佐世保・米軍基地の一般開放『オープンベース』へ!レストランが絶品!

長崎県にある佐世保の米軍基地では、オープンベースが行われることがあります。オープンベースでは基地内の一部が一般開放され、レストランや出店、艦船見学をすることができることもあります。今回は、佐世保にある米軍基地のオープンベースについてご紹介いたします。

佐世保・米軍基地の一般開放『オープンベース』へ!レストランが絶品!のイメージ

目次

  1. 佐世保・米軍基地のオープンベースへ遊びに行こう!
  2. 佐世保の米軍基地とは?
  3. 佐世保の米軍基地にある施設
  4. オープンベースで一般開放ってどういうこと?
  5. 佐世保・米軍基地オープンベース1「入り口で簡単なチェック」
  6. 佐世保・米軍基地オープンベース2「アメリカンなレストラン」
  7. 佐世保・米軍基地オープンベース3「マクドナルドもあり」
  8. 佐世保・米軍基地オープンベース4「艦船内を見学」
  9. 佐世保・米軍基地オープンベース5「出店がいっぱい」
  10. オープンベースは日本円もOK!
  11. 佐世保の米軍基地のオープンベース日程
  12. 佐世保米軍基地へのアクセス
  13. 佐世保・米軍基地のオープンベースでアメリカ気分を満喫!

佐世保・米軍基地のオープンベースへ遊びに行こう!

長崎県の佐世保(させぼ)にある米軍基地は、普段は関係者しか立ち入ることの出来ない場所です。しかし、「オープンベース」という日には一般開放されることがあります。その日は、基地内のレストランに行くことができたり、艦船を見学することができたりする人気スポットに大変身!佐世保基地のオープンベースについて詳しくご紹介いたします。

佐世保の米軍基地とは?

米軍基地のある佐世保は、長崎県の北部に位置する都市です。長崎屈指の観光都市である佐世保は、長崎県で長崎市に次いで2位、九州でも9位と上位に位置する人口を誇る都市でもあります。人気テーマパークのハウステンボスがあるのも佐世保。ご当地グルメの佐世保バーガーも有名です。

古くから佐世保は、立地の面も相まって日本の西側を守る海軍の要のひとつとして栄えてきました。そのため、造船の街としても広く知られている地域です。そんな佐世保には、現在米軍基地がおかれています。米軍基地の中でも佐世保にあるのは、海軍の基地になります。

佐世保基地の役割は大きく分けると3つです。1つ目は、燃料である石油や弾薬を貯蔵する貯蔵庫としての役割。2つ目は、艦船の修理をする施設としての役割。3つ目は、乗組員の休養をとるための場所としての役割です。どれも後方支援を目的としているのが特徴です。

Thumb佐世保観光スポット21選!おすすめコースや人気の名所を一挙紹介!

佐世保の米軍基地にある施設

gbradshawiiiさんの投稿
31894443 1306135202821878 1065374433138442240 n

佐世保の米軍基地内には、さまざまな施設があります。例えば、燃料や弾薬の貯蔵庫や、艦船の修理をするドッグなど艦船に関する施設のほかに、射撃場などの訓練施設も存在します。また、基地で暮らすためには住宅地も必要です。そして、基地で暮らす人々のための福利厚生のための商業施設も基地内にあるのです。

佐世保の米軍基地で、商業施設が密集している地域はメインベースと呼ばれています。商業施設の中にはレストランや、日本でもおなじみのマクドナルドなどもあります。メインベースは市道を挟み、南北に分かれています。北側は特に「ニミッツパーク」といわれています。

carveza_porfavorさんの投稿
28427832 172580240053636 4583074256266461184 n

ニミッツパークの名前は、アメリカ海軍の元帥であったチェスター・ウィリアム・ニミッツ・シニアが由来だそうです。海軍元帥としての働きだけでなく、日本との関わりについての逸話も多く残る人です。ニミッツパークは、オープンベースで一般開放される機会の多い場所です。

オープンベースで一般開放ってどういうこと?

佐世保の米軍基地では、オープンベースで一般開放されることがあります。オープンベースとは、普段は軍関係者しか入ることの出来ない基地内が部分的に一般開放されることです。身分証明書の提示や、危険品持ち込みがないかなど簡単なチェックだけで誰でもオープンベースの会場に入ることができる人気の催しです。

オープンベースでは、基地内の普段の暮らしを見学することができます。例えば、基地内のレストランに行くことができたり、艦船の中を見学することができたりすることもあるようです。オープンベースは基地の敷地内が一般開放されるめったにない人気のイベントであるため、出店も数多く並びます。

佐世保・米軍基地オープンベース1「入り口で簡単なチェック」

オープンベースは、米軍基地が一般開放される貴重な機会です。そのため、入場者は全国から集まります。入場口が長蛇の列になり、なかなか入れないことも少なくないそうです。また、オープンベースでは、一般開放とはいっても、身分証明書の提示や持ち物検査、簡単なボディチェックなどが行われるのもなかなか入場できない原因のひとつです。

入場口で行われるチェックは、空港で行われるものと似ているようです。手荷物検査や、金属探知機での検査がひとりひとりに行われます。ただし、空港や日本の施設と違うアメリカンな対応が見られるのもオープンベースの人気に拍車をかけます。並んでいる途中で飲み物が配られたり、お子さんを連れている人を優先したりすることもあるようです。

佐世保・米軍基地オープンベース2「アメリカンなレストラン」

オープンベースで訪れることの出来る米軍基地のレストランは、アメリカンな味を楽しめると人気です。場所は日本でも、基地で暮らしている人たちはアメリカの人達ばかり。食べるものもやはり日本とは少し違います。人気のレストラン「チリーズ」ももちろん、アメリカンテイスト漂うレストランです。

オープンベースの日には、オープンベース用のメニューが用意されています。オープンベース用メニューでもアメリカらしい食べ物が並びます。ハンバーガーやフライドポテト、骨付きリブやチップスやニューヨークチーズケーキなどを食べることができます。バーガーを頼んでもお肉を頼んでもフライドポテトつきなのがアメリカらしさ満載です。

佐世保・米軍基地オープンベース3「マクドナルドもあり」

佐世保の米軍基地内には、マクドナルドのお店もあります。日本でもおなじみのハンバーガチェーン店。わざわざオープンベースに行ってまで訪れる必要がないと思われるかもしれません。しかし、基地内のマクドナルドはアメリカ仕様。日本では見ることのないナゲットのソースなどが見られる隠れた人気スポットです。

佐世保・米軍基地オープンベース4「艦船内を見学」

オープンベースの楽しみ方は食べることだけではありません。オープンベースは、基地内のさまざまな場所を見学することのできる機会となっています。艦船内を見学することができるときもあるようです。艦船近くにはセーラー服の水兵さんが多くみられます。艦船見学では、船内の操縦室や食堂などを見学することができます。

艦船見学では、船内の移動中も見どころがいっぱいです。迷路のように入り組んだ通路や、扉に張られたマーベルのポスター、ペプシの自販機などふとした瞬間に異国情緒を感じさせられます。艦船見学では、救命救急についての説明や、防弾チョッキや銃や弾丸を触れる体験コーナーなどもあるようで、大人も子どもも興奮間違いなしです!

佐世保・米軍基地オープンベース5「出店がいっぱい」

オープンベースでは、いたるところに出店が並びます。ハンバーガーやポップコーン、ホットドッグにスペアリブ、ナチョスやピザにビールなど食べ物や飲み物の出店も少なくありません。食べ物だけではなく、基地のオリジナルTシャツなどの物販もあります。艦船横には艦船グッズを売っているテントも見受けられます。

オープンベースでは、小さいお子さん連れの方も楽しみやすい出店もあります。くじ引きができたり、ゲームができたりと日本の縁日に似た場所もいくつかあります。やはり遊べる場所もアメリカらしさ満載で、日本では見たことが無いようなものも少なくありません。

オープンベースは日本円もOK!

オープンベースでは、支払いに日本円もアメリカドルも両方、使うことができます。ただし、お店によってはおつりがドルで返ってくることがあるようです。クレジットカードも使用することができます。アメリカ旅行で両替せずに持って帰ってきた硬貨が家に眠っている方は、使ってしまうチャンスかもしれません。

佐世保の米軍基地のオープンベース日程

佐世保の米軍基地のオープンベースが開催される日程は、その年によって異なります。また、オープンベース自体がない年もあります。近年の傾向としては、アメリカの独立記念日である7月4日周辺の日曜日に、ニミッツパークが一般開放される場合が多いようです。

佐世保の米軍基地は、基本的に一般開放されていません。軍関係者などパスを持っている人と同伴する場合や、バスツアー、イベントの時などに入ることができるようです。アメリカの独立記念日周辺の日以外には、クリスマスにイベントが開かれることが多いようです。

佐世保米軍基地へのアクセス

佐世保の米軍基地のオープンベースに行くにはJR「佐世保駅」が便利です。地図を見ると佐世保中央駅の方が少し近くに思えますが、松浦鉄道西九州線の駅であるため多くの人は佐世保駅で乗り換える必要が出てきます。車で向かう際は、西九州自動車道の佐世保中央インターチェンジを降りて南に向かうとニミッツパークが見えてきます。

ただし、車で訪れる際は注意が必要です。近くには駐車場がないようなので、離れたところの駐車場を探し、ある程度の距離を歩く必要が出てきます。また、間違って基地の敷地内に無断で入ってしまった場合はタイヤをパンクさせる等の車止めがあります。オープンベースの日は、鉄板でおおわれているようですが、車で近づく際はご注意ください。

住所:長崎県佐世保市平瀬町
電話番号:095-895-2142

Thumb佐世保グルメランキングTOP17!海鮮やディナー&ランチのおすすめ店!

佐世保・米軍基地のオープンベースでアメリカ気分を満喫!

最後までご覧いただきありがとうございます。佐世保・米軍基地のオープンベースは基地内が一般開放される特別な日です。長崎にもっとも近いアメリカといわれるほど、アメリカ気分を満喫できるスポットです。ミリタリー好きの方もそうでない方も是非一度訪れてみてください。

関連記事

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ