箱根・早雲寺の御朱印やアクセスをまとめて紹介!桜の見頃もチェック!

箱根には多くの寺があります。「早雲寺」はその一つであり、戦国武将として良く知られている北条早雲の菩提寺としても有名です。桜がきれいであると評判であり、御朱印を頂くこともできる寺です。「早雲寺」について、情報をピックアップしました。

箱根・早雲寺の御朱印やアクセスをまとめて紹介!桜の見頃もチェック!のイメージ

目次

  1. 1「早雲寺」へ行ってみよう!
  2. 2「早雲寺」とはどのようなところ?
  3. 3「早雲寺」へのアクセス情報
  4. 4「早雲寺」の駐車場情報
  5. 5「早雲寺」の観光情報
  6. 6「早雲寺」の歴史
  7. 7北条早雲とはどのような武将?
  8. 8「早雲寺」のみどころ1.鐘楼
  9. 9「早雲寺」のみどころ2.北条氏五代の墓
  10. 10「早雲寺」の桜はおすすめスポット
  11. 11「早雲寺」で御朱印を頂こう
  12. 12「早雲寺」はおすすめパワースポット!

「早雲寺」へ行ってみよう!

「早雲寺」は神奈川県の箱根で、この地方の戦国武将として有名である北条早雲の菩提寺として大切にされています。春には桜がきれいで多くの人が参拝に訪れます。御朱印を頂くことができる寺の一つでもあり、御朱印巡りをしている人にもおすすめです。「早雲寺」について、アクセスや駐車場などの観光情報とあわせて紹介します。

「早雲寺」とはどのようなところ?

mkpt222さんの投稿
30076671 167385600632596 734102149604048896 n

「早雲寺」は神奈川県足柄下郡箱根湯本にある臨済宗大徳寺派の寺の一つです。山号を金湯山と言い、御本尊は釈迦如来座像です。箱根の古刹であり、多くの参拝客が訪れるスポットです。戦国武将である北条早雲の遺命によって創建されたとされていて、代々の北条家の菩提寺として大変大切にされている場所です。境内には北条氏五代の墓があります。

yamasaki_masahiroさんの投稿
31310865 165071577495241 7623049286581747712 n

「早雲寺」には北条氏綱・氏康の肖像画をはじめさまざまな絵などが保存されていて、県の文化財に指定されています。普段は外観しか見学することができませんが、特別公開の時期だけ見ることができます。庭園も素晴らしいと評判です。また、境内にあるしだれ桜は大変立派で、春には多くの人が見学に訪れます。御朱印を頂くこともできる寺です。

Thumb箱根にある桜の名所といえば?おすすめの祭りや見頃をまとめて紹介!
箱根は地域により開花時期が違います。遅い地域は例年GW頃ですが、2018年は早い開花でした。...

「早雲寺」へのアクセス情報

kazu_juniorさんの投稿
30084132 216982362389068 923882409223520256 n

「早雲寺」に電車でアクセスする場合は、箱根登山鉄道の「箱根湯本駅」で降りて徒歩約15分でアクセスすることができます。または「箱根湯本駅」から箱根登山バスに乗り換えて約2分の「早雲公園前バス停」で降りるとすぐアクセスすることができます。箱根の旧東海道沿いにある、分かりやすい場所にある寺でアクセスしやすいです。

nyanko.mariさんの投稿
17881799 1471489519567911 7370609285224464384 n

「早雲寺」に車でアクセスする場合は、小田原厚木道路の「箱根口IC」で降りて国道1号線を経て「三枚橘」の交差点を左折するとアクセスすることができます。車でもアクセスしやすい場所にあり、東京都内からもちょっとしたドライブに最適なので、小さな子ども連れや年配者と一緒のファミリーなどは特に車でのアクセスをおすすめします。

Thumb箱根湯本で食べ歩き!人気のスイーツや駅チカの有名店を厳選してランキング!
箱根観光で人気の箱根湯本では、食べ歩きグルメが楽しめます。登山電車や登山バスが発着する駅前通...

「早雲寺」の駐車場情報

rei_bon_さんの投稿
29404101 185485855405910 2443871043220144128 n

「早雲寺」には、参拝者専用駐車場があり、乗用車で約10台分を利用することができます。駐車場料金は無料です。寺の都合などで駐車場が利用できない場合があります。また、桜の季節など、多くの人が訪れ、すぐに満車となってしまうこともあります。門を出たところに約16台分が駐車できる町営駐車場があるので、上手に利用すると良いです。

into._.the._.lightさんの投稿
28763263 415751292200155 643252995609329664 n

また、「箱根湯本」の駅には私営の駐車場が複数あるので、駅前の駐車場に車を停め、徒歩で箱根湯本の街を散策しながらアクセスしたり、バスを利用することも良いです。駐車場によっては台数がとても少ないところもあるので、事前に駐車場情報を調べておき、時間を上手に使うことができるようにスケジュールを組むことをおすすめします。

Thumb箱根湯本の絶品グルメ特集!おすすめランチや駅前の人気店など観光客必見!
人気観光地の箱根、その温泉郷の中で最も古くから発達し、箱根の玄関口に位置しているのが箱根湯本...

「早雲寺」の観光情報

parfait.piさんの投稿
29089874 199914740598426 7876964652154880000 n

「早雲寺」の拝観時間は、夏は5時から17時まで、冬は6時から16時までとなっています。料金は普段は無料ですが、特別公開が行われる時期のみ有料となります。「早雲寺」は、周辺には住宅もあり、北条氏の菩提寺で、地元の人も多く参拝に訪れる寺です。拝観時間内であっても節度を持って、清らかな心で参拝に訪れることが大切です。

「早雲寺」の歴史

yamamoto_muさんの投稿
28152201 332054130637024 3986574234531921920 n

北条早雲の菩提寺として有名な「早雲寺」は、大永元年(1521年)に小田原城の城主で北条家2代目の北条氏綱が父である北条早雲の遺言によって建てたことが始まりでます。京都の大徳寺から第83世以天宗清という僧を招いて開山しました。これが、「早雲寺」が北条氏の菩提寺となった始まりです。500名を超える僧がいた大変大きな寺でした。

jyoeikichiさんの投稿
27578777 518885781838517 4237984607674302464 n

北条氏は戦国時代に大変強い力を持っていたので「早雲寺」のその庇護を受け禅寺として大変有名でした。しかし、天正18年(1590年)に行われた小田原征伐では、豊臣秀吉がこの寺に本陣を置いたとされています。しかし新しく石垣山城が築かれると、「早雲寺」やその一帯は焼き払われてしまいました。北条氏は小田原征伐により滅ぼされました。

jyoeikichiさんの投稿
27575819 151679462216270 5565705328403677184 n

小田原征伐で北条氏が滅びた後、庇護を受けていた「早雲寺」は再建されることもなくどんどんと荒廃していってしまいました。しかし、江戸時代となった寛永4年(1627年)に、十七世菊径宗存という僧により再建が実現しました。慶安元年(1648年)には徳川幕府三代将軍の徳川家光から朱印状を与えられ、本格的に復興することとなりました。

jyoeikichiさんの投稿
27891604 1695845613827258 3615376398870380544 n

「早雲寺」で現在見ることができる建物などが再建されたのは家光から朱印状を受けた後のことでした。境内で現在見ることができる北条氏五代の墓は、寛文12年(1672年)に北条家の子孫であり狭山藩の北条家5代目当主であった北条氏治によって北条早雲の命日である8月15日に建てられた供養塔です。このような経緯で北条家の菩提寺となりました。

北条早雲とはどのような武将?

jyoeikichiさんの投稿
27574482 1796789963726789 4541888908627017728 n

「早雲寺」が北条家の菩提寺となった始まりの「北条早雲」は、戦国時代の初期に活躍した戦国武将の一人です。出自である伊勢から伊勢盛時の別名でも知られていて、前半生は分からないことも多い武将でもあります。応仁の乱では今川義忠について将軍警護をつとめ、東軍に属し戦いました。その後、早雲は将軍の親衛隊などになり活躍しました。

jyoeikichiさんの投稿
27877665 348632675618574 1446986847233245184 n

今川家の家督争いとなると早雲は駿河の国へ行きそれを解決し現在の沼津市にある興国寺城(こうこくじじょう)の城主となりました。その後韮山城などに居城を移し、さらに功績を立て小田原城に城を築きました。そして関東をさらに平定し、領地を拡大していき活躍しました。早雲は88歳で亡くなりました。死の前年から虎の印判状を用いていました。

「早雲寺」のみどころ1.鐘楼

helloaliveさんの投稿
26066653 120259912109774 8243418189631848448 n

「早雲寺」は普段は外観のみ拝観することができます。普段見ることができる場所の一つに「鐘楼」があります。現在見ることができる早雲寺の鐘楼は江戸時代の後期に再建されたもので、茅葺入母屋風の作りになっています。その中につるされている梵鐘は、鎌倉時代の末期の元徳2年(1330年)に作られたものだとされています。県の重要文化財です。

saburoubyoueさんの投稿
23733643 301457313690955 3801140902722797568 n

「早雲寺」の鐘楼の梵鐘は、豊臣秀吉が小田原攻めの時に「石垣山一夜城」で使用したものであるとされています。大変歴史を感じることができる場所です。その他にも本堂も箱根町の文化財として指定されていて、宝暦2年(1758年)の火災で焼失した後、北条氏政の二百回忌にあわせて急いで作られたものだと言われています。銅葺入母屋造の建物です。

「早雲寺」のみどころ2.北条氏五代の墓

yamamoto_muさんの投稿
26263878 577727465908140 271550728923774976 n

「早雲寺」の一番の奥には「北条氏五代の墓」があります。現在見ることができるのは、寛文12年(1672年)に建てられた供養塔です。本来の墓所は大変広大な寺の敷地内にありましたが、小田原征伐で焼失してから場所がはっきりとは判明はしていません。北条早雲・北条氏綱・北条氏康・北条氏政・北条氏直の五名の供養塔となっています。

johmotさんの投稿
23498416 161692514571670 1879437371871592448 n

北条家の人々は、関東の人をはじめ多くの人に大変親しまれいて、たくさんの人が「早雲寺」の「北条氏五代の墓」に参拝に訪れます。供養塔なので、もちろん地下に五名が眠っているわけではありませんが、歴史に思いを馳せることができる場所、北条家について学ぶことができる場所として人気です。厳かな気持ちで手を合わせ参拝をしてみましょう。

「早雲寺」の桜はおすすめスポット

satoo31050さんの投稿
29415647 152276598929353 238051727771697152 n

「早雲寺」は桜の名所としても有名です。境内に2本あるあるしだれ桜は大変立派であり、見頃の時期には圧巻であると評判です。鮮やかなピンク色が春の訪れを教えてくれます。その他にもソメイヨシノやオオシマザクラ、少し遅れて咲く緑色の桜の御衣黄など、多くの種類の桜があり、花見スポットとして見頃の時期には多くの参拝客で賑わいます。

nyanko.mariさんの投稿
17881966 629769067147733 5337555579013431296 n

「早雲寺」の桜の見ごろは3月中旬から4月上旬頃となっていて、桜の木の種類が多い分咲く時期がずれるので、少し長い期間桜を楽しむことができます。咲き誇る桜と歴史的建造物のコラボレーションが素晴らしいと評判です。じっくり桜を観察したり写真を撮ったりしたい人などにもおすすめのスポットです。

「早雲寺」で御朱印を頂こう

surefire_007_24さんの投稿
28435468 376136839551318 3362614592793477120 n

「早雲寺」では、御朱印を頂くことができます。本堂のすぐ右にある庫裡で頂くことができます。御朱印には右側に、参拝・月日が書かれ、左側に、相州箱根湯本・金湯山・早雲寺と書かれています。真ん中には朱色の印鑑が押され、上の印鑑には北条氏の象徴とも言える虎の絵が刻まれています。時間によってはご住職が書いてくださることもあります。

hattsan555さんの投稿
27879669 118444595587826 6257014292181155840 n

「早雲寺」には専用の御朱印帳は売っていないので、事前に自分で御朱印帳を準備しておくことをおすすめします。御朱印を武将や家柄事などに分けている人は、北条氏用の御朱印帳を準備し、他の北条氏ゆかりの場所とあわせて頂いておくと良いです。地名や県で御朱印帳を分けている人は神奈川県や箱根の御朱印帳を準備しておくと良いです。

「早雲寺」はおすすめパワースポット!

「早雲寺」は、箱根で評判の寺の一つです。北条氏ゆかりの場所であり、パワースポットとしても人気があります。桜が見事に咲くことでも知られていて、御朱印を頂くこともできます。まずはしっかり手をあわせてから、境内の散策に行くことをおすすめします。箱根に行ったら是非行ってみて欲しい場所の一つです。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
mina-a

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ