江ノ島の海の家を徹底ガイド!期間や料金&おしゃれな夜の過ごし方も紹介!

江ノ島にはおしゃれで女子受け抜群な海の家がたくさんあります。江ノ島の入り口にある海岸で、素敵な海の家がたくさんあるんです。バーベキューを楽しんだり、バーを楽しんだり、なんとグランピングすることができるところもあります。今回はそんな江ノ島の海の家をご案内します。

江ノ島の海の家を徹底ガイド!期間や料金&おしゃれな夜の過ごし方も紹介!のイメージ

目次

  1. 1江ノ島の海の家を満喫しよう!
  2. 2江ノ島の海の家は何のためにある?
  3. 3江ノ島の海の家はおしゃれ!
  4. 4江ノ島の海の家は夜までやっている!
  5. 5江ノ島の海の家にはグランピングがある!
  6. 6江ノ島の海の家の夜はバーベキューもおすすめ!
  7. 7江ノ島の海の家は食事がうまい!
  8. 8江ノ島の海の家は海水浴に便利!
  9. 9江ノ島の海の家でパラソルを借りよう!
  10. 10江ノ島の海の家はイベントも開かれている!
  11. 11江ノ島の海の家はバーとして使える!
  12. 12江ノ島の海の家はクラブ営業もしてる!
  13. 13江ノ島の海の家はグルメがおすすめ!
  14. 14江ノ島の海の家はバーベキューもできる!
  15. 15江ノ島の海の家の開催期間は?
  16. 16江ノ島の海の家の料金は?
  17. 17江ノ島の海の家に来たら周辺も観光しよう!
  18. 18江ノ島の海の家のアクセス方法は?
  19. 19江ノ島の海の家にレンタサイクルで行ける?
  20. 20江ノ島の海の家に遊びに行こう!

江ノ島の海の家を満喫しよう!

江ノ島には夏になると海の家がたくさん登場します。海の近くに住んでいる人でなければ、海の家が一体どんなものなのか知らない人も多いのではないでしょうか。海の家は何をするためのものなのか、そんなところもご紹介しながら、今回は江ノ島の海の家の開催期間や料金、バーベキュー情報など詳しくご紹介していきたいと思います。夏は江ノ島の海の家で遊ぼう!

江ノ島の海の家は何のためにある?

意外と海の近くに住んでいる人でなければ海の家が何をするためのものなのか知らない人も多いかと思います。海の家は、基本的に海水浴に訪れたお客さんのために用意されています。夏以外の期間は開催されていないのですが、夏休みが始める期間になると、海の家が浜辺に登場します。江ノ島では江ノ島海岸の近くの砂浜にたくさんの海の家が登場します。

海の家では海水浴に出かけるために着替えをするスペースや、シャワーなどがあります。コインロッカーなどもあり、そちらに荷物を預けることができるようになっています。海の家にもよりますが、大きな海の家だとお食事をするスペースがあったり、お座敷があって、そちらでお酒やグルメを楽しむことができるようになっています。

江ノ島の海の家はおしゃれなものがたくさんあり、夜になるとバーの営業をしている海の家もあります。バーベキュー施設があったり、クラブ営業していたりと、江ノ島の海の家は特におしゃれな海の家がたくさんあるのです。着替えをしたりビーチサンダルを購入したり、シャワーを借りたりするだけでなく、江ノ島の海の家は遊ぶのにも最適なお店になるのです。

江ノ島の海の家はおしゃれ!

江ノ島の海の家は企業が提供しているお店などが登場するので、とてもお洒落なものが多いです。もちろん昔懐かしいビーチボールなどが売っている海の家も登場していますが、おしゃれなビーチ沿いのカフェとして営業しているところもあります。LONCAFEという有名なカフェが登場していたり、テレビ番組の海の家が登場したりもしました。

最近は企業が出店している海の家が多いようです。美味しい海のグルメを楽しむことが出来たり、美味しいカクテルを楽しむことができるバーなどがたくさんあります。美味しいハイボールと一緒に焼きそばやたこ焼きなどをいただくことができるお店などもあります。さらに江ノ島の海の家は沖縄料理を楽しめるお店などもあるのです。

タコライスなどをいただくことができる海の家が登場しており、おしゃれなパラソルのテーブル席で沖縄料理を満喫することができるようになっています。ちょっと珍しいもずく入りのたこ焼きを食べることが出来たり、マンゴービールやゴーヤサワーなど珍しいお酒を楽しむことができたりします。江ノ島の海の家はおしゃれなお店がたくさんあるのです。

江ノ島の海の家は夜までやっている!

江ノ島の海の家は夜からはバーの営業しているところもあります。昼間はビーチサンダルなどを販売する売店などを営業しており、夜からはレストランとして営業している海の家などがあります。中にはクラブ営業しているところもあり、音楽を聴きながらお食事を楽しむことができたりするところもあります。江ノ島の海の家は夜も楽しいのです。

夜遅くまではやっていませんが、海岸によっては夜中近くまで営業しているところもあるようです。江ノ島の海の家は規制などが厳しいので、あまり夜遅くまでというわけにはいきませんが、夕方あたりからはほの明るいライトで、まるでアジアの屋台街のようなちょっと異様な雰囲気はしていて幻想的です。夜に散歩しに行くのもおすすめなのです。

江ノ島の海の家の近くにはレストランやカフェなどもあるので、海の家がやっていなくてもそちらでお食事を楽しむこともできます。海の家のお酒は少し料金が高いので、軽く海の家でビールなどを飲みながら、飲み直しに近くに行ったりするのもいいでしょう。また、最近はグランピングなどのラグジュアリーな施設が出てきたりしています。

江ノ島の海の家にはグランピングがある!

31391124 1670363653054265 660661198139686912 n
sugimokkei

夏になり始めるとグランピング施設が湘南エリアではたくさん登場します。江ノ島に限ったことではないのですが、グランピング施設は三浦方面から江ノ島方面まで、やはりかなり広がってきています。江ノ島のビーチにもグランピングのテントが登場し、ラグジュアリーな海水浴を楽しめるようになっているのです。今年の夏はグランピングもおすすめです。

31364178 1841013016198581 5281786648445583360 n
franckmullerfutureform

グランピングを知らない人のために、グランピングについて少しご紹介していきます。グランピングとはグラマラスなキャンピングと言う海外で作られた造語です。海外は自然豊かな国立公園などがたくさんあるのですが、そうした大自然の中でホテル仕様に内装を改造して、グランピングテントの中にソファーやおしゃれなテーブルなどを並べます。

31738635 863223003881218 2182875467009228800 n
phatgrlslim

本当は大自然の中でやるのですが、海外でも最近はビーチリゾートなどでも行われているようになっています。当然のように湘南エリアの海岸でも、江ノ島を始めグランピング施設が作られるようになりました。テントを貸切にしてグランピングをしながら遊ぶことができるのです。もちろん昼間から利用することができるので、パラソルを借りる必要もありません。

江ノ島の海の家の夜はバーベキューもおすすめ!

先ほどのグランピングを利用するのもいいですが、江ノ島の海の家は夜からもとても楽しいです。夜はグランピングのテントのライトが明るくて、それがとてもオシャレになります。実はグランピング施設は夏が始まる少し前あたりから開かれているので、美味しいお食事はバーベキューを楽しみにグランピングで夜を過ごすのもいいでしょう。

メニューの後はお店が用意してくれたりしているので、バーベキューグッズなどを持っていく必要はありません。バーベキューの食材なども全て用意してくれるプランなどもあるので、手ぶらでグランピングをしながらお酒を楽しんだりすることができるのです。江ノ島でバーベキューをしたいならグランピングで行うのもいいでしょう。

何よりバーベキューセットを購入しなくていいのが嬉しいです。バーベキューの食材なども全て用意してくれて、一人当たり3980円ほどで利用することができます。バーベキューはグランピングビーチで行われているので、お問い合わせしてみると良いでしょう。昼間の時間帯から、夕方17時からのバーベキューなども行われているのでおすすめです。

江ノ島の海の家は食事がうまい!

江ノ島の海の家に来たら是非グルメを楽しむのがいいでしょう。江ノ島は美味しいグルメがたくさんあるので、海の家でもご当地グルメを楽しめるようになっています。その年によってどんなお店が来るのか変わりますが、佐世保バーガーから沖縄の料理など、ご当地グルメを楽しめるようになっています。お酒と一緒にご当地グルメを楽しむのが最高です。

バーベキューグリルでチキンを焼いている海の家などがあり、そちらで脂身がたっぷり乗っかった極上のチキンをいただくことができたりします。本格的な料理を作っている海の家もあるので、B級グルメだけでなく本当に美味しいグルメを海の家で食べることができちゃうのです。料理もおしゃれなので女子ウケ抜群な海の家のグルメです。

海の家には冷やしうどんやラーメンなどもあります。一昔前の海の家のグルメとは違って、本格的な美味しい料理を提供するのが江ノ島の海の家なのです。美味しいキーマカレーを食べることができたり、本格的なパリパリ餃子をいただくこともできます。お値段も居酒屋さんで食べるのより少し料金が高いぐらいなので、十分楽しむことができるでしょう。

江ノ島の海の家は海水浴に便利!

江ノ島の海の家だけでなく、海の家は基本的に海水浴に利用されるものです。海水浴に行くなら是非海の家を利用するのがおすすめです。江ノ島の海の家ではシャワーを貸してくれる海の家があるので、利用するならお得にシャワーを利用することができる海の家を探しましょう。シャワーが付いていないところや、ロッカーだけしかないところもあるので注意が必要です。

海水浴に使う事ができるのが基本的な海の家です。海の家に行ったら温水のシャワーを使えるところもあるので、温水シャワーを使える海の家を探しましょう。海の家でシャワーなどを貸してくれるだけでなく、シャンプーなどのアメニティも揃っているところなどがあります。江ノ島の海の家は簡単なものしかありませんが、海水浴で利用するのも最適です。

江ノ島の海の家でパラソルを借りよう!

江ノ島の海の日はもちろんパラソルなどの海水浴に必要なグッズも購入したりレンタルすることができるようになっています。海水浴に訪れたら是非ビーチグッズもレンタルしてみると良いでしょう。パラソルなどは1日に1000円か2000円でレンタルする事ができます。料金は少し高いですが、ちゃんとした使えるパラソルを貸してくれます。

江ノ島のビーチに来たら必ず日焼けするので、パラソルは絶対に必要です。自分で持ってくるのもいいですが、砂浜にうまく刺すことができなかったりと、江ノ島のビーチでパラソルを使うのは少し大変なので、面倒なので海の家でレンタルするのがおすすめです。パラソルと一緒にサマーベッドが1日1000円でレンタルすることができたりします。

江ノ島の海の家はイベントも開かれている!

31449042 1795803810466442 5341269978400161792 n
nozomi5028af2

江ノ島では毎年イベントが開かれたりしています。東洋のマイアミビーチとも呼ばれているくらい、毎年多くのお客さんが訪れるので、江ノ島は毎年企業が参加しているイベントなどがたくさん開かれています。7月からは江ノ島のお神輿祭りなどが開かれたり、朝にフラダンスのイベントが行われたりもしています。江ノ島の海の家の近くでイベントも参加できるのです。

ビーチバレーの大会が開かれたりもしているので、江ノ島の海の家の近くのビーチバレーコートでビーチバレーの大会を見ることもできます。子供向けのヒーローショーなどのイベントなども開かれたりしています。江ノ島のサムエル・コッキング苑には灯篭祭りなども開かれたりしています。江ノ島に行ったらイベントに参加してみるともおすすめです。

江ノ島の海の家はバーとして使える!

江ノ島の夜からはバーを楽しむのもいいでしょう。江ノ島はバー営業している所もたくさんあるので、夜からはバーでお酒を楽しむのがいいです。美味しいお酒と一緒に美味しいグルメを楽しむことができるので、江ノ島のバーでお酒を楽しむのは、今や若者の定番になっています。江ノ島のビーチの入り口にバーがたくさん開かれています。

あまり夜遅くまではやっていませんが、インスタ映えするおしゃれなバーの写真を撮影する事ができるでしょう。女子もたくさん訪れるのでインスタ映えする写真を撮影するのに最適な、おしゃれなバーがたくさん開かれています。夜はおしゃれなバーでゆっくりと江ノ島の夜を楽しむのがいいでしょう。外国人観光客もたくさんいます。

江ノ島の海の家はクラブ営業もしてる!

江ノ島の海の家ではクラブ営業のようなところもあります。本格的なビーチのクラブは由比ヶ浜海岸の方が大きいのですが、江ノ島にもクラブ営業しているところは少しだけあります。ほとんどバーのような感じなのですが、お酒を楽しみながらクラブのような営業しているお店もいくつかあります。最近は規制されているのでなくなりそうですが。

企業がちゃんと提供して作っている海の家のクラブが由比ヶ浜にはあったりします。鎌倉駅から歩いて行くことができる由比ヶ浜では、有名なミュージシャンがライブをしに行きたいと、本格的なビーチクラブができているので、クラブを楽しむなら江ノ島の海の家よりも、由比ヶ浜に訪れる方がいいかもしれません。由比ヶ浜もおしゃれです。

江ノ島の海の家はグルメがおすすめ!

江ノ島の海の家と言ったらやはりグルメなので、グルメを堪能するのがおすすめです。クラブ営業は規制が開始されているので、もうそろそろなくなりそうです。江ノ島の海の家は美味しいご飯を食べに行くことをメインにするといいでしょう。江ノ島では美味しいグルメを楽しむことができるのです。周辺にも美味しいグルメを楽しめます。

江ノ島の海の家はバーベキューもできる!

江ノ島の海の家でバーベキューができるかも気になるところです。先ほどのグランピング施設ではバーベキューができるようになっていましたが、他にも江ノ島の海の家でバーベキューをすることができるスポットはあります。3時間飲み放題のバーベキューが4500円で利用することができます。カセットコンロを使って行うバーベキューですが、食材などは用意してくれます。

海の家のテーブルでバーベキューを楽しむことができるので、手ぶらで気軽にバーベキューを楽しみたいなら海の家のバーベキューを利用するのがおすすめです。飲み放題なのでお酒を飲みに行くのも最適です。シャワーとロッカーがついてるバーベキューセットなどもあるので、海水浴に行くならそちらを利用するのもおすすめです。

江ノ島の海の家の開催期間は?

江ノ島の海の家は一体いつ開催されるかでしょうか?江ノ島の海の家の開催期間も気になるところです。江ノ島の海の家は海開きと同時に開催されます。期間は海開きからです。海開きは海の日からです。近くの腰越海岸や由比ヶ浜も海の家が開かれる期間は一緒です。ホームページにも開催期間が書いてあるので、海の日が近くなったら調べてみると良いでしょう。

江ノ島の海の家の開催期間の終わりも気になるところです。開催期間は7月からですが、海の家の開催期間の終わりは8月31日までになってます。9月1日からは海の家が開催期間が終わって、解体され始めます。開催期間が終わると本当に江ノ島で海の時期が終わったのだと感じ、少し寂しい気分になります。開催期間の終わりは8月31日です。

江ノ島の海の家の料金は?

海の家の料金は海の家によっても違います。そして大人料金と子供料金が変わります。江ノ島の海の家の料金も見ていたいと思います。最近はおしゃれなところも増えてきたので、海の家の料金を少し高くなっている印象があります。海の家の料金は基本的には1000円から1500円ほどです。子供料金は1000円以下で利用することができるところが多いです。

ビーチパラソルなどを借りる場合はプラス1000円かかったりします。浮き輪の料金も500円でサマーベッドのレンタルを料金は1000円だったりします。これらがセットになってシャワーなどのレンタル料金が2000円ほどで設定しているところもあります。料金はお店によって変わるので、客引きをしているお兄さんに料金を聞いてみると良いでしょう。

Thumb江ノ島の人気温泉まとめ!日帰り入浴・有名旅館などおすすめ施設を厳選!
江ノ島の絶景を眺めながら入れる温泉、1度行ってみたいと考えている方もいるでしょう。そんな方に...

江ノ島の海の家に来たら周辺も観光しよう!

江ノ島に来たら是非周辺の観光もしてみましょう。江ノ島周辺にはおしゃれな観光スポットがたくさんあります。江ノ島に行って、江ノ島を登ってみるのもいいでしょう。江ノ島はハイキングのように登ることができるようになっているので、歩いて頂上まで行くことができます。サムエルコッキング苑と言うおしゃれなお庭などもあるので、デートにも最適です。

江ノ島から鵠沼方面に歩いて行けば、夜までやっているおしゃれなレストランなどもあります。こちらのレストランは美味しいお酒などを楽しんだり、魚介類を使ったお料理を楽しむことができたりするのでおすすめです。また、新江ノ島水族館などもあるので、幻想的なクラゲの水槽を見ることができる人気の水族館などもあります。

海の家の目の前の道路を渡って行くとラーメン屋さんなどがあります。こちらにチェーン店のファーストフード店や、商店街にはお土産屋さんなどもあります。こちらの商店街にはカフェなどもあるので、グルメを楽しむのにも最適なスポットです。江ノ島の海の家に来たらこちらに場所を観光してみるのもいいでしょう。お土産を買うのにもおすすめです。

江ノ島の海の家のアクセス方法は?

続いて江ノ島の海の家のアクセス方法も見ていきたいと思います。江ノ島の海の家のアクセス方法はとっても簡単です。鎌倉駅方面から来る場合は、江ノ電を使っていくといいでしょう。鎌倉から行く場合は、大船駅に戻って藤沢から電車で行くか、鎌倉から江ノ電に乗っていくかのどちらかです。電車で行く場合は江ノ電を乗って終点まで行きましょう。

藤沢から来る場合は江ノ電が江ノ島まで通っているので、そちらの片瀬江ノ島駅まで行きましょう。片瀬江ノ島駅から歩いて商店街を通り、海岸に出ればすぐに江ノ島の海の家にアクセスすることができます。車で来るのはあまりおすすめしませんが、車で来るなら国道134号線を鎌倉方面か、平塚方面からずっと走っていくとアクセスすることができます。

Thumb江ノ島へのアクセス・行き方完全ガイド!電車・車・バスどれがおすすめ?
首都圏からのアクセスも良く、リゾート気分を気軽に味わうことが出来る江ノ島。江ノ島へのアクセス...

江ノ島の海の家にレンタサイクルで行ける?

鎌倉を観光するなら是非レンタサイクルなどを利用するのもいいでしょう。長谷駅から江ノ島で乗り捨てすることが出来るレンタサイクルなどがあるので、そうしたレンタサイクルを利用するのも方法の一つです。レンタサイクルは1日1500円程度でレンタルすることができるので、自転車で海沿いを走って江ノ島の海の家に行くのもおすすめです。

江ノ島辺りでレンタサイクルをして、鎌倉方面の海沿いを走ってみるのもいいでしょう。江ノ島から鎌倉までは自転車で1時間に10分ほどです。早い人ならそれくらいで行くことができるのですが、女性や子供の場合はもう少しかかるかもしれません。七里ヶ浜までは30分から40分ほどで行くことができるので、そうしたところサイクリングするのもおすすめです。

江ノ島の海の家に遊びに行こう!

いかがでしたか?江ノ島には素敵なおしゃれな海の家がたくさんありました。最近は企業とコラボしている海の家が多いので、江ノ島の海の家はより一層おしゃれになってきています。開催期間などを調べて、是非とも海の日から海の家で素敵な夜やバーベキューなどを楽しんでください。ナンパなどにはくれぐれもご注意ください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ