日帰りで台湾へ行こう!おすすめ観光コースから予算まで完璧プランニング!

日帰りで海外旅行に行ってみませんか?台湾なら、日帰りで旅行に行くことができます!夜プラス1日あれば、深夜に出発し、1日台湾で楽しんだ後、夜には日本に帰ることができるのです。どんなプランの観光コースを回ることができるのか調査しました!

日帰りで台湾へ行こう!おすすめ観光コースから予算まで完璧プランニング!のイメージ

目次

  1. 日帰りで台湾旅行に行こう!
  2. 台湾日帰り旅行は可能?
  3. 台湾日帰り旅行の予算はいくら?
  4. 台湾日帰り旅行にはコツが必要
  5. 台湾日帰り旅行を楽しむためのWi-Fi準備
  6. 台湾日帰り旅行では移動手段も考えよう!
  7. 日帰りにおすすめ!台湾観光スポット1「台北駅」
  8. 日帰りにおすすめ!台湾観光スポット2「台北地下街」
  9. 日帰りにおすすめ!台湾観光スポット3「雙連朝市」
  10. 日帰りにおすすめ!台湾観光スポット4「士林の夜市」
  11. 日帰りにおすすめ!台湾観光スポット5「寧夏夜市」
  12. 日帰りにおすすめ!台湾観光スポット6「華山1914」
  13. 台湾日帰り旅行の観光コース1「癒しプラン」
  14. 台湾日帰り旅行の観光コース2「観光プラン」
  15. 台湾日帰り旅行の観光コース3「グルメプラン」
  16. 日帰りで台湾旅行を満喫しよう!

日帰りで台湾旅行に行こう!

なかなかまとまった休みがとれない人は、友達や家族と旅行に行きたいけど国内旅行しかないと、あきらめている人が多くいます。しかし、LCCのpeachを利用することで、安い予算で、日帰り海外旅行が可能です。今回おすすめするのは、日帰り台湾旅行です。どんなプランになるのか、予算はどのくらいなのかご紹介します!

台湾日帰り旅行は可能?

LCCのPeach導入により、台湾への日帰り旅行することができるようになっています。夜中から早朝にかけて、各空港から台湾の桃園空港に飛び、帰りは夜から夜中にかけて各空港に戻ってくるプランです。時間的にはハードなプランとなりますが、癒しの旅行にするのか、バタバタな旅行にするのか、自分で選ぶ楽しみもあります。

癒しのプランを選ぶなら、日帰りで活力を得て日本に帰ることができます。もし、欲張りにバタバタなコースを選択しても、日帰り旅行なら、日本に帰ってきてからゆっくりすることもできますし、行きと帰りに、飛行機の中で寝ることができるので、疲れすぎるということもなく、リピートする人も多くいます。

台湾の日帰り旅行では、何日間も旅行を満喫することはできませんが、土日の休みがあれば、まとまった休みが取れない忙しい人でも、海外旅行するという選択ができます。台湾の日帰り旅行は、時間が限られているため、行く前に観光スポットと道順、最寄り駅を予習して行くとスムーズに観光できます。

Thumb台湾と日本の時差&飛行機のフライト時間は?旅行中の快適な過ごし方!
日本からの観光客もとても多い台湾ですが、時差や飛行機のフライト時間は知っていますか?日本から...

台湾日帰り旅行の予算はいくら?

「弾丸 日帰り 台湾旅行」で検索すると、予算は1万円前後です。高い時は、2万円ほど予算かかる場合がありますが、安い時は、7千円にプラス諸費用で日帰り旅行が可能だった時期もあります。こればかりは、格安航空会社の飛行機プラン設定に寄るので、ぜひ注意深く検索し、日帰りで、安く台湾へと旅行に出かけましょう!

日帰り旅行ですので、ホテル代は必要ありませんが、飛行機の往復代に加えて、食事代、お土産代、移動代、観光スポットの料金などの費用が、必要です。人によって、食事にこだわりたい、お土産にこだわりたいなど違いますので、一概には言えませんが、普通に観光を楽しむ場合、航空券代プラス2万ほどで予算を組んで楽しんでいる人が多くいます。

台湾日帰り旅行にはコツが必要

日帰りプランは、格安航空会社であるLCCを使い、発着を考えてプランを考えることが大切です。例えば、4時ごろまでに空港へ到着し、LCCのpeachで5時50分発の台湾行きに乗ります。9時ごろ台湾桃園国際空港へと到着します。そして、帰りは、タイガーエア台湾で、23時50分の台湾発の飛行機で帰ることで、翌日4時に羽田に着くことができます。

その場合、およそ14時間は台湾で過ごすことができます。また帰りの飛行機もpeachを選びたいなら、帰りは20時45分発を取ることになりますが、およそ10時間は台湾で過ごすことができます。このように、深夜に夜中へ飛び立つ便を選び、帰りは、夜に日本へと飛び立つ便を選ぶことで日帰り旅行が可能になります。

荷物を預けない

格安航空会社であるLCCは、荷物預かりにプラス料金がかかってしまうことが多くあり、予算に入っていなかったとなる人がいます。日帰り旅行なら、宿泊しないので着替えなどが要りませんし、リュックに、パスポートや財布、カメラやスマホ、暑さ寒さ対策くらいの荷物となり、荷物預かり料金は必要ないので予算オーバーすることもありません。

飛行機の席の広さ選択はオプション

日帰りだからこそ、飛行機の席は、広さが必要と思う人も多くいます。オプションで、プラス料金を払えば席を替えられる場合もあります。足元のスペースが広い「非常口列」、1列目の座席が指定できる「ファストシート」などがあります。予算が限られているのなら、狭い空間ですが、台湾までおよそ4時間スタンダードで過ごしましょう。

モバイルサイトで予約しよう

注意が必要なのは、予約の仕方です。普通は、電話、パソコン、スマホなどから、飛行機の予約をすることができますが、日帰りで行く飛行機は、モバイルサイトのみプラス料金がかからずに、予約をすることができます。パソコンサイトはなく、電話は料金がかかります。peachを利用するなら、「peach 弾丸」で探すと予約サイトが表示されます。

台湾日帰り旅行を楽しむためのWi-Fi準備

日帰り旅行は、夜ゆっくりホテルで検索と言うことができないため、事前に観光スポットを選んで観光しますが、もし道が分からなくなったり、お店が無くなっていたりした時に助かるのは、スマホの情報です。日本で台湾日帰り旅行のための飛行機を予約する時に、一緒にポケットWi-FiかSIMを申し込んでおくのは、おすすめです。

台湾日帰り旅行では移動手段も考えよう!

ツアーを組んでいるならすべてお任せとなりますが、自力でチケットを取り台湾へと訪れるなら、まず、空港から観光に便利な「台北駅」へと行き、台北駅を中心に観光スポットを回ります。ですから「台北駅」へ行くことが重要となってきます。日本の各空港から台湾へと降り立った際、まず「台湾桃園国際空港」に到着します。

バス

空港から台北駅へ行く方法の一つに、「バス」があります。時間はおよそ1時間、混んでいる日はもう少し時間がかかります。140元と一番安い移動方法なので、予算を節約したい人やバスが好きな人におすすめです。24時間体制で運航しているので、夜中の移動などにもバスはおすすめです。バス乗り場の案内は「客運巴士(Bus to city)」です。

タクシー

空港から台北駅へ行く方法の一つに、「タクシー」があります。台湾桃園空港のタクシー乗り場には、料金表が提示してありますので、料金が分かって安心です。しかし、これは、正規のタクシーの料金です。タクシーの場合、高額請求が一番怖いので、タクシーの選択には注意が必要です。

台湾にも、残念ながら高額料金を請求するタクシー業者がいます。空港にはタクシー乗り場があるのに、空港内や高速バス乗り場などで勧誘しているタクシー業者は、もしかしたら怪しいタクシー業者かもしれません。並ぶかもしれませんが、台湾桃園国際空港の各ターミナルにあるタクシー乗り場から乗りましょう。

台湾桃園国際空港からタクシーに乗る場合、空港内では「計程車(Taxi)」と案内板に従って進むとタクシー乗り場に到着します。タクシー乗り場には係員さんが立っていることが多いので、行き先のメモなどを見せると、タクシードライバーに伝えてくれて、スムーズにタクシーが利用できます。台北市街までおよそ1000元から1500元です。

タクシー利用の場合は、高い料金となりますので、大人数で行く時におすすめです。また時間や予算よりも、楽に旅行したいと思っている人も便利です。荷物をタクシーに預けて、駅限定ではなく、行きたい観光スポットへ連れて行ってもらえます。タクシーに乗る前にクレジットを使いたいと伝えれば、クレジットが使える車を選んでくれます。

MTR

空港から台北駅へ行く方法の一つに「MRT」があります。2017年3月、台湾桃園国際空港と台北市内を結ぶ路線が、開通しました。開通したことにより、空港から台北駅まで直達車でおよそ30分、普通車でおよそ45分かけて行くことができます。今まではバスでおよそ1時間かかっていたので、日帰り旅行での時間短縮は嬉しいポイントです。

MRTに乗るために、チケットを買ったり、乗り場に行ったりするのに迷うかもしれません。慣れるまではバスと同じ時間がかかってしまうかもしれませんが、慣れると、混むと時間が過ぎていくバスよりも、時間に正確なMRTが便利になってきます。MRTに乗ることに抵抗がない人には、断然MRTがおすすめです。

「桃園機場捷運(MRT)」という案内板に従って進むと、乗り場に到着します。MRTに乗る場合、入国してすぐの「桃園機場捷運服務」と記載されてあるカウンターで、悠遊カードを購入できます。このカードは、チャージすることによって、MRT、バス、鉄道、コンビニ、スーパーマーケットなどで使うことができます。日本でいう交通ICカードです。

MRTは、現金でトークンチケットを購入して、乗車することもできます。現金で支払うか、悠遊カードにまとまったお金を入れて、便利に支払いを済ませるかを選ぶことができます。悠遊カードは、おつりが出ませんし、換金できませんので、注意が必要です。料金は、変更されることがありますが、空港から台北駅まで160元です。

Thumb悠遊カードの買い方&払い戻し方法は?台湾観光で便利な乗り放題徹底ガイド!
台湾で地下鉄(MRT)を利用する場合、悠遊カードを利用するととても便利に台湾旅行を楽しむこと...

日帰りにおすすめ!台湾観光スポット1「台北駅」

バスやタクシー、MRTでまず向かうのは「台北駅」です。巨大な駅で、行きも帰りも台北駅を利用するので、どちらかに台北駅を観光するのはおすすめです。駅舎中央は、大きな吹き抜けがあり、最上階まで見通せます。天窓から光が降り注ぐ空間となっています。床に座りお弁当を食べている人もいますが、それもまた台湾という感じです。

中央スペース周辺や各入口付近には「微風台北車站」があり、台湾の有名ショップが入店しているので、手軽にお土産探しができます。またセブンイレブンなどのコンビニでも、台湾で親しまれているスナック菓子やジュースなどが売られていますので、お土産屋待ち時間に食べることができるように、購入できます。

朝ご飯を食べたいなら、微風台北舎站の2階にレストランやショップがありますので、食事や休憩に利用できます。台北駅は、MRTができてから利用者がどんどん増え、観光客にも優しい駅となっています。そのため、とても多くの人が利用していますので、レストランなど並ぶ場合があります。時間に余裕を持って訪れましょう。

日帰りにおすすめ!台湾観光スポット2「台北地下街」

台北駅から隣の中山駅、そして北門駅まで、地下街で繋がっています。台北地下街は、朝から夜まで、雨の日も暑い日も快適に過ごすことができるので、おすすめです。夜市は夜のみ、朝市は朝のみとなりますが、台北地下街は、朝から夜までいつでも利用できるので、嬉しい観光スポットです。

日本にある地下街もそうですが、わざわざ地下街に訪れる為に来る人も多くいますし、電車やバスを待つ間に訪れる人もいますので、多く人が利用しています。端から端までの距離が、長いので、ほとんどの人は、エリアを絞って利用しています。グルメが多いエリア、お土産が多いエリア、ショップが多いエリアです。

台北地下街の目玉は、安さです。このお店が安いというのではなく、地下街にあるお店のほとんどで、安く買うことができます。10代、20代の女性が着るような洋服は、およそ50元から購入できます。ブランド物が安いなどではないので、予算を組んで、地下街を歩きながら、安くてかわいい服を見つける感じで観光するのはおすすめです。

台湾には、雑貨やファッションアイテムが安いお店が多くありますが、地下街でも激安とは言わないまでも、安く手に入ります。また地下街には、美味しいものもありますし、アニメ系のものも揃っています。雨の日などは、天気を気にせずに歩いて観光することができるので、おすすめの地下街です。

日帰りにおすすめ!台湾観光スポット3「雙連朝市」

chuchu.taiwangramさんの投稿
32026302 208020346669737 2799718004340817920 n

台北駅からおよそ300メートルの場所にある「雙連朝市」は、台湾観光でおすすめのスポットです。台北駅から徒歩で北へ、およそ25分で行くことができます。ぶらっと台北市内を散策しながら歩くと、あっという間です。MRT雙連駅が最寄り駅なので、MRTもおすすめです。果物や台湾での朝食にぴったりの美味しい食べ物も売られています。

この朝市では、何でも揃いますが、台湾について朝一番に訪れる場所なので、買いすぎには注意しましょう。果物などは、日本へ持ち帰ることができませんので、その場で食べる分だけ買いましょう。おすすめの朝食は、水煎包(シュエジェンパオ)や潤餅(ルンビン)、葱油餅(ゾンヨービン)です。

日帰りにおすすめ!台湾観光スポット4「士林の夜市」

士林の夜市は、5時あたりからお店がちらほら開店を始めますので、早めに行くなら、日帰りでも行くことが可能です。6時ごろにはとても混むので、5時あたりから散策しながら食べたいお店にチェックを入れて、行列ができるお店は早めに並ぶのがおすすめです。士林の夜市は、台湾で一番有名な夜市です。

夜市と言うと、観光客用で催されているところも多いですが、この士林の夜市は、世界中の観光客はもちろん、地元の人も訪れる夜市です。最寄り駅は、MRTの剣潭駅となります。車ではおよそ10分となっていますので、タクシー利用もできますが、利用時間によっては激混みするので、考えて移動しましょう。

士林の夜市は、19世紀後半から始まりました。台湾に暮らしていた日本人が、レンガ造りの建物内で肉や魚などを売る市場を開いたのが始まりだと言われています。第二次世界大戦後、急激に成長し、有名な夜市となりました。士林の夜市は、食べ物エリアとそれ以外のエリアとに分かれています。

「陽明戯院」と「慈誠宮」の周りは、食べ物ではなく、洋服やアクセサリーが売られています。また、台所用品や工具、ゲームまでできるお店があります。更には、伝統的なマッサージを受けることもできますので、時間があれば、ぜひ台湾ならではのマッサージを夜市で受けてみるのはおすすめです。

食べ物エリアでは、台湾の美味しい屋台料理を堪能できます。500軒以上の屋台が集まり、美味しい食事を楽しむことができます。葱油餅、漢方薬のスープで煮込んだお肉などがありますが、一番のおすすめは、フライドチキンです。フライドチキンで有名なのは「豪大大雛排(ハオダダージーパイ)」で、行列ができる屋台店です。

顔のように大きい1枚の鶏胸肉を、そのまま唐揚げにしたフライドチキンで、テレビにもよく取り上げられています。胸肉なので、あまり脂っこくなく、サクサクと食べることができます。このフライドチキンは、紙シート袋とビニール袋に入ってくるので、食べきれない分は持ち帰ることもできます。ぜひフライドチキンはおすすめです。

日帰りにおすすめ!台湾観光スポット5「寧夏夜市」

規模は小さくなり、食事だけとなりますが、もし台北駅から気軽に歩いて行くことができる夜市が良い場合は、「寧夏夜市」があります。台北駅から徒歩で北へ、およそ15分なので、士林の夜市へ行く時間がない場合でも寄ることができる夜市です。もし、小物なども探したいなら、時間を取って、士林の夜市がおすすめです。

寧夏夜市のおすすめは、牡蠣オムレツです。野外に名店と言われるお店が並び、人気があります。作っているのを見ることができるので、衛生的かも確認できます。また、台北駅から気軽に行くことができる夜市なので、レストランなどで夕食を取った後に、デザートを食べに寄るだけでも可能なのが、寧夏夜市の良いところです。

デザートで人気なのはタルトです。「手工蛋塔」というお店があり、カスタードクリームが入ったタルトを味わうことができます。やはり、かき氷も人気です。そして、戚風蛋糕(チーフェンダンガオ)も人気があります。これは、台湾風のシフォンケーキです。フワフワであっという間に食べてしまいます。デザートはぜひおすすめです。

日帰りにおすすめ!台湾観光スポット6「華山1914」

1914年、日本統治時代に造られた国営のお酒工場跡地を、2007年からリノベーションが始まり、2014年には、魅力的な施設となった商業施設です。リノベーションされているとはいえ、古い建物自体が見どころです。イベントも多く行われていますし、歴史を刻んできた建物は、撮影スポットが多くあり、撮影が楽しいと人気です。

見るだけ、撮影するだけではなく、美味しいものを食べたり、台湾ならではのお土産も買ったりできます。土日は、フリーマーケットも開催されていて、個人で作成したかわいい雑貨、また美味しいジュースもあり、大賑わいです。建物から建物に歩くので、日傘など日焼け対策しておきましょう。

台湾日帰り旅行の観光コース1「癒しプラン」

mokaji0723さんの投稿
32121674 470487366701740 6236414349129285632 n

癒しプランと言えば、マッサージや美味しいスイーツを食べるコースはおすすめです。台湾の美味しいスイーツと言えば、かき氷の上にマンゴーが乗っているスイーツは、台湾でも人気です。一番おすすめのかき氷は、士林駅から徒歩5分の「Goman Mango」です。その名の通り、マンゴーを使ったスイーツのお店です。

tetsusan.kさんの投稿
33809386 2186719754883086 2569656874244767744 n

台湾では、夏にマンゴーかき氷は定番ですが、冬にマンゴーかき氷は、なかなかありません。あったとしても冷凍。温かい台湾でも、なかなかマンゴーを冬に仕入れるのは難しいようです。しかし、このお店では、冬でも新鮮なマンゴーかき氷を食べることができるとあって人気です。予算200元あれば、贅沢なかき氷をいただけます。

せっかく台湾へ行くなら、日帰り旅行でもマッサージを受けることができるコースもおすすめです。台湾旅行で絶対体験したいことのリストの上位に入るマッサージは、日帰りでも体験可能です。台湾のマッサージというと、とても痛い足裏マッサージです。体が不健康な人ほど痛いと感じると言われています。

goo_appさんの投稿
32443594 229531747821255 7306923252461338624 n

痛いのは苦手な人も多くいます。しかし、足裏マッサージはおすすめです。痛いのですが、その後、靴がブカブカになる人も多く、足のむくみが取れているのが分かります。何といっても足が軽くなるのにビックリ!感動する足裏マッサージです。足裏マッサージの相場は、40分でおよそ500元の予算で受けることができます。

どうしてもマッサージを受けることができない人におすすめの癒しプランのコースは、温泉です。台湾は、温泉天国。100か所以上の温泉が湧き出ていて、温泉の質も様々です。台北駅からMRT淡水線を使い、およそ30分で到着するのは「北投温泉」です。ラジウム強酸性硫黄泉、弱酸性硫黄泉、炭酸泉の3種類が揃っている温泉です。

台湾で、温泉に入るのは、恥ずかしいと思う人は、足湯は、おすすめです。さすが温泉の街、北投復興公園内に、大きな足湯が設置されています。温泉に入るまではないけど、台湾の温泉を試してみたい人は、無料ですので、足をつけてみてはいかがでしょうか。MRT新北投駅から徒歩でおよそ10分です。癒しプランは観光コースにおすすめです。

Thumb北投温泉は「加賀屋」がおすすめ!日帰り入浴の料金や評判をまとめ!
台湾で有名な温泉地である北投温泉にあって、観光の宿泊にも人気の「加賀屋」のおすすめ情報につい...

台湾日帰り旅行の観光コース2「観光プラン」

日帰りでコースを組む場合、慣れていないのにあまり遠くに観光へ行くと、食事や買い物に時間を取ることができなくなってしまいますので、リピートして、台湾の過ごし方が分かってきたら、遠くの観光スポットへ行くようにするのはおすすめです。台湾旅行に慣れていない人は、まず台北駅から少し歩いて行く、朝市はおすすめです。

台湾日帰り旅行で、観光重視のコースを回りたいなら、台北駅周辺には、その昔小学校として利用していた建物をリノベーションした「台北当代芸術館」や台湾最古の博物館「国立台湾博物館」、「華山1914」などがありますので、徒歩かMRTを使いながら台湾の歴史を刻んできたスポットを観光しましょう。

夕方には、夜市がおすすめです。夜市も台湾で人気の観光スポットで、台湾の夜市を体験するのは良い経験です。そして、お土産は、台北駅です。台北駅、また地下街もお土産を買うのに最適ですし、美味しいものもいただけます。そして空港に戻り、最後のお土産を買うチャンスで、観光コースとしておすすめです。

台湾日帰り旅行の観光コース3「グルメプラン」

stamp_maniaさんの投稿
25025446 208969006340659 7868483594983833600 n

台湾日帰り旅行で、台湾グルメを中心にコースを回りたいなら、まずは、台北駅からスタートです。台北駅には、美味しい台湾グルメを食べることができるお店があります。もし、朝早くて、お店が開いていないなら、8時から屋台やお店が出ている、雙連朝市はおすすめです。台北駅から北へおよそ1.6キロメートル行くとあります。

いつも軽い朝食という人には、果物やスープ、沢山食べたい人は、台湾で人気の小籠包や水慈包や葱油餅のお店もあります。また、台湾では、焼きトウモロコシの屋台もよく出ています。この焼きトウモロコシ、黄色と白、紫があります。黄色は日本でも食べるトウモロコシなのですが、白と紫は、日本でいう、「もちきび」です。

実際に糯米玉米、もちごめコーンと呼ばれています。モチモチとした食感で、普通のトウモロコシと思って食べると、茹で方が足りないのでは?腐れているのでは?と驚きますが、そのモチモチとした食感が、白と紫のトウモロコシの良さです。抗酸化作用や老化防止作用が期待でき、人気です。ぜひ茹でたてはおすすめです。

朝食で、おなかいっぱいになった時は、少し台湾の街を散策しましょう。そして昼、お店に入り屋台で食べることができないようなランチはおすすめです。おすすめの一つは、火鍋(ホーコー)です。辛い鍋で汗をかき、お肌がツヤツヤになります。また、牛肉麺(ニュウロウミエン)は台湾グルメで人気です。ぜひランチはお洒落なお店で楽しみましょう。

そして、台北駅付近で、少し観光をしたり、買い物をしたりした後、飛行機の時間までにまだ余裕があるなら夜市まで行くのはおすすめです。時間があれば、一番有名な士林の夜市、少しだけ時間があるなら寧夏夜市はおすすめです。食べて、食べて、食べまくりグルメプランは、観光コースにおすすめです。

日帰りで台湾旅行を満喫しよう!

格安航空会社を使えば、安い料金で日帰り旅行できる台湾は、素敵なところです。グルメプランや癒しプラン、観光重視プランなど、日帰りでも十分観光コースを楽しむことができます。上手に時間を使えば、観光スポットを回って、美味しいものを食べて、お土産を買うことができますので、上手にコースを回り、台湾の日帰り旅行を楽しみましょう!

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ