雲仙ロープウェイの料金や季節の見所とは?仁田峠駐車場からの時間や割引も!

島原半島に高くそびえる火山が「雲仙岳」、その雲仙岳の山頂へ運んでくれるのが「雲仙ロープウェイ」です。1年中いつ訪れても美しい景色を見せてくれる、雲仙の景観を楽しもうと多くの観光客が「雲仙ロープウェイ」を利用します。現在までに2000万人以上が利用しています。

雲仙ロープウェイの料金や季節の見所とは?仁田峠駐車場からの時間や割引も!のイメージ

目次

  1. 1雲仙「ロープウェイ」って?
  2. 2雲仙「ロープウェイ」へのアクセス
  3. 3雲仙「ロープウェイ」営業時間&料金
  4. 4雲仙「ロープウェイ」料金割引は?
  5. 5雲仙「ロープウェイ」周辺駐車場情報
  6. 6雲仙「ロープウェイ」チケット購入は仁田峠で
  7. 7雲仙「ロープウェイ」見所1:「春のつつじ」
  8. 8雲仙「ロープウェイ」見所2:「夏のヤマボウシ」
  9. 9雲仙「ロープウェイ」見所3:「秋の紅葉」
  10. 10雲仙「ロープウェイ」見所4:「冬の雪景色」
  11. 11雲仙「ロープウェイ」見所5:「妙見岳山頂からのパノラマ」
  12. 12雲仙「ロープウェイ」周辺のおすすめ食事処「グリーンテラス・雲仙」
  13. 13雲仙「ロープウェイ」を楽しもう

雲仙「ロープウェイ」って?

雲仙岳の四季は、目もくらむ様な美しさを見せてくれます。そんな風景を人々に見せてくれるのが、山頂まで運んでくれる「雲仙ロープウェイ」です。これまで多くの人々に感動を与え続けている「雲仙ロープウェイ」の料金や、駐車場情報をご紹介して行きたいと思います。勿論四季の見どころもご紹介、周辺のランチ処も併せてご紹介致します。

雲仙「ロープウェイ」へのアクセス

「長崎駅」からレンタカーや特急バスで約2時間、空港からは約1時間50分で「雲仙」まで行く事が出来ます。雲仙からは車で約15分で「雲仙ロープウェイ」に到着です。自家用車で行かれる場合「諫早IC」から国道57号線、251号線を使って約1時間30分、「長崎駅」からは約2時間で「雲仙ロープウェイ」乗り場まで行く事が出来ます。

雲仙「ロープウェイ」営業時間&料金

26309020 161584017899552 3009609744676552704 n
ian_holic

「雲仙ロープウェイ」の営業時間は夏シーズンが8時31分から17時23分まで、冬シーズンは8時31分から17時11分までとなっています。4分から8分毎に運行されています。天候や都合によっては運休や延着なども有ります。料金は大人片道料金が630円で、往復料金が1260円です。子供は片道料金が320円で、往復料金は630円になります。

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙551番地
電話番号:0957-73-3572

雲仙「ロープウェイ」料金割引は?

30084318 229660614250807 1462945996517408768 n
mt85d

「雲仙ロープウェイ」の、割引料金についてご紹介したいと思います。料金割引には二通りあって先ずは、団体割引からご紹介致します。15人から30人の団体割引で大人1130円、小人570円となります。31人以上の団体割引の場合は大人料金が1000円で、小人料金は500円となります。団体学生割引は更にお得な料金となります。公式HP から、割引券の印刷でも特典が受けられます。

雲仙「ロープウェイ」周辺駐車場情報

21436280 128926834399019 31452359041220608 n
ultraeight

仁田峠には、展望台と駐車場が在ります。お車で仁田峠まで行かれる場合は、急な坂道の一方通行の道を上がって行きます。急に開けた所が現れたらそこが、仁田峠の駐車場です。大型車20台分、普通車200台分の駐車場が用意されています。仁田峠には「雲仙ロープウェイ」の乗り場が在って、山頂まで行く事が出来ます。

雲仙「ロープウェイ」チケット購入は仁田峠で

31384567 170214387147713 8091301833965830144 n
_touch_photography

仁田峠で「雲仙ロープウェイ」のチケットを購入して、山頂までは所要時間約3分で上る事が出来ます。チケットは仁田峠に在る売店「ロージーショップ」で、売店には有明海の海の幸やお菓子等を購入する事が出来ます。山頂で景色を楽しみながら食べるのも良いですし、帰りの車の中で食べるのにもお勧めです。店内には、可愛いぬいぐるみが沢山置かれています。

雲仙「ロープウェイ」見所1:「春のつつじ」

31177104 2544692105755328 5613219258814169088 n
samidare0314

「雲仙ロープウェイ」で山頂へ向かう時に、山頂付近に近付くと春から初夏にかけて山一面がミツバツツジの明るいピンク色で染まります。その景観は、見事としか言い様の無い美しさです。その風景を観ようと多くの観光客が、「雲仙ロープウェイ」を利用します。これまで一度も事故を起こさず、多くの観光客を山頂へ運んで来ました。

「妙見岳」山頂から見下ろすミツバツツジの圧巻の景色も素晴らしいのですが、ロープウェイのゴンドラから移動しながら見下ろす光景は感動的です。ミツバツツジの他にもミヤマ霧島やヒカゲツツジ、ヤマツツジ等も観る事が出来ます。5月上旬になるとミツバツツジから順番に、色々な花が雲仙の山を華やかに彩ります。ヒカゲツツジは「妙見岳」の岩場等で少し遅めに花を咲かせます。

雲仙「ロープウェイ」見所2:「夏のヤマボウシ」

標高1300メートルの「妙見岳」の山頂は、夏でも涼しく天然のクーラーが利いている様な感じです。気温は平均して21℃から22℃と、半袖では肌寒い位の温度です。訪れる時には、薄手の羽織物が必要だと思います。夏の服装では、天候次第では寒く感じるかも知れません。白い花を付ける「ヤマボウシ」は、一層爽やかな快感を醸し出してくれます。

31725091 199618647327190 2155976361712287744 n
hakatabay

一面がピンク色に染まるツツジの山も圧巻ですが、爽やかな新緑や「ヤマボウシ」の花が咲き誇る夏の雲仙も見逃せません。下界の茹だる様な暑さで夏バテしそうな時には、雲仙の山に登り涼しい空気を味わってみられては如何でしょうか。きっと身体も心もリフレッシュして、癒される事間違いなしです。「ヤマボウシ」は、6月中旬から7月初旬が見頃です。

雲仙「ロープウェイ」見所3:「秋の紅葉」

23421836 133541330637814 6890205824388431872 n
ryo1091rk1091

春夏と素晴らしい風景が広がる「雲仙ロープウェイ」からの眺めですが、秋の紅葉時期は息を呑む様な絶景を拝む事が出来ます。山全体が燃え立つ様な赤やオレンジ色に染まり、まるで迫って来る様な迫力さえ感じます。紅葉時期になると、毎年テレビの報道ニュースでも紹介される程の美しさです。赤いサンゴが、群れて生息している様な光景と表現されています。

23279840 350170115395302 8926302459094106112 n
_sorakumo

雲仙「妙見岳」の紅葉の見ごろ時期は例年、10月下旬から11月上旬と言われています。未だ行かれた事の無い方は、是非一度足を運ばれてみては如何でしょうか。きっと、「赤の魔術」に心を奪われてしまう事でしょう。赤く色づく植物コミネカエデやコウチワカエデ、ウリカエデやドウダンツツジ等カエデの仲間を中心に山を赤に染め上げます。

雲仙「ロープウェイ」見所4:「冬の雪景色」

26282150 413005105823833 6970593550446624768 n
takrawhysd

冬の妙見岳は寒さが厳しく観光には二の足を踏みそうですが、しっかり防寒をされて霧氷を観に出かけてみては如何でしょうか。幻想的な光景に、しばし現実から離れられる様な風景を楽しむ事が出来ます。雲仙では「花ぼうろう」と呼ばれる霧氷は、霧や雲が零下以下の風に吹きつけられて出来るものです。まさに自然の芸術です。

27892225 171232673512961 4428175113979953152 n
st.0_photo

例年初めて霧氷を観る事が出来るのは、早い年で11月中旬から12月上旬となっています。霧氷がびっしり付いた樹木に太陽の光が当たり、キラキラする様子はまるでダイヤモンドが輝きを放っている様です。山頂の妙見駅から歩いて5分位の所に在る「妙見神社」に行く道中の霧氷は、アーチの様になり目を見張る様な美しさです。

雲仙「ロープウェイ」見所5:「妙見岳山頂からのパノラマ」

33057491 380291885800261 5237518003913883648 n
fujiyaaaan

「妙見岳」から眺める風景は、天候の良い日には有明海や天草諸島に霧島まで見渡す事が出来ます。雲仙は昭和初期に日本で初めて国立公園に指定された歴史のある公園です。のちに天草も加わって「雲仙天草国立公園」となりました。そんな歴史の在る雲仙へ、「雲仙ロープウェイ」に乗ってぜひ訪れてみて下さい。

20065795 324496841332870 7639502769421811712 n
riku_halu

雲仙「妙見岳」展望台からは、360℃のパノラマ絶景を楽しむ事が出来ます。春夏秋冬いつ訪れるのが良いのか、と聞かれても困るのが「妙見岳」からの絶景です。「雲仙ロープウェイ」から下を観る絶景も然り、一年中素晴らしい景色を堪能する事が出来ます。しいて言えば、ツツジや紅葉の見ごろ時期を狙って行かれるのが良いかも知れません。

Thumb雲仙普賢岳の噴火の歴史を観光!災害記念館やおすすめ登山ポイントも紹介!
長崎県の島原半島中央部にある雲仙岳の主峰普賢岳は、1991年の噴火による火砕流で大きな被害を...
Thumb雲仙地獄めぐりの旅の所要時間や駐車場は?おすすめ周辺ランチも紹介!
長崎県島原半島の中心部に位置する雲仙ですが、一帯が火山地帯となっていて噴気や温泉が噴き出る様...

雲仙「ロープウェイ」周辺のおすすめ食事処「グリーンテラス・雲仙」

11848945 162659530737182 1582111189 n
mami0228

2012年雲仙温泉街にオープン下お洒落なレストラン「グリーンテラス・雲仙」のご紹介です。こちらのお勧め人気メニューは「トルコライス」や「ビーフシチュー」、デミグラス・ソースのたっぷりかかった「オムライス」もお勧めです。テラス席もあるので、気候の良い時期には外でお食事されると気持ちいいと思います。

18645678 1930633277161648 447244895971704832 n
handy.handy.handy

温泉街のイメージを払拭する様な洋風の店内で頂くお料理は、若い方やカップルにもおすすめです。店内には雑貨屋さんもあるので、待ち時間を潰す事も出来ます。観光地ですので、連休等は混み合って待たなければならない事もあります。お洒落な雰囲気を楽しみたい方には、是非おすすめのレストランです。

29096434 207581236492851 7796275032845451264 n
mini_trip

こちらのレストランのお勧めポイントは、ワンちゃん連れでも入店出来る所です。他のサービスとしては、お子様連れでもOKですし、テイクアウトやサプライズ対応もされている所です。オープンテラスやソファ席も在って、お好みで楽しめる所が嬉しいです。駐車場は7台分用意されています。

住所:長崎県雲仙市小浜町雲仙320
電話番号:0957-73-3277

雲仙「ロープウェイ」を楽しもう

雲仙岳は四季を通し、見応えのある景色が広がるスポットです。そんな雲仙岳頂上への足は「雲仙ロープウェイ」、営業時間や駐車場情報そして季節の見どころや見頃時期などをご紹介して参りました。周辺からおすすめのカフェ・レストランも1軒ご紹介しました。ぜひ非日常の絶景を楽しまれて下さい。この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Hana Smith

人気の記事

人気のあるまとめランキング