金時山へのアクセス方法は?運行バス・車のルートや駐車場など行き方を解説!

箱根山の裏にある金時山は、初心者に大人気の登山スポットです。舗装された道は存在しないので、麓までアクセスする必要があります。そこで、今回は、金時山の麓までアクセスする方法を紹介します。金時山に行く前に、事前にアクセス方法を調べましょう。

金時山へのアクセス方法は?運行バス・車のルートや駐車場など行き方を解説!のイメージ

目次

  1. 1金時山へのアクセス方法は複数あります
  2. 2金時山へのアクセス1:新宿駅から高速バス
  3. 3金時山へのアクセス2:東京駅から高速バス
  4. 4金時山へのアクセス3:羽田空港・横浜駅から高速バス
  5. 5金時山へのアクセス4:小田急電鉄
  6. 6金時山へのアクセス5:JR
  7. 7金時山の駐車場1:金時ゴルフ練習場
  8. 8金時山の駐車場2:ふじみ茶屋有料駐車場
  9. 9金時山の駐車場3:金時神社駐車場
  10. 10金時山の駐車場4:箱根ガラスの森美術館駐車場
  11. 11金時山へアクセスする際の注意点:車の場合
  12. 12金時山へアクセスする際の注意点:公共交通機関の場合
  13. 13金時山と一緒に行きたい箱根ガラスの森美術館
  14. 14金時山登山の後は温泉でリフレッシュしましょう
  15. 15出来るだけ公共交通機関を使うのがベター

金時山へのアクセス方法は複数あります

箱根の仙石原にある金時山は、初心者から熟練者まで楽しめる登山コースがあります。金時山へは高速バスや路線バスでアクセスできます。高速バスだけでもアクセスは3通り存在します。また、登山口も複数あるので、車でのアクセス方法も目的地によって変わります。ここでは、アクセス方法並びに電車やバスなどの運賃についても紹介します。

Thumb金時山登山口までのアクセス方法!駐車場はある?日帰りで登山できる!
近年では山登りがブームとなっていますが、ここでは富士山がよく見える絶景ポイント、金時山をご紹...

金時山へのアクセス1:新宿駅から高速バス

金時山へは、新宿駅バスターミナルから高速バスが運行しています。東名高速を経由する行き方のため、若干遠回りになりますが、新宿駅から乗り換え無しで行けるため、アクセスが大変便利です。御殿場側から登るなら、乙女峠登山口に近い、乙女峠バス停で降ります。料金は1,840円で、片道の所要時間は2時間です。

hattsan555さんの投稿
31739389 167227963955004 1651949446876889088 n

富士山の見える乙女峠登山口から登る計画なら、復路は仙石案内所前から高速バスに乗りましょう。折角の金時山登山ですから、登山と下山で違う景色を楽しみたいと思うでしょう。それなら、スタートの時と反対方向へ下山すれば大丈夫です。仙石案内所の近くには、お土産屋が多くあるので、帰るときにお土産を買う事ができます。

金時山へのアクセス2:東京駅から高速バス

金時山へは、東京駅から高速バスで向かう行き方もあります。新幹線が発着しているため、仙台・名古屋・金沢・新潟などからのアクセスに便利です。箱根線(新宿発着)と同様、御殿場経由でのアクセスとなります。一方通行の登山ルートで計画している場合、往路は乙女峠へアクセスし、復路は仙石案内所前から乗車するといいでしょう。

ichi234goさんの投稿
19122447 448527988835195 8256094532202921984 n

東京駅からアクセスする場合、企画券が安くなります。箱根ガラスの森美術館入場券と高速バス割引券がセットになっており、片道が3,000円、往復で4,800円となっています。ガラスの森美術館の入場券が1,500円という事を考えると、一緒に購入する方がお得です。2日間有効で、東京駅八重洲南口高速バス乗車券売り場で購入できます。

金時山へのアクセス3:羽田空港・横浜駅から高速バス

羽田空港から金時山への行き方は、高速バスがあります。横浜駅を経由するため、横浜市内各地からのアクセスも便利です。また、北海道や九州など、国内のあらゆる地域から簡単にアクセスできます。途中こまめに停車するため、羽田空港から2時間半、横浜駅から2時間ほどかかります。料金は、羽田空港発が2,160円で、横浜駅発が1,850円です。

shouhei_95さんの投稿
22278363 107445899973975 2443697977512951808 n

羽田線は、乗車券を購入できる場所が限られます。仙石案内所では予め前日まで購入できますが、羽田空港発の場合は当日分に限られます。土曜の午前便は人気が高いため、満席が予想されます。そのため、確実に席を確保したい場合は、インターネット予約するのが鉄則です。なお、予約は京急高速バス予約サービスまでお願いします。

金時山へのアクセス4:小田急電鉄

新宿駅からは、小田急を使って金時山までアクセスする方法もあります。小田急での行き方は、新宿駅から小田急・箱根登山鉄道と乗り継いで箱根湯本まで行きます。そこで箱根登山バスに乗り換えます。最寄りのバス停は金時山登山口ですが、こちらは1時間に1本しか走っておらず、しかも、箱根湯本発着が少ない為、アクセスが悪いです。

snc2741さんの投稿
20766473 198185180719631 8768496521596370944 n

箱根湯本駅からバスでアクセスするには、桃源郷方面のバスに乗り、仙石案内所前で降りるのがベストです。仙石案内所前なら、箱根湯本からのバスが、週末には1時間6本もあるので、アクセスがかなり便利です。仙石案内所前からは、登山口まで徒歩5分でアクセスできます。帰りも同じく、仙石案内所前で乗車すれば、着席できる率が高いです。

yumi__0601さんの投稿
30079618 175125993141143 1911981722052853760 n

新宿から箱根湯本まで、特急ロマンスカーでアクセスできます。ロマンスカーといえば、先頭の展望席から見る景色が圧巻な事で有名です。せっかく金時山までアクセスするのだから、新宿の時点から旅気分を味わいたいでしょう。特急で快適にアクセスできる分、別料金がかかりますが、確実に座れて特急料金片道1,090円だから、乗る価値はあります。

hiro.poyoさんの投稿
31999227 165694347431581 2985712654015791104 n

新宿から箱根湯本へアクセスする際の料金は、運賃が片道1,190円、ロマンスカーが1,090円です。箱根湯本から先、金時山登山口へアクセスする際のバス料金は、仙石案内所までが750円となっています。つまり、片道で合計1,940円かかります。往復する場合の割引は存在しません。ロマンスカーでアクセスする場合の往復は6,060円です。

malta_neko_darakeさんの投稿
31878210 241711353054581 5750273142698278912 n

金時山へアクセスする際、箱根フリーパスを使う行き方もあります。箱根登山鉄道・箱根登山バス・・ケーブルカー・遊覧船などが乗り放題で、料金は2日間5,140円、3日間5,640円です。それに加え、小田急の往復券まで付いてきます。金時山登山だけでなく、箱根周辺の観光も楽しみたい方におすすめです。駅の券売機で当日から購入できます。

金時山へのアクセス5:JR

金時山の登山口へは、JR経由でアクセスすることも可能です。東京駅から小田原駅まで、東海道新幹線もしくは東海道本線を使います。小田原駅から箱根湯本駅まで箱根登山鉄道を使い、そこから先のアクセスは、箱根登山バス利用となります。JRを使う場合、小田急や高速バスとは違い、2回乗り換えなければならないので、そこがネックです。

東海道新幹線を使う場合、必然的にのぞみとこだまの2種類になります。小田原までの停車駅は同じで、所要時間は約35分です。本数を見ると、1時間に2~3本しか停車せず、在来線より圧倒的に少ないです。新幹線を使う場合、運賃に加えて自由席特急料金1,730円が追加で必要になります。よって、新幹線でのアクセスはあまりおすすめできません。

在来線でアクセスする場合、普通・快速または特急の、いずれかを利用する行き方となります。普通・快速なら運賃だけで十分ですが、快適にアクセスしたい場合は、グリーン車も可能です。追加料金は、平日980円、ホリデー780円となります。特急列車の自由席は930円です。いずれも、新幹線よりかなり安いので、JRの場合は在来線がおすすめです。

金時山の駐車場1:金時ゴルフ練習場

homemate.research_officialさんの投稿
13269449 1616594451991217 1010492951 n

金時山へのアクセスに便利な駐車場は3つあります。一つ目は金時ゴルフ練習場有料駐車場です。30台ほど停めることができ、料金は1日500円です。どんなに長く駐車しても、日帰りなら料金は一律ですので、ゆっくり登山を楽しみつつ、ゴルフも楽しみたい方にはピッタリです。金時登山口周辺の駐車場が満車の時は、ここに停められます。

金時ゴルフ練習場有料駐車場までのアクセス

maricologne_sさんの投稿
26377572 588755358132899 9105325552213950464 n

金時ゴルフ練習場への行き方は、東名高速の御殿場インターチェンジから国道138号線をひたすら箱根方面へ向かい、県境の乙女トンネルを過ぎて、金時登山口のバス停まで進みます。これが一番の主要ルートです。小田原方面からの行き方は、国道1号線を進み、宮ノ下温泉で国道138号線に入ります。金時登山口バス停を過ぎた所にあります。

金時山の駐車場2:ふじみ茶屋有料駐車場

karuna_happy_lakeさんの投稿
31988117 211267856344757 5597274772548354048 n

乙女峠付近に、ふじみ茶屋があります。そこは登山客向けに専用駐車場を提供しています。1日1,000円ですが、10台ほどしか停めることができません。満車の場合は、金時ゴルフ練習場の駐車場に停めましょう。ふじみ茶屋の駐車場には制限があり、夕方の5時までには戻る必要があります。そこに停める場合、事前に登山計画を立てましょう。

ふじみ茶屋へのアクセス

midori5809さんの投稿
18721900 1909391149336019 524955560324366336 n

ふじみ茶屋へアクセスするには、東名高速の御殿場インターチェンジで降りる必要があります。そこから国道138号線をひたすら南下します。県境のトンネル手前まで来たら、そこにふじみ茶屋があります。小田原方面からの行き方は、国道1号線と国道138号線を進み、県境の乙女トンネルを過ぎたすぐの場所にあります。

金時山の駐車場3:金時神社駐車場

julianatplayさんの投稿
22280335 487676654938108 9019703442137939968 n

金時神社の駐車場も、金時山の登山客向けに駐車場が開放されています。しかも、この駐車場は、金時山の登山口周辺で数少ない無料の駐車場となっています。ただし、道幅が狭く、駐車場も小さめです。30台ほど停められますが、無料とあって、週末は混み合います。満車の時は、近くのゴルフ練習場の駐車場に停めましょう。

金時神社までのアクセス方法

rou5955さんの投稿
27893905 146303116051419 6302717915351220224 n

主要ルートでの行き方は、御殿場インターチェンジから国道138号線をひたすら南東に進み、県境を越えて、金時神社バス停の手前を左折した奥の場所にあります。狭いので通行にはご注意下さい。また、海老名ジャンクションから小田原厚木道路に出て、箱根口インターチェンジで降りて一般道でひたすら向かう行き方もあります。

金時山の駐車場4:箱根ガラスの森美術館駐車場

yum1switchさんの投稿
32178570 379902759173857 7029612817774804992 n

金時山の登山口からは少し離れますが、箱根ガラスの森美術館の駐車場にも停められます。主要の駐車場は、隣接する有料の駐車場であり、1日300円で停められます。美術館から徒歩でのアクセスになりますが、他の駐車場より遥かに安いです。また、美術館周辺には無料の駐車場もあります。どちらも100台以上停められる程広いです。

箱根ガラスの森美術館までのアクセス

ivanlai3113さんの投稿
29740115 2029087244079395 7542626191467872256 n

東京から最も早く行くには、東名高速の御殿場インターチェンジで降りて、そこから国道を道なりに進み、小田急箱根ハイランドホテルを過ぎた辺りの右側にあります。小田原経由の場合は、国道1号を経由し、宮ノ下の温泉街から国道138号を北西に進み、進行方向左側にあります。多く車を停められるので、近くの駐車場が満車でも安心です。

金時山へアクセスする際の注意点:車の場合

satoojunさんの投稿
26871167 543233306041872 874473195644649472 n

金時山の登山口へアクセスする際、途中の東名高速の伊勢原バス停付近は、週末を中心に渋滞の可能性が高いです。また、高速を降りた後も、箱根が近づくと、行楽客が多いため渋滞しやすいです。小田原経由でアクセスする場合も、途中の国道1号線は、芦ノ湖方面へ向かう客が多いので、長い渋滞が出来ます。余裕を持って出かけましょう。

hitoshikamogawaさんの投稿
28154707 194786824457463 4526189802432757760 n

金時山登山口周辺の駐車場は、神社前・乙女峠・ガラスの森美術館など、数ヵ所あります。週末は、登山客や観光客で駐車場が満車になる場合があるので、車でアクセスする場合は、出かける前に、どの駐車場に停めるか計画を立てると無難です。駐車場周辺は事故にご注意下さい。また、可能な限り、バスなどの公共交通機関を使いましょう。

金時山へアクセスする際の注意点:公共交通機関の場合

maki_sunagaさんの投稿
29717409 1832637403434585 5418215404134727680 n

東京から高速バス、もしくは箱根湯本から路線バスでアクセスする際は、渋滞など道路事情により、到着が前後する可能性が高いです。特に、週末は道路が混み合うので、到着時刻が大幅に変わる事もあります。金時山の登山を予定している方は、到着が大幅に変わる事を想定して、計画を立てましょう。特に、帰りは早めの下山がおすすめです。

tokuchan_1113さんの投稿
32035635 1522644657871302 5976388245821325312 n

電車でアクセスする際は、トイレの確保も大事になります。小田急で行く場合、ロマンスカーならトイレが付いていりますが、急行等で行く場合、トイレが無いのでご注意下さい。JRでのアクセスの場合、小田原までならトイレが必ず付いています。小田原から先は車内にトイレが無いので、小田原までにトイレを済ませるのが重要です。

金時山と一緒に行きたい箱根ガラスの森美術館

haruo_camさんの投稿
32063921 863954420479247 1459701603991814144 n

金時山の登山のついでに、箱根ガラスの森美術館もおすすめです。金時山から徒歩でアクセスできるので、登山の後に立ち寄るといいでしょう。箱根ガラスの森美術館に行くなら、東京から高速バスでアクセスするのがおすすめです。バスの往復券と美術館の入場券がセットになっており、別々で購入するよりも安くなります。

chocolate__26_さんの投稿
31421784 2058408901096498 4049674038618882048 n

箱根ガラスの森美術館は、ヴェネチアン・グラスと現代ガラスのゾーンに分かれます。前者は、15世紀から18世紀にかけて、ヨーロッパの貴族を唸らせたガラスが展示されています。後者は、19世紀後半に復活した、現代風のグラスが展示されています。ガラスの体験工房もあるので、是非ともオリジナルのガラスを作って、旅の記念にしましょう。

公共交通機関でのアクセス方法

shimanchu20さんの投稿
28764530 796489457210613 5696591450272169984 n

先程は、車でガラスの森美術館へアクセスする方法を述べましたが、今度は公共交通機関を使うアクセス方法について述べます。箱根湯本から路線バスを使う場合、桃源台方面行きのバスに乗車し、俵石・箱根ガラスの森前で下車します。箱根ガラスの森美術館前にもバス停がありますが、そちらは箱根湯本からバスで直接アクセスできません。

金時山登山の後は温泉でリフレッシュしましょう

金時山の登山は、全体で1時間半もかかるので、体は思った以上に疲れます。そんな体を癒してくれるのが温泉です。仙石原エリアには、日帰りで入浴できる温泉が存在するので、登山口からのアクセスが良好です。金時山での登山が終わってすぐに帰るのもいいですが、体の疲れを和らげるには、温泉でのんびりするといいでしょう。

おすすめの日帰り温泉1:マウントビュー箱根

mittansan12さんの投稿
30078014 182858112525941 1936109078795255808 n

マウントビュー箱根は、部屋から山を望める温泉宿です。温泉は乳白色の濁り湯で、全身の疲れを緩和させる効果があります。日帰りでの入浴も可能で、料金は1,100円です。また、日帰り用の貸切露天風呂も存在し、60分で3,500円または4,000円になります。予約制ではないので、いつでも好きな時に入れます。タオルは別料金になります。

アクセス方法

ringring29さんの投稿
20905539 1427814000635550 6455532228972642304 n

金時山の登山口である金時神社からアクセスする場合は、徒歩で20分、車で4分くらいかかります。ただ、徒歩でアクセスするのは、登山で疲れているから避けたいという方は、バスでアクセスしましょう。金時神社入り口から仙石原文化センターまでバスが走っています。料金は230円で、わずか3分でアクセスできます。

出来るだけ公共交通機関を使うのがベター

ここまで、金時山へアクセス方法を紹介しました。アクセス方法は様々ですが、行動範囲を広げたいのであれば、車でのアクセスをおすすめします。ただし、週末は渋滞が予想されるので、出来る限り公共交通機関でアクセスしましょう。車でアクセスする人が少ない程、渋滞も緩和されます。是非とも、金時山で素敵な登山をお楽しみ下さい。

関連記事

Noimage
この記事のライター
firebom.sns

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ