ジンバブエの観光情報まとめ!通貨や治安・気候は?見どころスポットも!

ジンバブエはアフリカ南部にある内陸国です。日本ではあまり知られていませんが、世界遺産に登録された遺跡や国立公園があり、アフリカの大自然を楽しめます。ここではジンバブエの通貨、治安、気候、見どころなど観光情報を紹介しましょう!

ジンバブエの観光情報まとめ!通貨や治安・気候は?見どころスポットも!のイメージ

目次

  1. 1ジンバブエの観光情報をご紹介!
  2. 2ジンバブエってどんな国?
  3. 3ジンバブエの気候は?
  4. 4ジンバブエの通貨は?
  5. 5ジンバブエの治安は?
  6. 6ジンバブエの見どころ1:ビクトリアの滝
  7. 7ジンバブエの見どころ2:グレート・ジンバブエ遺跡
  8. 8ジンバブエの見どころ3:カミ遺跡
  9. 9ジンバブエの見どころ4:ワンゲ国立公園
  10. 10ジンバブエの見どころ5:マナ・プールズ国立公園
  11. 11ジンバブエの見どころ6:マトボ国立公園
  12. 12ジンバブエの見どころ7:カリバ湖
  13. 13ジンバブエの見どころ8:自然史博物館
  14. 14ジンバブエの見どころ9:ブラワヨ鉄道博物館
  15. 15ジンバブエの見どころ10:チノイ洞窟
  16. 16ジンバブエの見どころ11:ワイルドイズライフ
  17. 17ジンバブエの見どころ12:チベロ湖レクリエーション公園
  18. 18ジンバブエへ観光に行こう!

ジンバブエの観光情報をご紹介!

アフリカにあるジンバブエは自然豊かな国です。2009年までハイパーインフレーションにより治安が悪化していましたが、現在では落ち着いており観光もしやすくなりました。世界遺産など界遺産など見所も多く、アフリカの中でも魅力的な国です。ここではジンバブエの治安、通貨、気候、観光スポットなどについて紹介します。

ジンバブエってどんな国?

ジンバブエはアフリカ南部にある共和国です。日本よりやや広い国土に、東京都よりやや多い約1615万人の人が住んでいます。首都はハラレで、英語、ショナ語、ンデベレ語が公用語です。モザンビーク、南アフリカ、ボツワナ、ザンビアと国境を接する内陸国で、ザンビアとの国境に有名なビクトリアの滝があります。

第一次世界大戦後はイギリスの植民地でしたが、1965年に白人中心のローデシア共和国となり、その後独立戦争を経て1980年から黒人主導のジンバブエ共和国となっています。自然豊かな国で、世界遺産や自然を満喫できる名所や遺跡など多くの観光スポットがあります。国民性は真面目で、穏やかな気性の人が多いといわれています。

ジンバブエの気候は?

ジンバブエの気候は亜熱帯のサバンナ気候ですが、高地にあるため過ごしやすく湿度もあまり高くありません。ジンバブエは南半球にあるため、気候は日本と反対になります。冬季の5~8月の気候は平均気温が15~20度どなり、雨も少なく快適な気候となります。ジンバブエを訪れるベストシーズンといえるでしょう。

11月~3月は夏の気候となり、最も暑い10月は30度まで気温があがります。夏の平均気温は25~30度で、ジンバブエの東部以外は降水量もあまり多くありません。ビクトリアの滝を訪れる最も気候がいい時期は6月~8月となります。高原にあるため朝晩は冷えこむので、夏でも軽い防寒具があるといいでしょう。紫外線対策も忘れずに。

ジンバブエの通貨は?

ジンバブエは1990年代後半からハイパーインフレーションが起こり、2008年にはインフレ率が200万%にも達するという事態に陥りました。ジンバブエの通貨、ジンバブエ・ドルは事実上価値を失い、ジンバブエの自国通貨は2015年に廃止が決まりました。その際の両替レートは1ドル=3京5千兆ジンバブエ・ドルにもなりました。

ジンバブエの自国通貨の廃止にともない、政府はポンドや米ドル、日本円、南アフリカの通貨ランド、さらに中国通貨の元など9種類を法定通貨として定めています。実際には米ドルが主流の通貨となっていて、ジンバブエを訪れる際には米ドルを用意します。小額紙幣の米ドル通貨が使いやすいでしょう。クレジットカートはほとんど使えません。

ジンバブエの治安は?

ジンバブエは経済が悪化した1990年代後半から2008年までは、治安が悪く観光がしにくい状態でした。しかし現在では、ジンバブエのほとんどの観光名所に行かれるほど治安が回復しています。政府は観光に力を入れており、ビクトリアの滝などの観光名所は警備が徹底していて治安が保たれています。

ジンバブエへは欧米からも観光客が多く訪れ、治安が回復しつつあります。しかし、治安への対策は必須です。スリや置き引きに注意する、目立つ格好はしない、高価なものは身に付けないなど旅の基本は守りましょう。外国人を狙った犯罪も多く起こっているので、治安が回復しているからといって安心しないようにしましょう。

ジンバブエの見どころ1:ビクトリアの滝

ここからはジンバブエの観光名所を紹介しましょう。ビクトリアの滝は、ナイヤガラ、イグアスと並ぶ世界三大瀑布の1つです。ザンビアとジンバブエの国境に位置し、世界遺産に登録されています。最大幅は約1700m、最大落差は108mもあり、大量に流れ落ちる滝の光景は圧巻。30km先からも水煙が見えると言われています。

ビクトリアの滝は、2016年に周囲が大々的に整備され、訪れやすくなりました。滝壺のすぐ近くまで行くことができ、水しぶきを浴びることもできます。運がよければ滝にかかる虹を見ることも。ビクトリアの滝は1年を通じて楽しむことができますが、3月下旬の雨季から水量が多くなり、ベストシーズンは6月~8月です。

ジンバブエの見どころ2:グレート・ジンバブエ遺跡

続いて紹介するグレート・ジンバブエ遺跡は、世界遺産にも登録されている大規模な石の遺跡です。1.5km四方のエリアに、巨大な天然の岩と人工の石積みが組み合わさって作られています。首都ハラレから南方300kmのところに位置していて、ジンバブエの名所の1つ。完成度が非常に高く、高度な技術を持っていたことが分かります。

ジンバブエとはショナ語で「石の王宮」という意味で、国名はこの遺跡に由来します。現在は巨大な王国の遺跡と推定されていますが、詳しいことは分かっていません。中央には王の住居と思われる跡があり、神殿跡、大囲壁、谷の遺跡などが発見されています。隙間なく積まれた石の壁、トンネル、塔なども見ることができ、人気の観光名所です。

ジンバブエの見どころ3:カミ遺跡

続いて紹介するカミ遺跡も世界遺産に登録されている遺跡です。ジンバブエ高原の西部、標高1000mに位置するカミ川の西側にある石像建築遺跡。この地域には10万年前から多くの民族が生活をしていましたが、この遺跡は15世紀中頃から17世紀頃まで栄えたトルワ国の首都と言われています。石を正確に積み上げ、細部に装飾が施されています。

カミ遺跡からは中国製の青磁と白磁や、ドイツやポルトガルの陶磁器、スペインの皿なども発掘されていて、この都市が外国とも盛んに交易を行っていたことが分かります。建築物はグレート・ジンバブエ遺跡のものと似ていますが、より発展したものとなっています。歴史が好きな人におすすめの観光名所です。

ジンバブエの見どころ4:ワンゲ国立公園

ここからは、ジンバブエの自然を紹介しましょう。ワンゲ国立公園はジンバブエの中で最大の国立公園で、かつアフリカの中で最古の動物保護区です。1万5000平方mという広大な土地には、人工の水場なども作られていて集まって来る野生動物を観察することができます。ライオン、ヒョウ、アフリカゾウなど多くの動物が生息しています。

ワンゲ国立公園は肉食系の動物は少ないのですが、7万頭とも言われるアフリカゾウが生息しています。その他、珍しい動物としてはワイルドドック、シロサイ、クロサイ、セーブルアンテロープなども見られます。ビクトリアの滝から車で約2時間の距離にあるので、組み合わせて観光するのもおすすめです。

ジンバブエの見どころ5:マナ・プールズ国立公園

tc_worldtravellerさんの投稿
31463279 919141338265404 6277170023945469952 n

次に紹介するジンバブエの見どころはマナ・プールズ国立公園です。ジンバブエの北部、ザンベジ川を国境としてザンビアのロウワー・ザンベジ国立公園と接しています。1984年に世界遺産に登録された国立公園で、豊かな自然の中で多くの野生動物や野鳥を観察することができます。乾季には水場を求めて移動する動物が見られます。

sunsafarisさんの投稿
31556600 218557272242350 8810478057388244992 n

乾季にはゾウやカバ、ワニ、バッファローなどが見られ、アフリカの中でも大型哺乳類が集まる地域としては最大級。この季節には観光客も多くなるので、ゆっくりとサファリを楽しみたい人は時期をずらすのもおすすめです。車でのサファリの他、ウォーキングサファリやカヌーサファリも楽しめ、アフリカの大自然を満喫できます。

ジンバブエの見どころ6:マトボ国立公園

次に紹介するジンバブエの見どころは、ジンバブエ南部に広がるマトボ国立公園です。2003年に世界遺産に登録されたこの国立公園は、アフリカ屈指の大パノラマの絶景を楽しめるスポットとして人気があります。花崗岩でできた小さな丘と木々の覆われた谷が続き、丘の上からはアフリカの大自然を満喫できます。

公園内には約3000点のサン人の岩絵群が残されていて、ジンバブエの見どころになっています。また、開拓者セシル・ローズのお墓があることでも知られています。広大なサバンナにはサイやキリン、シマウマ、ヒョウなどが生息していて、特にレオパードの密集度が世界最大規模とも言われています。道中、野性動物に出逢えるかもしれません。

ジンバブエの見どころ7:カリバ湖

次に紹介するジンバブエの見どころはカリバ湖です。ジンバブエの南部、ザンベジ川中流に作られた人造湖で、人造湖の中では世界で4番め、アフリカの中でも2番めに大きなものです。長さ220km、幅40kmもあり、周辺には多くの野生動物が生息しています。また、湖の回りはリゾート地になっていて、宿泊施設も並んでいます。

カリバ湖では、車でのサファリの他にボートサファリが楽しめます。ボートからはバッファローやカバ、ワニなど水辺に住む野生動物を間近に見ることができます。ボートを貸し切ってプライベートで楽しむこともでき、ジンバブエでの人気がある見どころの1つです。特に、ボートから見る夕日は絶景です。

ジンバブエの見どころ8:自然史博物館

ndebelesconnectさんの投稿
30590962 207940719794648 6618382914797174784 n

続いて紹介するのは、ジンバブエの南西部に位置する同国第2位の都市、ブラワヨにある自然史博物館です。南部アフリカで最高の博物館とも言われており、充実した展示が見どころです。特に動物の剥製を使ったジオラマが観光客に人気があり、作り物とは思えないほど完成度が高い作品です。ゆっくりと回ると半日は必要でしょう。

chuckiethebeさんの投稿
17076339 756373677862625 3376395918780661760 n

リアルな動物の剥製や恐竜の化石、ブラワヨ周辺に住む昆虫や植物の標本なども展示されていて、ジンバブエの自然について詳しく知ることができます。説明は英語のみとなっていますが、展示を見るだけでも楽しめます。動物界の弱肉強食の世界も展示されていて、日本では体験できないものとなっています。

ジンバブエの見どころ9:ブラワヨ鉄道博物館

ジンバブエ第2の都市、ブラワヨの名所をもう1つ紹介しましょう。ラワヨ鉄道博物館は、鉄道好きにはたまらない観光スポットです。植民地時代からジンバブエの各地を走っていた蒸気機関車や当時の切符売り場、駅舎などをそのまま保存し、観光客に公開している施設です。当時の様子がわかり、とても興味深い展示です。

ジンバブエは鉄道網が発達しているため、展示されている車両もバラエティに富んでいます。今では見ることができない貴重な車両も展示されているので、鉄道ファンでなくてもとても楽しめるスポットです。植民地時代の象徴とも言われるセシル・ローズが使用していた豪華な車両も展示されていて、アフリカの歴史を知ることができます。

ジンバブエの見どころ10:チノイ洞窟

japanese_dog_hanaさんの投稿
18251373 956994751110267 4022119559967277056 n

世界のあちらこちらに「青の洞窟」と呼ばれるスポットがありますが、海のないジンバブエにも「青の洞窟」と呼ばれる場所があります。チノイ洞窟は首都ハラレの北西約140kmに位置し、神秘的な青さを見せる不思議なスポットです。この洞窟はスキューバーダイビングをすることもでき、水の中から青い世界を楽しめます。

japanese_dog_hanaさんの投稿
18299566 1918355058408295 7270141844028129280 n

水の透明度は驚くほどよく、ここがアフリカの内陸であることを忘れてしまいそうです。水深は90m以上あり、水温は年間を通して22度くらいです。ハラレからはバスを乗り継いで行くため時間がかかるので、余裕がある人におすすめの見どころです。機会があったらぜひ、神秘の洞窟を訪れてみてください。

ジンバブエの見どころ11:ワイルドイズライフ

wild_is_lifeさんの投稿
10832068 1513519908899484 623746669 n

ここからは首都ハラレ周辺の観光スポットを紹介しましょう。ワイルドイズライフは、ハラレ空港から車で3分という好ロケーションにあります。野性動物を保護している施設で、傷ついた動物の世話をし野生に返しています。野性動物の命の大切さについて知ることができるスポットで、特に家族連れに人気があります。

wild_is_lifeさんの投稿
10817779 380230268793298 758787341 n

ここでは傷ついたゾウのリハビリの様子を見ることもできます。また「センザンコウ」という体が鱗で覆われた珍獣も飼育されていて、運がよければ近くで見ることができます。園内では、ハラレならではのローカルフードも楽しめ、外国人観光客に人気のスポットです。来園には予約が必要なので忘れずに予約をしてください。

ジンバブエの見どころ12:チベロ湖レクリエーション公園

matt_austenさんの投稿
28765177 264984897375143 9178676055962025984 n

チベロ湖レクリエーション公園は首都ハラレ郊外にあるリゾート地。穏やかな公園が広がり、観光客や地元の人のデートスポットとして人気があります。乗馬、ハイキング、ボート遊び、釣りなどいろいろなアクティビティが楽しめます。園内にはインパラやしまうま、イボイノシシ、キリンなどジンバブエらしい動物の姿も見られます。

sharonmasibandaさんの投稿
25010565 179115119490679 8577643645434331136 n

ジンバブエでは、乗馬は比較的安い料金で楽しめるので、こちらの公園に来たらチャレンジしてみるのもおすすめです。遊具もあり、子供達も楽しく過ごすことができます。午後からは混み合うので、訪れる際は午前中がおすすめ。ジンバブエで体を動かしたくなったら、ぜひ訪れてみてください。

ジンバブエへ観光に行こう!

ジンバブエは自然に恵まれた豊かな国です。日本ではまだあまり知られていませんが、ビクトリアの滝やマナ・プールズ国立公園など見どころも多く、世界中から多くの観光客が訪れます。ここでは、ジンバブエの気候や治安、通貨、観光スポットなどについて紹介しました。訪れる際は治安に注意し、楽しい旅にしてください。

Original
この記事のライター
Momoko