宮城の方言がかわいい!語尾が「だっちゃ」など特徴や例文リサーチ!

宮城県で用いられている方言にはかわいいものがたくさんあります。語尾が「だっちゃ」になるなど、語感が良いものから、もともとの意味と全く異なった言い方になっている方言もあります。そこで、宮城県の方言や特徴、例文についてまとめて紹介します。

宮城の方言がかわいい!語尾が「だっちゃ」など特徴や例文リサーチ!のイメージ

目次

  1. 宮城県の方言はかわいい!
  2. 宮城の方言の特徴
  3. 東北で使われる方言「ズーズー弁」の特徴
  4. 宮城県で使われる挨拶の方言を知ろう!
  5. 宮城県で使われる方言その1(挨拶編):おはよがす
  6. 宮城県で使われる方言その2(挨拶編):おばんです
  7. 宮城県で使われる方言その3(挨拶編):こんぬづわ
  8. 日常会話で使える宮城県の方言を知ろう!
  9. 宮城県で使われる方言の動詞もマスターしよう!
  10. 宮城県で使われる方言の名詞もマスターしよう
  11. 宮城県で使われる方言その1(名詞編):ちんがすんねん
  12. 宮城県で使われる方言その2(名詞編):ひまだれ
  13. 宮城県で使われる方言その3(名詞編):泣ぎべっちょ
  14. 宮城県で使われる方言その4(名詞編):ねむかけ
  15. 宮城県で使われる方言をマスターしよう!

宮城県の方言はかわいい!

宮城県の方言といえば、漫画「うる星やつら」に登場するラムちゃんが使う「だっちゃ」という言葉が有名です。他にも、「んだんだ」など一度は耳にしたことがあるようなズーズー弁も宮城県の方言です。このように宮城県にはたくさんの方言があります。そこで宮城県で使われているかわいい方言や挨拶のフレーズ、特徴を紹介します。

宮城の方言の特徴

miyagi_pref_kankouさんの投稿
30603783 375630969586656 3662984779906678784 n

宮城で使われている方言は、宮城県のいくつもの地域で特徴があり、話されている地域によってそれぞれ独特の表現があります。宮城県で用いられている方言は、石巻弁や気仙沼弁、仙台弁や塩釜弁、白石弁や角田弁など北部中部南部それぞれに異なる特徴を持った宮城県の方言が見受けられます。

miyagi_pref_kankouさんの投稿
30855904 202339650494256 267039591628800000 n

若い人たちのほとんどが、共通語や標準語などを使い、方言を使うことは滅多にありません。方言を使うのはご高齢の人たちが中心になっています。そのため宮城の方言を今ではほとんど聞くことはありませんが、3世帯家族など年配者と同居している場合などは、無意識に使ってしまうこともあるのが、方言の良さと言えます。

miyagi_pref_kankouさんの投稿
30830067 325356067992136 9175550526656348160 n

宮城県は方言の影響を大きく受けている地域ではありますが、宮城県庁がある仙台市周辺地域まで行くと、共通語や標準語が浸透しています。そのため方言によって意思の疎通が出来ないというようなことは滅多にありません。しかし、観光地域や土産店など、県外からの観光客が多い場所では方言を意識的に使っているそうです。

Thumb宮城県の観光地おすすめ厳選31!名所や子供が喜ぶ人気スポットはどこ?

東北で使われる方言「ズーズー弁」の特徴

miyagi_pref_kankouさんの投稿
29087733 1831975173503981 6196179774105190400 n

宮城県では、先ほど紹介した気仙沼弁などの宮城特有の方言のほか、東北地方でよく話されている方言である「ズーズー弁」も宮城県で話されています。ズーズー弁は東北弁とも言われますが、鼻音が強く発音されるのが特徴です。「じ」や「じゅう」が、「ず」、「ずう」というふうに聞こえることからその名前がつけられました。

miyagi_pref_kankouさんの投稿
30087103 174754859890634 2646711795875577856 n

ズーズー弁は日本で話されている方言のうち、特徴的な経緯で生まれたと言われています。会話のとき、「i」と「u」を使って発音するのには結構なエネルギーが必要になります。それらの発音の負担を軽減するために生まれたという説が有力候補としてあります。宮城だけでなく、東北地方ではズーズー弁が話される地域が多くあります。

miyagi_pref_kankouさんの投稿
28153241 1858231167812730 711884481350336512 n

宮城県は、ズーズー弁も含めたいくつもの方言が入り混じっている特徴的な地域になっています。これらの方言の特徴として、語尾が荒いものや、直接的な表現も多いため、方言であることを知らなければ恐ろしく感じてしまうこともあります。方言を知ることで相手の気持ちを誤解してしまうことを防ぐことが出来ます。

宮城県で使われる挨拶の方言を知ろう!

miyagi_pref_kankouさんの投稿
27879115 137806247034557 7158888670504681472 n

宮城県の観光地や宮城県出身の年配の方とお話するときに聞く最もポピュラーな方言が、挨拶に関する方言です。他の方言を使いこなせなくても、挨拶の方言を知っておくと、宮城県出身の人から喜ばれますし、観光地で聞こえるセリフに情緒を感じられるようになります。ぜひ挨拶の表現を覚えておきましょう。

宮城県で使われる方言その1(挨拶編):おはよがす

miyagi_pref_kankouさんの投稿
26870703 993775800771190 6498538659925458944 n

宮城県で使われる挨拶の表現の1つ目は、「おはよがす」です。これは標準語でいうと「おはようございます」と同じ意味になります。朝に家族に挨拶したりするときに使われることがあります。例文としては、「おはよがす~、今日は寒いなや~」というふうに使います。「おはようございます、今日は寒いですね」という意味です。

宮城県で使われる方言その2(挨拶編):おばんです

miyagi_pref_kankouさんの投稿
27576706 145717912783564 8028449578908909568 n

宮城県で使われる挨拶の表現の2つ目は、「おばんです」です。これは標準語でいうと「こんばんは」と同じ意味になります。若い人はあまり使いませんが、大人世代の人達は他の方言よりも頻繁に使われるのが特徴です。例文としては、「おばんです~、おつかれさんだっちゃ」となります。「こんばんは、お疲れ様」という意味です。

宮城県で使われる方言その3(挨拶編):こんぬづわ

miyagi_pref_kankouさんの投稿
26153807 1962689023983803 1110860322941435904 n

宮城県で使われる挨拶の表現の3つ目は、「こんぬづわ」です。これは標準語でいうと「こんにちは」と同じ意味になります。例文としては「こんぬづわ、昼だっちゃ」というものがあります、この例文の意味は「こんにちは、もう昼ですね」というものになります。朝昼夜とそれぞれ挨拶の方言がございます。

日常会話で使える宮城県の方言を知ろう!

miyagi_pref_kankouさんの投稿
25024569 1194464034017089 7183696294232195072 n

宮城県の方言は、動詞や名詞として使われるものもあり、会話の中で方言が組み合わさってしまうとほとんど聞き取ることが出来ません。しかし、日常会話で使えるようなフレーズの方言もあります。その独特な方言はかわいい響きをしていますので、聞き取れるようになるだけでなく、使いこなせれるとかわいい雰囲気になります。

宮城県で使われる方言その1(日常会話編):ちつけで~

miyagi_pref_kankouさんの投稿
26186892 140698413312634 961871055654223872 n

日常会話で使える宮城の方言1つ目は、響きがかわいい「ちつけで~」です。これは標準語で「気をつけて」という意味の方言になります。例文としては、「ちつけてけってきてけさいん。」というものがあります。意味は「気をつけていってらっしゃい」という意味になります。朝の見送りなどで使われることが多い方言です。

宮城県で使われる方言その2(日常会話編):けるすぺ

miyagi_pref_kankouさんの投稿
25022785 184368585641100 7249582110460084224 n

日常会話で使える宮城の方言2つ目は、パ行の音がかわいい「けるすぺ」です。これは標準語では「帰ろう」という意味の方言になります。例文としては「学校が終わったしけるすぺ」というようになります。例文の意味は「学校が終わったので帰ろう」という意味になります。「帰る」が訛って「ける」という言い回しになっています。

宮城県で使われる方言その3(日常会話編):おつかれさんだっちゃ

miyagi_pref_kankouさんの投稿
25012518 950936511739708 4294115505200955392 n

日常会話で使える宮城の方言そ3つ目は、「おつかれさんだっちゃ」です。標準語の意味はそのまま「おつかれさまです」になります。「だっちゃ」という語尾がかわいいので、標準語に比べて愛らしく感じられます。例文としては「今日もいづにづおつかれさんだっちゃ」というものがあり、「今日も一日お疲れ様です」という意味です。

宮城県で使われる方言その4(日常会話編):どうもね~

miyagi_pref_kankouさんの投稿
25016185 2070064349897918 155836609093173248 n

日常会話で使える宮城の方言の4つ目は、「どうもね~」です。これは標準語では「ありがとう」という意味ですので、宮城県では比較的ポピュラーな方言になります。例文は「いつも応援してけでどうもね~」などがあります。意味は「いつも応援してくれてありがとう」となり、かわいい響きから若者もよく使う方言です。

宮城県で使われる方言その5(日常会話編):けっぱれ

miyagi_pref_kankouさんの投稿
25014885 309986049491084 1171719373870596096 n

日常会話で使える宮城の方言5つ目は、「けっぱれ」です。標準語では「がんばれ!」という意味になります。地域振興を応援したり、個人へ向けてのエールとして用いられることがあります。例文としては、「けっぺれ!宮城」などというふうに使用します。意味は「がんばれ!宮城県」という意味となります。

宮城県で使われる方言その6(日常会話編):なんだべ!

miyagi_pref_kankouさんの投稿
25025065 173336260068274 1670035880577859584 n

日常会話で使える宮城の方言6つ目は、「なんだべ!」です。標準語では「あらまあ」という意味になります。突然の出来事に驚いたときや、予想外のことが起こった時に使う表現です。怒ったようなきつい表現のように聞こえるかもしれませんが、感嘆文ですので安心です。例文はそのまま「なんだべ!」です。

宮城県で使われる方言その7日常会話編):おめでとうござりす!

miyagi_pref_kankouさんの投稿
23967573 164606020941379 3632463754458824704 n

日常会話で使える宮城の方言7つ目は、「おめでとうござりす!」です。標準語では「おめでとうございます」という意味になります。例文としては「誕生日すかや!おめでとうござりす!」というものがあり、意味は「誕生日ですか!おめでとうございます!」となります。語尾が変化した表現が宮城県の方言には多数あります。

宮城県で使われる方言その8(日常会話編):んでまず

miyagi_pref_kankouさんの投稿
25014869 393256327797334 3284243212146835456 n

日常会話で使える宮城の方言8つ目は、「んでまず」です。文字だけ見ると意味が理解できないかもしれませんが、標準語では「ではまた」という意味になります。帰り道などの別れ際に使うことがあります。例文としては「んでまず、お先に失礼するっちゃ」というものがあり、意味は「ではまた、お先に失礼します」となります。

宮城県で使われる方言その9(日常会話編):んだ

miyagi_pref_kankouさんの投稿
23667925 891007477741314 3105227227197865984 n

日常会話で使える宮城の方言9つ目は、「んだ」です。この方言は2回繰り返して「んだんだ」ということもあります。標準語では「そうだよ」という意味で、「んだんだ」になると更に強い同意の意味を表します。例文としては「んだ。そのとおりだっちゃ」というものがあり、「そうだよ、そのとおりだよ」という意味になります。

宮城県で使われる方言その10(日常会話編):…けろ

miyagi_pref_kankouさんの投稿
23734405 295198234304035 5393409700257595392 n

日常会話で使える宮城の方言10つ目は、「…けろ」です。標準語では「…ちょうだい」という意味になり、何か相手に対しておねだりするときに使います。かわいい語感から、人気の高い方言です。例文としては「ひとくち…けろ」というものがあり、「ひとくち、ちょうだい」という意味になります。

宮城県で使われる方言の動詞もマスターしよう!

miyagi_pref_kankouさんの投稿
23416912 1971563043100049 5896684089578094592 n

ここまでで、宮城県で使われている方言のうち、ワンフレーズだけで完結する方言について説明しました。短く語感がかわいいものが多いため、気楽に使えるような方言にもなっています。しかし、もう一歩踏み込んで動詞の方言も理解すると、より宮城県出身の方と親密になれます。そこで続いて動詞の方言も紹介します。

宮城県で使われる方言その1(動詞編):がおった

miyagi_pref_kankouさんの投稿
22860496 140037160083048 1101681844685897728 n

宮城県の方言となっている動詞の1つ目は、「がおった」です。標準語では「疲れた」を表しています。本来の意味とは対象的にかわいいフレーズになっています。例文としては、「何もかもやんだぐなってがおった…。」というものがあり、意味は「何もかもが嫌になって疲れた…」というものになります。

宮城県で使われる方言その2(動詞編):まぼい

miyagi_pref_kankouさんの投稿
22793651 286498778506754 7658047785370910720 n

宮城県の方言となっている動詞の2つ目は、「まぼい」です。標準語では「かっこいい」を表しています。一般的に「まぼいっちゃ」のように語尾に「ちゃ」をつけて用いることが多いです。例文としては、「あのずんつぁんまぼいっちゃ」というものがあり、意味は「あのおじいちゃん、かっこいい」というものになります。

宮城県で使われる方言その3(動詞編):ごしっぱらげっご

miyagi_pref_kankouさんの投稿
22794461 158378961428978 7337038386319851520 n

宮城県の方言となっている動詞の3つ目は、「ごしっぱらげっご」です。標準語では「腹が立つ」を表しています。かわいい語感とは裏腹に怒りを表す表現です。例文としては、「あのやろっこごしっぱらげっごだ」というものがあり、意味は「あの男の子、腹が立つなあ」というものになります。

宮城県で使われる方言その4(動詞編):わしぇだ

miyagi_pref_kankouさんの投稿
22802534 506038189795206 620556240933617664 n

宮城県の方言となっている動詞の4つ目は、「わしぇだ」です。標準語では「忘れた」を表しています。「すれ」という言葉が短縮されて「しぇ」と表現されています。例文としては、「なぬしようしたのかわしぇだ。」というものがあり、意味は「何をしようとしていたのか忘れてしまった」というものになります。

宮城県で使われる方言その5(動詞編):好きだっちゃ

miyagi_pref_kankouさんの投稿
22793767 533936360277542 4783506296773017600 n

宮城県の方言となっている動詞の5つ目は、「好きだっちゃ」です。標準語では「好きです」をという意味になります。宮城弁の多くは、語尾に「っちゃ」をつけることがよくありますので、かわいい表現になります。例文としては、「おめのこど好きだっちゃ!」というものがあり、意味は「あなたのことが好きです」となります。

宮城県で使われる方言その6(動詞編):ごっしゃぐど

miyagi_pref_kankouさんの投稿
22708833 1983513828571489 7357904428365512704 n

宮城県の方言となっている動詞の6つ目は、「ごっしゃくど」です。標準語では「怒るよ!」をという意味になり、激しい怒りを表現する方言となっています。例文としては、「あんましおだってばりいっと、ごっしゃぐど!」というものがあり、意味は「あんまりふざけてばかりいると、怒るよ!」となります。

宮城県で使われる方言の名詞もマスターしよう

miyagi_pref_kankouさんの投稿
22639352 123238961684915 2705468249859948544 n

宮城県の方言の中には、名詞が変化して方言になったものもあります。挨拶以外にも使われることが多く、知らないと意味を勘違いして読み取ってしまうこともあります。方言を聞いて戸惑わないためにも、特徴的なものや語感が可愛いものを例文とともにいくつか紹介します。

宮城県で使われる方言その1(名詞編):ちんがすんねん

miyagi_pref_kankouさんの投稿
22580902 1885636018419744 923224063751487488 n

宮城県の方言となっている名詞の1つ目は、「ちんがすんねん」です。標準語では「謹賀新年」を表しています。覚えておくと宮城県の年配の方へ、好印象となること間違いなしです。例文としては「ちんがすんねん、あげますておめでとうござりす」となり、「謹賀新年あけましておめでとうございます」という意味になります。

宮城県で使われる方言その2(名詞編):ひまだれ

miyagi_pref_kankouさんの投稿
22352497 280906282400141 6991936741884035072 n

宮城県の方言となっている名詞の2つ目は、「ひまだれ」です。標準語では「暇つぶし」や「時間を浪費すること」を表しています。例文としては、「ひまだれかげて、ごめんなしてけらい」というものがあり、「暇つぶしさせてしまってごめんなさい」という意味になります。

宮城県で使われる方言その3(名詞編):泣ぎべっちょ

miyagi_pref_kankouさんの投稿
22159244 1568546113201961 399431833973948416 n

宮城県の方言となっている名詞の3つ目は、「泣ぎべっちょ」です。標準語では「泣き虫」を表しています。子供へ赤ん坊に向けて使うときの表現になります。例文としては、「おめはほんとに泣ぎべっちょだっちゃ」というものがあり、「お前はほんとに泣き虫だなあ」という意味になります。

宮城県で使われる方言その4(名詞編):ねむかけ

miyagi_pref_kankouさんの投稿
22220973 131514637499766 157114593791967232 n

宮城県の方言となっている名詞の4つ目は、「ねむかけ」です。標準語では「いねむり」を表しています。授業中や電車の中で思いがけず眠ってしまった時に使われる方言です。例文としては、「授業中ねむかけしったわ。」というものがあり、「授業中に居眠りしてしまった」という意味になります。

宮城県で使われる方言をマスターしよう!

今回は、宮城県でよく使われる方言についてご紹介しました。特徴的なものや語感がかわいいものなどいくつもの種類の方言がございます。宮城県の方言には「だっちゃ」というフレーズ以外にも多くのかわいい言い回しのものもあります。宮城県の方言をマスターして宮城観光をより充実したものにしましょう。

関連記事

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ