台湾・十分と言えば天燈(ランタン)上げ!見所や料金&絶景ポイント紹介!

台湾でも1位、2位の人気を争う観光地と言えばこちらの十分です。そして十分といえば天燈上げが体験できるのが人気の理由です。こちらではそんな十分の天燈上げの料金に関して、また天燈上げ以外の十分の見所に関してご紹介していきます。

台湾・十分と言えば天燈(ランタン)上げ!見所や料金&絶景ポイント紹介!のイメージ

目次

  1. 1台湾・十分の天燈上げ(ランタン上げ)&見所大調査
  2. 2台湾・十分とは?
  3. 3十分で天燈上げ1『十分へのアクセス方法』
  4. 4十分で天燈上げ2『十分の駅が可愛い』
  5. 5十分で天燈上げ3『天燈の買い方』
  6. 6十分で天燈上げ4『天燈の色の意味』
  7. 7十分で天燈上げ5『お願いごとの書き方』
  8. 8十分で天燈上げ6『スリリングな平渓線』
  9. 9十分で天燈上げ7『天燈屋さんは写真撮影がスゴイ』
  10. 10十分で天燈上げ8『ウエットティッシュは必須』
  11. 11十分で天燈上げ9『夜の天燈上げ』
  12. 12十分駅周辺のB級グルメ1『雞翅包飯』
  13. 13十分駅周辺のB級グルメ2『花枝丸』
  14. 14十分駅周辺のB級グルメ3『魯肉飯』
  15. 15十分観光の見どころ1『十分大瀑布』
  16. 16十分観光の見どころ2『観瀑吊橋』
  17. 17十分観光の見どころ3『台湾煤鉱博物館』
  18. 18十分観光の見どころ4『平渓天燈(ランタン)祭』
  19. 19十分近辺の観光名所1『九份』
  20. 20十分近辺の観光名所2『金瓜石鉱山』
  21. 21台湾・十分で天燈上げ(ランタン上げ)をしよう

台湾・十分の天燈上げ(ランタン上げ)&見所大調査

台湾の人気観光スポットにはパワースポットがたくさんあります。中でもこちらの十分で上げる天燈(ランタン)は友達や家族、カップルなどでも大変盛り上がります。こちらではそんな十分の天燈上げ(ランタン上げ)に関して、また天燈上げ(ランタン上げ)以外の十分の見所や周辺の人気観光スポットに関して大調査します。

台湾・十分とは?

台湾の十分は台北市内から約30キロメートルほどのところにある新北市平渓区の山間の小さな町です。この山間部は日本統治時代には大変活気のある炭坑の町でした。その後、様々な歴史を経て炭坑は閉鎖されましたが、1929年には観光用の鉄道路線として平渓線が運行されるようになりました。

十分には炭坑でにぎわっていた時代の採掘跡や鉄道の路線が残っています。平渓線が町の中心を走る十分では線路の両脇に民家や商店が並んでおり、そのノスタルジックな風景は多くの観光客の心をつかみ、今では大変人気のある観光地となりました。そしてこちらの十分は天燈(ランタン)上げができるパワースポットとしてとても有名です。

十分で天燈上げ1『十分へのアクセス方法』

台湾観光で十分で天燈(ランタン)上げを体験したいと言う方は台北を拠点にするのが便利です。台北市内から台湾の人気観光スポット十分に行くためには3通りの方法があります。1つ目は電車、2つ目はバス、3つ目はタクシーです。それぞれの料金と所要時間、利点と欠点をご紹介していきましょう。

電車を使ってのアクセス

電車を使用する場合は台北から台湾鉄道を使い、瑞芳駅を目指します。瑞芳駅に着いたら、平渓線に乗り換えて十分駅に到着します。台北から瑞芳までの所要時間と料金は乗る電車の種類によって若干変わります。普通車である「區間車」を使用した場合は所用時間は約40分から1時間、料金は49台湾ドルです。「區間車」は自由席です。

普通車よりも少し早い「莒光」や「自強」だと所用時間は40分ほどですが、料金は「莒光」の場合59台湾ドル「自強」の料金は76台湾ドルです。日本人にとってはとてもリーズナブルな料金ですが、これらは予約制で基本的には指定席です。週末には満席です。「莒光」や「自強」を利用したい場合はあらかじめネット予約しておきましょう。

指定席で席が確保できたなら台北駅で名物の駅弁を購入して、電車の中で食べるのもおすすめです。台北から瑞芳までの電車は1時間に3本くらいの割合でやってきます。瑞芳からは平渓線に乗り換えます。この平渓線がとても本数が少なく、大体1時間に1本ほどです。瑞芳から十分は所用時間は約30分程度で料金は10台湾ドルです。

バスを使ってのアクセス

23734314 237917936743165 2188297407953895424 n
senchan_0323

バスで台北市内から十分に向かう場合はまず、MRT木柵駅のバス停に向かいます。バスは木柵平渓線(795番)に乗ります。バスは本数が少なく1時間に1本くらいです。所用時間は約1時間で料金は120台湾ドルほどですので電車よりも料金は少し割高になりますが、乗り換えなどがないので楽ではあります。

タクシーを使ってのアクセス

22582335 685265888339511 7942199115117494272 n
akitpe

台湾の交通手段は日本と比べるととても料金がリーズナブルです。タクシーも例外ではありません。台北から十分までは約30キロメートルほどの距離がありますが、タクシーを使う場合は台北市内から十分までは所用時間は1時間、料金は大体1200台湾ドルほどですので、家族連れの場合や友達同士で利用するならば便利な方法です。

十分で天燈上げ2『十分の駅が可愛い』

瑞芳方面から十分の駅に着いたら、ホームにある数段の階段を下りて線路を渡り向かいのホームに渡ります。向かい側のホームの上には『十分車站』(十分駅)の看板がありとてもレトロで懐かしい感じがします。田舎の駅の様でどこに改札があるか見つけづらいのですが、向かいのホームに改札口があります。

32276190 169858940520266 8097267015258996736 n
keitaogawa0513

瑞芳から十分の駅まで約30分ほどかかります。その間にジャングルのような林を抜けたり、川を超えたりしますが、とあることに気が付きます。それは平渓線は単線であると言うことです。単線ですから基本的に線路は往路も復路も一本しかありません。でも十分にはホームが2つあります。つまり十分は行き違いができる駅なのです。

十分で天燈上げ3『天燈の買い方』

34448493 449371012168105 1290895464975040512 n
miyusono

駅を出ると右手には線路、左手にはB級グルメのお店が立ち並びます。歩道が狭いので、駅から降りたところはいつも混雑しています。ここはとりあえずB級グルメは後回しにして、天燈(ランタン)を買い求めに行きましょう。天燈(ランタン)が購入できるのは駅を降りてから少し先に歩いて行ったところです。

駅から数百メートルの区間は電車が来ていない間は線路を歩いて渡ったり、記念撮影をすることが可能です。平渓線の線路沿いには140軒ものお店が軒を連ねています。その中には飲食店、ポストカードなどを扱うお土産屋さん、そして天燈(ランタン)屋さんがあります。天燈(ランタン)屋さんは店先に折りたたまれた天燈(ランタン)を置いています。

33317731 305633279973092 4907036359434174464 n
ayuyui

天燈(ランタン)屋さんにはカラフルなランタンが売られています。ランタンは4面の四角い形です。よく見ると、単色だけでできた天燈(ランタン)と面により色が違う4色のランタンがあります。大体単色の物の料金が150台湾ドル、4色の物の料金は200台湾ドルほどです。希望の色をお店の人に言うとお店の人が用意してくれます。

十分で天燈上げ4『天燈の色の意味』

26157473 142600639779617 3620946039445389312 n
ayapup

天燈(ランタン)には単色と4色のものがあります。それらの色はそれぞれ意味を持っています。お店によって多少違うようですが、例えば、赤は健康、黄色は金運、青は仕事運、紫は学業運、白は未来、オレンジは恋愛運、ピンクは人気運などです。また、単色は好きなものを選べますが、4色のものはすでに人気の色がセットになったものから選びます。

十分で天燈上げ5『お願いごとの書き方』

34843005 1651141478337655 8669278486386442240 n
meicywu

いよいよお願いごとを書きます。天燈(ランタン)は大きく、文字が書ける場所は1面あたり縦120センチメートル、横70から80センチメートルほどあります。天燈(ランタン)は移動式のハンガーラックのようなものにピンチで固定されます。ハンガーラックには墨汁の入ったコップと筆がかかっているので、その筆で天燈(ランタン)に文字を書きます。

25035770 1483244411782388 2176981131201609728 n
ayapup

お店により天燈(ランタン)の色の意味が多少異なりますが、その天燈(ランタン)の色の意味に合わせたお願いごとを描いている人が多いようです。言葉は日本語でも英語でも中国語でも構いません。字だけでなく、イラストなどを描いてもOKです。1面書き終わるとお店の人が手際よく別の面を出してくれます。

十分で天燈上げ6『スリリングな平渓線』

33559670 244808219605639 3408472439649206272 n
nozokoneko

お店の中や前で夢中になって天燈(ランタン)に字を書いていると、何やら騒がしくなってきます。電車がくるのです。お店の目の前は平渓線の線路があります。そして、人々が歩く歩道のすれすれを通過していきます。電車が通っていいない時は線路の上は安全ですが、電車が来たらどかなくてはいけません。

30077472 180501295911366 2931099241449259008 n
imiki_1330

また、歩道のぎりぎりのところをすり抜けて行く平渓線の様子は十分の名物でもあります。動画や写真をとるシャッターチャンスですので、天燈(ランタン)に字を描きながら電車の往来も要チェックです。また、十分駅に着くときは電車の中からにぎわった線路脇の様子を眺めることができますので、車窓をチェックしているととても不思議な光景です。

十分で天燈上げ7『天燈屋さんは写真撮影がスゴイ』

32925518 193208751400741 7088570881819017216 n
renewitha_v

天燈(ランタン)の4面を描き終わると、天燈(ランタン)に火をつけてくれる火つけの係の人が天燈(ランタン)を持って線路の上に連れて行ってくれます。すると「携帯を貸せ」と言ってきます。これは記念撮影をしてくれる合図です。携帯を渡すと文字を書いた4面が見えるように天燈(ランタン)を持たされ、それぞれの面の写真を撮ってくれます。

32121524 212130726237658 4135781823596724224 n
kitticify

それぞれの面の写真を手際よく獲り終えると、今度はランタンの下部に油紙のようなものをたくさん巻き付けられ、そこに火がつけられます。火がつけられた天燈(ランタン)は内側の空気が膨張して一気に膨らみます。膨らんだランタンは手を離すと上に浮き上がってしまうのですが、持つ場所を間違えると火傷をしてしまうので気を付けましょう。

33210375 213700006095797 3236935264072892416 n
light_1128

顔の高さまでランタンが浮いたら、もう一度写真撮影です。その後、カウントダウンをして天燈(ランタン)を空に飛ばします。お店の人は天燈(ランタン)を空に飛ばす動画も撮ってくれます。感心するのはお店の人が携帯の扱いがとても慣れていると言うことです。言わなくても動画を撮りながら、静止画も同時に撮ってくれていてくれたりします。

32635561 378420309308408 1667377970131501056 n
hrrn_213

天燈(ランタン)1つの料金で写真撮影(デジカメやスマホ)のサービスまでが含まれています。日本では不可能な線路の上での撮影、さらにノスタルジックな雰囲気のある十分で、このように撮影された写真はインスタグラム等のSNSで世界各国に情報が巡ります。その結果、十分はアジアでも有数の人気観光スポットになりました。

十分で天燈上げ8『ウエットティッシュは必須』

33559778 145339149528163 8181202358533881856 n
handmade.ivory

ちなみに、十分で天燈(ランタン)上げを体験すると、かなり高い確率で、手に墨汁が付き、手が真っ黒になります。しかしながら、あまり手を洗えるような公共の水道のようなものはないので、ウエットティッシュを持っていると便利です。台湾旅行は夜市の食べ歩きなどもありますので、ウエットティッシュを持参することをおすすめします。

十分で天燈上げ9『夜の天燈上げ』

33120614 1224622427673628 7318872349695016960 n
kasutado1197

この天燈(ランタン)上げは朝9時から夜7時くらいまでの営業になります。十分は観光スポットが多い平渓線沿いにありますので、様々な観光地を巡りながら十分に来る観光客も少なくありません。十分はいつでも混雑していますが、昼過ぎが一番混雑しています。おすすめは夕方から夜の時間帯です。

32274638 415038518906665 5644941526485172224 n
takemi33

平渓線は特に電車の本数が少ないので、電車を利用する場合は電車のスケジュールをしっかりと調べておく必要がありますが、夕方から夜の時間帯は夜の闇にあがっていく天燈(ランタン)の様子がとても美しいです。昼間とは違う十分の雰囲気もまたノスタルジックです。

十分駅周辺のB級グルメ1『雞翅包飯』

34709293 651400978530120 144004635617656832 n
hanriver.nam

十分には、観光スポットに欠かせないB級グルメも揃っています。十分の駅を降りるとB級グルメのお店が立ち並んでいます。B級グルメのお店は十分の駅を降りてすぐのところが1番混んでいますが、もっと先に進んでもお店はたくさんありますので、行列に惑わされないようにしましょう。

30079995 612962665713381 2351170148435492864 n
__yen.12.11

十分駅周辺のB級グルメで1番おすすめなのは、雞翅包飯です。雞翅包飯は鶏の手羽餃子のような要領で、モモ肉の骨を抜き、内側に詰め物をし、照り焼き風にじっくりと焼き上げたB級グルメです。詰め物はご飯だったり、キムチだったりとお店によって異なりますが、雞翅包飯はお肉が柔らかく、とてもジューシーでボリュームたっぷりです。

十分駅周辺のB級グルメ2『花枝丸』

21984536 343195856139598 5658754579395772416 n
vonqo

こちらの花枝丸も台湾ではお馴染みのB級グルメです。花枝丸はイカのすり身を一口サイズに丸めて揚げたものです。台湾の夜市でも人気の花枝丸ですが、十分駅周辺のお店はいつも行列ができています。お店の前にはイカの姿揚げがディスプレイされています。このイカの姿揚げはとてもフォトジェニックです。

十分駅周辺のB級グルメ3『魯肉飯』

33937161 2586048114954561 6074236792054218752 n
kentarowatanabe1974

魯肉飯は台湾のB級グルメの代表格です。ここ十分でも美味しい魯肉飯をいただく事ができます。なぜあえてこの魯肉飯をおすすめするかと言うと、台北から十分まで来るには意外と時間と体力を使います。そんな小腹が空いたときの1杯としてとてもおすすめだからです。

21820208 1614075118613527 4632752682690412544 n
traveler_jurico_

台湾風の味付けをした肉そぼろを白いご飯にかけたものが魯肉飯です。少し汁気があるので、さらさらと口に運ぶことができます。また山間部である十分では季節によっては急に雨が降ってきたり、気温が下がったりします。魯肉飯を扱うお店ではほとんどスープ(湯)を扱っていますので、一休みながら体を温めてください。

十分観光の見どころ1『十分大瀑布』

30079981 1514998815276271 1700761264864624640 n
keeesunke

十分の駅付近で天燈(ランタン)上げを楽しんだら、もう一か所行くべき場所があります。それがこちらの十分大瀑布です。十分大瀑布は十分の駅から歩いて30分ほどかかります。ちょっと距離がありますので、タクシーを利用してもよいでしょう。タクシーは十分駅の商店街の中ほどで捕まえることができます。

32178301 256383968256385 7528738985946906624 n
mismatakaw

十分にある十分大瀑布は落差約20メートル、幅約40メートルほどの滝です。滝の周りは自然公園のようになっており、かなりしっかりとした散策コースがあります。また、小さな公園があったり、B級グルメの売店などもありますので、家族連れでも楽しむことができます。

10881896 1388727358095080 1452994523 n
b0401978

十分大瀑布の展望台は数か所あります。滝を正面に見ることができる展望台や、滝とその周りの緑を一緒にファインダーに収めることができる展望台、そして滝の上部から滝を見ることができる場所があります。十分から十分大瀑布まで歩いてきた場合は、それらの展望台への上り下りの階段が少々つらいですが、滝のマイナスイオンに癒されます。

Thumb十分瀑布は台湾のナイアガラ!観光の楽しみ方&行き方をまとめて紹介!
十分瀑布は台湾のナイアガラと呼ばれる滝であり、現地では台湾映画の撮影地としても有名です。現在...

十分観光の見どころ2『観瀑吊橋』

31953991 1545343389098559 3036579046918979584 n
mismatakaw

またこの十分大瀑布に行く途中につり橋があります。この橋は基隆川を渡るように書けら得ているます。橋の名前は「観瀑吊橋」です。滝を見る吊り橋と言う意味ですが、この滝というのは十分大瀑布ではなく、眼鏡洞瀑布という滝を見られる橋です。ここからの景色は絶景です。

18809688 224770921359787 776361290607099904 n
maxtanwk

橋の長さは130メートルほどあり、また、この観瀑吊橋は平渓線の線路と並行して走っているため、タイミングが合えば、左手に平渓線が走り抜ける様子を見ることができます。またこの吊り橋は結構揺れます。さらに子供や学生などがいるとふざけてわざと橋を揺らしたりするのでとてもスリリングです。

十分観光の見どころ3『台湾煤鉱博物館』

31273747 164674714369463 4881650435540123648 n
bierhoff1310

日本統治時代、台湾の経済を支えていたのは炭坑の存在です。平渓線の沿線には当時の様子が残る場所がたくさんあります。こちらの台湾煤鉱博物館は観光客にはあまり有名ではないのですが、とてもおすすめの穴場スポットです。十分の駅から歩いて20分から30分ほどかかりますので、タクシーを利用すると良いでしょう。

25013703 171650160108365 5187349672045314048 n
hcc0923

台湾煤鉱博物館では台湾の鉱山がにぎわっていたころの歴史や、炭鉱の様子を見学することができます。当時使用していたトロッコ列車に乗り、実際の作業場まで行くのはとてもスリリングです。博物館の見学の所要時間はだいたい1時間から1時間半ほどです。今は廃墟となってしまった建物なども見学できますので、廃墟マニアの方にもおすすめです。

十分観光の見どころ4『平渓天燈(ランタン)祭』

夜の闇にいくつもの天燈(ランタン)がオレンジ色の光を放ちながら浮かび、どこかノスタルジックな音楽が流れています。そんな旅行会社のコマーシャルで台湾旅行に興味を持った方も多いのでしょう。あの夜空の天燈(ランタン)は十分の駅であげられる天燈(ランタン)とは少し違います。あれは平渓天燈祭の夜の様子です。

天燈(ランタン)の始まりは諸説あります。例えば中国の三国志の時代に諸葛亮が遠方に控える軍に現在の戦況を伝えるために上げたものという説、また、こちらの平渓区では山間の町であるため、山賊などの被害が多かったそうです。そこで村人たちは村を離れて身を隠し、安全が確認できた合図として天燈(ランタン)をあげたといわれています。

16584009 625923074285170 421748307950305280 n
hanatoneko

現在は天燈(ランタン)上げは天に願いをかけたり、先祖への近況報告やご加護を祈るのが目的です。平渓天燈祭は毎年、旧正月の15日(元宵節)に行われます。そのため年により日にちが違いますが、基本的には年に1度しかチャンスはありません。平渓天燈祭は十分近辺の学校の校庭や広場などで行われます。

28754095 2032773693659669 9026253301624078336 n
oleo_319

平渓天燈祭は、十分でできる天燈(ランタン)上げと違い、天燈(ランタン)上げをできる人は人数が決まっています。整理券は当時の朝9時ごろから会場で配り始めます。整理券が欲しいときは午前中に行かなければまず手に入りません。まず会場で整理券を手に入れてから夜までは近辺の観光スポットを巡りましょう。確実に整理券を入手したい場合は整理券付きのツアーを申し込むのが良いでしょう。

十分近辺の観光名所1『九份』

十分に行くのであれば、合わせて訪れたいのがこちらの九份です。九份はジブリ映画のモデルになった町ともいわれて、そのノスタルジックな雰囲気でとても人気の観光地です。もし九份と十分を同日に訪れるなら、九份は夕方から夜がおすすめです。夜の山間にまるで幻のような紅い光がともり始め、その様子を遠くから見るととても怪しく魅力的です。

九份は日が出ている間は美しい海の風景が楽しめます。そして夕方から夜にかけての時間はお店などに赤い提灯が付きはじめ、夜はとてもロマンチックな雰囲気に変わります。昼間は十分を観光し、夕方になったら九份に向かい夜の九份を楽しみましょう。九份には迷路のように入り組んだ道にたくさんのB級グルメのお店やお土産屋さんが並びます。

ところで九份の「份」と十分の「分」の字が違うのには意味があります。九份という地名の由来は諸説ありますが、九份というのは「土地を9人で分けたもの」という意味がからだとか、清朝初期に9世帯しか住んでいなかったので、ものを買うときにいつも「9つ分」と言っていたからという説もあります。

Thumb台湾・九份老街を観光!おすすめスポット&グルメ・お土産を徹底リサーチ!
台湾の観光名所である「九份老街」。グルメやショッピングを楽しめるスポットになり、有名なジブリ...

十分近辺の観光名所2『金瓜石鉱山』

30604426 231499980741195 8578234267862040576 n
xija_f2

瑞芳からバスで九份に向かい、さらに進むとこちらの金瓜石鉱山があります。この金瓜石鉱山は、かつて東北アジアナンバーワンの金山として呼び声が高かったのですが、現在は閉鉱し、博物館ができています。こちらは室内、室外ともに見どころが多く、日本の統治時代の影が色濃く残っているのも興味深いです。

23421965 642952829426662 9059343602278203392 n
shoinsense

博物館内には重量が220キログラムもある大きな金塊に触ることができます。金箔が入った化粧品や黄金のゴールドバーグッズなどもお土産として人気です。また砂金とり体験ができるコーナーもありますので、大人から子供まで楽しめる、とてもおすすめの観光スポットです。

台湾・十分で天燈上げ(ランタン上げ)をしよう

いかがでしたでしょうか。十分の天燈(ランタン)上げについてご紹介してみました。十分の天燈(ランタン)上げは台北観光の中でも人気のアトラクションです。お友達同士でわいわいと楽しんだり、家族やカップルのレジャーとしてもおすすめです。願い事を天燈(ランタン)にしたためて空に飛ばしてみましょう。

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング