与那国島の海底遺跡でダイビングを楽しもう!シュノーケルでも見れる?

沖縄の与那国島には、おすすめの観光スポットが色々とあります。その中でもやはり見逃せないのが海底遺跡でしょう。与那国島へは海底遺跡が見たくて訪れるという方も少なくありません。そこで与那国島の海底遺跡についてフューチャーしましょう。

与那国島の海底遺跡でダイビングを楽しもう!シュノーケルでも見れる?のイメージ

目次

  1. 1沖縄の与那国島にある海底遺跡はおすすめ観光スポット!
  2. 2沖縄の与那国島観光はおすすめ!どんな島?
  3. 3沖縄の与那国島観光はおすすめ!場所はどこ?
  4. 4沖縄の与那国島観光へのアクセス方法
  5. 5沖縄の与那国島観光と言えば海底遺跡
  6. 6沖縄の与那国島観光でおすすめの海底遺跡について知ろう
  7. 7沖縄の与那国島観光でおすすめの海底遺跡はどの位深い?
  8. 8沖縄の与那国島観光でおすすめの海底遺跡はこの時期に!
  9. 9沖縄の与那国島でおすすめの海底遺跡観光はグラスボートで
  10. 10沖縄の与那国島でおすすめの海底遺跡観光はダイビングで
  11. 11沖縄の与那国島で海底遺跡と一緒におすすめの観光1:東崎
  12. 12沖縄の与那国島で海底遺跡と一緒におすすめの観光2:立神岩
  13. 13沖縄の与那国島で海底遺跡と一緒におすすめの観光3:志木那島診療所
  14. 14沖縄の与那国島で海底遺跡と一緒におすすめの観光4:与那国空港
  15. 15与那国島でグラスボートやダイビングで海底遺跡観光を!

沖縄の与那国島にある海底遺跡はおすすめ観光スポット!

沖縄の与那国島には、美しい手つかずの自然がまだまだ残っており、リゾート気分を手軽に味わうにはぴったりの観光地です。また与那国島には、色々な観光スポットが点在している上、透き通った海も魅力的なので、シュノーケルやダイビング目的で訪れる方も多いようです。

しかしながら、単にシュノーケルやダイビング目的ではなく、与那国島に訪れる方にはもう一つプラスで目的がありました。それは海底遺跡です。そこで与那国島で見ることのできる海底遺跡について特集します。

沖縄の与那国島観光はおすすめ!どんな島?

では、まずは沖縄の与那国島がどんな島なのか、少々詳しくみていきましょう。与那国島という名称は、一度は耳にしたことがある方も多いと思いますが、実際にはどこにあり、どんな島なのか、どんな観光スポットがあるのかまでは、詳しくない方もいらっしゃるでしょう。

沖縄の離島となると、どうしても石垣島や西表島、そして宮古島などがメジャーで人気ですが、最近ではその周辺の離島も人気が上がってきています。それは、沖縄本島がより近代化し、リゾート地というよりは、より都会化しているため、少々イメージと違うという声もあるからなんだそう。

そのため、より自然が残っている石垣島や西表島、そして宮古島は手軽に行ける国内のリゾート地として、今とても人気があります。また石垣島空港が新しくなり、本土からの直行便が出来たため、わざわざ那覇空港で乗り換えなくても、石垣島に直接アクセスできるようになったのも、1つの理由でしょう。

そのため、今度は石垣島などのメジャーな離島の周辺にある小島のような離島も注目されており、この与那国島も例外ではありません。与那国島には、まだまだ手つかずの自然が多く残っています。

開放感ある空に、透き通った海、そして緑あふれる自然を感じたいなら、与那国島は最適な場所です。

他の離島とも少々違った雰囲気を楽しめる与那国島。平坦な穏やか雰囲気の離島とはまた違い、少々自然の荒々しさも感じることが出来、沖縄の離島めぐりをされたことがある方でも、ここ与那国島は新鮮な体験ができるはずです。

Thumb与那国島のホテル・民宿おすすめまとめ!観光客に人気の施設ばかり!
沖縄の与那国島には、数軒のホテルと多くの民宿が点在しています。快適でプライベートな時間を過ご...

沖縄の与那国島観光はおすすめ!場所はどこ?

八重山諸島の西に位置している与那国島は、断崖絶壁の島でもあります。海の地形も少々ダイナミックで迫力があり、沖縄の他の離島とは、雰囲気が違っています。そして、台湾はすぐ目と鼻の先にあるほど日本の西側にある島のため、まさに日本の西の果てにある島といった感じになります。

沖縄の西の果てにある離島、与那国島。そのため、島特有の植物やヨナグニ馬が放牧されていたりと、ここ与那国島ならではの大自然があるのも特徴です。亜熱帯の大自然が広がっている与那国島では、沖縄本島よりもさらに紺碧色した海を見ることができ、圧巻の絶景を楽しめるでしょう。

Thumb与那国島のおすすめ観光スポットまとめ!人気グルメやお土産なども!
日本最西端の夕日が見れる与那国島は、日帰り観光でも人気の島。広い島内の観光名所を効率よく回る...

沖縄の与那国島観光へのアクセス方法

そんな日本の西の果てにある与那国島には、どんなふうにアクセスしたらいいのでしょうか。沖縄の多くの離島は、石垣島を拠点に、フェリーでアクセスするイメージが強いかもしれませんが、与那国島は少々異なります。

それは、与那国島は離島ながらも、実は小さな空港があるためです。フェリーではもちろんですが、与那国島には飛行機でもアクセスすることが可能です。ただし、高所恐怖症の方には少々怖いものかもしれません。

まずフェリーでのアクセス方法ですが、「フェリーよなく」というフェリーが、石垣島のフェリーターミナルから出港しています。石垣島から与那国島までの所要時間は少々かかり、およそ4時間ほどになります。

石垣島から与那国島へのフェリーは、火と金に1日1便ずつ、与那国島から石垣島へは、水と土に1日1便のみです。フェリーの代金は、大人が往復で6750円、子供が往復で3550円です。ただし、特に夏の時期や台風の時期などは、欠航も多くありますので、なるべく事前に民宿などで情報収集をしましょう。

次に、飛行機でのアクセス方法ですが、2種類のアクセス方法があるんです。まずは、沖縄那覇空港経由便に乗り、1時間30分ほどで与那国島にアクセスする方法です。週4便飛んでいますので便利です。

あとは、先ほどご紹介した石垣島の空港からの直行便となり、30分ほどで与那国島に到着します。こちらは1日1便から2便あります。多くの観光客の方は、石垣島とセットで観光される方が多いので、石垣島から飛行機か、フェリーでアクセスすることが多いようです。

沖縄の与那国島観光と言えば海底遺跡

では、沖縄の与那国島では、どんな観光が楽しめるのでしょうか。そして与那国島と言えば、何が有名なのでしょうか。まずは、外してはならないのが海底遺跡です。

海底遺跡というフレーズだけでも、少々ロマンを感じでわくわくしてしまう方もいるようですが、まさにイメージ通りの神秘さが、与那国島の海底遺跡にはあります。

25036719 413993229114753 7885286619442315264 n
toshitoshi222

シュノーケルやダイビングを沖縄で楽しむ方は多くいますが、それもちょっと飽きてきた方、また考古学などが大好きで、遺跡巡りなども好きな方などには大変おすすめな場所になります。しかしながら、海底にある遺跡なので、見学方法は少し大変です。

沖縄の与那国島観光でおすすめの海底遺跡について知ろう

26222354 1812539842372462 5707370280586838016 n
toshitoshi222

与那国島にある海底遺跡は、1986年に与那国島の地元ダイバーが、新しくダイビングポイントを開拓している際に偶然発見した海底地形になります。まるで人工的に作ったのような建物が多く、階段状の形状もあれば、生活感があり、使われていたような水路などもこの海底遺跡では見られます。

他にも、クサビを打ち込んでいたような規則正しく穴が開いている場所なども発見されており、とても不思議な海底遺跡です。

14733385 967136460081475 400752214294921216 n
hiii_taro

しかしながら、この海底遺跡にはやはり人工的に作られたという説があったり、長い年月かけて自然にできた海底遺跡とする説もあったりと、まだまだ正確な真相は解明されていないようです。

ただ、現実には与那国島の海底遺跡は、与那国島にとっては大変貴重な観光資源にもなっているのは事実です。自然にできたものでも、人工的に作られた海底遺跡だとしても、この圧巻の風景は大変魅力的でしょう。

沖縄の与那国島観光でおすすめの海底遺跡はどの位深い?

30084448 2083093685270134 4428733588577452032 n
okinawa_ikuyone

ではこの与那国島の海底遺跡は、海のどのぐらいの深さにあるのでしょうか。海底遺跡と聞くと、映画などのイメージから、すごく深い場所にあり、潜水艦などで潜ってやっとたどり着いた所にあるイメージでしょうか。

実際には、この与那国島の海底遺跡は、それほど深い所ではないんです。そもそも発見された経緯も、ダイビング中に新しいダイビングスポットを開拓していた際に見つかったものなので、多くの方のイメージよりは浅いところにあります。

35338575 203828080269171 2133864040416411648 n
meowvelouskitty

海底遺跡の場所によっても深さはだいぶ異なりますが、ダイビングライセンス未保有の方でも潜れてしまうほど浅い、推進3mほどで見られる海底遺跡の場所もあります。体験ダイビングで潜る水深は、大体8mから10mほどですので、浅いのがわかるでしょう。

また一方で、深い所になると25mほどになるところもあるとか。そのため、じっくりと海底遺跡のすべてを見て回りたいという場合は、やはりダイビング経験者でないと難しいでしょう。

沖縄の与那国島観光でおすすめの海底遺跡はこの時期に!

34983148 604519219917206 1199498114239561728 n
4825llen

では、与那国島の海底遺跡は、いつぐらいの季節に訪れるのがベストなのでしょうか。沖縄やましてやリゾート感の強い離島となると、やはり夏がベストというイメージがあるでしょう。

しかし残念ながら、夏は台風が多いのが玉に瑕です。そのため、まず与那国島にアクセスする飛行機やフェリーが欠便や欠航になってしまうことが、夏は多くあります。

35166289 281929612350791 5937890993658396672 n
tsukune7450

そして海底遺跡がある場所は、与那国島の南部となります。そのため、夏は南向きの風が多く、この海底遺跡のポイントが波立ってしまったり、波の影響から潮流が早くなるということも起こります。そんないくつもの理由から夏場は、ダイビングボートやグラスボートなどは、欠航になることも多いようです。そこでおすすめの季節は冬となるんです。

沖縄の与那国島でおすすめの海底遺跡観光はグラスボートで

33200186 200315574115810 3433314839726915584 n
kaorin108

海底遺跡には興味があるけれど、シュノーケルやダイビングは少々勇気がいる方、あまり海には入るのは苦手という方には、グラスボートからの見学がおすすめです。

沖縄と言えば、各離島のあちらこちらの湾でグラスボート観光が出来ますが、ここ与那国島の海底遺跡エリアでも、グラスボートが運航されています。

27894037 930091547157524 1416526552622956544 n
shinmosura

与那国島の海底遺跡は、先ほどご紹介したように比較的浅い位置にあるので、グラスボートからでも見ることが出来るんです。また最近では、半潜水型のグラスボートも運航されており、こちらも大変人気があります。シュノーケルやダイビングで見るのもいいですが、ウミガメなども見ることができるグラスボートからの見学もまた手軽ですし楽しいでしょう。

沖縄の与那国島でおすすめの海底遺跡観光はダイビングで

34441411 974107472765142 8144846370906308608 n
hermanchan8888

そして、与那国島までせっかく来たのだから、より間近に海底遺跡を見学したり、その雰囲気を直接感じたい方には、やはりシュノーケルやダイビングがおすすめです。

与那国島への観光ツアーなどの中には、この海底遺跡でのシュノーケルやダイビング体験がセットになったプランも多く、その人気の高さがうかがえます。そのため、初心者の方でも、気軽に申し込みやすいためおすすめです。

13649133 536336086558188 1946200162 n
seiji27tanaka

シュノーケルやダイビングをしてエントリーすると、まず目に飛び込んでくるのは、2枚の岩のプレートをすり合わせたような、二枚岩になります。水深はまだここは浅いので、この2枚岩の上で、波が砕けてよりミステリアスな雰囲気を作り出しています。

そしてその先に進んでいけば、先ほどご紹介した階段だったり、カメのような形をしたモニュメント、さらには生活で使用していた感じがある水路など、圧巻の景色が海の中で広がっていきます。これはグラスボートからの見学では見られないため、シュノーケルやダイビングがお好きならぜひご自身の目で確かめてみて下さい。

沖縄の与那国島で海底遺跡と一緒におすすめの観光1:東崎

25009848 144773026296859 8067287864360042496 n
___s2___.v

ではここからは、与那国島の海底遺跡と一緒に楽しみたい、おすすめの観光スポットをいくつかご紹介しておきましょう。

まずは「東崎」です。与那国島の中で最東端にある東崎は、先ほどご紹介した海底遺跡とは真逆の場所にあります。東崎は、海面からおよそ100mの高さにできた、断崖絶壁の岬です。その先端には灯台と展望台もありますので、壮大な与那国島の海を楽しめます。

35616776 198874840769189 5298527451712847872 n
jpnhchrlchamc

日本の西の果てから見る青く広く澄んだ海や空は、想像以上に感動的な景色を彩っています。ここ与那国島でしか味わえない絵画のような景色を、ぜひゆっくりと眺めてみて下さい。きっと日々の疲れを癒してくれることでしょう。

沖縄の与那国島で海底遺跡と一緒におすすめの観光2:立神岩

28766483 153123575369393 4732482020872028160 n
tusyuki

次にご紹介する、与那国島の海底遺跡と一緒に楽しみたい、おすすめの観光スポットは「立神岩」です。

与那国島の魅力と言えば、他の離島と違った迫力ある荒々しい崖や、岩々などでもあります。まさにこの立神岩もそんなイメージにぴったりの迫力ある海に突き出た岩です。

26067004 180097679247473 2398433179741454336 n
kenyamada217

空港からは、車で約20分ほどの所にあり、不思議なロマンが漂う奇岩名所です。与那国島のシンボルでもあるこの岩は、その昔に海鳥の卵を捕るためにこの岩に登った若者が、下りられなくなってしまったことから、神に祈りを捧げて眠りについたそう。そして次の日目が覚めてみると、若者は無事に戻っていたという伝説もあるパワースポットです。

沖縄の与那国島で海底遺跡と一緒におすすめの観光3:志木那島診療所

20969048 162730397612463 3622250446782988288 n
hi10cat

次にご紹介する、与那国島の海底遺跡と一緒に楽しみたい、おすすめの観光スポットは「志木那島診療所」です。この名称をきいて、ピンと来た方も多いでしょう。

与那国島と聞いて、海底遺跡ともう1つ、大変メジャーなものがあります。それがこの志木那島診療所です。実はこの建物は、あの人気ヒットであるドラマ「Drコトー診療所」のドラマオープンセットになります。そのため、ドラマのファンが、こちらの場所を目的に、与那国島へ聖地巡礼に訪れる方も少なくありません。

14533592 1040892436055988 7799799702051880960 n
toddegree

撮影後にもそのまま残されている診療所では、記念撮影を行うことも可能です。セットの裏側には梯子が用意されており、屋上まで登ってみることも可能です。診療所の屋根からは、与那国島の紺碧の海の絶景を眺めることも可能です。診療所の中に入れば、白衣を着てドラマの世界に入り込み、記念撮影も出来ますので、訪れて損はない場所です。

沖縄の与那国島で海底遺跡と一緒におすすめの観光4:与那国空港

19985377 471163793245337 2477314540509855744 n
ayappy1005

次にご紹介する、与那国島の海底遺跡と一緒に楽しみたい、おすすめの観光スポットは「与那国空港」です。与那国島は、石垣島から少々離れた場所にあるため、離島では珍しく小さいながらも美しい空港があります。

35998939 254567388462013 806622736821518336 n
dotanekomafu

フェリーで与那国島へアクセスした方にも、ぜひとも訪れて頂きたいおすすめの場所です。与那国島の玄関口である与那国空港では、レストランやお土産屋もあり、与那国島グルメを味わう事も可能です。また美しい与那国島の景色に旅立つ飛行機は、目を見張るものがあります。

与那国島でグラスボートやダイビングで海底遺跡観光を!

いかがでしたでしょうか。沖縄の与那国島には、今も謎が多く、解明されていないこともまだまだ残っている海底遺跡がありました。単にシュノーケルやダイビングを楽しむのは少々飽きてきた方には、与那国島は、いにしえのロマンを感じる最適な場所です。

石垣島空港への直行便が増えた今では、与那国島へのアクセスも簡単になりましたので、ぜひ今年は与那国島へ足を運び、シュノーケルやダイビング、そしてグラスボートなどから、海底遺跡を堪能してみて下さい。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
Liona-o

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ