ポリネシアカルチャーセンターで迫力のショーや文化体験も!行き方も紹介!

ハワイにあるポリネシアカルチャーセンターではポリネシアの伝統的なショーを見学したり、ポリネシア文化を体験することができます。こちらではそんなハワイのポリネシアカルチャーセンターについて、その料金や行き方などをご紹介していきます。

ポリネシアカルチャーセンターで迫力のショーや文化体験も!行き方も紹介!のイメージ

目次

  1. 1ハワイの『ポリネシアカルチャーセンター』大調査
  2. 2『ポリネシアカルチャーセンター』とは
  3. 3『ポリネシアカルチャーセンター』への行き方
  4. 4『ポリネシアカルチャーセンター』の6つの村について
  5. 5『ポリネシアカルチャーセンター』の「ハワイ村」
  6. 6『ポリネシアカルチャーセンター』の「フィジー村」
  7. 7『ポリネシアカルチャーセンター』の「トンガ村」
  8. 8『ポリネシアカルチャーセンター』の「タヒチ村」
  9. 9『ポリネシアカルチャーセンター』の「サモア村」
  10. 10『ポリネシアカルチャーセンター』の「アオテアロア(ニュージーランド)村」
  11. 11『ポリネシアカルチャーセンター』のカヌーショー
  12. 12『ポリネシアカルチャーセンター』のレストラン等
  13. 13『ポリネシアカルチャーセンター』のイブニングショー
  14. 14『ポリネシアカルチャーセンター』の料金設定
  15. 15『ポリネシアカルチャーセンター』のフキラウマーケットプレイス
  16. 16『ポリネシアカルチャーセンター』でポリネシア文化を楽しもう

ハワイの『ポリネシアカルチャーセンター』大調査

ハワイ旅行ではマリンレジャーやショッピングが人気ですが、ハワイを訪れるならぜひ行ってもらいたい場所があります。それがポリネシアカルチャーセンターです。こちらではそんなポリネシアカルチャーセンターの行き方やショー、体験、料金などの紹介をしていきます。

『ポリネシアカルチャーセンター』とは

ポリネシアカルチャーセンターは東京ドーム3個分の広さがある体験型のテーマパークです。ここではハワイの先住民であるポリネシアの伝統のダンスや文化などを見たり、体験したりすることで、ポリネシアの文化を学び、楽しむことができます。小さなお子様から大人までとても興味深い体験ができます。

ポリネシアカルチャーセンターがオープンしたのは1963年のことです。園内にはポリネシアを代表する6つの島が再現され、それぞれ特有の文化を体験することができます。またポリネシアカルチャーセンターの人気はハワイで最も人気のある優良アトラクションと称されるほどです。

ポリネシアカルチャーセンターの営業時間は月曜日から土曜日まで午前11時45分から午後9時までです。日曜日、感謝祭(11月の第4木曜日)やクリスマス(12月25日)などはお休みですのでご注意ください。営業日はショーや文化体験が毎日楽しめます。敷地も広く1日かけて楽しむことができます。

『ポリネシアカルチャーセンター』への行き方

ポリネシアカルチャーセンターはオアフ島の北部ノースショアにああり、ワイキキからは車で約70分の場所にあります。ポリネシアカルチャーセンターへの行き方は主に3通りあります。一番リーズナブルな方法は「ザ・バス」を利用する行き方です。ポリネシアカルチャーセンターへ行くバスはアラモアナセンターから出ています。

アラモアナセンターからノースショア・ハレイワ行きの55番バスに乗ります。Kamehameha Hwy + Polynesian Culturalというバス停の目の前にポリネシアカルチャーセンターがあります。バスの場合は1時間50分ほどかかります。またバスの本数も少ないので時刻表を事前にチェックしましょう。この行き方なら料金は片道2.75ドルです。

次に便利なのがポリネシアカルチャーセンターの入場料金、ディナーの料金、ショーの鑑賞料金などがパッケージになっているツアーを利用する行き方です。このツアーを予約するとオプション料金30ドルを追加してワイキキのホテルなどから送迎バスを利用することができます。このツアーを利用した行き方が一番お手軽です。

3つめはタクシーを利用した行き方です。タクシーを利用する場合は料金は160ドル前後かかります。少し高く感じますが、ツアーのオプションで送迎を頼んでも30ドルほどです。4人家族やグループで利用すれば、この行き方の料金は妥当なものになるでしょう。その他、ハワイ旅行に慣れている方はレンタカーを利用する行き方も便利です。

Thumbハワイでタクシーの料金やチップはどのくらい?呼び方・乗り方を紹介!
ハワイではトローリーやバスが主な移動手段です。しかしながら、観光地や人気のレストランなどにピ...

『ポリネシアカルチャーセンター』の6つの村について

ポリネシアという言葉はギリシャ語で「多くの島」を表しています。ポリネシアカルチャーセンターの5万坪の敷地の中にはそんなポリネシアを代表する島々をテーマとした村(サモア村、アオテアロア村、フィジー村、ハワイ村、タヒチ村、トンガ村)があります。そんな村の特徴とそこでできる体験などをご紹介していきます。

『ポリネシアカルチャーセンター』の「ハワイ村」

20482526 1929489963961179 935206928018046976 n
daily_of_alohawaii

まずはこちらのハワイ村です。西暦350年から700年頃にハワイの先住民たちはこの島にやってきました。そしてハワイ諸島はカメハメハ大王により統一されました。ハワイに日本人が移り住んできたのは明治初期のことです。ハワイと日本の関係は比較的最近始まりました。

ハワイ村ではそんな先住民たちの生活を学ぶことができます。ハワイ村にはタロ芋の水田があります。タロ芋といえばハワイの伝統的な食材です。タロ芋は日本の里芋に似た植物で栄養価が高く、ハワイの伝統料理として有名です。ハワイ村ではタロ芋の調理工程を見学できます。

ハワイ村ではウクレレ、ハワイ伝統の遊び、フラの基本的なステップを体験することができます。ハワイの自然に囲まれながらフラを学ぶのはとても気持ちが良いです。またウクレレやハワイの伝統的な遊びも体験できます。

『ポリネシアカルチャーセンター』の「フィジー村」

フィジーは300以上の島がある南太平洋にある島国です。元々はパプア人が住んでいたこの島にポリネシア文化を持つトンガ人たちが移り住み、フィジーにポリネシアの文化が根付きました。フィジーの人々は手先が器用で、建築の技術なども優れていました。フィジー村では見事な茅葺屋根の建物を見ることができます。

フィジー村には器を持った体格のいいフィジーの戦士がいます。フィジー村ではヤシの繊維を使って縄を作り、建築に使用したり、漁に使用したりしています。コチラでは竹の楽器で遊んだり、洗い流せるタトゥーを体験することができます。フィジーの伝統的な民族衣装のファッションショーも見ることができます。

『ポリネシアカルチャーセンター』の「トンガ村」

トンガは170ほどの島を持つ国家です。ポリネシアで唯一国王により統治されている国です。トンガはとても偉大な国で、かつてはフィジーやサモアなど他の島々を支配下におり、トンガの戦地たちはポリネシア諸国で大変恐れられていました。またトンガは世界で一番最初に太陽が昇る国としても有名です。

ポリネシアカルチャーセンターのトンガ村の一番の見所は観客参加型のショーです。ナファと呼ばれる大きな太鼓のショーは観客との掛け合いが見ものです。またトンガ村では、トンガに古くから伝わるボードゲームの様なものや、やり投げ、カヌー漕ぎなどを体験することができます。

『ポリネシアカルチャーセンター』の「タヒチ村」

タヒチは日本人にも人気のリゾート地です。タヒチはフランス領のため、公用語はフランス語とタヒチ語です。タヒチもまた100以上の島々からなります。特にボラボラ島は「太平洋の真珠」と称されるほど美しいです。コバルトブルーの海の上に建てられたコテージ群は大変ロマンチックで有名な風景です。

タヒチ村ではタヒチの伝統的な食べ物を作ったり、パンダナスの葉でバスケットを編んだり貝殻でレイをを作る体験ができます。またタヒチ村では魚にエサをやったり、魚釣りをして楽しむことができます。そしてタヒチ村のショーではタヒチのスピード感にあふれるタヒチアンダンスを見ることができますし、簡単なステップを習うこともできます。

『ポリネシアカルチャーセンター』の「サモア村」

926915 262252210597351 260595201 n
anne_rouge_

サモアに人が降り立ち、ポリネシア民族の文化が成立したのが紀元前1000年頃だといわれています。サモアは9つの小島からなる国です。サモア人はサモアから更にタヒチなどにも航海していきました。農業と漁業が経済の中心となっている国で、現在ではニュージーランドやアメリカ合衆国には時刻よりも多くのサモア人が生活しています。

サモア村ではサモア風の火おこしの体験ができます。サモア人たちはいとも簡単に火をおこしますが、実際にやってみるととても難しいです。またサモア村ではヤシの木やココナッツの実を使ったショーが見どころです。サモア村では10メートルを超えるヤシの木をすいすいと登る木登りも見学できます。

サモア村ではサモアの生活にかかせないココナッツの実に関する様々な知識を学ぶことができます。例えばココナッツミルクとココナッツジュースの違い。ココナッツミルクを使った伝統的な料理の作り方などです。ココナッツミルクを使った料理は試食をすることもできます。

『ポリネシアカルチャーセンター』の「アオテアロア(ニュージーランド)村」

アオテアロア(白く長い雲の地)という国名はマオリ語でニュージーランドという意味です。ニュージーランドにポリネシア民族が降り立ったのは紀元950年ごろと言われています。ポリネシア民族の一派であるマオリ族には特殊な挨拶の方法や顔にタトゥーをいれる文化があります。

アオテアロア村に入ると、マオリの戦士たちが槍を振りかざしながら近づいてきます。戦士は小枝を地面に置くので、それを拾います。その小枝を拾うことで友好的な訪問者であることが示され、拾わなければ敵対的な訪問であることになり戦いが始まります。小枝を拾うと歓迎の儀式が始まります。

27877654 291934757997815 733254073951715328 n
tomoe_e10

アオテアロア村ではマオリの踊りで使われる道具の使い方を習うことができます。それらの道具を扱うのはとても簡単なようでとても難しいです。またマオリ族が着用している衣装には意味があり、その意味や織り方を学ぶこともできます。そのほか水で落とせるタトゥー体験などもできます。

『ポリネシアカルチャーセンター』のカヌーショー

ポリネシアカルチャーセンターの敷地内にあるラグーンでは6つの村によるカヌーショーが行われます。カヌーショーはそれぞれの村がそれぞれの民族衣装で踊りを踊ります。個別にみると違いが分かりにくいのですが、一度に6種類みると、それぞれの踊りの特徴が解りやすいです。

25023867 390226998100220 7243343047692386304 n
kokone10

とても不安定なカヌーの上で各村6名から8名ほどのダンサーが見事な踊りを披露します。ステップが激しいものになると、カヌーは大きく揺れ今にもひっくり返りそうでひやひやします。それぞれの衣装、踊り、小道具、リズムなどの違いが分かるようになったらポリネシア通です。カヌーショーはかなり見ごたえがあります。

『ポリネシアカルチャーセンター』のレストラン等

ゲートウェイレストラン

928128 623832871005817 607707907 n
anne_rouge_

ポリネシアカルチャーセンターには2つのレストランといくつかの売店があります。レストランの中で話題なのは、なんと748名分の座席がある大レストラン「ゲートウェイレストラン」です。こちらのレストランは天井が高く、ポリネシアの民族が描かれた壁画も見事です。こちらのレストランはディズニーの建築家が携わったことでも有名です。

アリイ・ルアウ・レストラン

ルアウというのは王族をたたえて開かれる宴会のことです。こちらのレストランでは王族をたたえる際にふるまわれる伝統的な料理を味わいながら、王族の為に踊られるショーを見ることができます。また宴会の始まりにイム(伝統的なかまど)から取り出される豚の丸焼きは絶品です。この豚は1日かけてイムで焼き上げられます。

売店

30079826 197698104353121 2633537228508233728 n
alyssasnowfit

サモア村、トンガ村、アオテアロア村、ハワイ村には軽食がいただける売店があります。カレーやミートパイ、パイナップルパイ、ココナッツパン、スイカとココナッツミルクのドリンク、ヤシの実のドリンクなどそれぞれの村特有のメニューがありますので、ぜひチェックしてみてください。

『ポリネシアカルチャーセンター』のイブニングショー

1530661 582184075193865 627773178 n
anne_rouge_

ポリネシアカルチャーセンターで早めの夕食を済ませたら、午後7時半から始まるイブニングショーを見に行きましょう。ポリネシアカルチャーセンターのイブニングショーは「パシフィックシアター」で行われます。パシフィックシアターは収容人数2600名以上の大きな劇場です。

19932496 1333675596727946 3969604711371243520 n
hugh0505

こちらで行われるショーは「HĀ:ブレス・オブ・ライフ」というタイトルで、総勢100名ほどのキャストにより行われる大迫力のパフォーマンスです。このパフォーマンスは主人公はポリネシアの国をめぐりながら成長していくストーリー仕立てのショーです。ショーの終わりにはスタンディングオベーション間違いなしです。

『ポリネシアカルチャーセンター』の料金設定

17077022 875441759265392 3274889537880326144 n
you_keey

ポリネシアカルチャーセンターの入場料金は大人64.95ドル、子供(4歳から11歳)51.96ドルです。この入場料金だけで、6つの村のショーや体験、カヌーショーも楽しめます。ただ、もしあらかじめポリネシアカルチャーセンターを訪れることが決まっているならば、お得なパッケージ料金もおすすめです。お得なパッケージはネットで予約できます。

1516267 798431173506304 605002493 n
anne_rouge_

お得なパッケージの料金は10日前までの予約で大人料金78.26ドル、子供料金62.6ドルからあります。このパッケージには入場料に加え、ビュッフェディナーとイブニングショー(後方座席)が付いています。入場料だけの場合とあまり変わりませんのでぜひパッケージでの事前予約をおすすめします。

14574277 1839114776323042 2421902109407444992 n
hungrycoupleyyc

また、一番安いパッケージの場合は40名ほどの団体行動ですが、プライベートで、ディナーもアリイ・ルアウを選択でき、イブニングショーも最前列で見たいという場合は大人215.95ドル、子供172.76ドルでポリネシアカルチャーセンターを大満喫できます。またいずれの場合も30ドルを追加すれば、ワイキキからの送迎バスを利用することができます。

『ポリネシアカルチャーセンター』のフキラウマーケットプレイス

26068452 195495484365306 756878829326172160 n
daily_of_alohawaii

ポリネシアカルチャーセンターには併設されたショッピングモールがあります。それがフキラウマーケットプレイスです。ここには衣類、小物、お菓子などのショップやレストランもあります。こちらでしか買えないチョコレートなどもありハワイのお土産を選ぶのにもとても便利です。

『ポリネシアカルチャーセンター』でポリネシア文化を楽しもう

いかがでしたでしょうか。ハワイの観光客に大人気のポリネシアカルチャーセンターをご紹介してみました。ポリネシアカルチャーセンターは子供から大人まで楽しむことができます。ポリネシアカルチャーセンターでポリネシアの人々や文化に触れてみましょう。ハワイの新しい魅力に気付かされます。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ