種子島宇宙センターを見学しよう!ツアー参加も大人気でおすすめ!

種子島宇宙センターでは、JAXAの宇宙開発の最先端研究を行っています。ロケットや宇宙環境利用に関する展示スペースは、実物大の試験モデルなどがあり、見学ツアーは大人気です。今回はそんな種子島宇宙センターの見学について詳しくご紹介します。

種子島宇宙センターを見学しよう!ツアー参加も大人気でおすすめ!のイメージ

目次

  1. 1種子島宇宙センターってどんなところ?
  2. 2種子島宇宙センターの見学施設「宇宙科学技術館」とは?
  3. 3種子島宇宙センター「宇宙科学技術館」の紹介1:リフトオフシアター
  4. 4種子島宇宙センター「宇宙科学技術館」の紹介2:「きぼう」フォトスポット
  5. 5種子島宇宙センター「宇宙科学技術館」の紹介3:ホンモノ体験ロケットガレージ
  6. 6種子島宇宙センター「宇宙科学技術館」の紹介4:「きぼう」日本実験棟実物大モデル
  7. 7種子島宇宙センター「宇宙科学技術館」の紹介5:キッズコーナー
  8. 8種子島宇宙センター「宇宙科学技術館」の紹介6:ミュージアムショップ
  9. 9種子島宇宙センター施設案内ツアーとは?
  10. 10種子島宇宙センター施設案内ツアーで見学できる場所とは?
  11. 11種子島宇宙センター施設案内ツアーについて
  12. 12種子島宇宙センターへのアクセス方法は?
  13. 13種子島宇宙センターで宇宙開発を楽しく学ぼう!

種子島宇宙センターってどんなところ?

種子島宇宙センターは、日本最大のロケット発射場です。その総面積は約970万平方メートルという巨大な施設です。鹿児島県の種子島南東に位置し、海岸線に面した「世界一美しいロケット発射場」と言われています。種子島に来たらぜひ観光してほしい、日本の宇宙開発の中心を担っているこの種子島宇宙センターの見学ついて紹介していきます。

Thumb種子島の観光スポットまとめ!おすすめのモデルコースや穴場まで紹介!
種子島は鹿児島県に属する島で、大隅諸島を構成する島の一つです。種子島は鉄砲伝来の島として有名...

種子島宇宙センターの見学施設「宇宙科学技術館」とは?

種子島の観光名所、種子島宇宙センター宇宙科学技術館は2017年3月に、20年振りのリニューアルを行いました。ロケットや天体観測・地球観測・人工衛星など子供達にも人気の分野について、ゲームなどを用いて楽しく学べる施設へとなりました。宇宙開発という無限の可能性を秘めた分野をより分かりやすく展示してあります。

種子島宇宙センター宇宙科学技術館は見学無料、事前予約の必要もないので誰でも気軽に観光ことが出来ます。ロケットの打ち上げなどで休館する場合もありますが、インターネット等で確認することが出来ますので休館情報の検索をおすすめします。さらに、特別イベントも開催されるのでそちらも合わせてチェックしてみてください。

種子島宇宙センター「宇宙科学技術館」の紹介1:リフトオフシアター

種子島宇宙センターの見学施設「宇宙科学技術館」の紹介1は「リフトオフシアター」です。この宇宙科学技術館のメインと言える展示スペースです。大型の壁面スクリーンと床面映像でロケット打ち上げシーンを体感できます。大スケールのロケット打ち上げは、映像とはいえ大迫力です。

映像だけでなく、音やスモークにもこだわりまるで間近で打ち上げを見ているような臨場感が味わえる大人気コーナーです。遥かな宇宙に思いを馳せ、ロケットに夢を乗せて打ち上げる感覚は、宇宙好きにはたまらないものです。これまで宇宙に興味のなかった人でもこれを機に宇宙に興味を持つきっかけになるかもしれません。

種子島宇宙センター「宇宙科学技術館」の紹介2:「きぼう」フォトスポット

23164470 1488364221249811 389459851920539648 n
natsucoba

種子島宇宙センターの見学施設「宇宙科学技術館」の紹介2は『「きぼう」フォトスペース』です。無重力状態で写真を撮るという、まるで本当に宇宙に飛び出したような体験が出来ます。楽しく観光記念が残せるこのフォトスペースは大人にも子供にも大人気コーナーです。

この「きぼう」とは、JAXAが開発した日本の宇宙実験棟で国際宇宙ステーションの一部です。エアロックやロボットアームを搭載していて宇宙空間で様々なミッションを行っています。そんな「きぼう」の船体に実際に入ったかのような体験が出来るこのフォトスペースは楽しく思い出を残すことが出来るのでおすすめです。

種子島宇宙センター「宇宙科学技術館」の紹介3:ホンモノ体験ロケットガレージ

以前は「大崎第一事務所」という呼び名でしたが、リニューアルに伴い「ロケットガレージ」と名前を変え一新しました。H-Ⅱロケット7号機などの実物が展示されており、普段では見れないその光景は非日常そのものです。宇宙への旅を彷彿とさせるロケットは圧巻のスケールです。

29414394 565937000460039 6988081682318360576 n
i_am_hotaka_

宇宙開発の最先端技術の素晴らしさを目の当たりにすることの出来る展示です。これを見れば子供達も宇宙への興味と憧れを持つことが出来るでしょう。宇宙科学技術館ならではの特別な空間となっていますので、種子島観光で来館した際はこの展示スペースにぜひ立ち寄ることをおすすめします。

種子島宇宙センター「宇宙科学技術館」の紹介4:「きぼう」日本実験棟実物大モデル

種子島宇宙センターの見学施設「宇宙科学技術館」の紹介4は『「きぼう」日本実験棟実物大モデル』です。宇宙空間で建設が進んでいる国際宇宙ステーション「きぼう」の一部の実物大モデルが展示されています。内部に入ることが出来、全く知らなかった宇宙ステーションを少し身近に感じることの出来る面白い見学エリアです。

国際宇宙ステーションは、世界15ヵ国の協力のもと1999年から軌道上で組み立てが開始され、現在も宇宙飛行士が滞在し、ミッションや研究などの船内作業が進められています。宇宙ステーションのモジュール内部を見学という貴重な体験が出来る人気の展示コーナーです。

種子島宇宙センター「宇宙科学技術館」の紹介5:キッズコーナー

13187981 259659861090444 839744899 n
622ayaka.m

種子島宇宙センターの見学施設「宇宙科学技術館」の紹介5は「キッズコーナー」です。大きなガラス窓があり、種子島宇宙センターの風景を見ながら小さな子供を遊ばせることの出来るスペースです。クッション仕様になっているので子供達が安全に遊ぶことが出来ます。見学に少し疲れた時に、休憩するのに丁度よい空間です。

このキッズコーナーには授乳室も完備してありので、授乳期間中の赤ちゃんを連れての来館者には嬉しいポイントです。宇宙に関する本や絵本を取り揃えた「わくわく宇宙図書館」も併設されているので、大人から子供まで家族揃って楽しみながら学べるおすすめの空間になっています。

種子島宇宙センター「宇宙科学技術館」の紹介6:ミュージアムショップ

13385720 277873695934591 903217238 n
k_tkd46

JAXAや宇宙に関連したグッズを買うことの出来る売店です。珍しい宇宙食を購入し食べてみることも出来ます。お土産を買うのにピッタリな、宇宙好きにはたまらないショップです。ちなみに宇宙食での人気第1位は「スペースフード TAKOYAKI」です。その他にも、宇宙をモチーフにしたアクセサリーなどもあります。

14488276 1180800135326912 8838031509542666240 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
usatomoko

大人気漫画「宇宙兄弟」グッズや人気キャラクターのJAXA仕様というレアな商品もあります。缶入りのお菓子や書籍、文房具やストラップ、Tシャツなどのファッショングッズまでバリエーションに富んだ宇宙グッズが手に入りますので、種子島観光で宇宙科学技術館を来館した記念にぜひ立ち寄ってみてください。

種子島宇宙センター施設案内ツアーとは?

種子島宇宙センターの施設見学ツアーとは、一日3回、打ち上げ関連施設をバスで巡るツアーのことです。専任ガイドが詳しく解説しながら見学施設を回れるので、宇宙開発についてしっかりとした知識を得ることが出来ます。ガイドの話を聞きながらの見学ですので、より宇宙に興味が持てるツアーになっています。

なお、このバスツアーはロケットの打ち上げ予定や燃料試験などの業務の都合で、見学内容の変更や休止する場合があります。ツアーの開始時刻10分前の集合が厳守となっていて、遅れた場合はツアーに参加出来なくなる可能性があります。ツアーでは打ち上げ場の近くまで見学することが出来ますが、立入禁止区域には入らないようにしてください。

種子島宇宙センター施設案内ツアーで見学できる場所とは?

種子島宇宙センター施設案内ツアーで見学できる場所は、『ロケットガレージ』『総合指令棟』『大型ロケット発射場』『ロケットの丘展望所』の4ヶ所のうち、原則3ヶ所を巡ることが出来ます。見学場所は、参加者の方では選ぶことが出来ません。その時の業務内容によって変更されます。都合によっては2ヶ所の見学となる場合もあります。

広い敷地内をゆったりバスで移動しながら主要施設を見学できるこのバスツアーは、この種子島宇宙センターに来館した観光客に人気のツアーです。専任ガイドの説明で、より施設内のことについてしっかりと理解することが出来ますので、宇宙開発やロケットについて興味のある方には特におすすめです。

種子島宇宙センター施設案内ツアーについて

種子島宇宙センター施設案内ツアーの運行時間は11:00~12:15(集合10:50)、13:30~14:45(集合13:20)、15:30~16:45(集合15:20)の一日3回です。ツアー所要時間は約1時間15分程度になります。毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は、火曜日)と年末年始はツアー運休日です。(8月は運休無し)

このツアーは原則事前予約制です。希望の日付を施設案内ツアー係に電話連絡します。予約の受付は、ツアー参加予定日の3ヵ月前から可能です。先着順になるので、早めの予約をおすすめします。もしも、ツアー参加者に空きがある場合は、当日受付でも参加できる可能性あります。その場合はツアー開始30分前までに受付をしてください。

種子島宇宙センターへのアクセス方法は?

種子島宇宙センターへのアクセス方法は、船の場合、フェリーで「鹿児島」から「西之表港」まで約3時間半かかり、その後バスで移動し「種子島宇宙センター」へ約2時間で到着します。ジェットフォイルの場合は、鹿児島「南埠頭」から「西之表港」まで約1時間40分、そこからバスで移動し「種子島宇宙センター」まで約2時間かかります。

飛行機の場合、「鹿児島空港」から「種子島空港」まで約30分かかり、空港からタクシーで約50分です。バスの場合、大和バス「西之表港」バス停から「種子島宇宙センター」バス停まで約90分でアクセスできます。詳しくは公式ホームページに掲載されていますのでチェックしてみてください。

種子島宇宙センターで宇宙開発を楽しく学ぼう!

種子島宇宙センターについておすすめの見学施設をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。宇宙という未知の世界にはワクワクすることが溢れています。鹿児島種子島に観光に来た際は、ぜひ一度種子島宇宙センターに遊びに行ってみてください。夢とロマンに溢れた思い出が出来ることでしょう。

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
垂水絹愛

人気の記事

人気のあるまとめランキング