ドバイの治安情報!女性や一人旅行で注意するべき点や夜の状況も調査!

ドバイはアラブ首長国連邦の都市として知られており、近年ショッピングモールなどの開発も進んでおりますし、活気のあるナイトスポットとしても人気になっております。そんなドバイの治安はどうなのでしょうか。今回はドバイの治安についてご紹介します。

ドバイの治安情報!女性や一人旅行で注意するべき点や夜の状況も調査!のイメージ

目次

  1. ドバイの治安についてご紹介!
  2. ドバイおすすめスポット1:ブルジュ・ハリファ
  3. ドバイおすすめスポット2:ドバイ・モール
  4. ドバイおすすめスポット3:ドバイ・クリーク
  5. ドバイおすすめスポット4:モール・オブ・ジ・エミレーツ
  6. ドバイおすすめスポット5:パークアイランドホテル
  7. ドバイの治安に関する注意点1:女性の一人旅は注意が必要
  8. ドバイの治安に関する注意点2:性犯罪に注意する
  9. ドバイの治安に関する注意点3:スリや強盗に注意する
  10. ドバイの治安に関する注意点4:中指を立てるのは危険!
  11. ドバイの治安に関する注意点5:近隣国へむやみに行かないでおく
  12. ドバイの治安に関する注意点6:横断歩道以外での横断は禁止!
  13. ドバイの治安に関する注意点7:交通事故には細心の注意が必要
  14. ドバイの治安に関する注意点8:写真を撮るのは基本的にNG
  15. ドバイの治安に関する注意点9:デイラ地区には注意が必要
  16. ドバイの治安以外の注意点1:ドバイの公休は日本とは違う
  17. ドバイの治安以外の注意点2:公共の場などでの飲酒は禁止
  18. ドバイの治安以外の注意点3:ゴミのポイ捨てについて
  19. ドバイの治安以外の注意点4:ラマダンという時期や気温について
  20. ドバイの治安以外の注意点5:公共交通機関を利用する際のマナー
  21. ドバイ観光でおすすめの服装について
  22. ドバイの治安を把握してドバイ観光を楽しむ!

ドバイの治安についてご紹介!

ドバイはアラブ首長国連邦の都市というだけでなく、観光スポットとして近年人気になっておりまして、たくさんの高層ビル、世界最大級ともいわれているショッピングモール、人工島にはパールアイランドホテルが建つなど、ますます魅力的なスポットになっております。そこで今回はドバイの治安やおすすめの服装、注意点などをご紹介していきます。

Thumbドバイ観光の魅力まとめ!おすすめの名所や世界一スポットの見どころは?

ドバイおすすめスポット1:ブルジュ・ハリファ

ドバイ観光の際にまずおすすめするスポットは、ブルジュ・ハリファです。ブルジュ・ハリファとは、160階建ての超高層ビルとなっておりまして、世界一高い高層ビルとして知られております。展望台などからはドバイの美しい夜景を楽しむことができますし、女性専用のスポーツジムなどもあり、さまざまな楽しみ方のできる高層ビルになっています。

まわりから見ても存在感のある建物になっておりますし、一度はメディアなどを通じてみたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。噴水ショーが行われていたり、夜景だけでなく夕日などを楽しむこともできます。展望台などからの景色を楽しみたい場合には、事前に展望デッキなどの予約をしてから足を運ぶのがおすすめになっております。

また展望デッキから夜景や夕日などを眺めたいとお考えの場合には、霧などの天気予報などをチェックしておくことをおすすめします。天気によっては霞んでしまいきれいに見えない場合などもあります。チケットは安いというものではありませんので、せっかくのチケットを無駄にしてしまわないよう、できるだけ満喫できるタイミングを狙いましょう。

Thumbブルジュハリファからドバイの絶景!展望台のチケットの値段や予約法も紹介!

ドバイおすすめスポット2:ドバイ・モール

続いてご紹介するドバイでおすすめのスポットは、ドバイ・モールです。ドバイ・モールでも噴水ショーなどを見ることができるようになっておりますし、なによりもドバイ・モールは世界最大のショッピングモールとして知られております。ドバイ・モールの中にはデパートはもちろんのこと、水族館や映画館、アイススケートリンク等が入っております。

ショッピングからアクティビティまで楽しむことができる超大型複合施設になっておりますので、一日ではドバイ・モールの全てを遊びつくすことができないほどです。一人旅の途中に立ち寄るのもいいですし、女性同士で旅行する際にも、デートなどにもおすすめのスポットになっております。ぜひドバイ観光の際は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ドバイおすすめスポット3:ドバイ・クリーク

続いてご紹介するおすすめスポットは、ドバイ・クリークです。ドバイ・クリークとはドバイの街ができる元になった場所とされておりまして、港町として有名になっております。ドバイの中でも見逃せない観光スポットの一つになっておりまして、ゆっくりと景色や風景などを楽しみたいときにおすすめです。一人旅にもおすすめのスポットです。

またドバイ・クリークでも美しい夜景を楽しむことができますので、ロマンチックで静かなひとときを過ごしたい方はぜひ、ドバイ・クリークからの夜景を楽しんでみてはいかがでしょうか。ですが夜、女性が一人で歩くのは危険が伴いますので一人旅で夜訪れるのは注意が必要です。せっかくの観光ですので安全に観光できるよう注意しておきましょう。

ドバイおすすめスポット4:モール・オブ・ジ・エミレーツ

続いてご紹介するのは、ドバイ・モールの次に大きいといわれている、ショッピングモールのモール・オブ・ジ・エミレーツです。中東ではドバイ・モールに次いで二番目に大きいショッピングモールとして知られております。女性だけでいく女子旅にも人気のスポットになっておりますし、ご家族やデートなどの際にもおすすめのスポットになっております。

さまざまな国の飲食店なども立ち並んでおりますので、中華料理や台湾料理、アメリカからインド料理まで幅広く楽しむこともできるようになっております。またスキー場などもありますので気軽にスキーをして楽しむことなどもできるようになっております。ドバイ・モールよりは小さいですしよりショッピングに適したスポットになっております。

ドバイおすすめスポット5:パークアイランドホテル

最後にご紹介するのはドバイの人工島にあるホテル、パークアイランドホテルについてです。人工衛星などにも映るといわれている人工島には、ドバイを訪れたい際には宿泊してみたいホテル上位にランクインするパークアイランドホテルがあります。Wi-Fiなどが無料で使えるのはもちろんのこと、ドバイ屈指のリゾートホテルとして人気があります。

日常を忘れて過ごすことができる空間になっておりまして、ホテル内のプールなども自由に使用することができるようになっておりますし、ドバイの夜景などももちろん楽しむことができるようになっております。極上の時間を過ごしていただくことができるホテルになっておりますので、ドバイ観光の際にはぜひこちらのホテルに宿泊されてください。

Thumbブルジュアルアラブはドバイ七つ星ホテル!豪華な部屋・レストランとは?

ドバイの治安に関する注意点1:女性の一人旅は注意が必要

ここからはドバイの治安情報についてご紹介していきます。まず最初にご紹介するのは女性の一人旅が危険ということです。一人旅が夢!という方は多いのですが、その一方でドバイだけでなく一人旅というのは危険が伴います。また特に女性の一人旅は危険といわれており、さまざまな犯罪に巻き込まれる可能性が高いのも事実ですので注意が必要です。

決してドバイに限ったことではないですが、女性が一人でいるときに犯罪に巻き込まれる事は多いですし、やはり力で女性が男性に勝つのは難しい事があります。ですのでやはり犯罪を犯す側は女性をターゲットに選びやすいのです。そういった面を含めてドバイも女性の一人旅は危険ですし、一人旅でも安心!というほど治安がいいわけではありません。

ドバイの治安に関する注意点2:性犯罪に注意する

続いてご紹介するドバイの治安情報は、痴漢などの性犯罪に気を付けるということです。やはりどの国でもそうなのですが、女性に対する性犯罪などは男性に比べて多いです。ドバイはイスラム教徒の国でもありますので、地元の方々は肌の露出が控えめの服装になっております。ですので観光客なのかドバイ住民なのかは一目瞭然となっております。

イスラム教徒の男性たちは基本的に“女性は弱い者であり、守るべき存在”として考えているのですが、注意が必要なのは、この守るべき存在として考えられている女性がイスラム教徒の女性に対してのみということです。ですので女性の一人旅などは危険が多いですので、やめるべきでもありますし、女性同士での旅行の際にも充分注意が必要になります。

ドバイの治安に関する注意点3:スリや強盗に注意する

これも観光スポットなどでは珍しいことではないのですが、やはり置き引きやスリ、強盗などの発生率も高くなっております。東京よりもドバイの方が安全!という情報を目にしたり、耳にすることもあると思いますが、それでもやはり有名な観光スポットでもありますので、観光客を狙ったスリや強盗などがいるのも事実ですので注意が必要です。

観光する際には、必要以上の荷物を持たないことや、貴重品などを手放さないようにする注意が必要ですし、財布などを露出しておくのは危険です。また全財産を持ち歩くなどの行為は危険ですのでやめるようにしましょう。バッグなどに財布を入れて持ち歩く際には、ファスナーなどで隠せる場所に財布を入れておくのがより安全になっております。

ドバイの治安に関する注意点4:中指を立てるのは危険!

日本でも基本的に人に中指を立てるという行為は、望ましい行為ではありませんし、相手に不快感を与えるジェスチャーの一つとして知られておりますが、ドバイでは中指を立てるという行為が禁固刑などになるといわれております。中指を立てるというジェスチャーそのものが、ドバイの考えでは“わいせつ行為”にあたるとされているためです。

ですので何も知らずにドバイで相手に中指を立てるジェスチャーをしてしまうと、相手を怒らせてしまうということだけではなく、あなたが禁固刑に処されてしまうことになります。日本でも当たり前に使うジェスチャーではありませんので、注意しておくだけで使わずに済むと思いますので、ドバイへ行く際には中指を立てる行為は禁止であるということを、頭に入れておくようにしておきましょう。

ドバイの治安に関する注意点5:近隣国へむやみに行かないでおく

続いてご紹介する治安情報は、ドバイの近隣国にむやみに近づかないということです。中東のメイン観光スポットでもあるドバイなのですが、サウジアラビアやイエメンなどが隣接国としてあります。ですがサウジアラビアは治安マップでもレベル1になっておりますし、イエメンなどはレベル4の退避勧告が出ているスポットにもなっており危険です。

退避勧告というのは、立ち入ることすらやめるべきであるといわれている地域になっておりますので、誤って入ってしまった際には、どんな犯罪などに巻き込まれるかわかりません。言葉などが通じない可能性などもありますので、決して近づかず比較的安全な観光スポットとして知られている、ドバイ内のみを観光するようにするのがおすすめです。

ドバイの治安に関する注意点6:横断歩道以外での横断は禁止!

続いてご紹介するドバイの治安情報は、横断信号以外で道路の横断は禁止ということです。ドバイの交通量はとても多く、横断歩道のない場所で道路を横断するという行為そのものがとても危険な行為ではあるのですが、それ以前に横断歩道以外での横断は法律で禁止されております。そのため見つかってしまいますと罰金を払う必要がでてきます。

日本でも基本的に歩行者は横断歩道を利用して道路を渡るのがルールになっておりますが、横断歩道以外を横断したとしても法律上違反になるという事はありません。ですがドバイではそれが法律違反となってしまい罰金を支払わなくてはならなくなりますので、ご自身の安全を確保する上でも横断歩道以外の場所で道路を横断しないようにしましょう。

ドバイの治安に関する注意点7:交通事故には細心の注意が必要

続いてご紹介するドバイの治安情報は、交通事故に気を付けるべきということです。先ほどもご紹介しましたように、ドバイは交通量が多いことでも知られております。ドバイ近年とくに交通事故の発生率が増えてきており、原因としましてはやはりスピードの出しすぎや、前後の車間距離を詰めすぎてしまったことによる、交通事故が多くなっています。

ドバイ中心部などは繁華街になっていることもあり、交通量も増加しております。急な車線変更や割り込み運転なども日常茶飯事になっておりますので、渋滞などで車間距離を空けることが難しい場合もあると思いますが、いつも以上に車間距離に気を付けるなど、車の運転の際に気を付けるべき基礎的な注意点等を、再確認して運転する必要があります。

ドバイの治安に関する注意点8:写真を撮るのは基本的にNG

続いてご紹介するドバイの治安情報は、写真に関する注意事項です。インスタ映えという言葉が日本でも流行しましたし、観光スポットなどに訪れた際に思い出を残すということでも、写真を撮る機会が多くなる方も多いと思うのですが、イスラム教徒の女性は写真を撮られることを嫌う方が多く、基本的に空港や政府の機関などでは撮影自体NGです。

そのためむやみに写真を撮っていたりすると、知らず知らずのうちに現地の方々の怒りに触れてしまう可能性が高くなっております。ドバイは美しい景色も多いですし、夜景などもとても魅力的になっておりますので、写真を撮りたくなることも多いと思うのですが、写真を撮る際には撮影が大丈夫な場所であるのか確認が必要ですし、現地の方々が映るような写真を撮ることがないようにしましょう。

ドバイの治安に関する注意点9:デイラ地区には注意が必要

最後にご紹介するのはデイラ地区の治安についてです。ドバイでは基本的に治安がいい観光スポットになっているのですが、夜間に人々が活発になる傾向があり、その分夜間に女性が一人で出歩くというのは危険が伴いやすいです。中でもデイラ地区はドバイの中でも治安が少し悪いといわれており、日中等は大丈夫ですが夜間の一人歩きはやめましょう。

またドバイの中でも昔のドバイを感じることができるスポットとして、デイラ地区は観光スポットになっているので、危険といっても避けるほどの場所ではありませんし、日本人移住者の方々が多く住むマンションなどもあります。ですが風俗的なお店なども多く、露出の激しい服装の女性も多いですので、露出の激しい服装で出歩くのは控えましょう。

ドバイの治安以外の注意点1:ドバイの公休は日本とは違う

ではここからはドバイの治安情報以外での注意事項についてご紹介していきます。まず最初にご紹介するのはドバイの公休についてです。日本の公休は土曜日と日曜日となっておりまして、それにプラス祝日が入るようになっているのですが、ドバイでは金曜日と土曜日が公休となっております。そのため日本とは公休が違うので注意が必要になります。

銀行などは金曜日のみお休みになっておりますので、ドバイで銀行を訪れる予定がある場合には金曜日を避けるようにしておきましょう。また政府機関や学校などは金曜日と土曜日がお休みになっておりますので、ドバイのショッピングモールや、レジャースポットなどは金曜日、土曜日が最も混雑が予想されておりますので、注意しておきましょう。

ドバイの治安以外の注意点2:公共の場などでの飲酒は禁止

続いてご紹介する注意事項は、公共の場やビーチなどで飲酒をすることはNG!ということです。もともとイスラム教というのは飲酒自体が禁止されております。ですが観光スポットということでドバイで飲酒することができるスポットもあるのですが、お酒を楽しく飲むにはドバイの飲酒に関しての決まりごとなどを守り、正しく飲むことが大切です。

観光人向けのバーなどもありますし、お酒を飲むことが許可されているスペースなどもあるのですが、公共施設やビーチなどでの飲酒は犯罪になってしまいます。日本はビーチなどでバーベキューをしながらお酒を楽しむ姿が当たり前のようになっておりますが、ドバイではそのようなビーチの楽しみ方はできませんので、間違わないようにしてください。

ドバイの治安以外の注意点3:ゴミのポイ捨てについて

続いてご紹介する注意事項は、ゴミのポイ捨てについてです。日本でもポイ捨てはマナー違反とされておりますし、してはいけないといわれていることなのですが、ドバイでは罰金などを払わなくてはならなくなります。環境維持、景観維持のためにもゴミのポイ捨てに関する法律が厳しくなっておりますので、より一層注意しておくようにしましょう。

自分で出したゴミは自分でゴミ箱に捨てる、というのは人としてのマナーでも大切ですし、これからもドバイがよりきれいな観光スポットであるためにも、ゴミのポイ捨てなどは絶対にしないようにしましょう。またわざとではなくてもカバンなどからゴミが落ちることなどもありますので、ゴミが落ちないように工夫してゴミ箱まで持ち運びましょう。

ドバイの治安以外の注意点4:ラマダンという時期や気温について

続いてご紹介するのはラマダンというドバイの風習や、ドバイの気温についてです。ラマダンとはイスラム教の教えの一つといわれているもので、日中は断食するという風習があります。毎日ラマダンが行われているわけではなく、その年によってかわるラマダンの時期のみ日中は断食しておりますので、ラマダン期間中に観光する際には人目に触れる場所で飲食するのを避けるようにしておきましょう。

なおラマダン期間中の日中などでもレストランなどの飲食店は、営業していますので観光客の方々などは自由に飲食をすることは可能です。ですがイスラム教徒の方々は断食しておりますし、ホテルなどでひっそりと食べておくのが安全です。ラマダン期間中はドバイの方々の生活リズムが基本的に昼夜逆転になっておりますので注意しておきましょう。

またドバイの気温についてなのですが、ドバイは年間の半分以上が40℃を超えるような暑さに見舞われることが多いです。そのため服装などにも注意が必要ですし、女性の場合はとくに紫外線対策なども必要になります。一年中暑い国として考えておくのがおすすめで、観光におすすめのシーズンは11月から3月あたりまでとなっております。

ドバイの治安以外の注意点5:公共交通機関を利用する際のマナー

最後にご紹介する注意事項は、電車などの公共交通機関でのマナーについてです。座席に座ったまま居眠りしている方の姿を、日本では当たり前のように見かけるものですが、実はドバイではこれはマナー違反になっております。罰金などを払わないといけない場合もあるので注意が必要です。座席や窓などの破損はもちろんのこと飲食も禁止になります。

またもちろんのこと飲酒などはNGになっておりますし、座席に足を上げるという行為も禁止です。また唾を吐いたり、電車内などを散らかす行為なども禁止になっております。ですが女性や子供の方専用の車両がどの電車にもありますので、女性やお子様に優しいのもドバイの特徴です。ルールを守って電車などを利用するようにしておきましょう。

ドバイ観光でおすすめの服装について

では最後にドバイ観光の際におすすめの男女別の服装についてご紹介していきます。夜のドバイ観光におすすめの服装から、日中のドバイ観光におすすめの服装までありますので、ぜひドバイ観光を楽しむ際には参考にされてみてください。ドバイの暑い気温の中でも楽しむためには日焼け対策や服装などもとても大切なポイントになっていきます。

男性おすすめの服装

11月から4月にかけて観光される場合には、半袖に短パンなどでも大丈夫なのですが、夜景などを楽しむ際のためにも薄手の羽織れるアイテムがあると便利になっております。またこの時期は雨が降ることも考えられますので、雨対策の一つとして羽織りものを用意しておくのは便利です。またタンクトップなどでの観光は控えるようにしましょう。

女性おすすめの服装

続いては女性のおすすめの服装についてご紹介していきます。女性の場合はとくになのですが、露出の少ない服装を選ぶのがおすすめになっております。キャミソールやタンクトップはもちろんのこと、腹見せなども避けた方がいいですし、肩や背中や胸元などを露出するのも控えた方いいです。また夜景を楽しむ際の上着などがあると便利になります。

ドバイの治安を把握してドバイ観光を楽しむ!

いかがでしたでしょうか。今回はドバイの治安についてご紹介するとともに、ドバイでのマナーや治安以外の注意事項、ドバイ観光の際におすすめの服装などをご紹介しました。ドバイは比較的治安も安心できる観光スポットになっておりますので、ぜひ上記を参考にして服装などを考え、ドバイ観光を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード