岡山の路面電車は一日乗車券がお得!料金や乗り方などをリサーチ!

岡山市内には、路面電車が走っています。この路面電車を使って観光すると、楽しい旅となりおすすめです。そんな岡山の路面電車の料金や乗り方を見ていきます。また岡山の路面電車には一日券もあり、観光にお得に利用できます。何がお得なのか、岡山観光の前に必見です!

岡山の路面電車は一日乗車券がお得!料金や乗り方などをリサーチ!のイメージ

目次

  1. 岡山を走る路面電車!
  2. 岡山の路面電車とは?
  3. 岡山の路面電車はどこを走る?
  4. 岡山の路面電車の料金は?
  5. 岡山の路面電車の一日券はお得!
  6. 岡山の路面電車の一日券の販売場所は?
  7. 岡山の路面電車の乗り方は?
  8. 岡山の路面電車で観光を楽しむ1「車両」
  9. 岡山の路面電車で観光を楽しむ2「おかでんミュージアム」
  10. 岡山の路面電車で観光を楽しむ3「夢二郷土美術館」
  11. 岡山の路面電車で観光を楽しむ4「岡山城」
  12. 岡山の路面電車で観光を楽しむ5「岡山後楽園」
  13. 岡山の路面電車で観光を楽しむ6「ビアガーデン」
  14. 便利な岡山の路面電車のアプリはおすすめ!
  15. 路面電車に乗って岡山観光を楽しもう!

岡山を走る路面電車!

岡山には、観光スポットが多くあり、多くの人が観光に訪れます。その観光を更に楽しいものとしてくれるのが、路面電車です。しかし、路面電車に馴染みがない人は、路面電車に乗って降りるのに、勇気が必要です。そんな不安を解消すべく、岡山の路面電車の料金や乗り方についてご紹介します!

岡山の路面電車とは?

岡山にある路面電車を運営するのは、岡山電気軌道株式会社です。岡山県岡山市内を2路線走る路面電車やバスを管理しています。岡山を走る路面電車の愛称は「岡電」。地元では、よく愛称で呼ばれています。明治時代創業の会社で、創業から一度も改名していない珍しい鉄道会社です。

岡山の路面電車はどこを走る?

岡山の路面電車は、路線の総延長が4.7キロメートルで、日本一短い路線と言われています。頻繁に走っているので、待たずに乗れるとして市民の足となっています。また、路面電車の場合、混むということがないので、時間が比較的正確で助かります。JR岡山駅東口を出て、道路を挟んだ場所に、停留所「岡山駅前」があります。

「岡山駅前」から2路線とも出発し、「西川緑道公園」「柳川」へと向かいます。この「柳川」で、「清輝橋行」と「東山行」の二手に分かれます。「清輝橋行」は、「郵便局前」「田町」「新西大寺町筋」「大雲寺前」「東中央町」そして「清輝橋」です。この路線は、観光スポットから外れるので、岡山市内を路面電車で回るのにおすすめです。

「東山行」は、「城下」「県庁通り」「西大寺町」「小橋」「中納言」「門田屋敷」、そして「東山」です。岡山後楽園や岡山城、岡山県立博物館、烏城公園などに行きたいなら、「東山行」に乗り「城下」で下車するのはおすすめです。徒歩10分で岡山後楽園ですし、徒歩7分で岡山城に到着です。

Thumb岡山城の観光の見どころを紹介!ライトアップは幻想的でおすすめ!
日本100名城の一つ、岡山城。別名烏城(うじょう)とも言われ、漆黒の天守閣は必見です。外国人...

岡山の路面電車の料金は?

岡山の路面電車の料金は、区間によって料金が変わってきます。東山線の場合、岡山駅前停留所から県庁通り停留所の区間は、大人片道料金100円、子ども料金は半額です。清輝橋線の場合、岡山駅前停留所から郵便局前停留所までの区間は、大人片道料金100円です。子ども料金は半額です。

もし、その区間を超えた時は、大人片道料金140円、子ども料金半額で、利用できます。また、行きたい場所により、乗り換えて利用したい場合があるかもしれませんが、その場合は、料金が変わってきます。乗り換えは、柳川でできますが、乗り換える場合は、料金が100円の区間内であっても、大人片道料金140円、子ども料金半額となります。

岡山の路面電車の一日券はお得!

岡山の路面電車には一日券があります。この一日券の大人料金400円、子ども料金200円です。岡山の路面電車、すべての路線で一日券を利用できますので、岡山の路面電車を片道4回以上使い、観光スポットへと行く予定にしているなら、一日券がお得になります。100円や140円区間、乗り換えも関係なくこの一日券で、すべて乗ることができます。

tubaaaa_gramさんの投稿
12751380 342108835913405 612063634 n

一日券には、他の県でも利用されているスクラッチ式です。一日券にあるカレンダーの中の利用日をコインで削り利用します。この時、複数削ってしまうと、一日券が利用できなくなる場合がありますので、削るのが大好きな子連れの旅の時は、ついお子様が一日券のカレンダーをすべて削ってしまったということが無いように気を付けましょう。

matsu.lifeさんの投稿
33401136 1366962110113968 8767271171721789440 n

また、岡山市には、この一日券を提示すると、プレゼントが貰えたり、料金が割引されたりとお得な特典を受けることができるので、人気があります。岡山には、駐車場がない施設があり、路面電車で行くのが一番ですし、更にお得な特典を受けることができるので、ぜひおすすめの一日券です。

岡山の路面電車の一日券の販売場所は?

syun_raityouyuzuさんの投稿
33567753 216849185773619 1296487306236002304 n

岡山の路面電車の一日券は、「路面電車内」で購入可能です。また「東山電停前」「岡山駅前バス総合案内所」「岡電観光センター」で購入可能です。24時間ではなく、その日の利用となりますが、色々な車両に乗り放題です。観光スポットへも行くことができ、スポットによっては一日券を提示し特典を受けられます。ぜひおすすめの一日券です。

岡山の路面電車の乗り方は?

岡山の路面電車の乗り方は、後ろから乗車し、前から下車するバスと同じ乗り方です。乗車時に整理券を取り、下車時に料金を払うシステムで、これもバスと同じ乗り方です。ICカードなら、乗車口のICカードリーダーにまずタッチして、それから下車する時に、降り口に設置してあるICカードリーダーにタッチします。これもバスと同じ乗り方です。

使えるICカードは?

2017年までICカードは、PiTaPa、ICOCA、Harecaの3種類のみ利用可となっていましたが、現在は、はやかけん、Kitaca、manaca、TOICA、PASMO、Suica、SUGOCA、nimocaの、11種類のICカードが使えるように、変更されています。しかし路面電車内では、Harecaしかチャージできませんので、あらかじめチャージが必要です。

ここで、乗り方で心配になるのは、もしICカードを使って乗車し、料金が足りない場合の乗り方です。路面電車内でチャージができないならどうするかということです。そのことを考えると利用しにくいかもしれません。でも、現金があれば心配ありません。不足分を現金で払えば下車することができます。

一日券利用の場合

また、一日券の場合の乗り方はどうでしょうか。もし、一日券を持っているなら、乗車時はすることはなく、ただ乗るだけです。乗車中、利用している日が削ってあるかを確認し、削ってなければ乗車中に削りましょう。下車する時に、その一日券をしっかりと乗務員に見せて下車するという乗り方です。

乗り方の注意点は?

iriko.1114さんの投稿
30077613 1427042754067516 551784558870134784 n

また、路面電車の待ち方に注意が必要な停留所があります。「岡山駅前」は、乗車専用ホームと降車専用ホームに分かれていますので、路面電車に乗りたいなら、乗車専用ホームで待ちましょう。また、その乗車専用ホームも、東山行と清輝橋行とに分かれていますので、注意が必要です。

9s55さんの投稿
26868649 1715122085175034 2474044116187480064 n

待ち方に注意が必要な停留所「西川緑道公園」と「柳川」は、ここは、東山行と清輝橋行が利用できるので、行きたい場所に行く時刻表の近くで待ちましょう。「県庁通り」は、東山行のホームが内山下交差点の北、中国銀行前にあり、岡山駅前行のホームが、内山下交差点の南、宇野バス本社前と分かれていますので、注意が必要です。

tamazo919さんの投稿
22710688 140233120039221 7036078302628413440 n

待ち方に注意が必要な停留所「小橋」と「中納言」は、道路の中央に枠だけ書かれた停留所があり、柵が無いので、歩道で待ちましょう。路面電車が近づいて来たら、合図をし、路面電車が停車して、ドアが開いたら、自動車に注意しながら乗車しましょう。中央の停留所で待つと危険です。下車後も注意しながら渡りましょう。

岡山の路面電車で観光を楽しむ1「車両」

mrspocksan_flyingufoさんの投稿
28764768 1651771214858425 4898629484938264576 n

岡山を走る路面電車の車両は、多く、ラッピング路面電車も多く走っています。岡山を歩いていると、かわいいラッピング路面電車に出会うこともあります。特別なラッピング路面電車は、内装まで特別なので、ぜひ見かけたら乗って見るのはおすすめです。路面電車に興味は無くても、特別なラッピング車両は、楽しいひとときになります。

たま電車

ねこ好きの人や女性に人気の「たま電車」は、岡山電気軌道株式会社の子会社である、和歌山電鐵のスーパー駅長である「たま駅長」のイラストがデザインされた車両です。また、方向幕のところにねこ耳が!とてもかわいい車両です。たま駅長の、のびのびした姿が車内にも描かれていますので、たま駅長を眺めながら目的地へと行くことができます。

KURO

gugu.beeさんの投稿
27578577 2050060541901457 5223400193008861184 n

汽車を思わせるようなレトロ感たっぷりの「KURO」は、岡山で運行している最古の電車をリニューアルした車両です。その名の通り、黒色をしています。この色は、烏城(うじょう)と呼ばれる岡山城に合わせて「烏の濡れ羽色」となっています。高級列車「ななつ星」監修の三戸岡悦治氏がデザインした路面電車です。

sdrome6さんの投稿
27575533 180820726017613 8726094585815629824 n

さすが三戸岡悦治氏がデザインした路面電車、内装も違います。気がふんだんに使われていて、癒される車内です。この「KURO」は、仕様が変わることがあります。例えば、クリスマスならクリスマス仕様となりますし、何かのイベントとコラボするとコラボ列車となります。素敵なKURO車両に乗って岡山を移動するのはおすすめです。

岡山の路面電車で観光を楽しむ2「おかでんミュージアム」

t.senoさんの投稿
15803702 1076715919117369 4131842758765707264 n

「東山」のすぐ横に2016年にオープンした「おかでんミュージアム」は、岡山観光でおすすめのスポットです。岡山電気軌道株式会社の工場の一角がミュージアムとなりました。今までは非公開でしたが、それが公開されたとあって、人気がある施設です。このミュージアムも三戸岡悦治氏によりリノベーションされ、素敵な空間となっています。

cona107さんの投稿
23823957 1752788725029541 5914222257818828800 n

MOMOという車両の貴重な模型の展示やプラレールや木のプールなど大人も子どもも楽しめるミュージアムとなっていて、おすすめです。料金は、大人1000円、子ども500円ですが、路面電車一日券を提示すると入場料金が半額となりますので、一日券を利用しているなら忘れないように提示しましょう。

住所:岡山県岡山市中区東山2丁目3-33
電話番号:086-272-5520

岡山の路面電車で観光を楽しむ3「夢二郷土美術館」

_nisimura__さんの投稿
31998669 442199312889488 2999327820603195392 n

岡山後楽園近くにある「夢二郷土美術館」は、岡山でおすすめの観光スポットです。岡山から生まれた画家、竹久夢二氏の美術館です。夢二が描いた掛け軸、屏風、版画、スケッチ、水彩画、本、油彩画、デザインした本や楽譜の表紙や手紙などの作品が展示されています。常設展示ではおよそ100点。そしてテーマ別に企画展示があります。

erockerichinさんの投稿
22221376 737583933109388 3916276675142221824 n

一日券を見せると、通常の大人料金800円、中高大学生料金400円、小学生300円が、10%割引されます。またミュージアムショップで、お土産を買った時、一日券を提示すると5%割引となりますので、ぜひ一日券の提示はおすすめです。お得に入館し、お得にお土産を買って帰りましょう。

住所:岡山県岡山市中区浜2丁目1-32
電話番号:086-271-1000

岡山の路面電車で観光を楽しむ4「岡山城」

岡山の観光で外せないスポットは「岡山城」です。8年かけて、浮田秀家(うきたひでいえ)に建てられた岡山城は、慶長2年(1597年)に完成しました。西向きの城だったため、岡山を流れる旭川を、東の方に流れるように造りかえられ、天然の堀にした歴史があります。岡山城は、戦いのためだけではなく城下町の整備をするためにも用いられました。

岡山城の特徴は、黒い壁です。土壁の上に板を張る下見板張り(したみいたばり)という仕上げがされており、その下見板張りに、防火のための松煙と渋柿を混ぜた黒漆が塗られていて、太陽の光を受けた時に烏の羽のように真っ黒に輝くため、「烏城(うじょう)」とも呼ばれていました。この烏城をぜひ見るのはおすすめです。

住所:岡山県岡山市北区丸の内2-3-1
電話番号:086-225-2096

岡山の路面電車で観光を楽しむ5「岡山後楽園」

日本三大名園の一つ「岡山後楽園」は、岡山観光でおすすめの観光スポットです。江戸時代初期に岡山藩主であった池田綱政(いけだつなまさ)によって、造られた庭園です。岡山市内を流れる旭川を挟んで、岡山城の北の対岸にある中洲にあります。池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)で、池とその周囲をゆったりと散策する路が備えられた庭園です。

岡山後楽園は、江戸時代初期に造られましたが、一般公開されたのは明治4年(1871年)です。13万3千平方メートルの広大な敷地で、春を告げる時期には、梅、そして桜がとても綺麗に咲きますし、6月下旬に見頃になる花菖蒲が見事な花を咲かせますし、夏には蓮の花咲き誇ります。秋は紅葉と自然溢れる後楽園で、1年中おすすめです。

住所:岡山県岡山市北区後楽園1-5
電話番号:086-272-1148

Thumb岡山でインスタ映え抜群のスポット特集!おしゃれカフェのスイーツも人気!
岡山県でインスタ映え抜群のスポットを特集します。岡山県は人気の観光地で、風光明媚なスポットや...

岡山の路面電車で観光を楽しむ6「ビアガーデン」

chobimushi333さんの投稿
14262745 1804800453068556 861325912 n

毎年5月上旬から10月の下旬までの毎週金曜日、「MOMO de ビアガー電」を運行していますので、もし、岡山へ訪れる時期が合えば、夜にビアガー電はおすすめです。ビールまたはワイン3杯と軽食付きで、一人料金3500円です。ソフトドリンクは無料で用意されていますし、おかわりは有料で可能です。

ittyan_irt355さんの投稿
20226062 333103417115342 341831129919127552 n

「岡山駅前」を出発した後、「東山車庫」で見学し休憩、更に「岡山駅前」で休憩した後、「清輝橋」へと走り、「岡山駅前」へと戻ってきます。予定は、18時半から20時20分です。ビアガー電は、貸切りもできます。ビアガー電は毎週金曜日に開催されますが、もし、貸切りが入ればその日は運行されません。公式サイトか電話で確認しましょう。

便利な岡山の路面電車のアプリはおすすめ!

岡山の路面電車を使って観光するなら、路面電車で移動する岡山市街地散策ガイドアプリは、便利でおすすめです。「APP Store」や「Google Play」で、「MOMO navi」をダウンロードし、ネット環境や位置情報をオンにすると、今、どの電車がどこを走っているなどの情報が分かりますし、周辺マップや施設情報を見ることができます。

施設情報では、観光施設に加え、岡山グルメを堪能できるお店なども紹介されていますし、お店の住所や電話番号も載せられているので、もし場所が分からない時などは、すぐに電話できます。観光に関係が無いような病院なども載っているので、急な病気にも安心です。イベント情報なども記載されていて、便利に利用できるので、おすすめです。

Thumb岡山の名物特集!料理やお菓子などご当地グルメをまとめて紹介!
昔話「桃太郎」で知られている岡山県ですが、そんな岡山県の名物はきび団子だけではありません。今...

路面電車に乗って岡山観光を楽しもう!

路面電車は、馴染みがない人にとって珍しいので、観光の際にぜひ乗ってみたい乗り物です。しかし、いざ利用しようと思った時に不安なら、乗り方を予習して、楽しい旅にしましょう。また一日券も用意されていて、観光スポットによっては特典がありますので、上手に楽しい路面電車の旅をしましょう!

関連記事

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ