ホンジュラスの治安を調査!女性が注意すべきポイント・危険なエリアを紹介!

カリブ海に面した中米ホンジュラスは、世界的にも治安の悪い国として知られています。首都テグシガルパや観光スポットの中には、非常に危険な地域もあります。今回は、ホンジュラスの治安情報の中で、特に注意が必要な地域と女性旅行者の旅のコツも含めてご紹介致します。

ホンジュラスの治安を調査!女性が注意すべきポイント・危険なエリアを紹介!のイメージ

目次

  1. ホンジュラスの治安や危険な都市をご紹介!
  2. 中米ホンジュラスはどんな国?
  3. ホンジュラスの現在の治安状況について
  4. ホンジュラスの治安悪化の原因は?
  5. 治安の悪いホンジュラスで横行する事件
  6. ホンジュラスの都市別治安情報1:首都テグシガルパ
  7. ホンジュラスの都市別治安情報2:サンペドロスーラ
  8. 治安の悪いホンジュラスを旅行するには?
  9. 治安の悪いホンジュラスでトラブルに巻き込まれた?
  10. ホンジュラスでは最新治安情報を常に確認しよう!

ホンジュラスの治安や危険な都市をご紹介!

世界でもっとも治安の悪い都市サンペロドスーラを擁するホンジュラスは、殺人や凶悪犯罪の発生率が高く、もっとも危険な国と言われています。

国全体の治安がかなり悪いホンジュラスでは、ギャングやマフィアによる犯罪も横行しているようです。

今回は、ホンジュラスの首都テグシガルパの治安やホンジュラスを旅行する際の注意点をまとめます。

中米ホンジュラスはどんな国?

目の前にカリブ海が広がる中米の国ホンジュラス共和国は、西にグアテマラ、南西にエルサルバドル、南東にニカラグアと周囲を3つの国々で囲まれています。

1900年だいから2007年に至るまで、ホンジュラスと国境を接する各国との間で、国境を巡って対立しており、国際司法裁判所の裁定によって、ようやく決着がつきました。

現在ホンジュラスの首都となっているテグシガルパは、16世紀に建設された古い歴史のある都市で、1880年以来、テグシガルパがホンジュラスの首都となっています。

カリブ海に浮かぶスワン諸島やバイーア諸島もホンジュラスの領地となっていますが、スワン諸島についてはアメリカと領有権を巡って争っているようです。

ホンジュラスは、他の中南米の国同様、スペイン語が公用語とされていて、ほとんどの都市で国民の大多数がスペイン語を話します。

ホンジュラスのカリブ海沿岸地域では、黒人や先住民も多く、英語やミスキート語、ガリフナ語などの民族言語も使われています。現地語と合わせた2言語教育を受けているのは主に男性で、女性の識字率は低いと言われています。

Thumbプエルトリコ観光完全ガイド!現在の治安やおすすめのお土産も紹介!

ホンジュラスの現在の治安状況について

ホンジュラス共和国の現在の治安はどうなっているのか?

2018年5月現在、外務省の海外安全ホームページによると、ホンジュラスの治安は、首都テグシガルパを含む南部地域が危険レベル1で「十分注意して下さい」、北部カリブ海沿岸地域が危険レベル2「不要不急の渡航は中止してください」となっています。

外務省の治安情報は、危険レベルが1から4まであり、最高値はレベル4で退避勧告となっています。

現在のところ、ホンジュラスの治安は、レベル1から2ということで、注意すれば渡航することも可能な状態と判断することができます。

しかしながら、女性の旅行者や一人旅などは、非常に危険ですので、あまりおすすめできない状況と言えそうです。

その他の危険情報としては、ホンジュラスを含むカリブ海沿岸地域が、今後ハリケーンシーズンに突入するため、ホンジュラスへの渡航を考えている方は、ハリケーン被害に巻き込まれないよう、十分安全対策をとる必要があります。

いずれにしても、治安情勢はあまりよいと言えませんので、渡航の時期はしっかりと見極める必要がありそうです。

Thumbキューバ旅行の観光名所・人気のスポットまとめ!おすすめシーズンも紹介!

ホンジュラスの治安悪化の原因は?

ホンジュラス共和国は、1990年頃までは、現在ほど治安が悪い地域ではありませんでした。

そんなホンジュラスの治安が悪化した背景には「マラス」と呼ばれるホンジュラスのギャングの存在が挙げられます。

中米を拠点に活動するギャング「マラ・サルバトルチャ」は、その拠点の一つをホンジュラスに置いており、街にはギャングによる犯罪が横行しているのです。

ホンジュラスで治安悪化の最大要因と言われているギャング「マラ・サルバトルチャ」は、通称「MS-13」と呼ばれており、メキシコのマフィアやギャングともつながっていると言われています。

世界でもっとも危険な組織である「MS-13」は、アメリカFBIが指名手配するギャング組織のワースト10に常にランクインする恐ろしい組織です。

ホンジュラスに拠点をおく「MS-13」のギャングは、アメリカで入国拒否されたもっとも凶悪な犯罪者が多いため、一層危険だと言われています。

MS-13のギャングは、組織の一員であることを示すタトゥー(刺青)を体に入れています。間違っても関わることのないように注意して下さい。

治安の悪いホンジュラスで横行する事件

ホンジュラスの治安が劣悪であると言われるもう一つの原因は、ホンジュラスが麻薬密貿易の拠点になっていることが挙げられます。

ホンジュラスを経由して南米からアメリカに密輸されているコカインは、およそ全体の8割と大部分を占めるため、ホンジュラスは「麻薬の経由地」として、非常に危険な地域となっています。

特に、ホンジュラスの北部サンペドローラのある地域や、南米と北米へ抜けるルートとなるホンジュラス西部と東部には、巨大な麻薬組織が置かれており、麻薬取引による事件が横行しています。

殺人事件の発生率が非常に高く、世界でもっとも危険な都市と言われるサンペドローラは、女性はもちろん、男性でも絶対に近づいてはいけない危険地域と言えるでしょう。

ホンジュラスの都市別治安情報1:首都テグシガルパ

ここからは、ホンジュラスの各都市の治安をご紹介します。

ホンジュラスの首都テグシガルパの治安は2018年5月現在、危険レベル1で「十分注意してください」という警告が出されています。

首都テグシガルパは、ホンジュラス最大の規模を誇る都市ですので、犯罪発生率も他のホンジュラスの地方都市より多くなっています。

首都テグシガルパの周辺には、貧困地区が点在しており、強盗殺人などの凶悪犯罪も多発しています。

また、先にご紹介したギャング「マラス」の構成員も首都テグシガルパにたくさんいることから、治安の悪化が懸念される都市の一つと言えるでしょう。

特にチョルテカ川西のエリアは、非常に危険な地域と言われていますので、絶対に近づかないようにしてください。

ホンジュラスの空の玄関口「トンコンティン国際空港」は、首都テグシガルパから約6kmほど離れたエリアにありますが、空港周辺は、軍や警察関係者によって厳重に警備されており、比較的治安はよいと言われています。

しかしながら、空港の郊外エリアは誘拐事件なども多発している危険地域になっていますので、女性の一人歩きは絶対にしないようにしてください。

ホンジュラスの都市別治安情報2:サンペドロスーラ

続いては、ホンジュラスの中でもっとも治安が悪いと言われる都市「サンペドロスーラ」の治安についてお伝えします。

ホンジュラス北部の街「サンペドロスーラ」は、ホンジュラスの首都テグシガルパよりも、さらに「マラス」の構成員が多く居住している危険な地域と言われています。

強盗や殺人などの犯罪も多発しており、事件に巻き込まれるリスクもかなり高いことから、できれば行かない方がよい都市と言えるでしょう。

ホンジュラスのカリブ海沿岸地域の都市には、経済都市コルテスもありますが、この地域も危険レベル2に指定されており、不要不急の渡航は避けるよう勧告が出されています。

サンベドロスーラの最寄り空港は、ラモン・ビジェダ・モラレス国際空港ですが、首都テグシガルパの空港周辺と比べると、かなり危険な地域ですので、近づかないようにしてください。

サンペドロスーラでは、外国人をターゲットにした強盗や窃盗などの犯罪も多発しており、ホンジュラスの中でももっとも注意が必要なエリアと言われています。

外国人を狙った犯罪の中には、銀行でお金を下ろした直後に襲われたり、停車中の車を襲うなど、命の危険に晒されるような凶悪犯罪が数多くあります。

特にターゲットにされやすいのは、女性旅行者ですので、女性は特に注意が必要です。

治安の悪いホンジュラスを旅行するには?

これまで見てきた通り、ギャングや麻薬組織による凶悪犯罪が横行しているホンジュラスでは、命の危険に晒されるような危険な地域がたくさんあります。

ホンジュラスを旅行する際は、男性、女性に関わらず、事件に巻き込まれないようにする安全対策が必須です。

ホンジュラス滞在中は、夜間の外出は避け、日中でも一人で狭い路地や裏通りを歩くのはやめましょう。

また、旅行者と分かるような服装は避け、観光地でも携帯電話やカメラなど、所持品には十分注意してください。

女性は、アクセサリーのような貴金属類やブランドバッグなど、高価な装飾品を持たないようにしてください。

治安の悪いホンジュラスでトラブルに巻き込まれた?

治安の悪いホンジュラスで、トラブルに巻き込まれた際は、在ホンジュラス日本国大使館に助けを求めましょう。

在ホンジュラス日本国大使館の開館時間は、午前中が8:30から12:15まで、午後が13:30から17:30までとなっています。現地の最新治安情報も、こちらのホームページから確認できます。

ホンジュラスでは最新治安情報を常に確認しよう!

中米ホンジュラス共和国の治安をご紹介しました。

麻薬の密貿易拠点となっているホンジュラスには、恐ろしいギャング組織「マラス」の構成員も多数居住しています。

現在は危険レベル1から2となっていますが、いつ治安がさらに悪化するとも限りません。

ホンジュラスでは最新治安情報を常に確認して、安全に滞在できるよう心がけて下さい。