「九份の金瓜石」は台湾の名所!魅力や観光の見どころ・行き方など一挙紹介!

九份は台湾の観光スポットとしてとても有名ですが、九份には九份老街だけでなく、近くに「金瓜石」という、とてもおすすめの観光スポットがあります。こちらではそんな金瓜石に関して、その行き方や見どころなど様々な情報をご紹介していきます。

「九份の金瓜石」は台湾の名所!魅力や観光の見どころ・行き方など一挙紹介!のイメージ

目次

  1. 1九份近くの金瓜石は見どころがいっぱい
  2. 2九份近くの金瓜石ってどんなところ?
  3. 3九份近くの金瓜石の歴史
  4. 4九份近くの金瓜石への行き方1「バス」
  5. 5九份近くの金瓜石への行き方2「電車+バス」
  6. 6九份近くの金瓜石への行き方3「タクシー」
  7. 7無許可の「白タク」に注意
  8. 8九份近くの金瓜石の見どころ1「黄金博物館・四連棟」
  9. 9九份近くの金瓜石の見どころ2「黄金博物館・環境館」
  10. 10九份近くの金瓜石の見どころ3「黄金博物館・錬金楼」
  11. 11九份近くの金瓜石の見どころ4「黄金博物館・金瓜石太子賓館」
  12. 12九份近くの金瓜石の見どころ5「黄金博物館・トロッコ用の線路」
  13. 13九份近くの金瓜石の見どころ6「黄金博物館・本山五坑」
  14. 14九份近くの金瓜石の見どころ7「黄金博物館・黄金館」
  15. 15九份近くの金瓜石の見どころ8「黄金博物館・砂金採り」
  16. 16九份近くの金瓜石の見どころ9「金瓜石神社」
  17. 17九份近くの金瓜石の名物スイーツ「坑口豆花」
  18. 18九份近くの金瓜石の名物グルメ「礦工弁当」
  19. 19金瓜石周辺の観光スポット1「九份老街」
  20. 20金瓜石周辺の観光スポット2「十分」
  21. 21九份近くの金瓜石は台湾マストの観光スポット

九份近くの金瓜石は見どころがいっぱい

台湾には数多くの観光スポットがありますが、台北の観光なら、やはり九份は人気があります。そして九份と言えば、フォトジェニックな風景が溢れる九份老街が有名です。しかしながら九份の見どころは老街だけではありません。今回は台湾の九份近くにある金瓜石の観光の見どころや行き方などをご紹介していきます。

九份近くの金瓜石ってどんなところ?

33911539 177603192929208 5084105362693423104 n
salt.wang

台湾の金瓜石は日本語で「きんかせき」と読みます。金瓜石は九份老街で有名な九份の近くにある標高600メートルほどの鉱山です。その岩山の形が瓜を縦にしたようにそびえたっていたこと、そして、その鉱山から多くの金が採掘できたことから、「金の瓜の石」という意味で金瓜石という名前がついたそうです。

九份近くの金瓜石の歴史

35398249 829201143933843 8504135000990416896 n
iamkitlee

実は観光地として有名な九份(老街)では有名な金山でした。1800年代後半に金鉱が見つかり、多くの人々が一獲千金を夢見て、九份にやってきました。そしてその後、1894年に金瓜石にも金鉱が見つかります。1894年当時は台湾は清(現在の中国)の統治下でしたが、日清戦争の結果、台湾は日本の統治下になります。

28430285 152417412092201 8300999695182856192 n
_chan.1991_

日本は今まで野放しだった金の採掘に規制をかけます。そして日本から多くの技術者と最先端技術を持ち込み、本格的な金の採掘を始めます。すると、金瓜石は、金だけでなく銅も採れることが判明し、金瓜石はさらに栄えていきます。最盛期の1930年代になると、金瓜石の住民は15000人を突破し、多くの日本人もこの地で採掘に励みました。

20839081 1633661583367835 7238603332237918208 n
spacemonkeybabys

その後第2次世界大戦で日本が苦戦を強いられる中、日本政府は武器となる金や銀などの金属の増産を奨励するも、若者たちは前線に行ってしまうため、労働力が不足していました。そこで日本政府は、捕虜や服役者などを使って採掘を勧めましたが、採掘の作業は大変危険で、過酷なものでした。

31745511 1943896462589446 5936145652093288448 n
robgillman

第2次世界大戦後は中華民国が九份や金瓜石を所有することになるのですが、日本統治時代に多くを採掘したため、鉱脈が尽きはじめました。そして、最盛期は東アジアで1番の金山と言われていた金瓜石は、1985年に廃鉱となったのです。金瓜石には当時、金瓜石が鉱山として栄えていた建物や作業現場、歴史などが学べる大変おすすめの観光スポットです。

九份近くの金瓜石への行き方1「バス」

17266283 1784628901854007 1457047464526741504 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
nozomi8967

台湾には首都台北だけでなく、台中、高雄、台南など多くの観光スポットがありますが、ほとんどの方は台湾観光の拠点と言えば、台北になるでしょう。こちらでは台北を拠点にした時の金瓜石への行き方をご紹介していきます。まず、台北を拠点とした場合、一番楽なのはこちらのバスを使った行き方です。

23734752 168834260370707 3940427856068214784 n
applechelsea

台北市内からから、九份の近くにある金瓜石までは直通のバスが出ています。九份、金瓜石方面のバスはMRTの忠孝復興駅から出ています。忠孝復興駅へは、MRT板南線かMRT文湖線で行くことができます。忠孝復興駅は日本にもあるSOGOデパートがある駅ですので駅までタクシーを使ったとしても場所が説明しやすいです。

32842972 448586585590821 8838791357976805376 n
wchl_photography

MRTを降りたら2番出口を目指します。文湖線を使う行き方だと、エスカレータ―を降りて右手、板南線を使う行き方だとエスカレーターを上って左手の方に進みます。すると、大体、九份、金瓜石行きバスの行列ができているので、すぐにわかります。この時、タクシーの運転手が値段表を持って近寄って来ることもあります。

18646620 844455089051631 3960662318878031872 n
wendytpe

乗るバスは基隆客運バスの1062番です。このバスに乗れば金瓜石まで、1時間半から2時間弱ほどで到着します。バスの行き先表示に「台北-九份-金瓜石」とはっきりと表示されているので、わかりやすいです。料金は113台湾ドルです。台湾の交通カード(悠悠カード)も使えます。バスは大体15分から20分に1本の頻度で来ますが座席は早い者勝ちです。

九份近くの金瓜石への行き方2「電車+バス」

35542940 1798961523504572 1019781529930301440 n
imutzu

次におすすめなのが電車とバスを使った行き方です。電車とバスを使った行き方だと、全路程をバスで行くより少しリーズナブルになります。また、バスへの乗り換え駅である瑞芳は、平渓線の乗り換え駅でもあります。ここを拠点として行く事ができる有名な観光スポットが多いので、この行き方だと、別の観光スポットなども回ることができます。

11271105 386726071520169 1076340182 n
rongde8477

この電車とバスを乗り継ぐ方法ならば、まず台北の駅から台湾鉄道で瑞芳を目指します。台北から瑞宝までの電車には、普通電車や少し早い電車もありますが、大体30分から50分ほどの所要時間です。普通電車の運賃は49台湾ドルで自由席、少し早い電車は59台湾ドルから76台湾ドルと少し割高ですが、座席指定です。

33249931 239795016779342 183282266158399488 n
destoryer.freak

バスへの乗り換え駅である瑞芳に着いたら九份、金瓜石行きのバスに乗ります。駅を降りるとロータリーがありタクシーなどが止まっています。ロータリーの前の大きな通りを左手に進みます。瑞芳で下車して、ロータリーを左に曲がる人はほとんどが九份、金瓜石行きのバスに乗りますので、人の流れについて行ってもよいでしょう。

35326972 645870899081721 3700353933139509248 n
amywang_0115

九份、金瓜石行きのバス停は駅から数百メートル歩きますが、バスは10分から15分に1本くらいの頻度でやってきます。瑞芳から九份、金瓜石までは一律15元です。バスに乗ると、くねくねとした山間の坂道を30分から40分ほど上がっていきます。途中の九份で多くの人が降りるので、つられて降りてしまわないように気を付けましょう

九份近くの金瓜石への行き方3「タクシー」

22582335 685265888339511 7942199115117494272 n
akitpe

小さなお子様やご年配の方がご一緒の場合や数人の友達同士で乗るならば、台北市内の宿泊場所から、一気にタクシーで九份や金瓜石を目指す行き方もアリです。台湾は基本的に交通費がリーズナブルなので、時間や体力の節約をするならタクシーが一番おすすめで確実な方法です。

15538657 241876172915057 4440972407125049344 n
tomacoro

台北市内から九份や金瓜石までタクシーを使う行き方だと、所要時間はだいたい40分から50分ほどで、料金は800台湾ドルから1000台湾ドルほどです。台湾の交通費の相場に慣れてしまうと、結構高く感じますが、日本円で換算すると、やはりリーズナブルです。旅行の予算に余裕がある人には是非おすすめしたい行き方です。

無許可の「白タク」に注意

21373486 238647346658909 7748630131702235136 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
shimppy

台北は都会ですので、タクシーが街中を走っています。でも台北から少し離れた観光地に向かうバスなどの乗り場にはしばしば無許可の「白タク」の運転手が勧誘に来る場合があります。日本でも成田空港などによく出没します。忠孝復興駅のバス停には普通のタクシーもありますが、「白タク」もありますので、よく注意してください。

21690389 117997988866937 3589680296733179904 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mai.rr118

白タクの運転手の中には、きちんとA4サイズの値段表のようなものを用意し、バスなら1時間半かかるけど、タクシーなら40分で値段はいくらぐらいというものを見せて勧誘してきます。しかし、いざ車に近づいて行くと、他のグループとの乗り合いだったり、料金に関するトラブルも多く、おすすめできません。

33039999 178752466094214 8525536960465338368 n
zhoukangzi

きちんと許可のあるタクシーは車体が黄色で、車体に会社のマークや車体の番号などが記載されています。無許可のタクシーに乗らないように気を付けましょう。また、台湾は治安の良い国ですが、深夜に女性1人でタクシーを利用するのはお勧めできません。くれぐれも注意しましょう。

九份近くの金瓜石の見どころ1「黄金博物館・四連棟」

12965696 1729220160690829 1030266344 n
phil0t0ssy

九份近くの金瓜石には「黄金博物館」という博物館があります。この博物館では、日本統治時代に東アジア1の鉱山として栄えたころの金瓜石の歴史を学んだり、体験したりすることができる人気の博物館です。そして金瓜石の見どころの多くはこの黄金博物館の敷地内にあります。黄金博物館の料金は80台湾ドルです。

33329979 404587606677715 7959001692899377152 n
lifeeeeee_01

入り口を入ってまず最初の見どころは「四連棟」です。こちらの建物は日本統治時代は日本人の上級職員の宿舎として作られました。日本人にとっては少し懐かしい雰囲気のある建物ですが、台湾においてはめずらしい建築様式です。ここは文字通り四棟が連なった建物で、20人ほどがここで生活をしていたそうです。

20634113 1933769023549120 5772845394862014464 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sodutri

この建物は1930年代に建てられたものですが、金瓜石が鉱山としてにぎわっていた時代の貴重な建物として保存されています。古い家具なども当時のものを使用しており、ここを見学していると、ここが台湾であることを忘れて、まるで昭和初期の日本にタイムスリップしたような不思議な気分になります。

九份近くの金瓜石の見どころ2「黄金博物館・環境館」

36085662 2056619184659475 2528091580913418240 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
beifenqi

環境館では、金瓜石が鉱山としてどのような地質の特徴があるか、金瓜石の自然環境はどのようになっているのかなど、金瓜石を一つの自然環境として見た場合の資料が展示されています。自然の中から採取されたもの(金)が、全世界共通での価値を持っているというのは興味深いです。

九份近くの金瓜石の見どころ3「黄金博物館・錬金楼」

32359092 187666491954228 5019507851970740224 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
anemosana

こちらは日本統治時代に来客時の宿泊施設として使われていました。建物の作りは洋風です。建物の「錬金楼」の名前の通り、かつてはここで錬金術が行われていたそうで、建物内にはその錬金の道具や様子などが展示されています。また当時の鉱山で働く人々の生活の映像なども見ることができます。

九份近くの金瓜石の見どころ4「黄金博物館・金瓜石太子賓館」

32764646 1571177803007938 6784345952967720960 n
abc204448658

こちらの「金瓜石太子賓館」は太子の為に作られた迎賓館です。太子というのは当時皇太子であった昭和天皇を指しています。日本統治時代に皇太子がこの金瓜石を視察に来るという計画があり、当時金瓜山を管理していた日本の鉱山会社が、皇太子のために作ったという建物です。

18252952 1869527223328541 3950083552434978816 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kaz_kirenenko

建物は1922年ごろに建てられたといわれています。もう100年近く前の建物ですが、建物の造りはとても上品で、窓ガラスや明かり取りなどもとてもおしゃれです。また建物の脇には美しく手入れがされた植木や鮮やかな色の鯉が泳ぐ池などがあり、日本の伝統的な「豪邸」といった趣のある建物です。

16123749 1838327339720884 1262995855636430848 n
8787piroko

また、建物だけでなく、裏には、弓道やゴルフの練習ができる場所などもあり、皇太子を迎えるために様々な工夫をしたのであろうということが想像できます。残念なことにここを皇太子が訪れることはなかったそうですが、現代では人気の観光スポットとして大変にぎわっています。

九份近くの金瓜石の見どころ5「黄金博物館・トロッコ用の線路」

10326488 420162804787298 1454217495 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
patrickpzr

黄金博物館の敷地内を歩いているとトロッコ用の路線があります。鉱山がにぎわっていた時はこの線路をトロッコが往来していました。当時は何ということもない通常の風景だったでしょうが、現代では珍しい風景です。このような鉱山ならではの風景も金瓜石の見どころの一つです。

九份近くの金瓜石の見どころ6「黄金博物館・本山五坑」

18888743 311470949288683 8808828021147435008 n
jialing9193

こちらの「本山五抗」では実際に採掘を行っていた坑道の中を見学できます。本山五抗は「本山の第五坑道」の意味です。コチラの体験は入場料とは別に50台湾ドルを支払わなくてはなりません。でも坑道の中に入る体験はめったにできませんので、ぜひチャレンジしてください。その際にはヘルメットを貸してもらえます。

30604048 195897751201163 5064397080622006272 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
xija_f2

日の光が全く入らない坑道の中は暗く、湿っぽく、寒いくらいです。坑道の中では当時の作業員の人形や、作業時の音などの再現もあり、とてもリアルです。現在は観光スポットとして安全に配慮されていますが、当時はこの暗闇の中で1日中危険な作業をしていたと考えると、とても過酷な労働条件だったでしょう。

九份近くの金瓜石の見どころ7「黄金博物館・黄金館」

34709279 398837643967261 4392665097470738432 n
abc204448658

黄金博物館の敷地内にある黄金館も九份近くの金瓜石の見どころの一つです。建物の中では金瓜石の歴史や人形などで当時の様子が学べるようになっています。人形はかなりリアルなので、最初は少し怖いかもしれません。様々な角度での金に関する情報が展示されているので、台湾の人と金の関係性などもわかります。

18722973 130720047480214 7236195255744200704 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
n.ning6

そして黄金館の一番の見どころが、巨大な金塊です。この巨大な金塊は何と220キロ以上もあります。この大きさは世界で2番目に大きな金塊だといわれています。この巨大金塊の展示の前には当日の金のレートが表示され、目の前の金塊が、一体いくらぐらいの貨幣価値があるのかが表示されます。

23421965 642952829426662 9059343602278203392 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
shoinsense

金の値段と言うのは日によって変わりますが、それでも大体、日本円で10億円ほどの価値があります。そんな巨大な金の塊を見られるだけでも大変貴重な体験ですが、こちらの黄金館ではその金塊に触ることができます。こんな高額の物を触ったことがある人は少ないでしょう。金瓜石にいったらぜひこの巨大な金塊を触ってみてください。

九份近くの金瓜石の見どころ8「黄金博物館・砂金採り」

1170419 263530230488556 936893600 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kakeson

九份近くの金瓜石では少し面白い体験もできます。それがこちらの「砂金採り」です。日本国内でも砂金取りを体験できるところはありますが、日本でやるよりもリーズナブルに体験できるのでおすすめです。初心者でもやり方を丁寧に教えてもらえますので、この機会に是非チャレンジしてみてください。

12716678 1676765652571498 1315460376 n
hide_lin

手のひらより一回り程小さい小皿を使って砂金を採ります。深さが浅い小皿に泥のようなものが入っています。そこにそっと水を含ませ、指先でよく混ぜます。よく混ざったら小皿を水平に水面につけて、円を描くようにお皿を揺らします。この作業を繰り返すと比重の重い金だけが残ってくるのです。

13259568 646912982124629 1049844124 n
ktna1012

この作業では、皆さんがイメージするような100%金の砂が採れるわけでないのですが、金が混ざった砂を、小瓶に入れて持ち帰ることができます。1グラムにも満たないような金の粒のためにこんな気の遠くなりそうな作業が必要だとは、金が高価な理由がよくわかります。

九份近くの金瓜石の見どころ9「金瓜石神社」

30890600 381639845668911 8022899385945817088 n
hsuanteng720

黄金博物館からは少し離れますが、金瓜石でおすすめなのがこちらの「金瓜石神社」です。金瓜石神社は日本統治時代に建てられた神社です。かなり急で険しい山道を登った先にあるので、体力にあまり自身がない方や運動しやすい靴を履いていない場合はたどり着くのが難しいかもしれません。

32203233 421328301667350 912976473646694400 n
peetwo2297

山道を登りきると断崖絶壁に金瓜石神社が見えます。現在は神社の建物などは残っておらず、鳥居の奥には社殿の柱だけが残されています。とても不思議な風景です。そして奥にある本殿後からは絶景が広がっています。崖の斜面を削って建てたであろう神社跡は金瓜石の見どころの一つです。

九份近くの金瓜石の名物スイーツ「坑口豆花」

28158184 149111599100286 6390851537618337792 n
maichen16

グルメの国、台湾では、九份老街だけでなく、こちらの金瓜石でも絶品スイーツをいただくことができます。おすすめは豆花です。豆花は台湾ではとても人気のあるスイーツです。投入を材料に作られているこのスイーツは豆腐のような、素朴な大豆の香りとつるつるとしたのど越しが絶品のスイーツです。

34983587 2601811363376345 1528070250619207680 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
pofule_88

この豆花は暑いときは冷たいシロップをかけて、寒いときは温かいシロップをかけていただきます。大変過酷な状況で働いていた肉体労働者の炭鉱夫の人々は採掘作業に入る前にこの豆花を食べていたそうです。豆花は良質なたんぱく質をたっぷり含む大豆を原料にしていますので、栄養もしっかりと摂ることができます。

九份近くの金瓜石の名物グルメ「礦工弁当」

11906321 615817861894160 1741338355 n
yj_se_101328

金瓜石の敷地内では九份や金瓜石で働いていた炭鉱夫が食べていたお弁当を再現したお弁当を食べることができます。お弁当はご飯の上には排骨や沢庵が載せられており、入れられている器も、懐かしいアルミのお弁当箱です。お弁当箱は布で包まれており結び目に橋が添えられています。しかもお値段も200台湾ドル前後なので是非お試しください。

金瓜石周辺の観光スポット1「九份老街」

35000527 207474526550940 8572140907564892160 n
karappo_non

金瓜石からバスで山を下ること約10分の所にある九份老街は、言わずと知れた台湾の有数の人気観光スポットです。九份は金瓜石に先立って金山としてにぎわった町でしたが、現在では観光スポットとして多くの観光客でにぎわっています。九份老街は迷路のように入り組んだ山間の路地に無数のお土産屋、飲食店、お茶屋などが立ち並んでいます。

13531900 291109261278649 858154566 n
minniesutw

九份のおすすめB級グルメとしては魚丸湯という魚のつみれのスープと芋圓と言われるタロイモの団子のスイーツです。九份老街にはありとあらゆる台湾グルメがそろっています。九份老街で食べ歩きをしながら、うろうろし、ふと足元を見ると標識の様な石に日本語が書かれていたりします。この様に日本統治時代の跡が見られるのも九份老街の見どころです。

36086022 187267335318206 5186604602593640448 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
masarino

そしてなんといっても、九份の見所は、山間の町ならではの景色です。九份老街の入り口のバス停には展望台の様な場所があり、そこから見える海の景色は絶景です。また、九份老街の中にはそんな海の景色を見渡せる茶寮がいくつもあります。そのような九份の茶寮では台湾茶を台湾式の作法でいただくことができます。

35449699 2122645588013646 2131071542874865664 n
kana_trombone

また、九份の見どころは夕方、夕陽が海をオレンジ色に染める瞬間のあと、街に提灯の光が灯り始めるころです。九份の茶寮で台湾茶をゆっくり味わいながら、そのロマンチックな九份の風景を楽しみましょう。九份は金瓜石と合わせていきたいところですが、九份の一番美しい時間を見るためには、昼間のうちに金瓜石を制覇して、夕方に九份に向かうことをおすすめします。

Thumb九份&十分を巡るおすすめ観光プラン!行き方・移動&所要時間を詳しく紹介!
台湾の台北を観光するなら、九份と十分の観光は不動の人気スポットです。しかしながら限られた時間...

金瓜石周辺の観光スポット2「十分」

35617209 270383303528881 5943901894878429184 n
rosee.20

金瓜石に電車とバスを乗り継いで行く場合、乗り換える駅は瑞芳です。瑞芳まで来たのなら、是非おすすめしたい場所が「十分」です。十分は瑞芳から平渓線に乗って30分ほどのところにある人気の観光スポットです。平渓線は昔、鉱業用にひかれた線路をもとにして作られた単線の鉄道です。

34499144 438042246682243 3797968687122612224 n
y_travel_k

この鉄道自体も鉄道マニアにはたまらないでしょうが、十分ではランタンに願い事を書いて空に放つ「ランタン上げ」が体験できます。ランタンに墨汁で願いを書いて飛ばすのはとても楽しいです。また、ランタン上げは平渓線の線路の上で行います。線路の上で写真を撮るというのは日本ではできませんので、この際にぜひ体験してください。

31243897 204102847041316 5197307764174487552 n
mippy34

十分はとてもおすすめの観光スポットですが、平渓線が1時間に1本しか電車がないため、旅の予定に組み入れる際には必ず電車の時間を確認しましょう。うまく予定を立てれば、1日で十分と金瓜石や九份を回ることができます。十分にはタクシーもありますので、タクシーを利用しても良いでしょう。十分から九份、金瓜石までは1000台湾ドル前後です。

九份近くの金瓜石は台湾マストの観光スポット

いかがでしたでしょうか。九份近くの金瓜石への行き方や見どころについてご紹介しました。金瓜石は一大観光スポットの九份老街から目と鼻の先にある超おすすめ観光スポットです。日本の統治時代に栄華を極めた鉱山の昔と観光地となった今の姿を比べるととてもノスタルジックな気分になります。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
akkey

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ