グレナダは自然豊かな観光名所&名物多数!人気スポットや治安を調査!

カリブ海に浮かぶ小国グレナダは、美しい自然が素晴らしい観光スポット。日本人にはあまり馴染みのない国グレナダには、ちょっと変わった名物もあります。今回は、グレナダの治安や首都などの基本情報の他、おすすめの観光スポットをご紹介します。

グレナダは自然豊かな観光名所&名物多数!人気スポットや治安を調査!のイメージ

目次

  1. 1カリブ海の自然が美しいグレナダをご紹介!
  2. 2グレナダってどんな国?
  3. 3グレナダの首都セントジョージズ
  4. 4グレナダの治安
  5. 5グレナダの観光スポット1:グランドアンセビーチ
  6. 6グレナダの観光スポット2:海底美術館
  7. 7グレナダの観光スポット3: グランド・エタング国立公園
  8. 8グレナダの観光スポット4:フォート・セントキャサリン
  9. 9グレナダにはちょっと変わった名物がある!
  10. 10グレナダで買いたい旅のお土産
  11. 11グレナダでカリブ海の大自然を満喫しよう!

カリブ海の自然が美しいグレナダをご紹介!

カリブ海の自然が満喫できる美しい島国「グレナダ」は、イギリスを宗主国に持つ、小さな国です。

総面積344平方キロメートルのグレナダには、小さな国土の中に、素晴らしい観光スポットがギュッとつまっています。

今回は、カリブ海の宝石「グレナダ」の首都や治安など基本情報に加えて、珍しいグレナダ名物もご紹介致します。

グレナダってどんな国?

グレナダは、カリブ海にある小アンティル諸島の南部に位置する小さな島国で、イギリス連邦王国の一つです。

海を隔てたグレナダの周囲には、北にセントビンセントとグレナディーン諸島、北東にバルバドス諸島、そして南には、トリニーダトバコとベネズエラといった中南米の小さな国々が広がっています。

イギリスの植民地から連邦国の一つとなったグレナダでは、公用語として英語が話されており、首都セントジョージズはもちろん、観光地やレストランなどの主要スポットでほとんど英語が通じます。

グレナダの主要産業は農業で、あまり広くない国土のほとんどで、南米原産のカカオやバナナの他、ニクズクという香辛料などが栽培されています。

特にニクズクはグレナダ名物の一つとして知られる有名な香辛料で、生産量の多さから「グレナダ」は別名「香辛料の島」とも言われています。

カリブ海でもっとも美しい島と言われるグレナダでは、ダイビングなどのマリンスポーツも盛んで、観光客の中には、クルーズツアーでカリブ海を回る人も多くいます。

Thumbキューバ旅行の観光名所・人気のスポットまとめ!おすすめシーズンも紹介!
カリブ海に浮かぶ中南米の島国キューバはヨーロッパの影響を大きく受けながら発展した国で、現在で...

グレナダの首都セントジョージズ

グレナダの首都セントジョージズには、イギリス植民地時代から残る英国風の建物が数多く残っています。

首都セントジョージズには、西半球最古のキリスト教会など、歴史を感じさせる古い街並みが広がっており、カリブ海の自然と調和した美しい景観は多くの観光客を魅了しつづけています。

首都セントジョージズは、かつてフォートロイヤルと呼ばれていました。1763年パリ条約が結ばれた際、セントジョージズと改名されました。

港や空港も完備した首都セントジョージズは、グレナダ観光の玄関口となっています。

首都セントジョージズの移動手段は、乗合バスやタクシーが基本となります。治安の問題もありますので、できるだけタクシーを利用してください。

Thumbプエルトリコ観光完全ガイド!現在の治安やおすすめのお土産も紹介!
カリブ海に浮かぶ島で魅力的なリゾート地として評判を集めているプエルトリコ。毎年多くの観光客が...

グレナダの治安

続いては、グレナダの治安情報をご紹介します。

メキシコやホンジュラスなど、中南米の国々は治安が悪いというイメージが強いですが、グレナダは比較的治安がよい国と言われています。

人口約11万人の小さな国グレナダは、外国人を狙った犯罪の発生率も少なく、治安の心配はあまりいりません。

しかし、いくら治安がよいと言っても、ここは外国です。日本に比べれば、観光地や空港では外国人旅行者を狙うスリや置き引きなどの犯罪も皆無とは言えません。

治安の良し悪しに関わらず、所持品はコンパクトにまとめ、貴重品や多額の現金を持ち歩かないなど、最低限の治安対策は必須です。

グレナダの観光スポット1:グランドアンセビーチ

ここからは、グレナダの観光スポットをご紹介致します。

最初にご紹介するグレナダの観光スポットは「グランドアンセビーチ」。

カリブ海に面した全長約3キロのロングビーチは、透明度の高い美しいビーチです。ビーチ沿いには、ホテルやレストランもあり、長期滞在者にも人気のスポットです。

グレナダの大自然を満喫できるグランアンセビーチは、潮の流れが早く遊泳禁止となっています。

しかしながら、CNNの世界で最も美しいビーチ100選にも輝いた絶景は一見の価値ありです。

海上タクシー、片道8ドルでアクセスするのが一般的です。ビーチパラソルなどのレンタルもありますので、ビーチサイドでのんびり読書をしたり、日焼けを楽しむのもおすすめです。

グランアンセビーチ周辺には、カフェやバーもたくさんあります。

観光客に人気のお酒は、グレナダ名物の一つである「ラム酒」を使ったカクテル。暑いビーチでたっぷり日焼けした後は、美味しいカクテルで大人の夜を過ごしましょう。

グランアンセビーチは治安もよいので、安心して散策できるおすすめのスポットです。

グレナダの観光スポット2:海底美術館

続いてご紹介するグレナダの観光スポットは「海底美術館」。

グレナダの首都セントジョーゼズでもっとも有名な観光スポットの一つです。

海底に作られた476点の彫刻作品は、人工の珊瑚礁として2006年から作られてきました。

驚くことに、膨大な数の彫刻は、すべて実物のモデルが存在しているそうです。

浅瀬の海底に作られた「海底美術館」は、体験ダイビングでも見に行くことができるため、ダイビングライセンスを持っていない方でも、観光することができます。

自然の珊瑚礁と同じように、カラフルな熱帯魚が集う美しいダイブスポットは、グレナダへ行ったら、ぜひ見ていただきたいおすすめの観光スポットです。

グレナダの観光スポット3: グランド・エタング国立公園

続いてご紹介するグレナダの観光スポットは「グランド・エタング国立公園」。

グレナダの豊かな自然が楽しめる「グランド・エタング国立公」には、セブンシスターズの滝や、グランド・エタング湖など、絶景スポットがたくさんあります。

手つかずの自然を満喫できる国立公園は、世界中から研究者が訪れる動物たちの楽園です。

セブンシスターズの滝は、トレッキングと水泳の両方が楽しめる観光スポットで、自然が好きな方におすすめです。

また、グレナダで一番標高が高いクオクオ山もこの国立公園内にあり、初心者でも気軽にハイキングを楽しめます。

山頂からは首都セントジョージズとカリブ海の絶景を一望できます。

グレナダの観光スポット4:フォート・セントキャサリン

グレナダのおすすめ観光スポット、最後にご紹介するのは「フォート・セントキャサリン」。

セントジョージズ島の北の外れにあるこの要塞は、セントジョージズの初代総督がスペイン軍の攻撃から首都セントジョージズを守るために建てられました。

19世紀まで幾度となく、改築された歴史ある要塞です。

グレナダにはちょっと変わった名物がある!

海に囲まれたグレナダの名物料理と言えば、新鮮な魚介類を使ったものが主流です。

日本ではあまり馴染みのない食材「ランビー」(コンク貝)を使ったグリルランビーやカレーランビーは、グレナダの名物料理の一つです。

また、スパイス・アイランドと呼ばれるグレナダでは、香辛料を使ったお料理も豊富です。

魚料理が豊富なグレナダですが、肉料理の中には、「イルダン」と呼ばれるブタの尻尾の肉を使った珍しい名物料理もあります。

イルダンは英語では「Oil Down」と表記しますが、グレナダの人は「イルダン」と発音します。

豚の尻尾をココナッツミルクやサフランなどの香辛料で煮込んだイルダンは、グレナダならではの味わいです。

グレナダ南部の隣国トリニダードトバゴには、インド系住民が多かったことから、グレナダに、インドの食文化が持ち込まれました。

名物料理をいくつか挙げると、揚げパンに豆カレーを挟んだダボーや、薄焼きパン「ロティ」にカレーのおかずを包んで食べる料理など、軽食が主流です。

また、長い間イギリスの植民地であったことから、グレナダでは、英国文化の「アフタヌーンティー」も広く親しまれており、午後のお茶の時間には、カリブ海の美しい海を眺めながら、美味しい紅茶をいただくこともできます。

他にも、カリブ海名物ジャークチキン(Jerk Chicken)などスパイシーな料理も食べることができます。

グレナダで買いたい旅のお土産

自然の恵み豊かなグレナダは、植民地時代には、さとうきびプランテーションが各地に広がっていました。

そんなグレナダの名物と言えば「ラム酒」です。グレナダには、たくさんのラム酒の銘柄がありますので、お酒が好きな方へのお土産に最適です。

甘いものが好きな方には、チョコレートがおすすめ。グレナダは、カカオの生産も盛んな地域です。

お料理好きな方へのお土産は、島の名物スパイス「ニスグス」はいかがでしょうか?

ニスグスとはナツメグのことで、日本ではパウダー状になっているものしか流通していませんが、グレナダでは、丸い実の形になったまま販売されています。

ナツメグの実は、殻を剥がして、おろし器やグラインダーですりおろして使います。

グレナダでカリブ海の大自然を満喫しよう!

カリブ海に浮かぶ小国「グレナダ」をご紹介しました。

映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」でお馴染みのカリブ海は、クルーズ船で観光するツアーも大人気。

特にカリブ海南部のグレナダは、カリブ海で最も美しい島と言われています。

メジャーなビーチリゾートに飽きた方は、ぜひ、グレナダに行ってカリブ海の大自然を満喫して下さい。

関連記事

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson