舞岡公園で野鳥観察やバーベキューを楽しもう!桜や紅葉の見頃も紹介!

『舞岡公園』は、神奈川県横浜市戸塚区~港南区にかけて大きな敷地を持ち、バードウォッチングやバーベキューが楽しめる自然いっぱいの公園です!この記事では『舞岡公園』での野鳥観察、バーベキュー、桜・紅葉の見頃、アクセスについてご紹介します。

舞岡公園で野鳥観察やバーベキューを楽しもう!桜や紅葉の見頃も紹介!のイメージ

目次

  1. 1『舞岡公園』をご紹介!
  2. 2舞岡公園はどんなところ?
  3. 3舞岡公園で野鳥を観察しよう
  4. 4舞岡公園で見られる野鳥の種類
  5. 5隣の「小菅ケ谷北公園」でバーベキューを楽しもう
  6. 6舞岡公園の桜の見頃
  7. 7舞岡公園の紅葉の見頃
  8. 8舞岡公園のアクセス
  9. 9舞岡公園へ行く際の持ち物
  10. 10舞岡公園で自然を満喫しよう!

『舞岡公園』をご紹介!

今回は、神奈川県横浜市戸塚区にある『舞岡公園』についてご紹介します。野鳥観察、バーベキュー、桜や紅葉の見学など、自然をめいっぱい楽しめる公園です!舞岡公園の概要、舞岡公園で見られる野鳥、バーベキュー、場所・アクセス等についてまとめましたので、興味のある方は参考にして下さい。

舞岡公園はどんなところ?

tomuteさんの投稿
31037632 937881859706640 8480785746293161984 n

『舞岡公園』は、神奈川県横浜市戸塚区舞岡町を中心に、港南区にかけて広がる、横浜市立の都市公園(広域公園)です。舞岡公園の敷地は、なんと28万平方メートル!東京ドームにすると、およそ6つ分という広大さです。自然の姿そのままが残されているので、鳥や動物などの野生生物や昆虫を見ることができる公園です。

yoshidottenさんの投稿
19955639 121076791837887 3965598902748446720 n

この地区の特徴的な地形である『谷戸(やと)』。小山が浸食されて形成された、谷状の地形のことです。舞岡公園はこの『谷戸』の地形を活かして、低地に水田が整備されています。地形をそのままを残して整備しているので、公園内はアップダウンがあり、本格的な自然体験ができます。

atkffmさんの投稿
28154345 1080273462115770 1346389118203985920 n

園内には移築・復元した古民家『旧金子邸』があることでも知られています。土間やいろり、わらぶき屋根など、明治後期の建築そのままの様子を見学することができます。こちらは『横浜市認定歴史的建造物』に認定されているもので、舞岡公園を訪れた際には、ぜひ足を運びたい場所です。

Thumb神奈川の公園でピクニックやデートを満喫!子供連れにおすすめの遊具も!
神奈川県内には数多くの公園があります。大きな遊具があり、広々とできる緑豊かな広場があったりと...

舞岡公園で野鳥を観察しよう

tagikojiさんの投稿
14727551 1146752162109902 3721791678281940992 n

自然いっぱいの舞岡公園では、野生の動物を見かけることも。そんな舞岡公園で人気なのが、野鳥の観察(バードウォッチング)というアクティビティです!園内では多くの野鳥を見ることができると評判で、バードウォッチャーには有名な公園でもあります。双眼鏡やカメラを持って、野鳥観察にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

maakiyoneさんの投稿
14547670 1214203338649651 5341515659119427584 n

人の手が加えられていない地形や、雑木林、田畑など、野鳥にとって住みやすい環境が整った『舞岡公園』には、多くの野鳥が住んでいます。また、舞岡公園は夜行生物への配慮ということで、外灯を設置していません。そのため、他の地区に比べより多くの野生生物が生息していると考えられます。

markunさんの投稿
17077505 259114551211649 3158030770610634752 n

舞岡公園での野鳥観察におすすめの時期は『冬』。木の葉が落ちているので、木の上の野鳥が見つけやすいです。また、冬季はミミズ等のエサを求めた鳥が湿地帯に集まりやすいという点も。舞岡公園で特に有名なのが『ヤマシギ』の越冬です。冬になると市外・県外から多くのバードウォッチャーが訪れるスポットです。

舞岡公園で見られる野鳥の種類

舞岡公園で見られる代表的な野鳥は『ヤマシギ』です。伊豆諸島・本州中部以北に生息し、積雪のない場所で越冬します。舞岡公園では越冬の時期になると、北門のエリアに出現します。ハトほどの大きさで、地上の枯葉の中に同化していることが多いです。長いくちばしが特徴で、ミミズなどをとらえます。

冬場に暖かい地域に移動してくる鳥『ウソ』も見られます。スズメよりやや大きく、オス(てりうそ)の喉元は淡い桃色です。メス(あめうそ)に桃色の部分はありません。古語で『うそ』は『口笛』という意味で、口笛のような鳴き声を発することから名付けられています。野鳥観察の際にはぜひ聞いてみたい鳴き声です。

komusan178さんの投稿
15624488 1285740894819963 3366281451187208192 n

舞岡公園では他にも、池の近くで見られる『タシギ』『コガモ』『アオサギ』、美しい『メジロ』や『カワセミ』、首をかしげる動作が特徴の『アリスイ』など、一年を通して多くの野鳥を観察することができます。ご家族でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。また、野鳥を観察している方が居る場所では、静かにすることを心がけましょう。

隣の「小菅ケ谷北公園」でバーベキューを楽しもう

tomoyorkさんの投稿
10449112 302746896565732 2106413806 n

舞岡公園内ではありませんが、お隣りにある公園『小菅ケ谷北公園(こすがやきたこうえん)』でのバーベキューがおすすめです!小菅ケ谷北公園バーベキュー場は2014年にオープンしたばかりで、設備も新しく、快適なバーベキュー場です。サイト数は14卓。駐車場のすぐ上がバーベキュー場になっていて、アクセスと移動が簡単です。

msmstagramさんの投稿
10808927 325491604304880 645101298 n

小菅ケ谷北公園バーベキュー場では、手ぶらでもバーベキューが可能な『パッケージプラン』がおすすめです。食材からイスまで、人数分用意してもらえます。また、パッケージプランでは機材のセッティング・片付けが不要。気軽にバーベキューを楽しめます。予約は『小菅ケ谷北公園バーベキュー広場』HPからアクセス可能です。

msmstagramさんの投稿
12256726 907441035998311 1545594799 n

バーベキューサイト1卓あたり平日2000円/土日祝2500円を基本料金として、利用するサービス料(パッケージプラン・食材・機器レンタルなど)が加わります。営業日は、3月1日~11月30日の全日、12月1日~2月末日の土日祝日、営業時間は10:00~16:00となっています。変更する場合がありますので必ず確認してください。

住所:神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷四丁目31番

舞岡公園の桜の見頃

fujiiさんの投稿
10249119 384060378403862 852833954 n

舞岡公園は『桜のお花見スポット』としてもおすすめの場所です。公園として整備された時に、多くの桜の木が植林された舞岡公園。今では大きく成長し、毎年華やかな景観で楽しませてくれます。桜は様々な場所に植えられていますが、特に多く植えられている場所は『おおなばの丘』と『ばらの丸の丘』です。

shiho_cyaさんの投稿
21224080 267136477112163 4142940082380210176 n

『おおなばの丘』は駐車場から徒歩数分の場所にあり、『ばらの丸の丘』は公園の中ほどに位置しています。舞岡公園の桜は約700本のソメイヨシノの他に、しだれ桜やオオシマザクラなど、計約1000本の桜の木があります。散策しながら探してみるのも楽しそうです。

hide7572さんの投稿
29415834 187631768693334 1275290667672666112 n

桜の見頃の時期は毎年異なりますが、2018年は、3月25日で『八分咲き』、3月27日で『満開』でした。これは例年に比べやや遅く、通常は毎年3月20日〜3月末あたりが桜の見頃になると予想されます。公園内に売店などはありませんので、飲み物やお弁当は用意していくことをおすすめします。

Thumb神奈川・桜の名所&花見スポットまとめ!開花の見頃や穴場もリサーチ!
四季の移り変わりが美しい日本。3月に入ると樹木の芽が膨らみ始め、梅が終わると次に桜の花の開花...

舞岡公園の紅葉の見頃

satoo31050さんの投稿
24175696 113319746119434 4382569377409531904 n

モミジなどが多く育つ舞岡公園では、秋頃になると紅葉狩りが楽しめます。紅葉は『おおなばの丘』や『ばらの丸の丘』など、園内各所で見られます。カエデの木が多く植えられた広場『もみじ休憩所』には休憩スペース(椅子・テーブル)があり、ゆったりと楽しむことができます。

apialmawfurariさんの投稿
14624697 1820472891574917 2720884330594304000 n

舞岡公園の紅葉の見頃は毎年異なりますが、通常11月中旬〜12月中旬ごろが見頃になると予想されます。12月後半になると、大方の葉は落ちるようです。この時期の里山は冷え込みますので、しっかりと防寒対策の準備をしていくことをおすすめします。自然に癒やされながらの紅葉狩りが楽しめそうです。

舞岡公園のアクセス

舞岡公園があるのは、神奈川県横浜市戸塚区舞岡町です。電車でのアクセスは、横浜市営地下鉄「舞岡駅」から徒歩約25分です。また「JR戸塚駅」東口から出ている江ノ電バス(8番乗り場)「京急ニュータウン行き」に乗車し、終点で下車すると、公園入口まで徒歩1分です。

tsutomu_bさんの投稿
25012075 171770380084986 1399955825765646336 n

バス「舞岡台循環」に乗車した場合は「坂下口」で下車すると、公園入口まで徒歩3分となっています。また、駐車場が用意されていますので、車でのアクセスも可能です。台数は約120台で、駐車料金は2時間300円、その後20分ごとに50円です。1000円札以外の紙幣は、支払いできませんのでご注意ください。

注意点として、カーナビを使って行く場合には公園名・番地で行先案内しないほうが良いでしょう。舞岡公園は広い公園なので、違う場所に案内されることがあります。駐車場へは『横浜市港南区上永谷4374-1』に直接住所設定することをおすすめします。駐車場の営業は6:00~21:00です。

住所: 神奈川県横浜市戸塚区舞岡町1764
電話番号: 045-824-0107

Thumb神奈川の遊び場へお出かけ!料金無料・室内施設・子供向けスポット情報あり!
神奈川県でお出かけにおすすめな遊び場をご紹介します。神奈川県内には家族でお出かけにピッタリな...

舞岡公園へ行く際の持ち物

舞岡公園を楽しむために持参したい物をご紹介します。お花見を楽しむ方は、シートや置き石、お弁当、飲み物、ゴミ袋などを持参し、ゴミは必ず持ち帰りましょう。野鳥観察をする方は、行動着、手袋、防寒着、帽子、レインウェア、双眼鏡、カメラ、虫よけスプレーなど、バードウォッチングの持ち物を準備して下さい。

また、園内には売店・自動販売機は設置されていません。ランチ・飲み物が必要な場合、家から持参するか近隣で買うなどして、調達しておくことをおすすめします。特に冬場に野鳥観察をする方は、水筒にあたたかい飲み物を持参したり、予備のカイロを持っておけば、体調管理に役立つでしょう。

舞岡公園で自然を満喫しよう!

今回は、豊かな自然が魅力の『舞岡公園』をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。春は桜のお花見、秋は紅葉、冬は野鳥観察と、一年を通して楽しめます。お隣、小菅ケ谷北公園のバーベキュー場も便利です。アクセスできる場所にお住いの方は、ご家族やお友達と自然を満喫してみてください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
Yukari.M

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ