コロンビアの治安は安全なの?観光客が注意したいエリア・ポイントを確認!

コロンビアの治安といえばみなさんはどのようなイメージを持っているのでしょうか。麻薬や銃、またはマフィアなど危険なことが多い危ない国という悪いイメージを抱いている人も少なくはないのではないでしょうか。そこで今回はコロンビアの治安についてご紹介します。

コロンビアの治安は安全なの?観光客が注意したいエリア・ポイントを確認!のイメージ

目次

  1. 1コロンビアの治安についてご紹介!
  2. 2コロンビアの治安が悪いといわれる原因1:まだまだ情報が少ない
  3. 3コロンビアの治安が悪いといわれる原因2:低所得者層の存在
  4. 4コロンビアの治安が悪いといわれる原因3:コカインなどの栽培が行われている
  5. 5コロンビア内の治安の悪い危険なスポット1:アラウカ県
  6. 6コロンビア内の治安の悪い危険なスポット2:メセタス
  7. 7コロンビア内の治安の悪い危険なスポット3:ボゴタの旧市街
  8. 8コロンビア内の治安のいい比較的安全スポット1:グアタペ
  9. 9コロンビア内の治安のいい比較的安全スポット2:メデジン
  10. 10コロンビア内の治安のいい比較的安全スポット3:ボゴタの新市街
  11. 11コロンビアのボゴタの治安について
  12. 12コロンビア観光の際の治安対策1:貴重品は最小限にする
  13. 13コロンビア観光の際の治安対策2:夜中の出歩きはやめる
  14. 14コロンビア観光の際の治安対策3:人通りの多い場所を選ぶ
  15. 15コロンビア観光の際の治安対策4:宿泊先のホテル等で治安情報を聞く
  16. 16コロンビア観光の際の治安対策5:抵抗はしないでおく
  17. 17コロンビアの治安を把握して観光を安全に楽しもう!

コロンビアの治安についてご紹介!

コロンビアは治安の悪い国というイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか。海外へ観光などで訪れる際には、その場所の治安についてよく知っておくことも大切です。コロンビアも決して治安のいい国というわけではないのですが、美しい風景を楽しめる観光スポットなども多いです。ぜひ危険を回避しながら観光を楽しんでみてください。

コロンビアの治安が悪いといわれる原因1:まだまだ情報が少ない

コロンビアの治安は悪いと注意喚起されていますが、悪いと言われる原因の一つに情報が少ないということがあげられます。実際に観光などで世界中を旅している人たちの中には、ブラジルなどのコロンビア周辺の国の方が治安が悪いという方も多いです。ですがブラジルはリオのカーニバルなどがありますので、たくさんの情報がネットにあります。

その点コロンビアは未だにネットでの情報も少ないですし、外務省などのデータでもコロンビアのどこを探しても注意喚起が出ている状況です。そのため少ない情報の中でもより信頼できる情報を集めたうえで観光することで、危険から身を守りつつコロンビア観光を楽しむことができます。事前にしっかりと情報を集めるようにしておきましょう。

コロンビアの治安が悪いといわれる原因2:低所得者層の存在

コロンビアに限ることではないのですが、やはり低所得者層が集まる地域の治安は悪いといわれております。コロンビアも同じで低所得者層が集まるボゴタの旧市街地などの治安が悪く危険といわれております。ですので観光する際などは避けるようにしておきましょう。強盗などの被害に遭うことも珍しくないですし、婦女暴行などへの注意も必要です。

コロンビア観光の際にも訪れることの多い、首都ボゴタの旧市街地のように観光スポットとされている地域の近くにも貧困街などはありますので、事前にチェックしておいて注意が必要な場所だけでなく、犯罪などに巻き込まれないようにするための方法などを知っておく必要があります。注意喚起などはしっかり見て守って安全に観光していきましょう。

コロンビアの治安が悪いといわれる原因3:コカインなどの栽培が行われている

最後にご紹介するコロンビアの治安が悪いといわれる原因の一つは、コカインなどの栽培が盛んということです。コカインは日本では禁止されておりますので、普段使用される方もいないと思いますし、何が危険なのかさえわからない方も多いかもしれませんが、栽培が盛んということはコカインの販売なども頻繁に行われているということなのです。

麻薬の原料となっているコカインが盛んに栽培されておりますので、犯罪などに巻き込まれることのないように旅行中は注意しておく必要があります。日本ではたいへん規制も厳しいですのでどれだけ危険か、わからない方も多いかもしれませんが、中毒性も強いですし身体的にも精神的にも悪影響を及ぼすものですので、関わらないようにしましょう。

コロンビア内の治安の悪い危険なスポット1:アラウカ県

ではここからはコロンビアの中でも特に治安に注意が必要なスポットをご紹介していきます。まず最初にご紹介するのはアラウカ県です。ベネズエラとの国境にあるアラウカ県は、コロンビアの中でも治安の悪いスポットとして知られております。南米には治安の悪いとされている国も多く、ベネズエラもその中の一つとして有名になっております。

アラウカ県の治安が悪いというだけでなく、ベネズエラとの国境でもあるアラウカ県は、治安も悪く用があったとしても立ち入るのはおすすめできない地域となっております。外務省が発表している治安マップなどでもレベル3に認定されており、注意喚起が出ている地域になっておりますので、コロンビア観光の際にも立ち入らないようにしましょう。

コロンビア内の治安の悪い危険なスポット2:メセタス

続いてご紹介するのはコロンビアのメセタスです。こちらの地域も治安が悪いと評判になっておりまして、外務省が発表する治安マップでもレベル3に認定されております。首都ボゴタからも離れておりませんので、間違って立ち入ってしまうことがないように注意しておくことが大切になっております。強盗などの犯罪発生率も高い地域となっています。

また犯罪といいましても強盗だけでなく、婦女暴行などにも注意しておく必要があります。メセタスと調べても情報はあまり出てこないですので、コロンビア観光の際などは治安についてあまり知ることのできないメセタスなどに立ち寄ることがないようにしておきましょう。外務省の治安マップを参考にするのはとてもおすすめです。

コロンビア内の治安の悪い危険なスポット3:ボゴタの旧市街

最後にご紹介するのはコロンビアの首都でもあるボゴタの旧市街地です。ボゴタの旧市街地には低所得者層の方々が多く犯罪の発生率も高くなっています。観光などで訪れた際に強盗などの被害に遭う確率も高くなってしまうので注意が必要です。また首都ボゴタ自体は治安について情報得ることができる、外務省の治安マップなどでもレベル1になっているので注意してください。

ボゴタの旧市街地の方に間違って立ち入ってしまわないように、事前に地図などをしっかりと見ておく必要もありますし、夜間だけでなく昼間なども人通りの少ない道を避けるようにしておくのが大切です。自分の身は自分で守れるように危険とされている場所には最初から近づかないようにしておくことが大切です。犯罪に巻き込まれないように注意して観光していきましょう。

コロンビア内の治安のいい比較的安全スポット1:グアタペ

maaaaai12tabiさんの投稿
30086793 166480094066228 3450434506354327552 n

では続いてコロンビアの中でも比較的治安がいいといわれているスポットについてご紹介していきます。コロンビア内でも治安が最もいいのでは?といわれている地域となっておりまして、カラフルな建物が並ぶ地域になっております。カラフルな住宅なども多いですので街全体が明るく見えますし、インスタ映えする写真等も撮ることが可能な地域です。

akirasatさんの投稿
10895243 758998870851038 578222770 n

日本では珍しい配色を使った建物なども多いですので、街をゆっくりと散策するのも観光の楽しみ方の一つになっております。人々の明るさや陽気さなどが伝わってくるような、カラフルな建物は見るだけで元気を分けてもらうことができるのではないでしょうか。治安改善が進んでいるコロンビアの中でも安心できるスポットの一つになっております。

コロンビア内の治安のいい比較的安全スポット2:メデジン

続いてご紹介するのはメデジンです。コロンビアの中でも比較的治安がいいとされているメデジンは昔は貧困街として知られておりました。ですがケーブルカーなどが発達したことにより、中心部へのアクセスも良好になり仕事を持つことができる人が増え治安も改善されてきました。メデジンを拠点にグアタペ観光などを日帰りで行うのもおすすめです。

コロンビアの第二都市としても知られているメデジンには、博物館やケーブルカーやヌティバラの丘などの観光スポットもありますので、ぜひメデジン観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。ケーブルカーから眺める景色も最高ですし、ヌティバラの丘からの眺めも絶景です。ぜひコロンビア観光の際には美しい景色をメデジンで楽しんでください。

コロンビア内の治安のいい比較的安全スポット3:ボゴタの新市街

最後にご紹介するのはボゴタの新市街地です。ボゴタの旧市街地は治安が悪いといわれているのですが、新市街地には中流から富裕層の方々が生活していることによって、治安も改善されております。そのため旧市街地と比べても治安がよくなっており、比較的安心して観光することができるようになっております。また警備などもしっかりしています。

ボゴタの旧市街地などではあちこちで見かける、落書きなども新市街地では見かけることもありませんし、グーグルなどの大手企業の会社などの入っているビルなどもありますので、治安のよさをうかがうこともできます。ボゴタでホテルを探す際には夜間でも外出しやすい新市街地のホテルを予約するのがおすすめです。観光の拠点にもできます。

コロンビアのボゴタの治安について

ではここではコロンビアの首都であるボゴタの全体的な治安についてご紹介していきます。大きくわけると新市街地と旧市街地で治安がわかれておりまして、旧市街地の治安は悪いといわれております。ゴミなどが落ちていることも多いですし、街のいたるところに落書きなどを見つけることができます。そのため旧市街地には注意しておきましょう。

また境界線などもわかりやすいというわけではないですので、移動の際には地図などを見て間違って旧市街地の方へ入っていくことがないようにしておきましょう。またボゴタでは旧市街地側に観光スポットが密集しておりますので、観光スポットを巡りたい場合には夜間に近づくことがないようにしておきましょう。夜間はたいへん危険です。

Thumbボゴタ観光の楽しみ方&治安ガイド!空港の様子や天気・時差も紹介!
南米の北端に位置する国「コロンビア」。そんなコロンビアの首都である「ボゴタ」には数多くの観光...

コロンビア観光の際の治安対策1:貴重品は最小限にする

ではここからは治安対策についてご紹介していきます。まず最初にご紹介する対策方法は貴重品を最小限にするということです。海外旅行などの際には荷物をなるべく少なくするというのは大切なポイントなのですが、治安が悪いといわれているようなスポットを訪れる際には、より重要になっていきます。財布はもちろんのことスマホなども危険です。

思い出の写真を撮る際にスマホなどを利用する方も多いでしょうし、カメラにこだわっている人は一眼レフなどを使用する方も多いと思うのですが、強盗などの被害に遭わないためにもスマホや一眼レフなどの高級品はなるべく使用を制限しておくようにしましょう。日本では当たり前のように見る光景なのですが、歩きながらスマホ操作なども危険です。

コロンビア観光の際の治安対策2:夜中の出歩きはやめる

続いてご紹介する治安対策は夜中などの出歩きをやめるということです。日本などで犯罪が起きる場合にもそうなのですが、夜間一人で出歩いている際に犯罪に巻き込まれるということも多いです。やはり治安が悪いといわれている地域などでも一緒で、夜間の出歩きなどを控えることで犯罪に巻き込まれる可能性を減らすことができるようになります。

また女性の場合に多いのですが婦女暴行などの被害に遭わないためにも、夜間の一人外出は避けるようにしておきましょう。またとくに夜間人通りの少ない場所や、街灯などがなく灯りのない場所を一人で歩くことがないようにしておきましょう。そうすることでより安全に海外での観光を楽しむことができるようになります。注意してみてください。

コロンビア観光の際の治安対策3:人通りの多い場所を選ぶ

続いてご紹介するのは人通りの多い場所を選ぶということです。やはり犯罪などが起きるのは人通りの多い場所よりは、人通りの少ない場所が多いです。ですので人通りの少ない場所は避けるようにしておきましょう。ですが注意が必要な点として、電車や観光スポットを狙ったひったくりなども起きることがありますので、そこは注意が必要になります。

先ほどもご紹介したのですが、基本的に持ち歩く貴重品は少なくしておくことが大切ですし、持ち歩く際にシークレットベルトなどを使用するとより安全になります。トートバッグなどのようにチャックのないようなバッグは知らないうちに抜き取られることも多いですので、やめておくのが得策といえます。また財布を直接ポケットなどに入れておくというのも危険な行為の一つです。

コロンビア観光の際の治安対策4:宿泊先のホテル等で治安情報を聞く

続いてはホテルの人に治安情報などを聞いておくということについてご紹介していきます。コロンビアの首都であるボゴタなどもそうなのですが、危険区域とそうでない区域が隣接しているようなスポットも少なくありません。そんなとき地元の人でなければ知らない間に危険区域に入り込んでしまっていたということも少なくありません。

ボゴタなどのホテルでもそうなのですが、ホテルの人に地図を見せることで、治安情報などを教えてもらえることができるようになっております。やはり現地の情報は現地で聞いておくのが安心です。地図などを見ながら詳しく治安情報について聞いておきましょう。そうすることで迷い込んでしまうリスクを減らすことができ安全に観光できます。

コロンビア観光の際の治安対策5:抵抗はしないでおく

最後にご紹介するのは犯罪に巻き込まれてしまった際に、頭に入れておきたいポイントです。やはり強盗などに遭遇してしまった際には抵抗される方も多いのですが、万が一強盗などに出くわした際には抵抗しないでおくのが得策です。たしかにお金などを取られると困りますし、取り返そうと考えると思うのですが、とても危険ですの諦めましょう。

相手が凶器などを持っていることも多いですし、英語などが通じない場合も多いですので、話し合いや抵抗することで余計被害が大きくなってしまうことも多いです。そのためやはり持ち歩くお金は必要以上に持たないということが大切ですし、有り金全てを持ち歩くことがないようにしておきましょう。お金よりもあなたの命の方が大切です。

コロンビアの治安を把握して観光を安全に楽しもう!

いかがでしたでしょうか。今回はコロンビアの治安についてご紹介しました。コロンビアの治安についての情報はまだ少ないですし、治安が悪いということだけが先行しがちなのですが、南米にはとても美しい景色を楽しむことのできるスポットも多いです。しっかりと治安情報を頭に入れたうえで、対策等も考えコロンビア観光を楽しんでみてください。

Noimage
この記事のライター
kiki