旧呉鎮守府の歴史を感じる入船山記念館を見学!駐車場や料金は?

かつて東洋一の軍港と呼ばれた広島県呉市には「入船山記念館」等を始めとした「旧呉鎮守府」の歴史を感じられる数多くの歴史的観光スポットが存在します。ここでは「旧呉鎮守府」の歴史を感じられる呉市やその近辺のおすすめ観光スポット、その駐車場情報や料金等を紹介します。

旧呉鎮守府の歴史を感じる入船山記念館を見学!駐車場や料金は?のイメージ

目次

  1. 1広島県呉市で旧呉鎮守府の歴史を体験しよう!
  2. 2東洋一の軍港と呼ばれた呉市について
  3. 3かつて呉市にあった旧呉鎮守府とは何か
  4. 4旧呉鎮守府の歴史1:海上自衛隊呉地方総監部庁舎・旧呉鎮守府庁舎
  5. 5旧呉鎮守府の歴史2:アレイからすこじま
  6. 6旧呉鎮守府の歴史3:旧呉海軍工廠本部前
  7. 7旧呉鎮守府の歴史4:旧呉海軍工廠電気部関係建造物
  8. 8旧呉鎮守府の歴史5:海上自衛隊第1術科学校(江田島術科学校)
  9. 9旧呉鎮守府の歴史と入船山記念館1:入船山記念館について
  10. 10旧呉鎮守府の歴史と入船山記念館2:旧呉鎮守府長官官舎
  11. 11旧呉鎮守府の歴史と入船山記念館3:金唐紙
  12. 12旧呉鎮守府の歴史と入船山記念館4:旧呉海軍工廠塔時計
  13. 13旧呉鎮守府の歴史と入船山記念館5:火薬庫
  14. 14旧呉鎮守府の歴史と入船山記念館6:旧東郷家住宅離れ
  15. 15海上自衛隊呉地方総監部庁舎・旧呉鎮守府庁舎へのアクセスと駐車場情報
  16. 16アレイからすこじまへのアクセスと駐車場情報
  17. 17海上自衛隊第1術科学校(江田島術科学校)へのアクセスと駐車場情報
  18. 18入船山記念館へのアクセスと駐車場情報
  19. 19広島県呉市に旧呉鎮守府の歴史を学びに行こう!

広島県呉市で旧呉鎮守府の歴史を体験しよう!

広島県呉市には「旧呉鎮守府」の歴史を感じる事が出来る「入船山記念館」や「海上自衛隊呉地方総監部庁舎・旧呉鎮守府庁舎」など数多くの歴史的おすすめ観光スポットが存在します。ここでは、かつて東洋一の軍港と呼ばれた呉市の歴史を感じられる有名観光スポットを紹介していくので、呉市に「旧呉鎮守府」の歴史を体験しに行きましょう!

Thumb広島・呉市の観光スポット特集!名所やグルメなどおすすめ丸ごと紹介!
広島県呉市は軍港として知られていました。今でも海上自衛隊の一大基地です。神功皇后や平家の時代...

東洋一の軍港と呼ばれた呉市について

広島県の中南部に位置し、瀬戸内海に面している呉市には戦時中、「戦艦大和」や「戦艦武蔵」を建造した造船所があり「東洋一の軍港」として有名でした。人口25万人をかかえる呉市は、広島県内の人口では福山市に次ぎ3位です。現在は造船や鉄鋼、機械や金属等の「臨海工業都市」として栄えており「旧呉鎮守府」の歴史を感じる事が出来ます。

また、呉市には「戦艦大和」について学べる「大和ミュージアム」や、巨大な潜水艦などが展示された「てつのくじら館」などの帝国海軍・海上自衛隊に関する博物館等もあって、日本が歩んできた歴史を学べる観光地としておすすめです。「呉海軍工廠」等があった呉市は太平洋戦争末期に米軍による「呉軍港空襲」を受け、多大な被害を受けました。

呉市には市の有形文化財に登録の「旧呉海軍工廠塔時計」、土木遺産に指定の「アレイからすこじま」、国の有形文化財に登録の「旧東郷家住宅離れ」や「旧高烏砲台火薬庫」等の日本遺産があり、おすすめの観光地となっています。時代は現代に移りつつも、かつて帝国海軍の本拠地だった呉市では「旧呉鎮守府」の歴史を垣間見る事が出来ます。

かつて呉市にあった旧呉鎮守府とは何か

「鎮守府(ちんじゅふ)」は、かつて大日本帝国海軍が各管轄海軍区ごとの艦隊を統括する為に作った機関であり、「鎮守府」の前は兵部省内にあった「海軍提督府」により日本海軍は統括されていました。1875年に日本の周辺海域を東西の2当分に分け東西各指揮官の指揮下に置き、1876年には東海と西海に「鎮守府」を設置する事を決定しました。

東海鎮守府は当初横浜に仮設されましたが、1884年に「横須賀鎮守府」として横須賀に移りました。西海鎮守府は開設されませんでした。1886年4月22日には「海軍条例」により日本臨海の海を5当分にし「鎮守府」と軍港を建造して5海軍区にしました。1889年には「横須賀鎮守府」以外にも「呉鎮守府」と「佐世保鎮守府」等を開設しました。

「鎮守府」は、各海軍区の兵員の徴募・出動準備・訓練、施政の運営・監督などを取り仕切っていました。大将や中将等の「鎮守府司令長官」は、海軍大臣や海軍軍令部長からそれぞれ違う指示を受けました。「鎮守府官制」により、参謀部・軍医部・主計部・造船部・兵器部・建築部・軍法会議・監獄署などの「鎮守府」の組織に分かれていました。

「呉鎮守府」は名前の通り広島県の呉市にあった「鎮守府」で、呉鎮(くれちん)という愛称で呼ばれていました。しかし、第二次世界大戦終戦後の1945年11月に「鎮守府」が廃止した為、1952年(昭和27年)に警備隊、1954年(昭和29年)に海上自衛隊が地方隊・地方総監部を置いて、かつて海軍区・鎮守府が行っていた任務を受け継ぎました。

現在の海上自衛隊は鎮守府から継承した呉・横須賀・舞鶴・佐世保、警備府から昇格した大湊に地方隊を展開して哨戒機・護衛艦・潜水艦を使い24時間体制で休みなく日本周辺海域のパトロールを行っています。また、2016年4月には「鎮守府、呉・横須賀・佐世保・舞鶴、日本近代化の躍動を体感できるまち」として日本遺産に認定されました。

旧呉鎮守府の歴史1:海上自衛隊呉地方総監部庁舎・旧呉鎮守府庁舎

1907年(明治40年)に完成のレンガと御影石で建造された「海上自衛隊呉地方総監部庁舎・旧呉鎮守府庁舎」は、数多くの日本遺産鎮守府を持つ呉市の歴史を象徴する地下1階、地上2階建から成っている建造物です。「海上自衛隊呉地方総監部庁舎・旧呉鎮守府庁舎」では平成23年に映画「聯合艦隊司令長官・山本五十六」のロケも行われました。

「呉地方総監部・第1庁舎」は同じ敷地内にある「旧日本海軍地下作戦室」と毎週日曜日に一般公開されており見学が出来るのでおすすめです。見学の申し込みは見学申請書と見学者名簿に記入の上、見学日の20日前から10日前の16時半までにFAX番号0823-22-0709へ送信します。一般公開の問い合せは、海上自衛隊呉地方総監部広報係迄です。

住所:広島県呉市幸町8-1
電話番号:0823-22-5511

旧呉鎮守府の歴史2:アレイからすこじま

「海上自衛隊呉基地」が近くにあり日本で唯一近くから潜水艦を見学できる事で有名な「アレイからすこじま」は2009年に日本遺産として土木学会選奨土木遺産に指定されました。「アレイからすこじま」には「呉鎮守府」の歴史を感じられる旧日本海軍が使っていた係船柱や魚雷積載用クレーン等が残されており、おすすめの公園となっています。

25036521 1305279906243806 4307822201836404736 n
skksky_pics

「アレイからすこじま」の名前は、英語で小路や小道という意味の「アレイ(Alley)」と、かつて呉浦に浮かんでいた周囲約40mの「烏小島」がくっついた物です。「烏小島」は大正時代に魚雷発射訓練場を造る為に埋め立てられました。公園内には潜水艦を見学する為に突き出たデッキもあり、土木遺産に指定された「切石積護岸」もあります。

「切石積護岸」は呉鎮守府兵器部やその関連部の工場建設の為に精緻に加工された花崗岩を積み上げて造られた護岸で、戦前は呉海軍工廠や兵器製造所前のただの岸壁でした。海上自衛隊呉基地(Fバース)では毎週日曜日に「艦艇一般公開」が行われており、護衛艦の艦内見学や任務に就いている乗組員の方と接する事ができるのでおすすめです。

22802687 1974499836131401 7418547601353474048 n
gonnosuke2008

1日に3回ある「一般公開」の見学の申し込みは、見学申請書や見学者名簿に記入後、見学日の20日前から10日前の16時半迄にFAX番号0823-22-0709まで送って下さい。「アレイからすこじま」から見える潜水艦は、残念ながら「一般公開」はされていませんが、「アレイからすこじま」や「艦艇一般公開」の際に自由に記念撮影をする事が出来ます。

住所:広島県呉市昭和町
電話番号:0823-25-3309

Thumb『アレイからすこじま』で潜水艦の内部を見学!駐車場や料金は?
瀬戸内海に面する呉市は、かつて東洋一の軍港でした。現在も海上自衛隊呉基地がある呉市には「アレ...

旧呉鎮守府の歴史3:旧呉海軍工廠本部前

27891861 212303232667320 7558141125169512448 n
masashi_imoue

「アレイからすこじま」の付近には以前、船舶や航空機、兵器や爆弾などを開発、製造していた「旧呉海軍工廠本部(くれかいぐんこうしょう)」という海軍直営の軍事工場がありました。レンガ造りの建造物が立ち並ぶ「呉海軍工廠」は、東洋一の軍港と呼ばれるに相応しい「戦艦大和」や「戦艦武蔵」の主砲塔や砲身を建造した軍事工場でした。

22427341 125530411499672 3365087093796634624 n
maimai_xoxo

日本の戦力であった「呉海軍工廠」は、アメリカ軍の標的となり、1945年には複数回に渡り290機ものB-29による呉軍港や瀬戸内海西部への「呉軍港空襲」を受け、約1900名の海軍工廠関係の死者を出すなど壊滅状態となりました。「呉海軍工廠」は終戦後解散、現在は「ジャパン マリンユナイテッド呉工場」が大型民間船舶の建造をしています。

1993年に世界最大級の「戦艦大和」を建造したドックは、埋め立てられ工場に変わってしまいましたが、かつて「戦艦大和」を修理したドックは、現在も自衛艦や米軍艦が使用しています。「ジャパン マリンユナイテッド呉工場」では現在は、海上自衛隊の艦艇の建造などは行っておりませんが、海上自衛隊の艦艇の修理などは行っています。

旧呉鎮守府の歴史4:旧呉海軍工廠電気部関係建造物

30603455 788380788023707 7335673424238346240 n
hiromimarochan

1897年から1903年(明治30年から36年)の呉海軍造兵廠時代に建てられた「昭和町れんが倉庫群」と呼ばれる赤レンガの建造物は、「アレイからすこじま」の向かい側に立っており、当時は「旧呉海軍工廠電気部関係」として使用されていました。「呉軍港空襲」を受けた「旧呉海軍工廠電気部関係」は、当初の建物よりも奥行きが短くなっています。

23347782 1531281963632765 2760190917804556288 n
rieaskey

現在、ダイクレや呉貿倉庫運輸などの民間会社が「旧呉海軍工廠電気部関係」の建造物の跡地を工場や倉庫として使用、かつて「呉海軍工廠」の水雷部・電気部の工場として使用されていた「旧呉海軍工廠電気部関係」の建造物は戦争終結後、日本進駐連合国軍により接収されましたが、接収が解除となった後、呉市営倉庫を経て民営化となりました。

旧呉鎮守府の歴史5:海上自衛隊第1術科学校(江田島術科学校)

広島県江田島地区にある「海上自衛隊第1術科学校(江田島術科学校)」は、砲術・水雷・掃海・航海・通信・応急・潜水・陸上警備などに必要な知識や技能について学ぶ為の「術科学校」です。ここでいう「術科学校」とは、実際に自衛隊員としての任務を遂行できる様に、必要な知識や技能を習得する訓練を海上自衛隊が行っている機関です。

「術科学校」には「第1術科学校」から「第4術科学校」まであります。この「海上自衛隊第1術科学校」は、かつての「鎮守府」の歴史を感じる事が出来る、おすすめの歴史的建造物や、旧海軍資料など約14000点もの展示物が展示してある人気観光スポットとなっています。国の為に命を捧げた特攻隊員の方々の遺書や遺品等も展示されています。

昭和35年から「海上自衛隊第1術科学校」では平日は3回、土・日・祝日は4回の自衛隊OBの方による「校内見学」が行われており、年間約7万人の観光客が訪れる江田島を代表する、おすすめ観光スポットとなっています。見学料金は無料で身分証明書等は不要です。見学所要時間は約1時間半で開始時間の30分前には正門で受付を済ませて下さい。

「海上自衛隊第1術科学校」では、海上自衛隊の歴史について学ぶ「江田島クラブ」、儀式がなければ内部も見学できる「大講堂」、外観のみの見学となる「幹部候補生学校庁舎(旧海軍兵学校生徒館)」、写真撮影・スマートフォン・携帯電話等が禁止の「教育参考館」、第2・第4火曜日に近くで見学できる「表桟橋・陸奥の主砲」を見学出来ます。

住所:広島県江田島市江田島町国有無番地
電話番号:0823-42-1211

旧呉鎮守府の歴史と入船山記念館1:入船山記念館について

28764864 1591429784304533 4624511516622716928 n
terygunsou

JR呉駅から徒歩にて約15分という便利なロケーションにある「入船山記念館」は、国の重要文化財に指定された「 旧呉鎮守府司令長官官舎」、国産最初の電動親子式衝動時計で現在も未だ動いている「旧呉海軍工廠塔時計」、「郷土館」や「歴史民俗資料館(近世文書館)」 などがある施設で、呉市の歴史的が感じられるおすすめ観光スポットです。

21568903 225253001340217 5490219233772044288 n
koume_20

「入船山記念館」の開館時間は9時から17時迄で最終入館は16時半です。「旧呉鎮守府」の休館日は毎週火曜日ですが、祝日・休日の場合は翌日が休館日となり、12月29日から1月3日までも休館日となります。料金は一般が250円、高校生が150円、小・中学生が100円です。呉市に住む高校生・中学生・小学生・小学校未就学児は無料です。

住所:広島県呉市幸町4-6
電話番号:0823-21-1037

旧呉鎮守府の歴史と入船山記念館2:旧呉鎮守府長官官舎

22637250 226245637910004 6589367086408007680 n
isotan

1998年(平成10年)12月に国の重要文化財に指定された「入船山記念館」の「 旧呉鎮守府司令長官官舎」は、東側の洋館部と西側の和館部から成る木造平屋建で見事な和洋折衷の建物となっています。「 旧呉鎮守府司令長官官舎」の屋根は天然スレートの魚鱗葺でイギリス製のステンドグラスがはめ込まれた豪華な玄関やイギリス製の家具が見事です。

26867440 143149339705312 1135142045103423488 n
toshimitsu258

壁全面に貴重な「金唐紙」が張られた洋館部は当時、迎賓館として使用されており豪華な客室や執務室でした。また、その隣は豪華な食堂となっており現在は、昭和5(1930)年9月1日に、呉市と縁の深い軍艦「出雲」で開催された艦上午餐会(昼食会)で提供されたフランス料理7点のレプリカが展示されており、当時の食事の様子を知る事が出来ます。

29089362 970196536482771 7598269687515840512 n
zaki01003

「 旧呉鎮守府司令長官官舎」は明治38年(1905年)6月の芸予地震で倒壊しており、現在の建造物は見つかった司令官官舎の図面通りに復元された建物です。洋館部と廊下で繋がっている和館部の純和風部屋は当時、住居として使用されていました。近くには入船山記念館の歴史や旧呉鎮守府司令官官舎の資料が展示されている「郷土館」があります。

13735886 734817933325069 2025759974 n
okkin_1003

「郷土館」は「入船山記念館」の券売所であり、「金唐紙」の復原資料が展示されている「歴史民俗資料館」もあるので、先ず、呉市や「旧呉鎮守府」等の歴史を学べる2つの施設を見学してから「 旧呉鎮守府司令長官官舎」を見学すると、「 旧呉鎮守府司令長官官舎」の建造方法や金唐紙の特徴を理解した上で見学する事が出来るのでおすすめです。

旧呉鎮守府の歴史と入船山記念館3:金唐紙

25038141 2024798291142726 8906157134035550208 n
15yamamoto

「旧呉鎮守府長官官舎」の洋館部の客室や執務室の壁面は、明治のロマン漂う「金唐紙」で覆われています。かつて、ヨーロッパで部屋の壁の内装として使用されていた「金唐革」技法を日本風に和紙を使用して作成した物です。文様が彫られた「版木棒」に金属箔が張られた和紙を重ねてデコボコを付け、その上から好みで塗料を塗った物です。

11334670 988188081215804 795541517 n
moonofsorrow0326

明治の頃、欧米などで高い評価を得ていた「金唐紙」は、輸出が盛んに行われ、バッキンガム宮殿にも日本製金唐紙が使用されました。殆どの「金唐紙」は国指定の重要文化財で、「旧呉鎮守府長官官舎」の客室前には、「縦縞花柄模様」「流水・菊花模様」「草花と昆虫」「入船の森」の4種類の実際に触れるサンプルも展示してありおすすめです。

旧呉鎮守府の歴史と入船山記念館4:旧呉海軍工廠塔時計

22500378 358377437918182 2130691872060866560 n
isotan

「入船山記念館」の入り口近くのおすすめ観光名所「旧呉海軍工廠塔時計」は、1921年(大正10年)6月に旧呉海軍工廠造機部庁舎屋上に設置され、東洋一の軍港と呼ばれて栄えた呉市から、戦後の平和産業都市へと生まれ変わるまでの長い時間を刻んできました。昭和46年に「入船山記念館」に移された時計には、修復・復元作業が施されました。

17438654 1748121345480013 5800780725443624960 n
kawachan_a380

高さ約10mの「旧呉海軍工廠塔時計」は修復・復元作業後、再び時を刻みだした国産最初の電動親子式衝動時計です。「旧呉海軍工廠塔時計」は、1981年(昭和56年)に「呉市有形文化財」に指定されており、時計から1日4回流れるメロディーは小・中学生が毎年作曲した物が使用されています。直ぐ近くには番兵が立っていた「番兵塔」もあります。

旧呉鎮守府の歴史と入船山記念館5:火薬庫

14156320 1165688316810146 530200732 n
tm69fish

「入船山記念館」には明治32年から3年という年月をかけて建造された石造りの建物が立っています。この建造物は呉軍港の防衛の為に「火薬庫」として使用されていました。現在は文化庁指定の登録有形文化財です。「火薬庫」には呉市出身の画家の絵画や、実際に戦争中に使用されていた火薬抜きの弾丸等が展示されており、おすすめの観光場所です。

旧呉鎮守府の歴史と入船山記念館6:旧東郷家住宅離れ

24838596 131594370868800 3260891857210572800 n
grani8611

「入船山記念館」には、幕末から明治に薩摩藩士・軍人だった東郷平八郎が1890年(明治23年)から約1年7か月間、住んだ平屋建瓦葺き木造の「旧東郷家住宅離れ」があります。1997年(平成9年)5月に国の登録有形文化財に登録されました。東郷平八郎の階級は元帥海軍大将で、日露戦争での勝利により英雄となった「世界三大提督」の1人です。

海上自衛隊呉地方総監部庁舎・旧呉鎮守府庁舎へのアクセスと駐車場情報

「海上自衛隊呉地方総監部庁舎」へのアクセスは、電車でJR呉駅まで行き「呉市営バス」停留所番号3番発の「阿賀音戸の瀬戸線」か「呉倉橋島線」に乗り換えます。「総監部前」で下車すると直ぐ目の前です。車の場合、日曜日の一般公開時は平成28年1月から車両の乗り入れが禁止なので「海上自衛隊呉地方総監部庁舎」付近の駐車場を使用します。

アレイからすこじまへのアクセスと駐車場情報

「アレイからすこじま」へのアクセス方法は、バスが「広電バス」に乗車しバス停「潜水隊前」で下車後、徒歩で約1分です。「呉探訪ループバス(くれたん)」はバス停「潜水隊前」で下車、徒歩で約1分です。車が広島呉道路・呉インターチェンジから約10分です。「アレイからすこじま」には8時から20時までオープンの無料駐車場があります。

海上自衛隊第1術科学校(江田島術科学校)へのアクセスと駐車場情報

11348264 806295476145269 256541432 n
aya_terachan

「海上自衛隊第1術科学校(江田島術科学校)」へのアクセスは、JR呉駅から「呉港中央桟橋」まで徒歩で約10分、瀬戸内海汽船フェリーに乗船し「江田島小用港」まで約20分です。「江田島小用港」からタクシーで約7分です。「江田島小用港」から「大柿高校・山田・深江行き」市営バスで「術科学校前」まで約7分、バス停の直ぐ目の前です。

「海上自衛隊第1術科学校(江田島術科学校)」への車のアクセスは、「音戸大橋・早瀬大橋」経由で呉市内から約50分です。因みに広島市内から呉市内までは車で約1時間です。車でお越しの方は、「海上自衛隊第1術科学校(江田島術科学校)」の構内に一般駐車場があり、普通車は勿論、バイクや大型バスも駐車する事が出来るので便利です。

入船山記念館へのアクセスと駐車場情報

「入船山記念館」へのアクセス方法は、電車がJR呉駅から徒歩で約15分、船が呉中央桟橋から徒歩で約15分です。バスは国立病院・坪の内経由の広電バス宮原線を使用し「入船山公園」で下車、バス停のすぐ近くです。車が広島呉道路(クレアライン)の呉ICから約5分です。「入船山公園」は122台収容可の駐車場完備、駐車場料は1時間100円です。

広島県呉市に旧呉鎮守府の歴史を学びに行こう!

かつて東洋一の軍港と呼ばれた呉市で「旧呉鎮守府」の歴史を感じられる数多くの観光スポットを紹介してきましたがいかがでしたか?上記であげた観光スポット以外にも「大和ミュージアム」「てつのくじら館」「長迫公園」等、呉市の歴史と深い関わりのある歴史的スポットがあります。そんな呉市に「旧呉鎮守府」の歴史を学びに行きましょう!

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
ビジネスキー紀子

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ