石垣島のシュノーケリングスポットおすすめまとめ!マンタやウミガメが見れる?

沖縄県八重山諸島の石垣島は、シュノーケリングにおすすめの美しいビーチがたくさんあります。マンタやウミガメなど大物の海の生き物もいることから、多くの観光客に人気をあとめています!今回は、子連れでも行ける石垣島のシュノーケリングスポットも含めてご紹介致します。

石垣島のシュノーケリングスポットおすすめまとめ!マンタやウミガメが見れる?のイメージ

目次

  1. 1石垣島のおすすめシュノーケリングスポットをご紹介!
  2. 2石垣島のシュノーケリングスポットにはどんなところがある?
  3. 3子連れで石垣島のシュノーケリングスポットへ行くには?
  4. 4石垣島のシュノーケリングスポットで出会える海の生き物たち
  5. 5石垣島のシュノーケリングスポット1:川平湾
  6. 6石垣島のシュノーケリングスポット2:青の洞窟
  7. 7石垣島のシュノーケリングスポット3:幻の島
  8. 8石垣島のシュノーケリングスポット4:真栄里ビーチ
  9. 9石垣島のシュノーケリングスポット5:フサキビーチ
  10. 10石垣島のシュノーケリングスポット6:底地ビーチ
  11. 11石垣島のシュノーケリングスポット7:石垣島サンセットビーチ
  12. 12石垣島のシュノーケリングスポット8:マンタポイント
  13. 13石垣島のシュノーケリングスポット9:米原ビーチ
  14. 14石垣島のシュノーケリングスポット10:白保海岸
  15. 15石垣島のシュノーケリングスポットでマンタやウミガメに会おう!

石垣島のおすすめシュノーケリングスポットをご紹介!

石垣島には、国の名勝にも指定されている川平湾など、透明度の高い美しい海が広がっています。

そんな石垣島には、ウミガメやマンタにも出会えるシュノーケリングにおすすめのスポットもたくさんあります!

今回は、子連れでも楽しめる石垣島のシュノーケリングスポットや、シュノーケリングで見られる海の生き物もご紹介していきます。

石垣島のシュノーケリングスポットにはどんなところがある?

沖縄県八重山諸島の石垣島は、周囲を美しい海に囲まれた人気の観光スポット。

マリンアクティビティが盛んな石垣島には、ダイビングやシュノーケリングにおすすめのビーチもたくさんあります。

石垣島のシュノーケリングスポットの特徴は、なんといってもその透明度の高い海。シュノーケリングでもたくさんのカラフルな熱帯魚を見ることができます。

石垣島には、マングローブの林が広がる海域や、周囲を珊瑚礁で囲まれた遠浅の海など、バラエティに富んだビーチスポットがあり、シュノーケリングだけでなく、カヤックやグラスボートで観光するツアーも人気です。

透明度が高く遠浅なビーチが多い石垣島では、沖合いまで行かなくても海の生き物が観察できるスポットもあります。そのため、石垣島では子連れでシュノーケリングするのもおすすめです。

また、石垣島には、ダイビングボートやシュノーケリングボートで、離島や無人島周辺まで移動してシュノーケリングできるスポットもあり、普段は見ることのできないマンタやウミガメなど、大きな海の生き物と出会うこともできます。

特に、マンタが観察できるシュノーケリングスポットは、石垣島でもっとも人気がありますので、後ほど詳しくご紹介致します。

Thumb石垣島の星空スポットまとめ!天文台やビーチから綺麗な空を見よう!
夜空の星を眺めるのにぴったしの観光スポットをご紹介いたします。沖縄の石垣島。美しいビーチと自...

子連れで石垣島のシュノーケリングスポットへ行くには?

ゴールデンウィークや夏休みには、普段できない体験をさせようと子連れで旅行される方も多いと思います。そんな方にぜひ、おすすめしたいのが石垣島のシュノーケリングツアー。

石垣島のシュノーケリングツアーの中には、なんと3歳から参加できるものもたくさんあります。そんな石垣島はまさに子連れシュノーケリング天国。

水が怖いと思う前から海に慣れることで、自然の中で遊ぶことの楽しさを学ぶことができます。

子連れで石垣島のシュノーケリングツアーに参加する場合は、子供用の日焼け止めやカヤックや船の上でも、こぼれにくく飲みやすいストロー付きの水筒があると安心です。

石垣島のシュノーケリングツアーでは、子供用のレンタルギアも充実していますが、レンタルギアではサイズが微妙に合わず、シュノーケリング中に水漏れする場合もあります。

小学生ぐらいの泳げるお子さんであれば、子供用のシュノーケリングセットを購入してあげるとよいでしょう。
 

Thumb石垣島の民宿に宿泊!宿おすすめBEST5!家族向け・カップル向けも!
アットホームな雰囲気とリーズナブルな宿泊費が魅力の民宿。石垣島には一人旅はもちろん、家族向け...

石垣島のシュノーケリングスポットで出会える海の生き物たち

石垣島の海のの魅力は、何といってもその豊かな生態系です。

石垣島のシュノーケリングスポットの中には、足がつく深さに珊瑚礁が広がっているビーチもあり、子連れでもカラフルな魚達を観察することができます。

特に白保海岸には、アオサンゴをはじめとする70種類もの珊瑚が群生しており、世界有数のシュノーケリングスポットとなっています。

また、石垣島のダイビングスポットでは、アオウミガメとタイマイの2種類のウミガメを見ることもできます。

特にウミガメとの遭遇率が高い石垣島のシュノーケリングスポットには、幻の島や大崎ビーチ、さらには、米原ビーチの西側エリアなど、ツアーで行けるスポットもあります。

また、国の名勝「川平湾」にも、何匹かウミガメが生息しているので、運がよければ、グラスボートでウミガメを観察することもできます。
 

豊かな自然が広がる石垣島では、川平湾からボートで5分ほどの「川平石崎ポイント」で、マンタを見られるスポットもあります。

世界最大のエイであるマンタは、なかなか遭遇できない貴重な生き物ですが、石垣島では、6月から9月のマンタシーズンには、シュノーケリングでもかなり高い確率でマンタに出会えます。

他にも、子供たちに人気のニモ(カクレクマノミ)やドーリー(ナンヨウハギ)など、カラフルな魚達を観察することができます。

石垣島のシュノーケリングスポット1:川平湾

お待たせしました!ここからは、石垣島おすすめのシュノーケリングスポットをご紹介していきます。

まず最初にご紹介する石垣島のシュノーケリングスポットは、国の名勝に指定されている川平湾。流れの早い川平湾は、個人での遊泳が禁止されており、グラスボートでの観光が一般的です。

シュノーケリングをしたい場合は、川平湾発のシュノーケリングツアーに参加して下さい。

石垣島の川平湾には、無数の無人島が点在しており、シュノーケリングツアーでは、無人島を巡りながら、美しい珊瑚礁の海で泳ぐことができます。

川平湾では、先ほども少し触れましたが、何匹かのウミガメが生息しており、運がよければシュノーケリング中にウミガメと遭遇する可能性もあります。

川平湾のシュノーケリングツアーは、子連れでも参加できますが、小学生以上におすすめです。

石垣島のシュノーケリングスポット2:青の洞窟

続いてご紹介する石垣島のシュノーケリングスポットは「青の洞窟」です。

「青の洞窟」と言えば、イタリアの有名な観光スポットですが、実は、石垣島にはこの「青の洞窟」に似た神秘的な洞窟があります。

石垣島の「青の洞窟」は、シュノーケリングツアーで観光することででき、洞窟の中で泳ぐこともできます。

石垣島の「青の洞窟」には、鍾乳洞があり、シュノーケリングだけでなく、シーカヤックやSUPのツアーも人気です。

米原ビーチから程近いこのシュノーケリングスポットには、美しい珊瑚礁が広がっており、子供に人気のカクレクマノミやルリスズメなど、かわいい魚達を観察することができます。

景色もよく、非常に安全ですので、子連れでも十分楽しめるおすすめのシュノーケリングスポットです。

石垣島のシュノーケリングスポット3:幻の島

続いてご紹介する石垣島のシュノーケリングスポットは「幻の島」です。正式には「浜島」という名前のこの島は、石垣島本島から船で約30分ほど離れたところにあります。

潮の干満によって、一時的に姿を表すことから「幻の島」と呼ばれています。

テレビのコマーシャル撮影にも使われた「幻の島」は、シュノーケリングはもちろん、島の美しい風景も見どころの一つです。

石垣島のシュノーケリングスポットの中では、もっともインスタ映えする「幻の島」は、カップルでシュノーケリングを楽しみたい方におすすめです。

こちらのシュノーケリングスポットでは、マンタやウミガメのような大物の遭遇率は低いですが、美しい珊瑚礁と真っ白なビーチを楽しむことができます。

彼と二人で、南国石垣島の思い出を作りましょう!

石垣島のシュノーケリングスポット4:真栄里ビーチ

続いてご紹介する石垣島のシュノーケリングスポットは「真栄里ビーチ」(まえさと)。

ANAインターコンチネンタル石垣島リゾートホテルに面したプライベートビーチは、石垣島の地元民や観光客でいつも賑わっています。

ホテルの敷地内にも関わらず、一般開放されていますので、無料でシュノーケリングを楽しむことができます。

「真栄里ビーチ」は、石垣島のビーチシーズンには、ビーチサイドにライフガードも常駐しています。子連れでも安心して気軽にシュノーケリングを楽しめるおすすめのスポットです。

「真栄里ビーチ」は、石垣島の市街地から、約10分ほどとアクセスも良いので、ご家族連れにもおすすめです。ホテルの横に、無料駐車場もありますので、レンタカーでおでかけください。

石垣島のシュノーケリングスポット5:フサキビーチ

続いてご紹介する石垣島のシュノーケリングスポットは「フサキビーチ」。

石垣島の夕焼けスポットとして、観光客に人気の「フサキビーチ」は、シュノーケリングやシーカヤックなど、様々なアクティビティを楽しむことができます。

ウミガメも産卵に来るほど美しいビーチは、遊泳期間中にはライフガードも常駐しており、子連れでも安心して楽しめます。

晴れた日の「フサキビーチ」からは、石垣島の対岸にある西表島の絶景も見渡すことができます。

フサキビーチは、フサキビーチリゾートヴィレッジに隣接するビーチですが、一般開放されていますので、無料でシュノーケリングすることができます。

石垣島の市街地からアクセスも良い天然のビーチですので、ぜひ、ご家族やカップルでおでかけ下さい。美しい夕日もおすすめです。

石垣島のシュノーケリングスポット6:底地ビーチ

続いては、石垣島を代表するシュノーケリングスポット「底地ビーチ」(すくじ)。

石垣島北西に位置する「底地ビーチ」は、周囲を緑に囲まれた真っ白な砂浜が美しいビーチです。

全長約1kmに渡るロングビーチは、遠浅で波も穏やかなので、子連れでのシュノーケリングに最適のスポット。ダイビングでも人気があります。

底地ビーチには、無料駐車場、トイレ、更衣室などが完備されており、一日中のんびり過ごせるおすすめスポットです。

石垣島市街で、お弁当や食材を買い出して、木陰でバーベキューするのもおすすめです。

底地ビーチの沖合いには、ダイビングで人気のマンタスクランブルというダイブスポットもあります。美しいビーチで素敵な思い出を作りましょう。

石垣島のシュノーケリングスポット7:石垣島サンセットビーチ

続いてご紹介する石垣島おすすめのシュノーケリングスポットは「石垣島サンセットビーチ」。

その名のとおり、夕日が美しいことで知られるこちらのビーチは、石垣島の西海岸にあります。

手つかずの自然が残るこちらのビーチは、シーズン中にはライフガードも常駐していますので、子連れでも安心してシュノーケリングを楽しめるおすすめのスポットです。

かつて「久宇良海岸」と呼ばれていた「石垣島サンセットビーチ」は、サザンオールスターズのプロモーションビデオや、ドラマ「花より男子」のロケ地にも選ばれたほど美しいビーチです。

石垣島サンセットビーチは、有料駐車場の他に、施設利用料が必要で。料金は、駐車場が1日400円、施設利用料は大人400円、子供200円となっています。トイレ、シャワー、更衣室も完備していますので、ぜひご家族でおでかけ下さい。

石垣島のシュノーケリングスポット8:マンタポイント

続いてご紹介するのは、石垣島シュノーケリングスポット中で、もっとも人気のある「マンタポイント」。

シュノーケリングツアーで行くマンタポイントは、石垣島本島から船で約30分ほどかかる沖合いのシュノーケリングポット。

石垣島の大海原を泳ぐ、野性のマンタを見ることができます!マンタは、大きいものになると全長が2m近くになるものもあります。

一枚が畳一畳分ぐらいの大きさになっているマンタが、水中を泳ぐ姿は圧巻です!

マンタは、通常群れになってプランクトンを捕食する習性があることから、運が良ければ一度に数十匹のマンタを一度に見ることもできます。

石垣島でマンタの遭遇率が一番よくなるのは、例年6月から9月です。水中カメラを持って、シュノーケリングツアーに参加しましょう。世界的にも希少なマンタスポットで、海中の飛行戦隊マンタの大群を激写してみてください!

石垣島のシュノーケリングスポット9:米原ビーチ

続いてご紹介する石垣島のシュノーケリングスポットは、石垣島の守り神「シーサー」が目印の「米原ビーチ」。

観光客にもっとも人気のあるビーチとして有名な「米原ビーチ」は、夏休みになるとたくさんの観光客や地元の人で賑わいます。

遠浅の海岸線が続く「米原ビーチ」では、美しい珊瑚礁が広がっており、環礁沿いをゆっくりシュノーケリングすれば、たくさんのカラフルな魚達をみることができます。

ダブルリーフと呼ばれる重なった珊瑚礁が人気の米原ビーチは、沖合いではウミガメやマンタに出会えるスポットもあり、ダイバーにもおすすめです。

美しい珊瑚礁とカラフルな魚達が暮らす楽園の海は、石垣島ならではの風景です。

石垣島の中でも、かなり潮の流れが早い海域にありますので、沖合いへ行く場合は、シュノーケリングツアーに参加して下さい。

石垣島のシュノーケリングスポット10:白保海岸

最後にご紹介する石垣島のシュノーケリングスポットは「白保海岸」。

「白保海岸」は、世界的に有名なアオサンゴの群生地で、海岸線から沖合い約1キロメートルの海底に、アオサンゴがびっしりと生えています。

オニヒドデが増殖したことで、石垣島の海で暮らす珊瑚たちは、次々と壊滅の危機に追いやられていますが、白保海岸は、まだたくさんの珊瑚が残っている貴重なスポットです。

石垣島の白保海岸は、珊瑚礁が多い海ですので、ビーチにもたくさんの珊瑚の死骸が落ちています。

足を怪我しやすいので、子連れでシュノーケリングに行く場合は、ストラップ付きのしっかりしたサンダルを履かせるようにしてください。

白保海岸には駐車場は完備されていますが、トイレやシャワーなどの設備がありません。あまり長時間の滞在には向かないビーチです。

石垣島のシュノーケリングスポットでマンタやウミガメに会おう!

石垣島のシュノーケリングスポットをご紹介しました。

石垣島には、海のアイドル「マンタ」や「ウミガメ」をシュノーケリングで見られるおすすめのスポットもあります。

子連れで楽しめるビーチもたくさんありますので、夏休みの思い出作りに、ぜひ子連れで石垣島へおでかけ下さい!

関連記事

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ