韓国の入国審査での質問内容は?所要時間や入国カードのタイミングなど調査!

日本からも時間をかけずに気楽に行ける韓国は、日本人観光客でにぎわう観光地になっています。そんな韓国に行くと必ず行われるのが入国審査です。韓国の入国審査についての概要、所要時間、韓国の入国カードのタイミング、韓国の入国審査官に日本語が通じるかについて説明します。

韓国の入国審査での質問内容は?所要時間や入国カードのタイミングなど調査!のイメージ

目次

  1. 1韓国の入国審査徹底紹介!
  2. 2韓国に到着してから入国審査までの流れ
  3. 3韓国で入国審査をするまえに用意しておくもの
  4. 4韓国の入国審査前に必要なものその1「パスポート」
  5. 5韓国の入国審査前に必要なものその2「入国申請書」
  6. 6韓国の入国申請書の記入内容
  7. 7韓国の入国審査までの流れ
  8. 8韓国の入国審査について
  9. 9韓国の入国審査の所要時間
  10. 10韓国の入国審査で聞かれること
  11. 11韓国の入国審査で聞かれる英文その1「入国の目的」
  12. 12韓国の入国審査で聞かれる英文その2「入国の期間」
  13. 13韓国の入国審査で聞かれる英文その3「宿泊先」
  14. 14韓国の入国審査を終えてからの流れ
  15. 15税関申告書の記載内容
  16. 16韓国の入国審査についてマスターしよう!

韓国の入国審査徹底紹介!

韓国に旅行に行くときに必ず行わなければならない入国審査。入国審査は、自分の身分を証明したり、観光の目的を明確にしたりする意味でも大切な慣例です。そんな韓国の入国審査の流れ、質問内容、指紋や顔写真の撮影の有無、提出するカードの書き方、日本語が通じるかなどについて徹底的に解説しますので参考にしてください。

韓国に到着してから入国審査までの流れ

それでは、まず韓国に入国してから入国審査を受けるまでの流れについて説明します。韓国で入国審査を受けるタイミングは、韓国に入国してからになります。入国審査を受けてからは、荷物を受け取り、税関を通ることで、韓国までの入国審査が完了します。流れとしては単純ですので、事前に確認しておくことをおすすめしています。

入国審査は韓国に到着して、飛行機から降りるとすぐのタイミングで行われます。入国審査に当たってはいくつか質問が行われたり、必要な書類の提出やパスポートの確認が必要となります。そのため飛行機が韓国に到着する直前までに、事前にパスポートや必要な書類の準備を行い、スムーズに入国審査できるようにしましょう。

Thumb韓国はLCCで格安旅行!おすすめ航空会社の料金やサービスを比較!
韓国は日本から近く行きやすいため、LCCの利用がおすすめです。韓国は見どころも多くショッピン...

韓国で入国審査をするまえに用意しておくもの

ここでは、韓国で入国審査をするときに必ず必要になるものについて説明していきます。韓国に入国するときに必要なものは「パスポート」と「入国申請書」になります。パスポートは国際線に乗る時に必ず必要なモノですので、間違いなく所有しています。しかし「入国申請書」については、所有していないまま飛行機に搭乗します。

12783910 1280161678665385 1540155887 n
akiiii1014

そして、「入国申請書」は、フライト中に機内で用紙が渡されます。このとき「あなたは何人ですか」と尋ねられます。日本語ではなく英語で「Japanese?」などと尋ねられることもありますので、その場合は「Yes」と答えましょう。時々、中国人や韓国人に間違われることもありますが、日本人であることをしっかり伝えましょう。

韓国の入国審査前に必要なものその1「パスポート」

韓国の入国審査前に必要なものその1は「パスポート」です。パスポートは5年で期限が切れる黒い表紙のものと、10年で期限が切れる赤い表紙のものがありますが、どちらを選んでも構いません。ただし期限が切れてしまっていると出国や入国が出来なくなるので、海外旅行に行くときには忘れないように注意する必要があります。

入国審査に当たってはパスポートの顔写真や名前などが確認され、その後パスポートの後半にある白紙のページにハンコを押されます。そのためパスポートの顔写真の場所を開けて渡しておくと、入国がスムーズに行うことが出来ます。もし何度も入国・出国を繰り返して、ハンコを押すスペースがなくなったら余分のシートを用意してくれます。

韓国の入国審査前に必要なものその2「入国申請書」

20347406 113630795958097 8420938001248419840 n
yomeiyomei

韓国の入国審査前に必要なものその2は「入国申請書」です。これは先述した通り飛行機の中で渡される養子となっています。名前・性別・生年月日・国籍・職業・韓国滞在中の連絡先・入国目的・署名の8種類が必要になっています。最近入国申請書が新しくなり、記入する欄が少なくなりましたので、簡単に記録することが出来ます。

昔の入国申請書カードの内容では、旅券番号や、本国での住所、漢字での姓名や、乗ってきたフライト便なども記入が必要でした。しかし、最近のものはシンプルになりましたので、手間がかからず利用者も好印象を抱いているようです。飛行機内にはペンはありませんので、記入用に鉛筆やボールペンを用意するようにしましょう。

韓国の入国申請書の記入内容

28428946 1659229350799167 685595489042694144 n
active_girl46534

ここでは韓国の入国審査で必要になる入国申込書について説明していきます。入国審査書にはパスポートとの内容に齟齬がないかや、渡航の目的について尋ねられます。入国審査では、先述した通り名前・性別・生年月日・国籍・職業・韓国滞在中の連絡先・入国目的・署名欄があります。すべて日本語ではなく英語で記入しましょう。

名前・性別・生年月日・国籍

名前・性別・生年月日・国籍については、パスポートと同じ内容で記入するように注意してください。名前は、ローマ字で、文字の抜けや漏れがないかしっかりと確認し、性別や生年月日、国籍についても年号なのか西暦なのかを確認したうえで記録するようにしましょう。間違えてしまうと入国手続きの時に手間がかかってしまいます。

韓国滞在中の連絡先

韓国滞在中の連絡先については、観光を行うのであれば宿泊先のホテル、仕事などでの出張については出張先の会社についての、住所と電話番号を記録してください。電話番号については国番号である「81」などをつける必要はありません。また宿泊先がホテルの場合は住所を書かなくても良いので、面倒であれば書かずに置きましょう。

入国目的・署名

また入国目的については、いくつかの選択肢の中からチェックボックスにチェックを入れることで記入が完了します。チェックボックスの中にある選択肢は、「観光」「訪問」「常用」「就業」「その他」の5種類となっています。基本的には「観光」を入力するのですが、他の目的で訪れた場合はその方法を選んでカードに記録してください。

韓国の入国審査までの流れ

34073747 230766180844171 8997054370189148160 n
minylilly

続いて、韓国の入国審査について説明していきます。韓国でフライトを終えて機内から出てきた後のタイミングで即座に入国審査の手続きが始まります。そのため、必要なものについては事前に準備して、機内に持ち込んだ荷物はしっかりと整理したうえで、飛行機から降りることがスムーズな入国審査を行う上で大切なことになります。

35000934 467134867046074 4021916004287250432 n
huahua_tw

入国審査にあたっては、韓国の場合はまず飛行機から降りたらそのまま案内に沿って進み、モノレールでターミナルのメイン通りに移動することになります。この時かかる所要時間はおおよそ5分程度です。頻繁に定期便が出ていますので、あまり詰め過ぎず余裕をもって移動することをおすすめします。場合によっては徒歩移動にもなります。

34813200 1798980413502357 4770305641774317568 n
flyingbusinessman

徒歩で移動するか、モノレールで移動が完了すると、検疫ゲートが存在します。基本的に韓国に観光に訪れた人は手続きは不要なので無視して進むこともできるのですが、肉や農産物を持っている場合は、検疫カードに記載が必要な場合がありますので注意してください。そこを過ぎると、入国審査の列が見えてきます。

35574857 917914018398479 5151755688925462528 n
xxreomaruxx

韓国の入国審査の列は二種類あること多いです。一種類目は韓国人専用の入国審査の列、そしてもう一つが、海外からの旅行者の入国審査の列です。日本から韓国に訪れた場合は、海外からの旅行者の入国審査の列に並ぶようにしましょう。その入国審査の列には「FOREIGN PASSPORT 外国旅券」とあるため注意の必要があります。

35934579 190227994973930 3504457008730341376 n
mamhakase

このとき、あまりにも片側の列が空いていたり、混雑していた場合のみ、異なる列への移動が許されるときがあります。そのときはスタッフの指示がありますので、自分たちの判断で勝手に移動しないようにしましょう。時々韓国人用の列に外国人が並んでいたりすることもありますが、並びなおす必要がある場合もあります。

韓国の入国審査について

35480220 416527845530258 7025649056881836032 n
c_cochinillo

そして列が進むと入国審査カウンターに到着します。パスポートの入国申請書カードを提出すると、指紋の採取と顔写真の撮影が行われてます。そこで指紋を赤色の朱印につけ、指紋を取った後は写真を撮影しパスポートと一致するか見ます。そして何点か質問を行うわれると入国審査が完了です。やりとりは日本語ではないので注意です。

35542499 252524995505662 2692781427568672768 n
cheriko_piano

指紋採取には、テロなどを未然に防ぐ意味合いもありますので、しっかりと嫌がらずに指紋をつけましょう。指紋を取った後は、手についたインクをふき取るものがありますので、活用しましょう。指紋採取は渡航先の国によって行う時と行わないときがありますので、入国の際には指紋採取があるかどうか確認しておきましょう。

韓国の入国審査の所要時間

韓国で入国審査を受けるときの所要時間は、およそ5分となっています。指紋認証や顔写真、そしてパスポートと入国申請書カードに不備が無ければ、短い所要時間で入国審査を終えることが出来ます。むしろ、入国審査の時間よりも、待機列での待ち時間の方が長く時間がかかりますので、あまり気を背負わずに入国審査を行いましょう。

35400970 1616230148474306 1815557790702239744 n
_chu0904

しかし、韓国に何度も行っているような人の口コミによると、自分たちの列の前に、中国人やロシア人の団体がいた場合、入国審査の時間が少し長くかかってしまうことがあるそうです。とはいえ、あまり気にするような長時間ではありませんので、安心して下さい。携帯もWi-Fiが飛んでいるので使うことができ、時間つぶしにもなります。

韓国の入国審査で聞かれること

34476694 229384884519445 5026937582752104448 n
t.s_1994

ここでは韓国の入国審査で質問されることについて説明していきます。韓国の入国審査の時は基本手には何も質問されず、不備のない必要な書類さえ見せることが出来れば、スムーズに入国審査を終えることが出来ます。しかし、場合によっては2,3点の質問が尋ねられることもありますので、質問されたときの対策も説明します。

33817135 2036616433253861 4325218228134477824 n
sulkymom

質問される内容として一般的なモノは「何のために韓国に来たのか」「何日間滞在しますか」「なんというホテルに泊まりますか」などの入国申込書カードの内容ばかりになります。そのため入国申込書カードをしっかりと記入しておけば問題なく通ることが出来るのですが、万が一のために質問の英語とその答え方について紹介します。

韓国の入国審査で聞かれる英文その1「入国の目的」

33423237 864937860363189 1614108452831887360 n
totto1133

韓国の入国審査で聞かれる英文その1は、「入国の目的」です。基本的には、このように尋ねられます。「What’s brought you here?」。そこで「Sightseeing(観光)」などと単語で答えることで、質疑応答が完了します。「what」と尋ねられた時は基本的にはどのような目的で入国したのかを質問しているので注意しましょう。

韓国の入国審査で聞かれる英文その2「入国の期間」

韓国の入国審査で聞かれる英文その2は「入国の期間」です。「How long are you going to stay?」という風に尋ねられますので「Three days」などと答えることで質問に答えることが出来ます。「How long」と尋ねられると、基本的には滞在期間を質問されているため、最初の言葉を聴きとれるようにしましょう。

韓国の入国審査で聞かれる英文その3「宿泊先」

韓国の入国審査で聞かれる英文その3は「宿泊先」です。「Where are you staying in Soul?」のように質問されるので、「Soul hotel」などと答えておくと入国審査はスムーズに終えることが出来ます。このように、質問される内容は、入国申請書に書かれているもので、内容に不一致がないか見るものですので、しっかり答えましょう。

韓国の入国審査を終えてからの流れ

32659617 248979345668424 7781175877747867648 n
tsugepipecompany

韓国の入国審査で指紋採取や顔写真撮影、日本語が通じない入国管理官とのやり取りを終えると、入国審査は完了します。進んだ先には、ベルトコンベアで流れてくる荷物がありますので、自分の荷物を探しましょう。ここでの運び出しは荒いため、貴重品を入れないように注意しましょう。

30903610 2020755104808598 3128210335933136896 n
momosarada

荷物を受け取ると、最後に税関申告書を提出すると入国審査はすべて完了になります。税関申告書とは持ち物に免税のものが大量に含まれていないかや、お土産などの種類についてのチェック項目があるカードのことです。基本的にはチェックが入っているからと言って入国できないということはないので素直に記入しましょう。

税関申告書の記載内容

税関申告書のカードに書かれている内容についてですが、入国申請書とほとんど同じ内容のほか、持ち物や免税商品についてのチェックマークが必要な場所があります。特にアルコール品などは、お土産として購入することが多いため条件を満たしてしまう場合があるため、適当にチェックを入れず、文章を読んでチェックしましょう。

税関申告書カードに必要な項目ですが、名前・性別・生年月日・国籍・職業・韓国滞在中の連絡先など入国申請書に記載した項目のほか、航空便や滞在期間、旅券番号などを日本語で記入する必要があります。これを忘れてしまったり間違えてしまったりしてしまうと、提出するときに止められてしまい、手間取ってしまうので注意しましょう。

税関申告書を提出するときに覚えておきたい便利な雑学について説明していきます。入国申込書は、記入はパスポートに従って英語ですべての情報を記入する必要がありました。しかし税関申告書は日本語でも記入可能なので、名前や滞在先などは日本語で記入しましょう。日本語で書いていると日本人だと分かるのでおすすめです。

韓国の入国審査についてマスターしよう!

今回は韓国の入国審査の流れ、質問内容、指紋や顔写真の撮影の有無、提出するカードの書き方、日本語が通じるかなどについて徹底的に解説しました。韓国に行くときには必ず行わなければならない入国審査ですが、日本語が通じるのかなどの不安があります。しかし事前に知識があると不安は解消されますので、しっかりチェックしましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
Sytry

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ