「宏村」は中国世界遺産の古村落!観光の見どころや歴史をリサーチ!

黄山の麓に古村落と呼ばれる時代に取り残された様な、風情の残る村がいくつも在ります。そんな古村落の一つ「宏村」は、池の周囲に黒瓦に白壁の古民家が立ち並ぶ美しい村です。遠い昔にタイムスリップしたかの様な、非日常的な風景が広がる「宏村」は人気観光名所になっています。

「宏村」は中国世界遺産の古村落!観光の見どころや歴史をリサーチ!のイメージ

目次

  1. 1中国「宏村」って?
  2. 2中国「宏村」の歴史
  3. 3中国「宏村」は世界遺産
  4. 4中国「宏村」への行き方
  5. 5中国「宏村」観光の見どころ1:「月沼の水鏡」
  6. 6中国「宏村」観光の見どころ2:「南湖の太鼓橋」
  7. 7中国「宏村」観光の見どころ3:「承志堂」
  8. 8中国「宏村」観光の見どころ4:「敬修堂」
  9. 9中国「宏村」観光の見どころ5:「さり気ない村風景」
  10. 10中国「宏村」観光の見どころ6:「花風景」
  11. 11中国「宏村」観光の見どころ7:「絵描き人」
  12. 12中国「宏村」グルメを満喫
  13. 13中国「宏村」を観光しよう

中国「宏村」って?

「宏村」は時代に取り残されたかの様に、歴史的な景観と美しい自然に囲まれて佇む古村落です。「広村」に一歩足を踏み入れると、別世界が目の前に広がります。その歴史は長く昔からの人々の暮らしがそのまま今に繋がっている様な不思議な世界観を感じるスポットです。そんな「宏村」から行き方や、村の歴史や見所等についてご紹介致します。

中国「宏村」の歴史

「宏村」の歴史は長く現存している歴史的建造物は、今から約900年近く前に建てられ始めた建物です。大昔この土地には、汪氏一族が暮らしていたとされています。今も明・清時代の歴史的建造物が沢山残っていて、その数は137棟にも及んでいます。その他にも素晴らしい建築技術で建てられた多くの歴史的建造物や、古い大木等も残っています。

中国「宏村」は世界遺産

黄山麓の古村落「宏村」は2000年に世界遺産に登録されています。清朝9代皇帝の時代に建てられた160年以上前に建てられた規模の大きい住宅も「宏村」の中に存在しています。住宅の敷地内には9つの中庭も見る事が出来ます。「宏村」の象徴ともなる見事な景観と歴史を感じる事が出来ます。その他にも村の給水システム等、素晴らしい技術で成り立っています。

Thumb黄山は中国で最も美しい絶景の名山!世界遺産の理由や見所まとめ!
中国華東・東北部に位置する「黄山」(こうざん)は、中国の安徽省にある景勝地。古来より水墨画の...

中国「宏村」への行き方

世界遺産「宏村」への行き方は、世界遺産「黄山」の在る黄山市からバスで簡単に向かう行き方が出来ます。所要時間は約1時間、茶畑や民家の風景を楽しみながらの行き方です。こちらも世界遺産の「黄龍」と併せて観光される方も多いそうです。「黄山」へは上海から夜行列車やバスでの行き方、又は空の便で向かう行き方もお勧めです。

中国「宏村」観光の見どころ1:「月沼の水鏡」

世界遺産「宏村」の中心に在るのが「月沼」、ここからは「宏村」の観光メインスポットとも言える絶景が広がります。霧の多い地方なので霧が立ち込めている時には、まるで水墨画の様な幻想的な風景になります。水鏡に歴史的な古民家が写り込む様子は、多くの観光客が時を忘れて見とれる様なうっとりする美しさです。

「月沼」は元々生活用水として造らせた池で、遠くから見ると半月の形をしています。今でも村人の生活用水として、大切に使われています。昼間の風景もとても素敵なのですが、夜ともなるとランタンの灯りが写り込みより幻想的な景観が広がります。日本では観られない、独特の風景を楽しんで頂きたいと思います。

中国「宏村」観光の見どころ2:「南湖の太鼓橋」

半月型をした「月沼」は「宏村」の中心に在りますが、こちらの「南湖」と呼ばれる湖は村に入ってすぐに出迎えてくれる湖です。長さは約200メートルあり、幅は約40メートル程の湖です。こちらでの見どころは湖に掛かる太鼓橋です。幻想的な風景をより幻想的に見せてくれる、素敵なアイテムとなっています。太鼓橋のアーチが水鏡に映る光景も見応えが有ります。

23966754 228588661011982 1768262409702604800 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
marukoilin

元々は黄山の麓に在る古村落「宏村」、ひっそりと静かな村だったのです。古村落とは、農業や水産業や林業を生業とする人々が暮らす集落の事です。都心に対して反対の言葉、と考えれば分かり易いかも知れません。そんな古村落の「宏村」には大昔からの伝統建築の家屋がたくさん残り、太鼓橋等の見応えのある風景も現存しているのです。

中国「宏村」観光の見どころ3:「承志堂」

月沼や太鼓橋は「宏村」の見所スポットですが、「承志堂」も大きな見所となっています。その当時の商人の豪邸「承志堂」は、敷地面積も広大で約2000平方メートルにも及びます。住居の中には麻雀の部屋や喫煙をする為の部屋まで用意されています。メインの部屋には、自然光が入り込む様に設計されていて梁の彫刻が美しく浮び上がります。

中国「宏村」観光の見どころ4:「敬修堂」

承志堂と共に見応えのある住居として、月沼のそばに建つ「敬修堂」も在ります。承志堂ほどの規模は有りませんが扉から住居までの間に距離をとり、その空間美を創り出しています。空間の美を意識した、デザイン的な家屋が印象に残る建物となっています。天井画の花や蝶に扉の彫刻など、圧巻の装飾を観る事が出来見応えが有ります。

中国「宏村」観光の見どころ5:「さり気ない村風景」

28154013 1613352502087220 4429576106542104576 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
letours

「宏村」は村全体が世界遺産なだけあって、何処を歩いていても情緒が在って絵になる風景ばかりです。写真好きの方には特に、心躍る空間ばかりでしょう。趣きの在る、素晴らしい写真が撮れる事間違いなしです。世界遺産になり多くの観光客が訪れる観光地でありながら、村人が今も実際に生活する空間でもあるのです。

30085400 182473139046272 720989043218710528 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
hanshenyi

古くからの建物の中で村人は生活をし、湖の水を生活水として今も使っています。タイムスリップした様な空間であって、現在も人々が生活をする独特の空間です。そんな遠い昔を思わせる光景と、現代の人が実際に生活している空間とが入り混じった特別の場所の様な気がします。目玉の観光スポットだけではなく、隅々まで目を配って観て頂きたいと思います。

何気ないこの様な風景も長い歴史の中で育まれ、現在の雰囲気が醸し出されているのです。出来れば村人の方には静かに暮らして頂きたいと思う反面、貴重な歴史的建造物と風景は観てみたいものです。そしてこの様な何気ない風景と生活の場が、いつまでも保って行けたら良いのにと思います。観光の場として提供して下さる村人に感謝をしつつ観光したいと思います。

中国「宏村」観光の見どころ6:「花風景」

29095606 432076060556843 5326460871034011648 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
liu_yoyo

春になると菜の花が一面に咲き乱れ、世界遺産「宏村」に春の訪れがやって来ます。春の観光をされると、この様な風景を楽しむ事が出来るでしょう。何処か日本の原風景、里山の春を連想させる光景です。菜の花のシーズンが終わると、筍の季節あちらこちらから筍が顔を出します。そして笹が茂り、「宏村」の風景は緑が濃くなって行きます。

30079444 1063639177110783 7961776301902135296 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
lalunafresky

菜の花が終わると、藤の花が「宏村」の民家の軒先等で見かける様になります。爽やかな香りを持つ藤の花は、行く先々で清々しい薫りで観光客を出迎えてくれます。蜜を集めるハチや蝶々など、「宏村」の自然風景を目一杯楽しんで頂きたいと思います。遠い昔の人の手で造られた建造物と、自然の植物や生き物とのコラボがとても美しいです。

初夏を迎えると「宏村」の中では、藤の花が満開になり爽やかな香りを漂わせます。「宏村」を散策していると民家の庭先の花や植物、美しい風景を歴史的建造物と一緒に楽しむ事が出来ます。月沼には夏になると美しいハスの花も咲き、美しい景観がよりいっそう情緒的になります。

中国「宏村」観光の見どころ7:「絵描き人」

29737684 2103900366561657 4835002379126439936 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
gitandeluxe

「宏村」の在る地域は年間を通して霧が立ち易い場所で、水墨画の様な風景になる事が多いと言われています。画像の光景は、所狭しと「月沼」のほとりに陣取って絵筆を握る絵描き人の姿です。月沼のほとりはゆとりが有るのですが、少しでも美しく見える場所で絵を描きたいのは誰もが思う事です。月沼のほとりは、絵を描く人でぎっしりです。

33885497 2009672985719487 2331465319517782016 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
hifenglulu

人がぎっしり集まる場所を避けて、ゆっくりと絵筆を握るのもお勧めです。木陰に陣取り心行くまで、楽しむのも良いでしょう。絵を描く素材は、至る所に転がっています。絵を描く人は誰でも一度はこの様な場所で、思う存分絵を描いてみたいと思うのではないでしょうか。世界遺産と言うのですから尚更その気持ちは強くなるのかも知れません。

25016854 138465770189807 5283823725664272384 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
huanghuahuei.artist

絶好の絵を描くロケーション「宏村」、霧が立ち込めている時には情緒たっぷりの水墨画が描けそうです。絵を描く人それぞれの持ち味で表現された、作品を観て歩くのも楽しいかも知れません。出来上がった作品はまさかこの絵の舞台が中国であるとは思えない様な、異国情緒っぷりの作品に仕上がる事が多いです。欧州で描いたと言われれば、そう見えて来るから不思議です。

中国「宏村」グルメを満喫

29718020 420648345047479 4521508034677047296 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 2.cdninstagram
offoreignplaces

「宏村」を散策していると、美味しい中国料理を食べさせてくれるレストランや露店が在ります。ゆっくりと店舗で食事を頂くのも良いですし、露店に立ちより気になる食べ物を購入して食べるのも楽しそうです。珍しい中国の珍味、「毛豆腐」も食べる事が出来るそうです。毛で覆われている「毛豆腐」とは、一体どの様な味がするのでしょうか。

中国「宏村」を観光しよう

黄山の麓に在る古村落「宏村」をご紹介して参りましたが、興味を持って頂けたでしょうか。世界遺産にも登録されている長い歴史を持つ「宏村」には、多くの歴史的建造物が現存しています。「宏村」への行き方や歴史、観光の見どころ等をご紹介致しました。絵心のある方には、スケッチや写生をするのにも絶好のロケーションです。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Hana Smith

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ