長崎の出島観光おすすめスポット11選!所要時間や駐車場情報も紹介!

江戸時代の鎖国のなかで、唯一海外と交流があったのが長崎県出島です。それだけに独特の歴史があり、観光名所があります。実際に現地に行ってみると、教科書で習った事以外の発見があります。長崎には出島に由来するグルメも多くあります。そんな出島観光の探訪です。

長崎の出島観光おすすめスポット11選!所要時間や駐車場情報も紹介!のイメージ

目次

  1. 1出島は楽しさが湧き出る島!
  2. 2出島誕生の経緯
  3. 3出島観光おすすめスポット1:表門橋
  4. 4出島観光おすすめスポット2:カピタン部屋
  5. 5出島観光おすすめスポット3:旧長崎内外クラブ
  6. 6出島観光おすすめスポット4:旧出島神学校
  7. 7出島観光おすすめスポット5:出島の建造物
  8. 8出島観光おすすめスポット6:出島の木別名「コパールの木」
  9. 9出島観光おすすめスポット7:出島ワーフ
  10. 10出島観光おすすめスポット8:長崎歴史文化博物館
  11. 11出島観光おすすめスポット9:長崎美術館
  12. 12出島観光おすすめスポット10:長崎水辺の森公園
  13. 13出島観光おすすめスポット11:出島和蘭商館跡
  14. 14出島に関係する歴史的な人物:シーボルト
  15. 15出島から徒歩で行ける観光名所
  16. 16出島から徒歩で行ける世界遺産:大浦天主堂
  17. 17出島観光で人気の駐車場
  18. 18出島観光の所要時間
  19. 19異国情緒漂う出島観光のお土産
  20. 20出島は近代の日本の出発点

出島は楽しさが湧き出る島!

長崎県にある出島は、出島和蘭商館跡(でじまおらんだしょうかんあと)として、国指定の史跡です。出島は、鎖国時代の江戸時代に約200年の間、日本で一ヶ所だけ、西洋に向けて開かれていた窓口でした。嘉永7年(1854年)に開国したことで、出島の役割は終わりましたが、当時の出島の姿を再現して保存されています。江戸時代の異国情緒満載の出島観光の紹介です。

出島誕生の経緯

寛永14年(1637年)に島原・天草の乱が起こり、寛永16年(1639年)に、ポルトガル船の来航が禁じられました。実質的にポルトガルとの外交はなくなり、ポルトガルに代わり、平戸で貿易を行っていたオランダの商館が出島に移されました。それ以後、幕末の時代まで日蘭交流が続きました。その間に蘭学他、日本の近代化に有益となった数々の情報の入手窓口になっています。

出島観光おすすめスポット1:表門橋

ebisu_orandayaさんの投稿
25024744 205336600041541 3801595314557681664 n

鎖国中に出島に出入りができる唯一の橋が表門橋でした。出島が完成した寛永13年(1636年)には板橋だったのですが、延宝6年(1678年)に、全長4.5メートルの石橋に架け替えられました。明治時代の1889年頃に撤去されましたが、橋が無くなってから約130年を経過して、2017年11月25日に出島表門橋が開通し、出島のシンボル表門橋が再び架けられました。

kanna08lipさんの投稿
29404140 428239700960447 6320667043242704896 n

今回の表門橋は長さが約38.5メートルあり、幅が約4.4メートルの鋼鉄製です。まさに、130年振りに出島へ表門橋から入場ができるようになりました。江戸時代に出島に通った人々と同じ感覚が体験でるような気がします。出島観光の入り口です。現在、出島には西側の水門ゲートと、東側の明治ゲートと、表門橋の3か所の橋があり、観光には便利です。

表門橋から出島表門へ

naturallyheartさんの投稿
27894430 165486820922975 2441779703384637440 n

昔は、この門から出島に入場していたはずです。出島の復元事業で平成2年(1990年)に、最初に復元されたのが表門です。入場料などをここで支払います。出島観光の入り口の役割もしています。今は、2017年に130年ぶりに江戸時代と同じように出島表門のところに表門橋が架かり、まさに、出島の玄関口の表門として復活しました。

住所:長崎県長崎市出島町6-1
電話番号:095-821-7200

出島観光おすすめスポット2:カピタン部屋

sw_breadenさんの投稿
13658296 1578678782435477 1593112709 n

カピタンとは、ポルトガル語で「仲間の長」の意味があります。ポルトガルとの貿易が多かったため、出島では、甲比丹、甲必丹、加比旦と書かれ、江戸時代に日本に置いた商館の最高責任者、商館長をカピタンと呼んでいました。その後、出島にオランダが移ってきましたが、呼び名は変わず、カピタン部屋のまま使われました。

カピタン部屋は、出島を代表する大きな建物です。商館長の住まいであり、商館事務所や来客の接待の場所として使用されていました。カピタン部屋は屋根付きの三角外階段がシンボルです。カピタン部屋は、出島に滞在する最高責任者の部屋だけに優雅な造りになっています。現在カピタン部屋の1階では、出島の歴史や当時の島の生活に関係する物品の展示が行われています。

出島観光おすすめスポット3:旧長崎内外クラブ

旧長崎内外クラブは、明治32年(1899年)にトーマス・ブレーク・グラバーの息子、倉場富三郎と横山寅一郎などの発起によって、当時長崎に在留していた外国人と日本人の交流の場として設立された「長崎内外倶楽部」があった建物です。長崎市が昭和43年(1968年)に買い上げて、1階は長崎の食をテーマにしたレストランになっています。2階は居留地時代の展示を行っています。出島観光中にランチができます。

出島観光おすすめスポット4:旧出島神学校

現在の出島史料館本館は、旧出島神学校を使用しています。現存するわが国最古のキリスト教(日本聖公会)の神学校の遺構です。1階は入館料金所や売店として使用されています。修理や修復がありましたが、外観は明治時代の洋風建物そのもので、居留地時代の出島の様子を伝える貴重な建物の1つです。出島の歴史観光の代表的な建物です。

hohokakebuneさんの投稿
26156784 2047746112128122 6229542457290260480 n

出島史料館本館は、元々、明治8年(1875年)に建てられた出島教会がこの場所にありました。数年後の明治10年(1877年)に、隣接する場所に日本で最初のキリスト教新教の神学校が建てられました。プロテスタント教会建築では、現存する日本最古の建物です。現在は長崎市が管理し、昭和52年(1977年)から3年かけて修理復元工事を行い、現在は出島史料館として観光用に開放しながら、保存活用されています。

出島観光おすすめスポット5:出島の建造物

出島観光用建造物1:水門(荷揚場)

水門(荷揚場)は、出島の西側にある門です。出島に入出荷する全ての品物が、この水門から荷揚げされ、出庫されました。輸出入されるすべての物品は必ずこの水門を通過し、荷下ろしには長崎奉行の役人が立ち合いました。貿易の時以外は水門は固く閉ざされていました。水門の通用口は2つあり、南側は輸入用に使われ、北側は輸出用に使われていました。

出島観光用建造物2:乙名部屋(おとなべや)

a.a____093さんの投稿
29418194 178747209441243 2103146880992018432 n

乙名部屋(おとなべや)は、出島に出入りする日本人役人の詰所になります。出島の管理事務を担ったのが出島乙名です、長崎奉行が長崎の有力町人から選任しました。出島乙名は出島の貿易事務を行うとともに、出島の商館員の監視役も行っていました。乙名部屋は、出島乙名や阿蘭陀通詞(おらんだつうじ)など、日本人役人の詰所になっていました。乙名部屋は貿易期間中のみ使われていました。

出島観光用建造物3:一番船船頭部屋

toru_lifeさんの投稿
12724868 588580791289083 2056812134 n

一番船船頭部屋は、オランダ船の船長の宿泊所や商館員の住まいとして利用された建物です。1階が倉庫になっています。2階が商館員の部屋になっています。オランダ商館の事務官が暮らしていた居間と寝室があります。家具は現在のジャカルタから持ち混んでいました。さらに、地元長崎の職人に作らせて調達していました。

cotori_8さんの投稿
29417332 350854031988567 8481227797212168192 n

出島には、毎年オランダの貿易船が2隻来航するのが通例でした。2隻来航するので、先に到着する「一番船」の船長が滞在したのがこの部屋で、一番船船頭部屋といわれていました。実際に、船長がこの部屋で生活し、船員たちは船で暮らしたといわれています。1階は秤や木炭が置かれていた倉庫として、2階は船長が使った椅子やテーブルなどを観光用に再現しています。

出島観光用建造物4:拝礼筆者蘭人部屋(蘭学館)

hige_penさんの投稿
14374279 910449152393302 878712810 n

拝礼筆者蘭人部屋(はいれいひっしゃらんじんべや)蘭学館は、出島が活動していた時代に、オランダ商館の駐在員のなかには、帳簿書記(ブーグハウデル)という事務職員がいました。その主席事務員がこの建物の2階に居住していました。1階の使用方法の記録は残っていません。現在は、観光に役立つように、出島から入ってきた蘭学等の紹介コーナーになっています。

出島観光用建造物4:ヘトル部屋

kiri4413さんの投稿
17493461 582447161954846 1031285161745973248 n

ヘルト部屋は、オランダ商館長次席(ヘルト)が暮らしていた建物です。建物の2階が、商館長次席の住まいで、商館長に仕える日本人使用人も一部を使っていました。1階には東南アジアから来日した使用人が使用していました。さらに商館用の食糧の貯蔵庫の役割も果たしていました。ヘトル部屋には、当時「ビードロ」と呼ばれたガラスが障子枠にはめ込まれてあります。

出島観光用建造物5:物見台

motoki0202さんの投稿
31150172 211652572949421 7470100355800367104 n

出島が賑わっていた当時、ヘトル部屋は出島の中で眺めの良い場所でした。実際に、ヘトル部屋の2階に「物見台」があります。ヨーロッパから遠く離れた極東の日本にやってきたオランダ人は、長崎港を眺めながら、祖国オランダを思い出したようです。この物見台に佇むオランダ人の様子が多数の絵画に描かれています。

出島観光おすすめスポット6:出島の木別名「コパールの木」

cosmicsoulnagさんの投稿
12965658 932242770229850 1829268150 n

出島にある、島の象徴ともいえる木が「コパールの木」です。樹高が約15メートル、幹周りが約1.2メートルあります。幕末の頃に、オランダ人がジャカルタから持ち込んで植えたようです。学名は「アガチス・ダマラ」といいます。原産地は東南アジアです。コパールの木は、昭和41年(1966年)4月18日に、長崎県の指定天然記念物選定されています。出島観光でも見ておきましょう。

出島観光おすすめスポット7:出島ワーフ

redlantern_dejimaさんの投稿
30829995 193741627935074 6700852540352757760 n

「出島ワーフ」は、長崎港周辺のベイエリアを占める複合商業施設です。1階に11の施設が入っています。2階には6つの商業施設が入っています。和食や中華料理やイタリアンなどの飲食店があります。地元長崎の新鮮な食材が楽しめます。その他にも、美容室やアウトドアショップなどのハイセンスはお店が並んでいます。出島ワーフから眺める夜景は絶景です。出島観光の息抜きスポットです。

住所:長崎県長崎市出島町1-1-109
電話番号:095-828-3939

出島ワーフの人気店1:朝市食堂

0920poohさんの投稿
14350749 1419278614753050 5169187844488429568 n

でじま朝市、朝市食堂では、毎日とれたての長崎の新鮮な魚が食べられます。朝市食堂では、テラス席でバーベキューも楽しめます。でじま朝市の店で買った魚や干物を焼いて食べることが出来ます。朝市食堂では、飲み放題もあります。お土産の販売もあり、干物、加工品などが豊富に取り揃えてあります。長崎観光は新鮮な魚は魅力で、海鮮グルメファン人気のお店です。

電話番号:095-825-8558

出島ワーフの人気店2:出島テラス

yuri_u428さんの投稿
28429460 1878483272176151 1874380563276627968 n

出島テラスは出島ワーフでも人気のレストランです。室内に60席、テラス席は50席あります。毎週水、木、金、土は午後6時からライブが開催されます。2階のテラス席から見事な夕日が楽しめます。長崎の夜景を楽しみながら食事もできます。人気の「出島ライス」はここでしか味わえません。トルコライスも外せないメニューです。観光の小休止に最適なスポットです。

電話番号:095-824-9293

出島観光おすすめスポット8:長崎歴史文化博物館

長崎歴史文化博物館は、平成17年(2005年)11月に、長崎県と長崎市が共同で設置した博物館です。メインテーマが「近世長崎の海外交流史」で、近代国家日本の成立に大きくかかわった長崎県の歴史が理解できます。さらに、企画展や集客イベントも定期的に開催されています。見学する所要時間は興味あるテーマでマチマチですが、1日かけても見飽きないほどです。

住所:長崎県長崎市立山1丁目1-1
電話番号:095-818-8366

出島観光おすすめスポット9:長崎美術館

長崎美術館は、美術館の建物にも特徴があり、運河を挟み西側と東側ふたつの棟で構成されています。「ギャラリー棟」と呼ばれる西側の棟は、県民ギャラリーやホールがあり、開かれたスペースです。「美術館棟」と呼ばれる東側の棟は事務室や研究室、収蔵庫があり、企画展示室や常設展示室など美術館としてオーソドックスな機能を収穫した美術館です。

住所:長崎県長崎市出島町2番1号
電話番号:095-833-2110

出島観光おすすめスポット10:長崎水辺の森公園

平成15年(2003年)に、長崎港に面した内港エリアに誕生した公園です。園内には運河があります。水と緑にあふれた憩いの広場として、市内外の人に人気があります。運河には「風待橋」「宵待橋」「あじさい橋」「オランダ坂橋」など長崎にまつわる名前が付いた橋が架けられています。自然の水を噴水やせせらぎに利用した「水の庭園」は、子ども達の人気の遊び場になっています。観光客にも人気です。

住所:長崎県長崎市常盤町22-17
電話番号:095-818-8550

出島観光おすすめスポット11:出島和蘭商館跡

出島は、出島和蘭商館跡(でじまおらんだしょうかんあと)として、大正11年(1922年)10月12日に、国指定史跡として選出されています。大正時代にその歴史的、文化的価値が認められた史跡です。細部については、既述しましたが、出島そのものが世界遺産にも匹敵するくらいの価値がある史跡であり、観光名所であることを記憶しておきましょう。

住所:長崎県長崎市出島町6-1
電話番号:095-821-7200

出島に関係する歴史的な人物:シーボルト

yoshikofukahoriさんの投稿
21224707 424537414614348 3761448313916751872 n

出島には、多いときで15名くらいのオランダ人が居住していました。特に商館医は、出島の三学者と称されるケンペル、ツュンベリー、シーボルトなど、日本の蘭学や文化交流に多大な貢献をした人物がいました。中でも、ドイツの医師で博物学者のシーボルトは鳴滝塾を開設し、蘭学教育を行い日本の近代化に大きく貢献しました。

出島から徒歩で行ける観光名所

出島観光は見所満載ですが、出島から徒歩でも行ける距離に、長崎を代表する観光名所があります。観光の所要時間もそれほどかからず、移動に要す所要時間もそれほどかかりません。是非とも、観光してほしい場所を3か所選びました。3カ所ともに全国に知られた観光名所です。

長崎を代表する歴史遺産:グラバー園

グラバー園は、幕末に暗躍したスコットランドの貿易商人、トーマス・ブレーク・グラバーの邸宅をはじめ、旧オルト住宅、旧リンガー住宅は居留地時代に建築された歴史遺構で、国指定重要文化財に指定されています。グラバー園では9棟の伝統的建造物を見ることができます。旧グラバー住宅は、歴史的価値が認められ「明治日本の産業革命遺産」の構成資産に登録されています。長崎観光の定番コースです。

住所:長崎県長崎市南山手町8番1号
電話番号:095-822-8223

日本三名橋:眼鏡橋

眼鏡橋は、寛永11年(1634年)に、中国から来日して興福寺の2代目住職となった黙子如定(もくすにょじょう)禅師によって架けられた橋です。長さが22メートル、幅が3.65メートル、川面までの高さが5.46メートルあり、日本初のアーチ式石橋として知られています。「日本橋」「錦帯橋」と並び、日本三名橋に数えられています。国の重要文化財に指定されています。長崎観光の必見スポットです。 
 

yuiha128さんの投稿
31888448 1807749766197771 5714433856816283648 n

近年では、多くの観光地にハートをモチーフにした名所や造形物があり、新しい観光名所になっています。それぞれに趣向を凝らしていて、一定の人気を得て、観光資源になっています。眼鏡橋周辺の中島川護岸にも、ハートストーンが20個前後、石垣に埋め込まれています。愛を願うパワースポットだそうです。ハートストーン探しに所要時間をかけ過ぎないようにして、眼鏡橋観光をしましょう。

住所:長崎県長崎市魚の町・栄町と諏訪町・古川町の間 
電話番号:095-829-1193(長崎市文化財課)

出島から徒歩で行ける世界遺産:大浦天主堂

usui1987さんの投稿
31890444 238537953581619 7194613126141050880 n

大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)は、カトリックの教会堂です。江戸時代幕末、元治2年(1865年)に建立されました。日本に現存するキリスト教建築物としては最古で、昭和28年(1953年)に国宝に指定されています。正式名は日本二十六聖殉教者堂、1597年に日本で最初に殉教した日本二十六聖人たちに捧げられて建てられた教会です。殉教地である長崎市西坂に向けて建てられています。

住所:長崎県長崎市南山手町5-3
電話番号:095-823-2628

出島観光で人気の駐車場

出島観光の観光スポットで所要時間を気にせず、マイペースで見学する時は、車がおすすめになります。そこで、駐車場選びが大切です。出島に近くアクセスのよい駐車場のなかで、人気の駐車場を選びました。料金は記事執筆時の価格です。あくまで、参考に留めておいてください。出島観光に出かけるときは確認しましょう。

出島まで所要時間が短い人気駐車場1

出島観光で人気の駐車場として良く使われる駐車場が、出島パーキングです。出島パーキングは、30分毎に120円です。収容台数は 78台で、住所は、長崎市出島町5-9、電話番号095-820-2266になります。出島までの所要時間は徒歩で約4分です。次に、出島416パーキングが人気の駐車場です。料金は30分毎に100円で、住所が長崎市出島町4です。出島までの所要時間は徒歩で約1分です。 

出島まで所要時間が短い人気駐車場2

出島観光で利用されるカーポート出島は、20分毎に100円です。住所は、長崎県長崎市出島町1-10、電話番号は095-827-5645です。収容台数は60台で、出島までの徒歩による所要時間は約4分です。次に、橋本大波止駐車場は、30分毎に140円です。住所は長崎市元船町14-10、電話番号は095-826-3426です。収容台数は240台駐車できます。出島までの所要時間は約3分です。

出島まで所要時間が短い人気駐車場3

miho7555さんの投稿
11355920 1677890289110206 195836921 n

出島観光の駐車場で、徒歩10分以内の距離にある人気駐車場として、長崎港ターミナル駐車場があります。30分ごとに120円です。住所は長崎市元船町10、収容台数は253台駐車できます。出島までの所要時間は徒歩で10分です。次に、長崎県営常磐駐車場南側は、30分ごとに120円です。住所は長崎市常盤町1で、収容台数は158台です。出島までの所要時間は徒歩で約7分です。  

出島観光の所要時間

出島観光は日本史に関係があることもあって、長崎の修学旅行のコースに入ることがあります。出島を観光する最適な主要時間はどのくらいなのか、気になるところです。最短で2時間はかけましょう。これでも、かなりの駆け足観光になります。おすすめとして、歴史と照らし合わせて見学するには、半日程度の主要時間はかけたほうが良いようです。

Thumb長崎駅前の居酒屋おすすめ11選!個室やお一人様向けに座敷ありも紹介!
長崎駅前にはたくさんの居酒屋が並んでいる激戦区です。そんな長崎駅前には、個室やカウンター、座...

異国情緒漂う出島観光のお土産

出島観光にはお土産が付き物です。長崎の出島には、ポルトガル人が住んでいて、ポルトガルから多くのものが伝わっています。さらに、長崎には中華街もあり、中国との関係も深い土地です。そんな、長崎、出島の人気観光土産3点を選びました。いずれも、出島観光のお土産としておすすめの品です。

出島観光のお土産1:福砂屋長崎本店の「カステラ」

mari_31285さんの投稿
28434045 419450431841915 2680807866201276416 n

長崎のカステラの名門、福砂屋は寛永元年(1624年)の創業です。ポルトガル人からカステラの製造を直接教わりました。その原名はカストルボルといわれ、カストルとはスペインの州名で、ボルは菓子の意味です。創業当時の福砂屋は、カステラの材料になる砂糖、米など、様々な品目を扱っていたようです。また当時砂糖は、中国の福州が産地で、「福」と、砂糖の「砂」が、屋号になったのではないかと推測されています。

住所:長崎県長崎市船大工町3-1
電話番号:095-821-2938

出島観光のお土産2:出島限定「出島ドロップス」

eriko_ekoさんの投稿
12717091 1696418307274373 674357772 n

出島のお土産といえば、出島ドロップスです。そもそも、チョコレートはオランダ人が長崎に渡り、南蛮文化を広めましたが、その時、伝来したショクラートが日本のチョコレートの始まりといわれています。出島から始まったチョコレートを、出島ドロップが引き継ぎ、出島ドロップにしました。まさに、出島観光のお土産です。 

出島観光のお土産3:萬順 めがね橋店「月餅」

manjun_nagasakiさんの投稿
27892543 414943052271611 3524927067676213248 n

長崎は中華街が有名です。中華街のお土産といえば、月餅です。月餅は古代中国に起源を持つ縁起の良いお菓子です。萬順の月餅の餡は、くるみやピーナッツといった栄養豊富な木の実を多く含み、レモンの風味であっさりとした味わいに仕上げています。中身の餡が、小豆と白インゲンの違いにより、白餡と黒餡の2種類がります。長崎観光のお土産にもなります。

住所:長崎県長崎市諏訪町7-28 
電話番号:0120-24-0477 

Thumb長崎お土産人気ランキング21!おしゃれ雑貨やカステラほかおすすめ多数!
長崎にはカステラ以外にもたくさんのお土産があります。お菓子だけでなく、ご飯のお供になるものや...

出島は近代の日本の出発点

出島は様々な歴史遺構が残っていて、再現されています。現在の日本は最先端の国ですが、江戸時代に200年に及ぶ鎖国の期間でも、出島には当時の世界最先端の技術が渡っていました。出島観光に出かけると、教科書に載っていない出島が発見できます。驚きの連続です。長崎の出島観光に出かけましょう!

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
yuribayashi

新着一覧

最近公開されたまとめ