行けば何でも揃う」と言われているほど、充実した品揃えを誇るマーケットです。フルーツに野菜、肉に魚、乾き物、一個から購入可能なさまざまな卵から生きた鶏まで。民芸品や日用品、衣料品なども充実しています。雑貨類も豊富でお土産選びにもおすすめ。全体的にスーパーよりも安く値段交渉も可能となっています。

コロンビア・ボゴタ観光の楽しみ方9:The Market

23421272 216078128931342 7401722595252371456 n
gastrobogota

旅行の醍醐味のひとつにグルメが挙げられますが、ボゴタの街でコロンビアグルメを堪能するのであれば「The Market」というレストランがおすすめです。The Marketは「マリオットホテル」が経営している地中海料理レストラン。旅行中はローカルレストランに目が行きがちですが、The Marketは満足度もリピート率も高いホテルレストランです。

26225591 144855809640133 6437205672240087040 n
themarket_col

The Marketでは美味しい地中海料理はもちろんのこと、ホテルレストランならではの素敵な雰囲気や最高のサービスまでを満喫することができます。気軽に立ち寄ることのできる雰囲気で、コース料理だけでなくアラカルト料理も用意されています。The Marketのおすすめは「ラム肉ハンバーガー」。ボゴタ滞在中一度は立ち寄ってみたいところです。

世界一危険?コロンビア・ボゴタの治安とは

以上でご紹介したように、コロンビアの首都であるボゴタの街にはさまざまな魅力的な観光スポットが点在しています。しかしやっぱり気になるのは治安の面です。1980年代、急速に勢力を増してきた麻薬組織を筆頭に、ボゴタの街ではテロや誘拐が多発し、治安が悪化。そして、1990年代には「世界一危険な街」と呼ばれるようにまでなったのです。

当時は各国からコロンビアへの渡航を禁止していたほどその治安は悪化していました。そんな認識が未だに残っているためか、現在でもボゴタの治安の悪さが囁かれています。しかし想像以上にボゴタの街は安全です。街の至る所に警察官が立っており、ピリピリとした空気もありません。もちろん最低限の注意は必要ですが治安は意外と安定しています。

コロンビア・ボゴタ観光中に守るべき注意点

人々が想像している以上に治安が安定しているボゴタの街ですが、それでもやっぱり海外であることには変わりはありません。人の多い場所なんかでは、スリや置き引きなどの軽犯罪が起こっているようです。手荷物は基本的に前掛けに、貴重品類の管理には常に注意を払っておく必要があります。人気のない場所を夜遅くに歩くのも控えておきましょう。

また「メトロポリタノ・テルセル・ミレニオ公園」を歩く際にも注意が必要です。メトロポリタノ・テルセル・ミレニオ公園は「ボリーバル広場」近くにある公園なのですが、多くの浮浪者がいるため注意が必要です。「黄金博物館」が位置する旧市街周辺も、早朝は人が少ないため要注意。人が集まり出す朝9時くらいから観光を始めるといいでしょう。

コロンビア・ボゴタの空の玄関口「エルドラド国際空港」

31076392 1570404646391136 2291968637055008768 n
anxide

ボゴタの空の玄関口である「エルドラド国際空港」の様子についても押さえておきましょう。ボゴタは「南米五大都市」のひとつに数えられているだけあり、エルドラド国際空港は規模も大きく非常に充実している空港です。空港の壁面は総ガラス張りになっており、極めて近代的なデザインとなっています。搭乗ゲート周辺にはショップが多く並びます。

30945207 261669147709995 2516224624929275904 n
camilo410

エルドラド国際空港は、まるでヨーロッパ圏の空港を思わせるような雰囲気とデザイン性の高さが魅力的な空港です。アメリカの地方都市に存在するような地味な雰囲気の空港をイメージしている方が多いようなのですが、きっとそのギャップに驚かされるはずです。施設内も綺麗に管理されているので、空港内では安心して過ごすことができるでしょう。

コロンビア・ボゴタの天気と観光中の服装

続いてボゴタの街の天気についても見て行きましょう。ボゴタの天気は、西岸性海洋気候。標高およそ2600メートルの場所に位置しているボゴタでは、年間の平均気温が14度前後と安定しています。基本的に涼しい天気であるボゴタですが、乾季と雨季が交互にやってくるという特徴を持っています。高地であるため乾季でも急に天気が変わることも。

ボゴタの天気では、日中と日没後で大きな気温差が出てくるというのも特徴のひとつに挙げられます。乾季や雨季、天気に関わらず、ボゴタ観光では長袖と羽織り物を用意することをおすすめします。ちなみに、ボゴタ観光のベストシーズンは乾季である5月から8月頃、12月から2月頃にかけて。天気がよく涼しい日が続くので、観光にはぴったりです。

コロンビア・ボゴタとの時差はどれくらい?

最後に、日本とボゴタの時差についても押さえておきましょう。日本とボゴタの時差は、14時間。時差を計算する場合は、ボゴタの方が時間が遅れているので日本時間から14時間をマイナスして計算しましょう。サマータイムで発生する時差の変更についてですが、コロンビアではサマータイムを導入していないため時差は年間通じて安定しています。

コロンビア国内では、タイムゾーンも共通となっています。そのため、ボゴタから他の都市へと移動した場合にも時差が変わることはありません。14時間もの時差があるため、心配されるのは時差ボケ。特に、時差ボケが解消されづらいとされる西から東への移動です。時差ボケが不安な方は解消法を調べたり、解消グッズを揃えたりしておきましょう。

注意点をよく守りコロンビア・ボゴタ観光を満喫しよう

いかがでしたでしょうか。魅力的な街並みを持つコロンビアの首都「ボゴタ」。そんなボゴタの街の観光スポットや治安、空港の様子、天気や時差など、ボゴタ観光について詳しくご紹介しました。「世界一危険な街」と呼ばれたボゴタですが、それはもう過去の話。旅行中の注意点をよく守った上で、魅力的なボゴタでの街歩きを楽しんでみてください。

Original
この記事のライター
rikorea.jp