北海道の花粉症の症状を徹底調査!アレルギー発生時期や原因は?

北海道と本州では季節も気候も異なるので、花粉症の本州とは異なります。北海道に花粉症はないと思って旅行したら花粉症で楽しめない!ということにならないためにも一度よく確認してみましょう。楽しい旅行が楽しめるように、備えあれば憂いなしです。

北海道の花粉症の症状を徹底調査!アレルギー発生時期や原因は?のイメージ

目次

  1. 1「北海道では花粉症はない」は嘘?本当?
  2. 2北海道の花粉症の種類は?
  3. 3北海道の花粉症の種類1「シラカバ」
  4. 4シラカバ花粉症の症状
  5. 5北海道の花粉症の種類2「カモガヤ」
  6. 6カモガヤ花粉症の症状
  7. 7北海道の花粉症の種類3「ヨモギ」
  8. 8ヨモギ花粉症の症状
  9. 9北海道の花粉症の種類4「ハンノキ」
  10. 10ハンノキ花粉症の症状
  11. 11北海道の季節ごとに注意するべき花粉は?
  12. 12北海道で花粉症になってしまった場合の病院
  13. 13北海道で花粉症になってしまった場合自分でできること
  14. 14北海道の花粉症を正しく知れば大丈夫!

「北海道では花粉症はない」は嘘?本当?

12357493 1494536054183888 1410903720 n
hokkaidotabi

北海道は本州とは気候が異なるので、「花粉症は存在しない」そう思っていませんか?でも実はそれは大きな間違いです。本州と北海道は気候も違うのでそう思いがちですが、本州とは異なる花粉症が存在しています。そのため普段本州で生活している人が北海道で花粉症発生ということもありえるようです。旅行や出張前に一度確認してみましょう。

北海道の花粉症の種類は?

12558688 1668784930071035 996213095 n
102sakurachan

北海道と本州の花粉症の種類が異なると言っても、いったいどんな花粉症が北海道には存在しているのでしょうか。北海道での三大花粉症ともいわれる花粉症の種類は次の三つです。シラカバ、カモガヤ、ヨモギ。そしてハンノキも要注意です。ハンノキ花粉症とは聞きなれないですが、北海道では主流の花粉症です。

22580802 1975838102699404 1179712252173877248 n
nimu.nimuco

逆に本州で猛威を振るうスギ花粉やヒノキ花粉は北海道では植林が行われていないため少なめです。とはいえ、修学旅行生も訪れたりと観光地としても有名な函館などではスギ花粉も勢力圏内なので注意が必要です。次からは北海道特有の花粉症をひとつずつ種類別に見ていきましょう。

北海道の花粉症の種類1「シラカバ」

23823505 1345718028889531 6412725140336934912 n
hanahiroi

春から初夏にかけてが要注意な時期です。3月~7月ごろ、観光に適した時期に猛威を振るっています。本州ではあまりお目にかかることのない樹木種ですが涼しい北海道ではよく見かけます。特に昼過ぎと夕方に飛散量が増加傾向にあるというのでその時間のお出かけには注意が必要そうです。

22582354 161394707780701 7917244049457676288 n
hidekazutonosaki

二回も花粉をばらまくのは、花粉の元になる雄花が気温があがる昼に開き始め、寒くなってくる夜になると、空気の流れが下になり、空気中に舞っている花粉が下に降りてくるからだそうです。二回もあるなんて辛いですが、なるべくこの時間を避けて外出するだけでもだいぶ変わりそうですね。

本州ではなかなか見ることがないかもしれませんが、このようなつり下がった状態でなっています。これが開くことによって花粉が飛散します。北海道散策をしてみれば、意外と街中で見かけることも多いのではないでしょうか。このような状態を見つけたら、なるべく避けて歩くようにしてみましょう。

シラカバ花粉症の症状

24845994 527357600966003 1557022775485399040 n
tokonogoma44

シラカバ花粉症にかかってしまうと、果物類を食べるときに口の中が痒くなるなどの症状が特徴です。北海道に移住した人が突然果物が食べれなくなるなどの原因はこの花粉症によるものです。北海道に引っ越したら、急にりんごやさくらんぼなどの果物がのどを通らなくなったという方もいるように北海道では主要な花粉症の一つとなっています。

北海道の花粉症の種類2「カモガヤ」

21819967 132702247364310 4248680459220811776 n
mi.mi_mi.wa

カモガヤ花粉症は、スギやヒノキと比べて認知度が低い花粉症ですが、認知度が低いために風邪やただの体調不良と勘違いしている人が多いようです。カモガヤ花粉症は対処法をきちんとすればぐっと症状を緩和させることができるので治療法とともに見ていきましょう。

26185050 376820219444992 6379518128241508352 n
roxyh82

口腔アレルギーの併発が多いシラカバ花粉症ですが、かかってから長ければ長いほど果物アレルギーになりやすいという事実があります。リンゴ、サクランボなどに加え、特にビワがひどい症状を引き起こすことで知られ、ひどいときには呼吸困難になることもあり得るそうです。シラカバ花粉症かな?と感じたら果物の摂取は控えてみてください。

25022718 2136332256589688 317302129310040064 n
ju.liciously

これらの原因はシラカバ花粉症を引き起こすたんぱく質が果物の中に含まれている成分と似ているから起こるそうです。そのため、どうしても果物を食べたい時にはリンゴジュースやアップルパイなど熱を通したものを選んでみましょう。これらのたんぱく質は熱に弱いため加熱することで壊れ、アレルギーの症状が出にくくなるためです。

カモガヤ花粉症の症状

18947658 2306342586257776 1819873670194003968 n
m_ken1900

症状はくしゃみ・鼻水がとまらない、咳がとまらない、目の痒み、微熱、頭が重い、耳や肌が痒い、そしてとにかく眠い、胃腸の調子が悪いと様々です。特に眠い、という症状から五月病と勘違いされることも。対処法としては他の花粉と比べてカモガヤ花粉は遠くまで飛散しないので近づかないことが第一です。

25039030 313656039149872 1589665652216430592 n
backeroom

また、カモガヤはイネ科の植物ですので同じイネ科の食物を摂取することで重症化するともいわれています。カモガヤ花粉症かも?と感じたら病院で診てもらいはっきりするまでは小麦などの摂取を控えたほうが良いでしょう。パスタやパンなど日常的に摂取する食物ですが原因がはっきりするまでは食べることを控えましょう。

北海道の花粉症の種類3「ヨモギ」

24274256 130221190990887 2592725723412168704 n
osakana2017

秋の飛散時期に猛威を振るう、ヨモギ。ヨモギはいたるところで見かけ、食生活にも多いに関係がある植物ですが、意外と花粉症につながると知っている人は少ないのではないでしょうか。スギやヒノキとは異なり高いところから飛散するわけではないので、花粉の飛ぶ距離は短めです。

ヨモギ花粉症の症状

11098467 1379606049035007 1151526018 n
ayumiyiz

ヨモギ花粉症の症状は咳やのどの痛み、肌の痒みなどがあげられます。カモガヤ花粉症と同じく、食物アレルギーにも注意しましょう。また前述したとおり、花粉の飛ぶ距離は短いのでヨモギアレルギーの可能性がある場合はヨモギの生育している場所には近づかないように気を付けてください。

26070517 103295337138542 6519015324531032064 n
pemk.pemk

また同時にヨモギ花粉症は口腔アレルギーを発生させる可能性がありますのでそちらも注意が必要です。ヨモギと似ている成分が含まれている食物に対し、体がアレルギー物質と勘違いし、攻撃をはじめてしまい反応として表れてしまいます。身近な植物ヨモギがそんなアレルギーを併発させるなんて意外ですよね。

19984905 457529637948198 1803590938073759744 n
peelandherb

具体的にはトマト・セロリ・人参・ピーナッツ・キウイ・ジャガイモなどです。口の中がイガイガしたりするなど症状がでたらとにかくその食物を口にしないことが大切です。治療法が残念ながらありませんので何を食べたらその症状が出たのか、病院に行く際は答えられるようにしておきましょう。

北海道の花粉症の種類4「ハンノキ」

1516835 616844751686597 1634168067 n
terrakenny

ハンノキ花粉症は北海道にシラカバと同じく多い花粉症の一つです。北海道ではピークは3月頃で、本州でも北海道程ではありませんが12月~2月にかけて見られます。ハンノキと聞くとどんな植物だろう?と思いますが、写真を見てみると、見たことある!となる方も多いのではないでしょうか。

ハンノキ花粉症の症状

23969972 2002370123333764 2683550477697679360 n
miharun0217

ハンノキの見た目がかわいらしく意外にもリースやスワッグなどに使用されている場合が多いため、植物を家に飾る習慣のある方も購入前に確認をしてみてください。ハンノキ花粉症の症状は鼻づまり、目の痒み、くしゃみなど花粉症特有の症状です。ひどいのに放っておくと咳喘息へとなる可能性がありますので咳がひどくなる前に受診しましょう。

北海道の季節ごとに注意するべき花粉は?

24274333 766390750216765 3970172712206204928 n
moe.04.29

北海道で季節ことに注意すべき花粉をまとめてみました。シラカバ3月~7月(初夏)、カモガヤ5月~8月、ヨモギ6月~9月(秋)ハンノキ3月~4月です。本州と比べると、花粉の飛散する時期が短いこと、ヨモギなどは飛散距離もスギ花粉と比べれば短いので花粉症でも避けようと思えば避けられるのが大きなメリットです。

12338463 996890410356486 476647183 n
hokkaidotabi

北海道は本州と比べても冷淡な気候で、夏の期間が短めです。冬になると花粉症の時期が終わるので、北海道では花粉症が少ない理由となっています。イネ科の花粉症はカモガヤ花粉症が北海道での代表例ですが、カモガヤ花粉症にかかってしまうとその他のイネ科の花粉症にもかかる可能性があるそうなので注意が必要です。

北海道で花粉症になってしまった場合の病院

18160984 1340859215989929 1101677390804811776 n
kokura_memorial_hospital

何度も強調しますが北海道と本州の花粉症は種類も時期も異なるため、北海道で花粉症になったかな?と感じた場合は北海道の病院での受診をお勧めします。スギ花粉症の方でも北海道で花粉症の症状が出た際は病院に行ってみましょう。北海道の病院のほうが北海道での花粉症の症状や緩和方法について詳しいからです。特に有名なのがこの2つです。

26073301 1350680055041797 4485013199346728960 n
passagebois

1つは旭川地区で初めて花粉飛散の実態調査を行った医師がいるたかはし耳鼻咽喉科アレルギー科クリニック。2つ目は、花粉症によるアレルギー鼻炎治療の第一人者である白崎英明先生が勤務している札幌医科大学付属病院です。とはいえ、旅行先や出張先が旭川や札幌とは限りませんのでお近くの病院にまずは駆け込んでみましょう。

北海道で花粉症になってしまった場合自分でできること

25012565 414435132309921 5044736790515154944 n
hanaworks

これは北海道限定の花粉症に限らず、スギ花粉症の方も同じなのですが、花粉症は花粉の飛び始めから治療を始める初期療法が有効といわれています。そのため花粉症かな?と感じたら病院に行くのが一番ですが、北海道の花粉カレンダーを確認したり、出かける際にはマスクを使用することが自己防衛手段として取れそうです。

北海道の花粉症を正しく知れば大丈夫!

12339060 197556627248596 884134498 n
hokkaidotabi

いかがでしたか?意外と身近なつもりで知らない、北海道特有の花粉症。とはいえスギ花粉症の方も油断は禁物。本州とは種類も異なりますし、一度かかってしまうとつらい花粉症ですが、事前に時期や症状を知ることで避けることも可能になります。楽しい旅行を辛い花粉症のためにキャンセルなんてしないように、ぜひ事前に確認してみてくださいね。

Thumb北海道で岬めぐり!最南端から最北端までおすすめの名所を観光!
広大な北海道には、海に囲まれているため、数多くの岬があります。最北端の宗谷岬はもちろん、地球...

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
omshantiom

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ