鹿児島「いおワールドかごしま水族館」特集!料金やおすすめの見どころは?

鹿児島の水族館「いおワールドかごしま水族館」は、全国でも珍しいジンベイザメを展示する水族館。イルカショーの訓練風景が見られる変わった水路もあります。今回は鹿児島の「いおワールドかごしま水族館」の料金やアクセス方法の他、体験コーナーなど、その魅力をお伝えします。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」特集!料金やおすすめの見どころは?のイメージ

目次

  1. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」をご紹介!
  2. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」ってどんな水族館?
  3. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」でジンベイザメの研究!
  4. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおもしろ施設
  5. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」の気になる料金は?
  6. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」にはお得な年間パスポートもある!
  7. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」には他にも割引料金がある?
  8. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」に行くのにおすすめの日
  9. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」の営業時間
  10. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」は夜間営業もしている?
  11. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」への行き方1:公共交通機関
  12. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」への行き方2:車
  13. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報1:ジンベイザメ
  14. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報2:いるかの時間
  15. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報4:青空イルカウォッチング
  16. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報3:サツマハオリムシ
  17. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報5:飼育係体験
  18. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報6:ワクワクきびなご塾
  19. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報7:ジンベイザメと泊まろう
  20. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報8:イルカと泊まろう
  21. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報9:バックヤードツアー
  22. 鹿児島「いおワールドかごしま水族館」で楽しい一日を過ごそう!

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」をご紹介!

NHKの大河ドラマ「西郷どん」で大ブレイク中の鹿児島県。そんな鹿児島が世界に誇る水族館と言えば「いおワールドかごしま水族館」。1997年の開館当初から、世界最大の魚類「ジンベイザメ」を代々飼育している水族館としても知られています。

今回は、鹿児島の「いおワールドかごしま水族館」の気になる料金やアクセス方法の他、水族館で開催されているおすすめのイベント情報もご紹介します。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」ってどんな水族館?

1997年、鹿児島県鹿児島市本港新町にオープンした「いおワールドかごしま水族館」は、全国から延べ1000万人以上が訪れた人気の水族館。正式名称は「かごしま水族館」ですが、愛称「いおワールドかごしま水族館」として、地域の人にも親しまれています。

「いお」とは、鹿児島の方言で魚(うお)を意味し、文字通りたくさんの魚達が泳ぐ水族館として、20年間愛され続いています。

「いおワールドかごしま水族館」最大の特徴と言えば、開館当初から、ジンベイザメを飼育することに力を入れてきたことです。世界最大の魚類ジンベイザメは、個体数が減っており、なかなか自然界で出会うことのできない珍しい生き物です。

鹿児島水族館では、1997年の開館当時に、2匹のジンベイザメを展示する予定でしたが、なんと開館前にジンベイザメが死亡するという悲劇に見舞われました。

この苦い経験から「いおワールドかごしま水族館」では、ジンベイザメを「鹿児島方式」という独自の方法で飼育しています。

鹿児島近海では、5月から10月頃までの時期に、黒潮に乗ってジンベイザメがやってきます。年に5匹から8匹ほどのジンベイザメが地元の定置網にかかるので、その個体を水族館で飼育するという方式をとっています。

この鹿児島方式を取り入れたことで、鹿児島水族館では、20年という長期に渡って、ジンベイザメを飼育することに成功してきました。歴代飼育されたジンベイザメは、すべて「ユウユウ」という愛称で親しまれています。

他にも鹿児島水族館には、この水族館ならではの珍しい生き物がいますので、後ほどおすすめ情報で詳しくご紹介します。

鹿児島水族館では、一般的なイルカショーと違って、イルカの生態や能力などを解き明かすユニークな取り組みを行っています。

普通の水族館のイルカショーではイルカがボールをつついたりと、曲芸をするのが当たり前ですが、鹿児島水族館のイルカショーでは、こういった曲芸ではなくイルカが色を見分けられるかなど、クイズ形式でイルカたちの生態について学ぶイルカショーを開催しています。

Thumb鹿児島の温泉特集!絶景露天風呂がおすすめの宿など情報満載でお届け!

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」でジンベイザメの研究!

鹿児島水族館では、謎の多い生き物「ジンベイザメ」の生態を解き明かそうと、7代目「ユウユウ」を放流する際、小型の探知機をつけました

鹿児島県沖合いから、どんなルートでジンベイザメが回遊するのかを探索することに成功し、謎に包まれたその暮らしの一部が明らかになってきています。現在も、ユウユウの足跡をたどりながら、ジンベイザメの研究が続けられています。

Thumb鹿児島の郷土料理をまとめて紹介!鶏飯やがねなどどれもおすすめ!

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおもしろ施設

「いおワールドかごしま水族館」は、先ほど少し触れましたが、鹿児島県鹿児島市本港新町にあります。地元の方には「北埠頭」(きたふとう)の名称で親しまれている港湾エリアは、鹿児島随一の観光名所「桜島」が目の前に広がる絶景スポットです。

鹿児島水族館は、桜島の周りを取り囲む錦江湾(きんこうわん)に面して立てられており、建物の外側には水路が設けられています。

「いおワールドかごしま水族館」では、この天然の水路を利用して、イルカショーでお馴染みのイルカの訓練等を行っており、実は、料金を払わずに水路を泳ぐイルカを見ることもできます!

過去には、この水路で鹿児島近海に大量発生した「マンボウ」も展示されたことがあり、料金無料で珍しい海の生き物が見られると話題になりました。

また、鹿児島水族館では、普通の水族館が行っているイルカショーとは少し違い「いるかの時間」と題したイベントを開催しています。

この他にも、水族館を紹介する取り組みとして、桜島の海に暮らす鹿児島の水生生物を取り扱った図鑑や、ジンベイザメの捕獲に関わる定置網漁の図鑑など、珍しい図鑑も発行しています。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」の気になる料金は?

ジンベイザメやイルカなど、海の人気者がたくさんいる「いおワールド鹿児島水族館」。ここからは、気になる料金をご紹介致します。鹿児島水族館の入館料金は、大人(高校生以上)1500円、小人(小・中学生)750円、幼児(4才以上)350円となっています。

20名以上の団体の場合は、団体料金が適用され、それぞれ大人1200円、小人 600円、幼児280円と若干割引されるようです。
 

身体障害者手帳と精神障害者手帳をお持ちの方は、入館料金が免除されるようですので、ご来館の際は、必ず障害者手帳を持参してください。

また、鹿児島市、熊本市、福岡市、北九州市の4都市にお住まいの方で、70歳以上の方は、入館料金が半額の750円になるようです。年齢と住所を確認できる書類を窓口の係員にご提示下さい。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」にはお得な年間パスポートもある!

鹿児島の「いおワールドかごしま水族館」では、入館料金がお得な年間パスポートも発行しており、料金は大人3000円、小人1500円、幼児750円となっています。入館料金2回分で年間パスポートを購入できますので、鹿児島在住の方は、こちらがおすすめです。

また、年間パスポートがさらにお得になる「ファミリー割引」も実施しています。3親等内で家族2名以上が年間パスポートを購入すると、割引料金が適用されます。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」には他にも割引料金がある?

鹿児島水族館では、入館料金がお得になる割引キャンペーンを実施中です。NHKの大河ドラマとコラボした「西郷どん大河ドラマ館」のチケットの半券を「いおワールドかごしま水族館」の窓口で提示すれば、団体料金で入館することができます。

また、逆に鹿児島水族館のチケット半券か年間パスポートを「西郷どん大河ドラマ館で提示すると団体料金で入館できるサービスも実施中です。

「いおワールドかごしま水族館」では、過去には、子供の日や敬老の日にそれぞれお子供料金とシニア料金が割引になるサービスも実施しています。お得なキャンペーン料金を知りたい方は、鹿児島水族館のホームページにアクセスしてみて下さい。

また、入館料金の支払いは1日1回のみで、再入館も可能です。一度外に出る場合は、透明スタンプを受付で押してもらって下さい。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」に行くのにおすすめの日

「いおワールドかごしま水族館」では、毎月10日を「いおの日」に定めており、この日に入館するとスタンプラリーに参加することができます。入館回数が3回を越えると、回数に応じて素敵なプレゼントがもらえるようです。

スタンプラリーに参加したい方は、年間パスポートまたは、ファミリー割引の年間パスポートの購入が断然お得です。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」の営業時間

続いては、「いおワールドかごしま水族館」の営業時間をご紹介します。鹿児島水族館の通常営業時間は、9:30から18:00までとなっています。入館受付は、17:00までと少し早めの時間になっていますので、ご注意下さい。

水族館で人気のイルカショー「いるかの時間」や「あざらしの時間」の開催時間については、後ほど詳しくご紹介いたします。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」は夜間営業もしている?

鹿児島水族館では、ゴールデンウィークや夏休み期間の土・日・祝日等、長期休暇の際に夜間営業を行っています。夜間営業が実施されるのは、他にもクリスマス・イブがあります。

長期休暇や特別開館の日は、営業時間が朝9:00から夜21:00までとなっています。

夜の水族館を楽しめるのは、かなりレアですので、ぜひ、この期間に「いおワールドかごしま水族館」へ行ってみて下さい。

鹿児島水族館の夜間営業は、別料金を支払う必要もないので、大変お得です。水族館内には、食事をできるカフェテリアがありますが、場所も狭いですので、一旦街に出て食事をとり、また水族館に戻るというのもおすすめです。

夜間はイルカショーなどの特別なショーは開催していないようですが、館外のライトアップなども見どころとなっているようです。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」への行き方1:公共交通機関

ここからは、鹿児島水族館へのアクセス方法をご紹介します。まず最初にご紹介するのは、公共交通機関を使った行き方です。鹿児島空港から公共交通機関を利用する場合、空港リムジンバスに乗車し、金生町の停留所にて下車します。

金生町から鹿児島水族館までは、徒歩15分ほどで、市営バスをご利用の場合は約3分ほどでかごしま水族館に到着します。

鹿児島空港から金生町まで、リムジンバスの所要時間は約50分ほどかかります。金生町から「いおワールドかごしま水族館」へ行くバスは、15番、16-2番、24、25、26番の5路線です。

鹿児島市営バスの行き先は「かごしま水族館前」または「ドルフィンポート行き」と表示されていますので、お間違いのないようご注意下さい。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」への行き方2:車

「いおワールドかごしま水族館」へのもう一つの行き方は、レンタカーや自家用車でアクセスする方法です。鹿児島溝辺空港から、レンタカーで鹿児島水族館まで行く場合は、薩摩吉田インターチェンジ、または鹿児島北インターチェンジで下車します。

鹿児島市内に入ったら、そのまま桜島のある北埠頭方向へ進み、約20分ほどで鹿児島水族館到着です。

「いおワールドかごしま水族館」は、専用駐車場がないため、車でアクセスする場合は、鹿児島県が運営する県営駐車場に駐車してください。

普通車の料金は、最初の1時間が無料で、その後1時間おきに200円追加料金が発生していきます。水族館を回るのは短くても1時間半ほどかかります。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報1:ジンベイザメ

ここからは、「いおワールドかごしま水族館」の見どころやおすすめ情報をご紹介していきます。まず、最初にご紹介するのは、鹿児島水族館のアイドル「ジンベイザメ」。過去20年間の水族館の歴史の中で、歴代7匹のジンベイザメがこの水族館で飼育されてきました。

歴代ジンベイザメの名前は、雄雌に関わらず、すべて「ユウユウ」と名付けられています!

鹿児島水族館には、地下2階地上5階と合わせて7つのフロアがありますが、「ユウユウ」が見られるのは、鹿児島水族館2階の黒潮大水槽です。

鹿児島水族館では、ジンベイザメが水槽の中で自由に動き回れる大きさを越えたら飼育をやめ、ジンベイザメを野生に帰す活動をしています。

7代目のジンベイザメ「ユウユウ」は、体長5メートルを越えたところで、野生に帰る訓練を受け、2017年の夏に鹿児島の大隅半島側にある笠沙沖から大海原へと帰って行きました。

2018年現在、8代目となるジンベイザメが捕獲されていないため、鹿児島水族館ではジンベイザメの展示を休止している模様です。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報2:いるかの時間

続いてご紹介する鹿児島水族館のおすすめ情報は「いるかの時間」です。子供から大人まで楽しめるイルカショーは、どの水族館でも人気のイベントの一つですが、鹿児島水族館では、一般的なイルカショーとは少し趣向の違ったイベントを行っています。

「いるかの時間」と名づけられたこのイルカショーでは、イルカの生態や、イルカの食べ物、体のしくみなどを知ることができます。

通常のイルカショーと違って、イルカの能力などを実験するコーナーもあり、来館者に人気を集めています。大人気のイルカショー「いるかの時間」は、11:00、13:30、16:00から1日3回の開催されています。各回とも約20分ほどイルカの様子を間近に見ることができます。

普通のイルカショーとは一線を画す「いるかの時間」では「イルカは見える見えない」といったテーマで、海洋哺乳類の視力について学ぶことができます。

一般的な水族館とは、まったく違ったアプローチのイルカショーは、子供たちに大人気。イルカショーでは、水族館のお客さんが、ボランティアで参加することもできます。

イルカは、超音波を発しながら水中を泳いでいることが知られていますが、どのように障害物を見分けているのか私たちには分かりません。鹿児島水族館のイルカショーでは、イルカの超音波を拾う機械を導入し、実際にイルカが障害物をくぐる様子を観察することができます。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報4:青空イルカウォッチング

もう一つ、一般的な水族館のイルカショーと違ったユニークな取り組みとして、鹿児島水族館で人気を集めているイベントは「青空イルカウォッチング」。

こちらは、10:30、12:30、14:30の3回、いおワールド鹿児島水族館の外にある水路で開催されています。

「青空イルカウォッチング」では、普通のイルカショーと違って、外海とつながっている広い水路でイルカたちが泳ぎます。

青空イルカウォッチングは、一回の所要時間が約10分で、開催時には、一旦水族館の外に出る必要があります。再度入館するためには、出口のところで透明スタンプを押してもらってください。

普通のイルカショーと違って、自然の中で泳ぐイルカ本来の姿に近い状態のイルカたちを見ることができるので、おすすめのイベントです。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報3:サツマハオリムシ

続いてご紹介する「いおワールドかごしま水族館」の見どころは「サツマハオリムシ」。サツマハオリムシとは、鹿児島の錦江湾内に生息する固有種で、飼育に成功しているのは、全国でもこの鹿児島水族館だけという非常に珍しい水生動物です。

チューブのような不思議な体をしたサツマハオリムシは、かなり気持ち悪いルックスですが、鹿児島水族館を代表する人気の生き物です。

鹿児島の観光名所として人気の桜島の麓にある湾内では、火山活動によって不思議な生態系ができています。サツマハオリムシは、ミミズやゴカイのような「環形動物」という生き物で、自ら作り出した筒状の管の中に住んでいます。

サツマハオリムシには、消化器官がなく、管の先端から赤いエラを出しています。

サツマハオリムシの体内には、火山活動によって海中に発生する硫化水素をエネルギーとして、有機物を作り出しています。サツマハオリムシは、体内で有機物を作れることから、餌を食べなくても生きていけるというユニークな仕組みを持っています。

かなりグロキャラなサツマハオリムシですが、鹿児島水族館でしか見れない貴重な生き物として、かなり人気を集めています!

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報5:飼育係体験

「いおワールドかごしま水族館」続いてのおすすめ情報は「飼育係体験」です。飼育係体験は、全国各地の水族館で行われている人気イベントの一つですが、鹿児島水族館でもこの飼育係体験をすることができます。

鹿児島水族館の「飼育係体験」がユニークなのは、大人向けと子供向けのそれぞれの飼育係体験コースがあるという点です。

2018年5月現在、大人の飼育係体験コースは募集されていませんが、子供飼育係体験コースが募集中です。鹿児島水族館で、魚に餌をあげたり、水質チェックを行ったり、一日飼育員としての仕事を体験できる人気のイベントは、小・中学生が対象となっています。

開催予定日は、2018年6月24日(日)の 9:45から15:20までとなっています。保護者には参加資格がないようですのでご注意下さい。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報6:ワクワクきびなご塾

続いてご紹介する「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報は「ワクワクきびなご塾」。きびなごは、鹿児島の郷土料理の一つで、お刺身でいただくと美味しい魚ですが、このイベントでは、きびなごを食べるわけではありません!

「ワクワクきびなご塾」では、毎回違ったテーマで、鹿児島水族館で暮らす海の生き物の生態を学んだり、クラフトを作ったりするイベントです。

「ワクワクきびなご塾」の参加しかくは、小・中学生とその保護者となっており、親子で参加できる楽しいイベントのようです。定員は各回とも50名となっており、テーマ一覧表は鹿児島水族館のホームページで確認できます。

夏休みには、親子で水族館を飛び出して、潮だまりで海の生き物探しをするイベントも開催されるようです。ぜひ、申し込みしてみてください。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報7:ジンベイザメと泊まろう

続いてご紹介する「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報は「宿泊イベント」です。鹿児島水族館では、年に数回、夜の水族館に宿泊できるイベントも開催しています。

人気のイベントは、「ジンベイザメと泊まろう」というイベントを開催しています。現在、ジンベイザメはいませんが、黒潮第水槽の前に宿泊することができるようです。日程によっては女性限定の場合もあります。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報8:イルカと泊まろう

鹿児島水族館では「ジンベイザメと泊まろう」の他にも「イルカと泊まろう」というイベントを開催しています。人気の宿泊イベントは、鹿児島水族館の年間パスポート保持者限定の日もあります。

鹿児島水族館の職員によるガイドツアーがついている日程もあり、夜の水族館の生き物たちの様子を観察することができます。

イルカショーの主役たちと一緒に眠る「イルカと泊まろう」では、地下2階のイルカプール周辺に宿泊するようです。入館料金を支払うだけで、朝食もついていくるそうです。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報9:バックヤードツアー

まだまだある「いおワールドかごしま水族館」のおすすめ情報!続いては、普段は飼育員さんしか入ることのでいないバックヤードを見学できる「バックヤードツアー」です。

鹿児島水族館に勤務する飼育員さんたちが、水族館がどうやって水を綺麗に保っているのかや、水族館の生き物たちを飼育する際に工夫していることなどを見ることができるおすすめのツアーです。現在は団体のみ募集中のようです。

鹿児島「いおワールドかごしま水族館」で楽しい一日を過ごそう!

鹿児島の「いおわーるどかごしま水族館」をご紹介しました。鹿児島水族館は、鹿児島県沿岸にすむ海の生き物を中心に、様々な取り組みをしているユニークな水族館です。

今回は、取り上げませんでしたが、他にも汽水域の水生生物が数多く飼育されており、デンキウナギの放電なども人気です。鹿児島へお越しの際は、ぜひ、鹿児島水族館へおでかけ下さい。

関連記事

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ