三浦ふれあいの村は激安の宿泊施設!アクセスや料金・楽しみ方を詳しく紹介!

神奈川県屈指の観光スポットが目白押しの三浦半島。三浦市にある「三浦ふれあいの村」は、眼前に和田長浜海岸が広がる宿泊施設です。激安料金で海も山のレジャーを楽しめる最高の自然体験型施設です。当記事では三浦ふれあいの村のアクセスや料金・楽しみ方をご紹介します。

三浦ふれあいの村は激安の宿泊施設!アクセスや料金・楽しみ方を詳しく紹介!のイメージ

目次

  1. 1三浦ふれあいの村は激安の宿泊施設
  2. 2三浦ふれあいの村の正式名称は?
  3. 3三浦ふれあいの村とは?
  4. 4三浦ふれあいの村の楽しみ方【マリンプログラム】
  5. 5三浦ふれあいの村の楽しみ方【体験プログラム】
  6. 6三浦ふれあいの村の楽しみ方【屋内プログラム】
  7. 7三浦ふれあいの村の宿泊施設【ヒルサイド】
  8. 8三浦ふれあいの村の宿泊施設【シーサイド】
  9. 9三浦ふれあいの村のおすすめグルメ
  10. 10三浦ふれあいの村の料金
  11. 11三浦ふれあいの村のアクセスは?
  12. 12三浦ふれあいの村に行こう!

三浦ふれあいの村は激安の宿泊施設

三浦市にある三浦ふれあいの村は、眼前に和田長浜海岸が広がる野外教育施設です。臨海学校や宿泊体験学習などの学校行事でよく利用される施設ですが、一般の方やスポ少などの小人数グループでも利用できます。激安料金で宿泊出来て海も山のレジャーを楽しめる、三浦ふれあいの村についてご紹介します。

三浦ふれあいの村の正式名称は?

三浦ふれあいの村の愛称で長く地元の方から愛されている自然体験型施設ですが、正式名称は「YMCA三浦ふれあいの村」で神奈川県立の公共施設でした。しかし平成30年3月31日付で県立施設としての運営は終了し、翌4月1日より「三浦YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ」として公益財団法人横浜YMCAが運営する民間施設となりました。

三浦ふれあいの村とは?

junk_aprilさんの投稿
27579756 1726815964048718 6548565193448751104 n

現在の正式名称は「三浦YMCAグローバル・エコ・ヴィレッジ」ですが、当記事では長年親しみ続けられている呼称である「三浦ふれあいの村」として施設やアクセス、料金・楽しみ方を詳しくご紹介していきます。三浦ふれあいの村は神奈川県の三浦半島(三浦市)にある宿泊施設で、眼前には和田長浜海岸が広がる最高のロケーションです。

masanori2014さんの投稿
21041486 505018129832770 8130011476556513280 n

三浦ふれあいの村は、学校やスポーツクラブ、子供会などの団体からファミリーまで、森や海の自然を感じながら体験活動を行ことができます。宿泊利用、日帰り利用のどちらでも利用可能です。自然や人とのふれあい活動を目的とし、シーカヤックなどのマリンプログラムを中心に様々な体験プログラムが用意されています。

三浦ふれあいの村は屋外での自然体験活動プログラムがメインとなりますが、雨天の場合の活動場所も充実しています。アクセスの良い三浦ふれあいの村は学校の宿泊体験学習で利用されることが多いですが、一般の方でもご利用いただけますので様々な研修、ご家族・グループの余暇活動など豊かな三浦半島の自然の中でお楽しみください。

自然豊かな三浦半島にはおすすめの釣りポイントがたくさんそろっています。三浦半島を訪れた際には、ぜひ釣りを楽しんでみてください。以下の記事では初心者やファミリーでも楽しめる人気の場所から穴場まで、釣りのポイントや釣り堀などをご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

Thumb三浦半島のおすすめ釣りポイント!釣り堀や堤防など穴場まで徹底調査!
神奈川県の三浦半島には、おすすめの釣りポイントがたくさんそろっています。その中から、初心者や...
Thumb三浦港『みうら海王』は人気の釣り堀!アクセスや釣れるポイントまとめ!
相模湾の三浦港にある「みうら海王」は、海釣りが楽しめる釣り堀です。釣り竿がレンタルできるので...

三浦ふれあいの村の楽しみ方【マリンプログラム】

それでは三浦ふれあいの村の自然体験活動プログラムをご紹介します。まずは目の前に広がる三浦半島の和田長浜海岸で楽しむおすすめのアクティビティー、マリンプログラムです。一つ目は「シーカヤック」です。シーカヤックは自分たちの力だけで海へ漕ぎ出し、海の広大さを知り爽快感を味わうことができます。

二つ目は「いかだ」です。いかだ体験では全員で力を合わせて海へ漕ぎ出し、大きな自然と向き合いますマリンプログラムはお互いに協力し合い、十分注意し安全に実施することが最重要となるため、利用対象者は小学4年生以上の学校、青少年団体のみとなります。カヤックといかだのマリンプログラムの際に救急法の訓練を実施することも可能です。

asuka_ohkaさんの投稿
14553128 1942796269275698 5056169155938484224 n

ファミリーや少人数グループでも体験できるマリンプログラムもあります。一つ目は「磯の生き物観察」です。予約不要なので気軽に参加できるプログラムです。豊かな三浦半島の海で、カニ、ヤドカリ、様々な種類の貝、エビ、魚など磯の生物との出会いを楽しむことができるおすすめのプログラムです。

gs.kanagawa100さんの投稿
26868551 333632240474182 4220137708594397184 n

二つ目は「ビーチコーミング」です。砂浜を歩き、落ちているものを探しながら歩く自然活動です。貝や海藻など自然の物、ガラス瓶やプラスチック、ペットボトルなど人が作り出した物など、どこから流れ着いたものかなどを確認しながら歩くことで海の環境を学ぶことができます。人工物やゴミを集めることで三浦半島の美化活動にもつながります。

三浦ふれあいの村の楽しみ方【体験プログラム】

続いて三浦ふれあいの村の体験プログラムをご紹介します。一つ目は「キャンプファイヤー」です。学校の宿泊体験学習で実施する定番のプログラムです。二つ目は室内で行う「キャンドルファイヤー」です。キャンプファイヤーが雨天や強風で中止する場合にも、実施できるのでおすすめです。こちらは学校などの団体のみのプログラムです。

ファミリーや少人数グループでも活動できる野外体験プログラムもあります。一つ目は「ウォークラリー ・ハイキング」です。三浦ふれあいの村内の自然を探索するコースや、ソレイユの丘や海岸を通るコースなど3kmで約50分程度のコースが複数ありおすすめです。また有料になりますがディスクゴルフもお楽しみいただけます。

三浦ふれあいの村の楽しみ方【屋内プログラム】

雨天の場合でもお楽しみいただけるおすすめの屋内プログラムをご紹介します。一つ目は「クラフト体験」です。砂絵・貝のクラフト・うちわ・フォトフレーム作成などの有料プログラムが用意されています。フォトフレームのみ事前予約が必要となります。

二つ目は「各種スポーツ」です。ボール(バスケ・バレー・サッカー・ドッヂ・野球)・卓球用品・バドミントン用品・長縄・綱引き・フラフープなどのスポーツ用品の貸し出しがありますので、多目的ホールでスポーツを楽しむこともできます。ただし個人利用の場合、多目的ホールに空きがある場合のみ利用可能となります。

三浦ふれあいの村の宿泊施設【ヒルサイド】

seawakanaさんの投稿
12825942 1680536778886347 309403163 n

それでは三浦ふれあいの村の宿泊施設「ヒルサイド」をご紹介します。「ヒルサイド」は大型船をイメージした3階建ての宿泊施設で、標高28mの高台に位置します。施設周辺には三浦半島の大自然が広がっており、東の方角からは朝日を見ることができます。自然あふれる雰囲気を楽しみたい方には「ヒルサイド」をおすすめします。

三浦ふれあいの村の宿泊施設【シーサイド】

続いては三浦ふれあいの村の宿泊施設「シーサイド」をご紹介します。「シーサイド」は三浦半島の和田長浜海岸に面した宿泊施設で、海岸まで歩いてすぐのところにあります。マリンプログラムが大人気で、サマーシーズンは多くのご家族連れや子供会などの団体まで幅広く利用されているおすすめの宿泊施設です。

三浦ふれあいの村のおすすめグルメ

nattsun4372さんの投稿
12105140 443174019202424 161390334 n

宿泊といえば気になるのはお食事です。三浦ふれあいの村ご利用中のお食事は、宿泊施設内の食堂で食べる室内食、バーベキューやカレーなどの野外炊事、種類豊富なお弁当よりお選びいただけます。いずれのお食事も利用する1か月前までの申し込みが必要となります。食事や食材、アルコール飲料を持ち込むことができないのでご注意ください。

中でもおすすめのグルメは野外炊事です。三浦半島の豊かな自然の中でダイナミックに調理をしていただく食事は格別です。海を眺めながらのバーベキューや、森の中で仲間や家族でわいわい楽しみながら作るカレーは最高のお味とともに、きっと素敵な思い出となるはずです。デザートの焼きリンゴやバウムクーヘンのメニューもおすすめです。

三浦ふれあいの村の料金

それでは「三浦ふれあいの村」の気になる料金を見ていきましょう。まずは宿泊料金です。幼児から高校生までの団体利用は神奈川県内在住の方と県外の方で利用料金が異なります。県内の幼児・児童・学生の団体宿泊料金は1,800円、県外は2,500円です。青少年団体の利用料金は県内外問わず4,000円です。

一般の宿泊料金は県内外問わず大人が5,000円、小人が4,000円です。中学生以上が大人料金、小人は3才から小学生までです。ただし3歳以下でもベッドを利用する場合には小人料金となります。また7月20日から8月31日は繁忙期となり、大人料金が5,500円、小人料金が4,500円になります。

日帰りの利用料金は県内外問わず、幼児・児童・学生が100円、青少年団体が500円、一般が500円となっております。一般の方のみ、繁忙期は800円の日帰り利用料金となります。宿泊施設のチェックインは13時、チェックアウトは翌朝9時です。日帰りの利用時間は9時から17時までです。

三浦ふれあいの村のアクセスは?

ekimeihyo0326さんの投稿
15043486 1800109620253564 8923423387896774656 n

三浦ふれあいの村へのアクセス方法をご案内します。公共交通機関のアクセスは、最寄り駅が京浜急行線三崎口駅になります。京浜急行線三崎口駅下車後、3番バス乗り場からバスに乗り換えます。約5分の距離にある最寄りのバス停「和田」で下車します。和田バス停より徒歩15分ほどで三浦ふれあいの村へ到着します。

fujisawa_sceneさんの投稿
31669420 2091377897782590 8648691664459661312 n

お車のアクセスは、横浜横須賀道路「衣笠」インターチェンジから、三浦縦貫道路「林出口」を出ます。国道134号線を左折し、4kmほど先にある「長浜海岸入口」を右折すると到着します。無料駐車場がありますが、混雑している場合はスタッフが誘導します。団体で大型バスでのアクセスをお考えの方は、三浦ふれあいの村にお問い合わせください。

三浦ふれあいの村に行こう!

三浦ふれあいの村のアクセスや料金・楽しみ方をご紹介しましたが、いかがでしたか。神奈川県屈指の観光スポットが目白押しの三浦半島に位置する三浦市の「三浦ふれあいの村」は、眼前に和田長浜海岸が広がる野外教育施設です。激安料金で宿泊して野外炊事をしたり、様々なプログラムを通して海と山のレジャーをぜひお楽しみください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
きよな

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ