「天文館むじゃき」は白熊発祥の有名店!おすすめメニューも調査!

鹿児島の繁華街にある「天文館むじゃき」は、真っ白なかき氷にフルーツがトッピングされた「しろくま」発祥の地。今では、鹿児島県内外からたくさんの方が訪れる有名店です。今回は、天文館むじゃきの人気メニューの他、おすすめ情報をお伝えします!

「天文館むじゃき」は白熊発祥の有名店!おすすめメニューも調査!のイメージ

目次

  1. 1「天文館むじゃき」は鹿児島の人気スイーツ「しろくま」発祥の地
  2. 2天文館むじゃきは「しろくま」かき氷の老舗店
  3. 3天文館むじゃきのアクセスと店舗情報
  4. 4天文館むじゃきのおすすめメニュー1:しろくま
  5. 5天文館むじゃきのおすすめメニュー2:お持ち帰りしろくま
  6. 6天文館むじゃきのおすすめメニュー3:限定しろくま
  7. 7天文館むじゃきのおすすめメニュー4:両棒餅
  8. 8天文館むじゃきのおすすめメニュー5:薩摩玉手箱
  9. 9天文館むじゃきのおすすめメニュー4:お好み焼き
  10. 10天文館むじゃきの「しろくま」はお取り寄せも可能!
  11. 11鹿児島の有名店「天文館むじゃき」で「しろくま」を食べよう!

「天文館むじゃき」は鹿児島の人気スイーツ「しろくま」発祥の地

薩摩焼酎やきびなごの刺身など、有名なご当地グルメがたくさんある鹿児島県。そんな鹿児島のご当地スイーツと言えば有名な「しろくま」です。

練乳たっぷりのこの「しろくま」の生みの親と言えば「天文館むじゃき」。観光客がこぞって訪れる人気店です。

今回は、天文館むじゃきのおすすめメニューや、お持ち帰りもできる「しろくま」の魅力をお伝えします!

天文館むじゃきは「しろくま」かき氷の老舗店

「しろくま」は、コンデンスミルクがたっぷりかかったかき氷に、レーズンやみかんの缶詰で熊の顔を描いた鹿児島のご当地スイーツ。

夏になると鹿児島市内のコンビニやスーパーでも、プラスチックに入った「しろくま」かき氷が販売されています。

鹿児島県民にとって、ソウルフードとも言える「しろくま」は、鹿児島市内の繁華街にある「天文館むじゃき」で生まれました。

南九州の夏の風物詩「しろくま」は、昭和22年、天文館むじゃきの創始者である久保 武氏によって生み出され、昭和24年から鹿児島で販売され始めました。

発売当初は、白蜜か赤蜜をかけたみぞれかき氷のようなものだったと言われています。そのうち、いちごミルクをかけてかき氷を出したところ、お客さんに好評だったことから、氷に練乳をかけて販売してみたそうです。

天文館むじゃきでは、真っ白なかき氷に彩りを添えるため、サイコロ状のカラフルな寒天や豆などをトッピングし、まるで洋菓子のようなかき氷を生み出しました。

毎年6月の「しろくま誕生祭」では、当時のしろくまを再現した有名な「なつかしろくま」が販売され、多くの方この味を食べようと鹿児島を訪れるようです。

Thumb鹿児島「いおワールドかごしま水族館」特集!料金やおすすめの見どころは?
鹿児島の水族館「いおワールドかごしま水族館」は、全国でも珍しいジンベイザメを展示する水族館。...

天文館むじゃきのアクセスと店舗情報

続いては、「天文館むじゃき」のアクセス方法と店舗情報をご紹介します。

まず、アクセス方法ですが、鹿児島中央駅から天文館むじゃきへ行く場合は、市電のご利用が便利です。鹿児島中央駅から鹿児島駅方面行きの電車に乗り、天文館の電停にて下車して下さい。

下車したら、市電の進行方向から向かって右手側の天文館G3アーケードの方へ、横断歩道を渡ります。

天文館G3アーケードに入ったら、そのままアーケード内をまっすぐ直進します。アーケードのどん詰まり、向かって右側に天文館むじゃきビルがあります。

天文館むじゃきビルには、地下1階から地上4階まで、様々なコンセプトのレストランが入居しています。しろくまかき氷のメニューがもっとも多いのは、1階の「しろくまカフェ」です。

天文館むじゃきは、専用駐車場がありませんので、車でアクセスする場合は、付近の有料駐車場をご利用下さい。

しろくまカフェの営業時間は、11:00から22:00までとなっています。日曜・祝祭日と、しろくま最盛期の7月、8月は、営業時間が1時間繰り上がって10:00からオープンです。

不定休となっていますので、年末年始などは、事前に営業しているかどうかを確認の上おでかけ下さい。

Thumb鹿児島の旅館おすすめランキング!カップルにも人気の露天風呂付きなど!
鹿児島県は霧島温泉や指宿温泉や明治維新に縁がある史跡もあり人気の観光県です。県内に旅館もホテ...

天文館むじゃきのおすすめメニュー1:しろくま

ここからは、天文館むじゃきのおすすめメニューをご紹介していきます。

鹿児島の有名店「天文館むじゃき」で一番人気のメニューと言えばやっぱり定番の「しろくま」です。

独自の配合で作ったコンデンスミルクと蜜がたっぷりかかったしろくまは、天文館むじゃきへ行ったら絶対に食べていただきたい一品です。

有名な鹿児島のご当地グルメ「しろくま」ですが、天文館むじゃきでは、さくらんぼ、レーズン、みかんの他、バナナやパイナップルもトッピングしています。

季節によっては、いちごやメロン、スイカなどの旬のフルーツもトッピングされており、一年中楽しめます!

寒天や豆も入っていてボリューム満点のかき氷「しろくま」のお値段は、1つ720円です。

天文館むじゃきのおすすめメニュー2:お持ち帰りしろくま

続いてご紹介する「天文館むじゃき」のおすすめメニューは、お持ち帰り「しろくま」です。

夏休みに入ると「天文館むじゃき」は地元の人や観光客で大混雑!特に、お昼時からおやつタイムにかけての時間帯は、週末になると座れないほど混み合っています!

暑い鹿児島の夏、順番待ちで繁華街に並ぶのがしんどいという方には、お持ち帰り用しろくまがおすすめです。

天文館むじゃきの店内で食べられるしろくまメニューは10種類以上ありますが、テイクアウト用のハンディしろくまは、オリジナルしろくまとストロベリーしろくまの2種類のみ。

ハンディしろくまのお値段は、どちらも1つ450円となっています。

ちなみに、天文館むじゃきビルに入居している鉄板焼きや郷土料理を出す系列店では、一番有名なオリジナルしろくまを食べることができますので、カフェが満席の時はそちらをご利用下さい。

天文館むじゃきのおすすめメニュー3:限定しろくま

30841434 638413399834894 116208277292843008 n
atsushitawada

続いてご紹介する天文館むじゃきのおすすめメニューは「期間限定しろくま」。

毎年夏季限定で発売されるしろくまには、写真のようにほうじ茶を使ったかわいい「茶熊」などもありました。

毎年6月のしろくま誕生祭で発売される有名な「なつかしろくま」と合わせて、期間限定しろくまも人気を集めています。

天文館むじゃきのおすすめメニュー4:両棒餅

続いてご紹介する天文館むじゃきのおすすめメニューは「両棒餅」(じゃんぼもち)。

鹿児島のご当地スイーツとして、昔から地元の人に親しまれている「両棒餅」は、その名の通り2本の棒がささった、みたらし団子のようなスイーツ。2本の棒は、薩摩藩の侍が携帯していた2本の脇差を表しているともいわれています。

おすすめメニュー「両棒餅」のお値段は500円です。

天文館むじゃきのおすすめメニュー5:薩摩玉手箱

続いてご紹介する天文館むじゃきのおすすめメニューは「薩摩玉手箱」。

鹿児島の有名なご当地グルメである「薩摩揚げ」や「きびなごの唐揚げ」など、美味しいものをいくつか盛り付けた郷土料理が味わえるメニューです。

鹿児島の美味しいものを少しずついただける「薩摩玉手箱」のお値段は単品が1060円です。

実はこの「薩摩玉手箱」には、プラス120円で鹿児島焼酎がセットになったメニューもあります!

スイーツは苦手という男性や、ご家族連れのお父さんには、しろくまかき氷より、焼酎とおつまみの方がおすすめかもしれません。

セットの焼酎の銘柄は、地元鹿児島の人に親しまれている「黒伊佐錦」。黒麹でつけた独特の焼酎を、ぜひご賞味下さい。

天文館むじゃきのおすすめメニュー4:お好み焼き

最後にご紹介する天文館むじゃきのおすすめメニューは「お好み焼き」です。

先ほど少し述べましたが、天文館むじゃきは、鉄板焼きや郷土料理を出す系列レストランが同じビルに入居しており、しろくまカフェが満席の時には、他の系列店でオリジナルしろくまを食べることができます。

4店舗ある系列店のなかで、筆者のおすすめは、地下1階に入っている「鉄板焼きむじゃき」で、お好み焼きがおすすめです。

「鉄板焼きむじゃき」では、他にも、鹿児島の黒豚を使った「薩摩とんてき」や、「薩摩ハンバーグ」など、男性にもお腹いっぱいになっていただけるメニューがたくさんあります。

お子さんにも食べやすい「ベビーサイズのしろくま」(483円)もありますので、ぜひ、ご家族でご利用下さい。

営業時間は、天文館むじゃきのしろくまカフェと同じく11:00から10:00までとなっています。

天文館むじゃきの「しろくま」はお取り寄せも可能!

鹿児島のご当地グルメ「しろくま」を食べてみたいけど、実際に「天文館むじゃき」まで行くのは難しいという方も多いと思います。

かき氷は、溶けてしまうので、お店でしか食べられないと思われがちですが、実は、天文館むじゃきのしろくまは、インターネットでお取り寄せが可能です!

しろくま発祥の地として有名な「天文館むじゃき」の通販では、人気のしろくまがセットで販売されています。

人気商品は、「鹿児島名物白熊ベビーセットA」。オリジナルしろくまの他、ストロベリー、宇治金時、ミルク金時など、天文館むじゃき自慢の様々なしろくまが味わえるお得なセットです。

1個あたり330mlのしろくまが6個入ったこちらのセットは、お値段2980円。暑い夏に鹿児島のしろくまで涼を感じてみませんか?

鹿児島の有名店「天文館むじゃき」で「しろくま」を食べよう!

南九州の夏の風物詩「しろくま」発祥の地「天文館むじゃき」をご紹介しました。

今ではすっかり有名になった鹿児島のご当地グルメ「しろくま」は、ふわふわのかき氷に甘すぎないミルクと蜜がかかったとっても美味しいかき氷です。

一口食べると、どこか懐かしい味わいがする「しろくま」は、鹿児島県民のソウルフード。

ドラマ「西郷どん」で鹿児島県は大ブレイク中です。この夏は、観光をかねて、ぜひ、鹿児島の「天文館むじゃき」までおでかけ下さい。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ