佐世保観光スポット21選!おすすめコースや人気の名所を一挙紹介!

長崎県佐世保市は、長崎県第2の規模を誇る一大都市。そんな佐世保周辺には、様々な観光スポットが点在しています。今回は、長崎県佐世保エリアで人気の観光スポット21ヶ所と、おすすめのコースを中心に、グルメ情報などもまとめます。

佐世保観光スポット21選!おすすめコースや人気の名所を一挙紹介!のイメージ

目次

  1. 1佐世保の定番観光コースや人気グルメをご紹介!
  2. 2佐世保の観光コースにはどんなところがある?
  3. 3佐世保の観光コースを巡るならいつがおすすめ?
  4. 4佐世保観光のおすすめスポット1:ハウステンボス
  5. 5佐世保観光のおすすめスポット2:セイルタワー
  6. 6佐世保観光のおすすめスポット3:展海峰
  7. 7佐世保観光のおすすめスポット4:長崎県立西海橋公園
  8. 8佐世保観光のおすすめスポット5:石岳展望台
  9. 9佐世保観光のおすすめスポット6:佐世保バーガーBig Man
  10. 10佐世保観光のおすすめスポット7:九十九島
  11. 11佐世保観光のおすすめスポット8:カトリック三浦町教会
  12. 12佐世保観光のおすすめスポット9:佐世保駅
  13. 13佐世保観光のおすすめスポット10:佐世保港
  14. 14佐世保観光のおすすめスポット11:針尾送信所
  15. 15佐世保観光のおすすめスポット12:眼鏡岩
  16. 16佐世保観光のおすすめスポット13:させぼシーサイドパーク
  17. 17佐世保観光のおすすめスポット14:九十九島水族館 海きらら
  18. 18佐世保観光のおすすめスポット15:九十九島動植物園 森きらら
  19. 19佐世保観光のおすすめスポット16:白ばら
  20. 20佐世保観光のおすすめスポット17:御橋観音寺
  21. 21佐世保観光のおすすめスポット18:船越展望所
  22. 22佐世保観光のおすすめスポット19:長串山公園
  23. 23佐世保観光のおすすめスポット20:亀山八幡宮
  24. 24佐世保観光のおすすめスポット21:とんねる横丁
  25. 25佐世保の観光コースで人気スポットやグルメを堪能しよう!

佐世保の定番観光コースや人気グルメをご紹介!

長崎県佐世保市は、リアス式海岸に浮かぶ「九十九島」の絶景と、全国的に有名なテーマパーク「ハウステンボス」がある人気の観光地。

また、ご当地グルメの「佐世保バーガー」や「トルコライス」の他、絶品の「九十九島牡蠣」があることでも知られています。

今回は、佐世保観光のおすすめスポット21ヶ所をご紹介しながら、その魅力を余すところなくお伝えします!

佐世保の観光コースにはどんなところがある?

長崎県の佐世保エリアは、美しいリアス式海岸の広がる景勝地。山や海、そして離島もある佐世保市にはどのような観光コースがあるのでしょうか?

佐世保の観光コースで代表的なのは、海沿いのエリア。海に面した佐世保は、海上自衛隊や米軍基地があることでも知られています。港に近いエリアでは、有名な九十九島の群島や、水族館やハウステンボスなどの観光施設もたくさんあります。

歴史を巡る観光コースなら、西洋文化の影響を受けたキリスト教会を巡るのもおすすめで、佐世保駅の近くにもカトリック三浦町教会など有名な観光スポットがあります。

風光明媚な景勝地を巡る観光コースなら、異国情緒漂う坂の多い町や、絶景の九十九島を見るのもおすすめ。特に、映画やドラマのロケ地としても有名なスポットがいくつかあり、西海国立公園にも指定されている九十九島は、トムクルーズ主演の映画「ラストサムライ」のロケ地にも選ばれました。

佐世保には、有名な弓張岳や温泉地もありますので、登山や温泉が好きな方は、自然豊かな観光スポットを巡るコースもおすすめです。

その土地の文化・風俗を学んだり、お買い物をするのが好きな方には、佐世保のご当地グルメとして人気の「松翁軒カステラ」や「長崎ちくわ」などをお買い物したり、「三川内焼」の窯元を巡ったり、「佐世保独楽」を博物館で見たりするコースが最適です。

Thumb佐世保グルメランキングTOP17!海鮮やディナー&ランチのおすすめ店!
佐世保と言うと皆んさんは何を思い浮かべるでしょうか。やはり佐世保バーガーでしょうか。ハウステ...

佐世保の観光コースを巡るならいつがおすすめ?

続いては、佐世保の観光コースを巡るのに、おすすめのシーズンをご紹介します。

佐世保の観光スポットは、景勝地やテーマパークなどが多いので、できるだけ晴天の日が多い季節に回りたいものですが、佐世保市は、九州の中でも雨の多い都市で、なかなか雨に降られず観光するのが難しい地域です。

しかしながら、九州の北西端に位置する佐世保は、東シナ海から流れてくる暖流「対馬海流」の影響で、一年十暖かいので、比較的軽装で観光できるという気候的な特徴があります。

そんな佐世保市を観光するなら、雨の量が比較的少なく、過ごしやすいシーズンと言われる秋がおすすめです。

佐世保の秋は、ご当地グルメも満載の人気の秋祭り「長崎くんち」も各地で開催され、美しい紅葉とともに、佐世保観光を楽しむ多くの人々で賑わいます。

佐世保でもっとも人気のある観光スポット「ハウステンボス」を回るなら、春のお花のシーズンも見逃せません。特に4月から5月にかけては、園内を美しい花々が彩ります。

Thumb佐世保で温泉入るならおすすめはここ!日帰り湯や家族風呂も充実!
佐世保にはたくさんの温泉施設があります。露天風呂から海の景色を見ることができたり、地元の野菜...

佐世保観光のおすすめスポット1:ハウステンボス

お待たせしました!ここからは、いよいよ佐世保の観光コースで巡りたい、おすすめの観光スポットをご紹介していきます。

トップバッターは、国内最大級のテーマパークとして、全国から観光客が訪れる佐世保の人気スポット「ハウステンボス」です。

江戸時代には、唯一鎖国を免れた「出島」のあった長崎県は、古くからオランダ文化が花開いた地域で、佐世保にある人気スポット「ハウステンボス」は、長崎とゆかりの深いオランダの街並みを再現した美しいテーマパークです。

バブル崩壊で、一時は経営破綻することとなった「ハウステンボス」ですが、現在は、徐々に回復し、佐世保一の観光スポットとして人気を集めています。

オランダの街並みを再現した美しい通りには、水路や水車もあり、様々なアトラクションが楽しめます。

また、園内にはステージショーが行われる演劇場や、様々なグルメがいただけるおしゃれなレストランも入っており、ご家族連れやカップルで連日賑わっています。

四季折々の花々が咲き乱れるハウステンボスの敷地内には、温泉もついたホテルもありますので、泊まりがけておでかけするのもおすすめです。

佐世保観光コースのハイライトと言える「ハウステンボス」は、夜のライトアップやイルミネーションもロマンチックで、デートスポットとしても人気を集めています。

「ハウステンボス」は、春のゴールデンウィークは、かなり混み合いますので、春に行くなら4月中がおすすめです。秋の紅葉シーズンは、少し風が強くなりますので、少し早めの10月頃に行くのが良いでしょう。

佐世保観光のおすすめスポット2:セイルタワー

続いてご紹介する佐世保観光のおすすめスポットは「海上自衛隊佐世保史料館」(セイルタワー)です。

長崎県佐世保市は、明治時代に国の「鎮守府」が置かれて以来、国防と造船業が盛んになった地域で、今でもアメリカ軍や自衛隊の駐屯地として機能しています。

軍事基地と共に発展してきた佐世保市の歴史や、海上自衛隊の活動を展示している「セイルタワー」は、軍艦や戦闘機マニアにおすすめの観光スポットです。

佐世保駅からバスで約10分ほどの距離にある「セイルタワー」は、開館時間が9:30から17:00までとなっており、毎月第3木曜と年末年始が休館になっています。

7階建ての大きな施設には映像ホールや、戦艦の模型など、様々な展示がされており、観光だけでなく、お子さんの自由研究にもおすすめのコースです。

佐世保観光のおすすめスポット3:展海峰

続いてご紹介する佐世保観光コースのおすすめスポットは、「展海峰」です。

映画「ラストサムライ」にも登場した九十九島の絶景が見渡せる「展海峰」は、佐世保観光の人気スポットで、俵ヶ浦南半島の中部に位置しています。

高台にある「展海峰」の展望台からは、晴れた日には世界が認めた美しい西海国立公園の島々を望むことができます。

佐世保は雨の多い地域ですが、秋には晴天の日も多く、視界が開けた日には、「展海峰」から五島列島まで見ることもできるそうです。

「展海峰」は、佐世保のお花スポットとしても人気で、春は菜の花、秋にはコスモスが一面に咲いています。

インスタ映え間違いなしの観光スポットですので、ぜひ、ご家族やお友達と回ってみて下さい。

佐世保観光のおすすめスポット4:長崎県立西海橋公園

続いてご紹介する佐世保観光コースのおすすめスポットは、「長崎県立西海橋公園」です。

「西海橋」(さいかいばし)は、長崎県佐世保市針尾島と西海市西彼町の間にある伊ノ浦瀬戸(針尾瀬戸)に架かるアーチ橋で、完成当時は、固定されたアーチ橋としては世界で3番目に長く、東洋一のアーチ橋でした。

人気映画「釣りバカ日誌」のロケ地にも選ばれた大変景観の良い場所です。

1955年長崎県によって設立されたこちらの公園では、1000本の桜とつつじが咲く有名なお花見スポットで、春の桜のシーズンには、多くの観光客が訪れます。

草スキー場やアスレチックもありますので、お子様連れでおでかけするのにおすすめのスポットです。

また、潮の干満差が大きい大潮の日には、有名な「渦潮」を見ることができます。おでかけ前に、公式ホームページにアクセスして、渦潮が見られる時間に行くと良いでしょう。

佐世保観光のおすすめスポット5:石岳展望台

続いてご紹介する佐世保観光コースのおすすめスポットは、「石岳展望台」です。

九十九島の絶景が見渡せる「石岳展望台」は標高191メートルの石岳頂上に位置しており、もう一つの観光スポットである「弓張岳展望台」より、さらに海に近い人気の観光スポットです。

ハリウッド映画「ラストサムライ」冒頭に出てくる島々の風景は、この場所から撮影されたそうです!

佐世保観光の人気スポットとして、多くの観光客が訪れる「石岳展望台」、佐世保動植物園から徒歩でおよそ15分ほどの位置にあります。

360度の大パノラマが広がるこちらの展望台は、写真撮影で人気のスポットで、全国からたくさんのフォトグラファーが撮影に訪れます。

特に夕焼けが素晴らしいそうですので、夕方から夜にかけておでかけするのがおすすめです。

佐世保観光のおすすめスポット6:佐世保バーガーBig Man

いくつかの観光名所も巡ったところで、そろそろお腹も空いてきたことと思います。ここで一つ佐世保グルメを楽しめるおすすめのお店をご紹介してみましょう。

佐世保駅から約10分ほどの距離にある「佐世保バーガーBig Man」は、言わずと知れた人気グルメ「佐世保バーガー」が食べられる人気店。

オールドアメリカンな雰囲気の漂うこちらのお店は、佐世保バーガーの老舗店で1970年から約半世紀営業しています!

大人気のご当地グルメ「佐世保バーガー」はいくつか種類がありますが、元祖メニューとして人気NO.1メニューなのが「ベーコンエッグバーガー」。

一つ一つ丁寧に素材を活かして作られた具材は、どれもとってもジューシーで美味しいそうです!

また、ダイエッターの敵とも言うべき豪快な分厚さのベーコンも挟まれており、男性でも食べごたえ十分なご当地グルメのようです。

佐世保観光のおすすめスポット7:九十九島

続いてご紹介する佐世保観光のおすすめスポットは「九十九島」。

名前は「九十九島」ですが、実際には208もの島々が点在していいます。展望台から「九十九島」を眺めるのも良いですが、佐世保から遊覧船に乗って、実際に島々を間近に見ながら船で巡っていくツアーがおすすめです。

「九十九島パールシーリゾート」からは、約10ほどの島々をまわる遊覧船が運行されており、サンセットクルージングなども人気です。

所要時間は約50分ほどで、出港時間は、午前中が10:00頃と11:00頃の2便、午後が13:00頃、14:00頃、15:00頃の3便、この他8月から10月のみ、日の入りの時間に合わせてサンセットクルーズ便も運行されているようです。

遊覧船の料金は、大人(高校生以上)が1400円、小人(4才から中学生)700円となっています。また、展望デッキにある特別室は貸切も可能で、料金は3200円ですので、気の合う仲間と貸切で船上パーティを楽しむのもおすすめです。

佐世保観光のおすすめスポット8:カトリック三浦町教会

12628001 229379077397163 1554956519 n
xl1200s.a.k

続いてご紹介する佐世保観光のおすすめスポットは佐世保市三浦町にある「カトリック三浦町教会」。

1931年にこの地に建設された美しい外観と聖堂は、佐世保駅周辺のランドマークとして佐世保市を代表する建築物となっています。

第二次世界対戦中は、空襲を避けるため、建物がコールタールで真っ黒に塗られ、戦火を避けて現在も残る貴重な観光スポットとなっています。

14474395 309059502819866 2297798157511163904 n
kira.kira.hikaru1105

長崎県佐世保市の景観デザイン賞も受賞したゴシック式の美しい教会は、大通りを見下ろす高台に立っており、観光する場合は、長い階段を上って行く必要があります。

佐世保駅から徒歩3分の距離にあるこちらの教会は、中も観光することができるようですが、ミサや教会関係者向けの様々なイベントが開催されており、内観できないこともあるようです。

佐世保観光のおすすめスポット9:佐世保駅

続いてご紹介する佐世保観光のおすすめスポットは、JR九州最西端の駅の駅として知られる「佐世保駅」。

1898年に開業した高架式の「佐世保駅」は、JR九州と松浦鉄道の二つの路線が通る長崎第3の乗客数を誇る駅で、鉄道ファンだけでなく、佐世保観光の拠点として人気があるおすすめスポットです。

佐世保駅周辺でぜひ食べていただきたいおすすめグルメと言えば、「蜂の家」のシュークリーム。

店内でイートインできる人気のご当地グルメは、バナナやキウイなどフルーツがたっぷり入ったジャンボサイズのシュークリームになっています。

ホールサイズの「軍艦シュー」4000円もあり、お誕生会やパーティー用のケーキ代わりに購入される方も多いようです。

軽食もありますので、観光の合間にランチやお茶をするのにもおすすめのスポットです。

佐世保観光のおすすめスポット10:佐世保港

佐世保駅に続いてご紹介する観光スポットは、佐世保港。駅にすぐ隣接している佐世保港は、遊覧船の発着港として観光客がよく利用するスポットです。

軍艦も入港することから、特別区になっている佐世保港は、湾内への入り口が一ヶ所しかなく、天然の良港と言われています。

佐世保港に程近い人気のカフェと言えば、「Cafe. 5」(カフェ・ドット・ファイブ)。

佐世保産の野菜や自然派ワインも楽しめるこちらのお店は、ランチからディナーまで美味しいものを楽しめるおすすめのグルメスポットです。

平日限定の「ドットファイブコース」2000円やイタリアンを中心としたコースメニュー4000円などもありますので、佐世保デートを楽しみたい方にぜひご利用いただきたいグルメスポットです。

佐世保観光のおすすめスポット11:針尾送信所

続いてご紹介する佐世保市の観光スポットは、針尾島にある「針尾送信所」です。

海上保安庁の無線送信所として、第二次世界対戦中に使われていた「針尾送信所」は、敷地内に巨大なコンクリートの電波塔が立っています。

大正時代からこの地に建設されている巨大電波塔は3本あり、日本一高くて古い電波塔として、国の重要文化財にも指定されています。

様々な軍事施設のある長崎県佐世保の中で、歴史的な価値の高い「針尾送信所」は、ボランティアガイドによる見学ツアーも開催されています。

見学ツアーでは、高さ135メートルを越える電波塔内部も見ることができます。見学時間は、平日、土日ともに9:00から16:00までとなっています。戦争の爪痕を今に伝える貴重な観光スポットです。

佐世保観光のおすすめスポット12:眼鏡岩

30086465 457711064683946 7457256689893376000 n
emmi.3700

続いてご紹介する佐世保観光のおすすめスポットは「眼鏡岩」。長い年月をかけて侵食された天然の岩は、はるか昔には海に浸かっていたようです。

知念侑李くん、中川大志くん、小松奈菜さんなど、人気俳優が出演している映画「坂道のアポロン」のロケ地としても人気です。「平戸八景」の一つにも数えられている景勝地。映画の世界観に浸りながら、のんびりと観光してみて下さい。

佐世保観光のおすすめスポット13:させぼシーサイドパーク

14287933 1770929573181051 1499938392 n
kanpai1950

続いてご紹介する佐世保観光のおすすめスポットは「させぼシーサイドパーク」。公園のシンボルとなっている鯨のモニュメントが目印です。

佐世保駅から徒歩で行けるシーサイドパークは、海辺を散策しながらデートするのにおすすめのスポットです。

近くには小さな水族館もありますので、週末はお子様連れでおでかけするのも良いでしょう。

佐世保観光のおすすめスポット14:九十九島水族館 海きらら

続いておすすめの佐世保周辺の観光スポットは「九十九島水族館 海きらら」。

九十九島遊覧船の発着所でもある「パールシーリゾート」に隣接する建物です。佐世保駅からは、市営バスや有料シャトルバスで約30ほどの距離にあり、ファミリーやカップルに人気の観光スポットとなっています。

西海に暮らすイルカ達のショーや餌付け体験プログラムなどが人気で、子供から大人までどなたでも楽しんでいただけるおすすめの観光スポットです。

また、「海きらら」の名物コーナーと言えば、ノーベル賞を受賞した下村博士の功績を紹介する「クラゲコーナー」。11基、300種類以上のクラゲを展示したこのコーナーは、水族館で最も人気のある展示室の一つです。

佐世保観光のおすすめスポット15:九十九島動植物園 森きらら

水族館に続いて、もう一つお子様連れで楽しめる佐世保の観光スポットをご紹介しましょう。「九十九島動植物園 森きらら」は、8万平方メートルの巨大な敷地に、様々な動物達が終結する佐世保で人気の観光スポット。

特に、巨大水槽もあるペンギン館では、360度、どこからでもペンギン達の姿が観察できるため、人気スポットとなっています。バラ園もありますので、5月下旬から6月のバラの季節に訪れるのがおすすめです。

佐世保観光のおすすめスポット16:白ばら

続いてご紹介する佐世保観光のおすすめスポットは「白ばら」です。

佐世保中央駅から徒歩3分の距離にある「白ばら」は、佐世保のもう一つのご当地グルメ「トルコライス」が人気のお店です。

看板メニューのトルコライスは、お値段950円で、洋食メニューがたっぷりいただける日替わりランチ730円も人気です。トルコライスは、大人も子供も楽しめるおすすめのグルメですので、ぜひ、観光の合間にお立ち寄り下さい。

佐世保観光のおすすめスポット17:御橋観音寺

まだまだ続く佐世保観光コースのおすすめスポット、続いては「御橋観音寺」です。

先にご紹介した「眼鏡岩」と同じく、平戸八景の一つに数えられているこちらの寺院には、長さ30m幅4mの天然の石橋が見どころとなっています。

四季折々の自然が美しい「御橋観音寺」は、春のお花見や秋の紅葉狩りの季節に訪れるのがおすすめです。

佐世保観光のおすすめスポット18:船越展望所

続いてご紹介する佐世保観光のおすすめスポットは「船越展望所」です。

「海きらら」や「九十九島遊覧船」など観光スポットが目白押しの「九十九島パールシーリゾート」から程近いこちらの展望所は、夕焼けを見るのにおすすめのスポットです。

バリアフリーになっていますので、小さなお子さん連れでベビーカーのある方や体の不自由な方でもアクセスしやすいおすすめの展望所となっています。

佐世保観光のおすすめスポット19:長串山公園

17883125 304839126602365 6519257247153913856 n
sasebow99

佐世保観光のおすすめスポットも残すところあと3つとなりました。続いてご紹介するのは、佐世保市鹿町にある「長串山公園」。

九十九島の絶景が見下ろせる美しい公園は、つつじ祭りが人気の観光スポットです。

約10万本植えられているツツジの中には、平戸ツツジや久留米ツツジなど、地域特有の品種もあります。アスレチックやキャンプ場もありますので、ぜひ、ご家族でおでかけ下さい。

佐世保観光のおすすめスポット20:亀山八幡宮

28435620 565227383843829 310148921408094208 n
mojomojosasebo

続いてご紹介する佐世保の観光スポットは「亀山八幡宮」。こちらも人気映画「坂道のアポロン」のロケ地の一つに選定されています。

佐世保で最も大きな神社である「亀山八幡宮」は、お宮参りや七五三など、佐世保市民に愛されるこちらの神社です。

佐世保の秋の祭典「佐世保おくんち」の時期にもっとも賑わいます。桜の季節に境内を散策するのもおすすめです。

佐世保観光のおすすめスポット21:とんねる横丁

19985523 111164236192668 3529787750884573184 n
papicocafe

最後にご紹介する佐世保観光のおすすめスポットは、「戸尾市場街」の「とんねる横丁」です。

大正時代からこの地にあるこの通りは、第二次世界対戦時の防空壕をそのまま生かして建てられています。

人気のご当地グルメ「佐世保バーガー」や「長崎ちゃんぽん」を出すお店の他、新鮮な魚介類を販売するお店も並んでいます。レトロな観光スポットは、女子旅にもおすすめです。

佐世保の観光コースで人気スポットやグルメを堪能しよう!

長崎県佐世保市周辺のおすすめ観光スポットを21ヶ所ご紹介致しました。

有名な「九十九島」と「ハウステンボス」以外にも、佐世保には素敵な観光スポットがたくさんあります。

春か秋がベストシーズンとなりますので、ぜひ、ご家族や友人と一緒に佐世保を旅してみて下さい。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Yukilifegoeson

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ