中国の物価は安い?旅行の宿泊費・交通料金・買い物の相場を詳しく調査!

日本からも行きやすい中国は今、世界第二位の経済大国で日本からも中国旅行に行かれる方も多いです。毎年物価が上がり続けている中国ですが、日本と比べると物価は安いのか高いのか、中国の物価について旅行者の気になる宿泊費や交通料金、買い物等の物価をってお伝えします。

中国の物価は安い?旅行の宿泊費・交通料金・買い物の相場を詳しく調査!のイメージ

目次

  1. 1中国の物価は安いのか高いのか
  2. 2中国の物価
  3. 3中国旅行者からみる物価
  4. 4中国旅行での費用や物価
  5. 5中国旅行は季節で物価が違う
  6. 6中国の物価:1宿泊費
  7. 7中国の交通費
  8. 8中国の物価:2タクシーの料金
  9. 9中国の物価:3バスの料金
  10. 10中国の物価:4地下鉄
  11. 11中国の物価:5長距離移動
  12. 12中国の物価:6観光地
  13. 13中国での飲食や買い物の物価
  14. 14中国の物価:7食べ物
  15. 15中国の物価:8飲み物
  16. 16中国の物価:9買い物
  17. 17中国の物価:10値段交渉
  18. 18中国の物価:11注意点
  19. 19中国旅行は行く都市によってピンきり
  20. 20中国の物価はまだ安い

中国の物価は安いのか高いのか

中国の物価と言うとイメージ的には安いイメージの方が多くいますが、実際にはどうなのかと言うのは中国を旅行する人達には気になるところです。毎年物価が上昇している事は事実ですが、実際、交通費や宿泊費、飲食などはどうなのか。中国の物価についてお伝えします。

中国の物価

中国の物価は毎年上昇していて、買い物をしているとわかりますが、数ヶ月で値上がりしています。しかし、中国の通貨である人民元は最近下がっているので、物価が上がっていると言っても、まだまだ日本に比べると安いです。

そして、中国は大変広いというのもあって物価は地域によって違います。一般的には沿岸は物価が高く内陸部は安いです。そして西に行くほど物価は安いです。日本から近い上海や北京は物価が高く、香港の隣の深センや広州は物価が安いです。

しかし、日本円と比べると、日本よりも高いものもあります。中国では輸入品が高くて国内産の物は安いといった具合で、一般的に嗜好品が高くて生活の必需品は安いです。そして中国を旅行する人達から見ると宿泊費や移動の際の交通費、食費、お土産等の買い物における物価が気になる部分です。

中国旅行者からみる物価

中国の物価は安いイメージですが、必ずしも安いとは言えません。日本よりも高い物も沢山あり、日本と同じ質を求めると日本よりも高くつくか、日本と変わらないかです

中国の通貨は人民元で、1元が日本円で約16円です。(2018年8月2日現在)全体的には日本に比べると安いですが、上海市や北京市だと日本とそれほど変わらない物が多く、深センや広州だと日本よりかなり安い印象を受けます。地元の人達が行くお店で買い物や飲食すると安くおさまりますが、旅行者用の店では意外と日本より高いものも多いです。

宿泊も日本に比べると安いです。しかし、中国が日本と同じく四季があってオンシーズンとオフシーズンがあり、季節や時期によって金額が変わるところも多いです。交通費は街中の移動は安いですが空港から移動するときはちょっと高いイメージです。飲食は外食文化の中国なので地元の人達が行くお店なら安いですが外国人や旅行者用の店ではランチでも、結構高いです。

中国旅行での費用や物価

中国旅行と言っても、何処に行って何をするのかにもよりますが、上海や北京といった都市では場合によってはツアーの方が安い事も多いです。個人で中国旅行に行く場合は交通費や宿泊費は安いですが、飲食に関しては中国の人達が行くような食堂や露店は安いですがちょっといい店だと、日本と変わらないです。

中国では観光地の入場料も人気のある場所は正直言って日本に比べ高いところも多いので、個人で行くと結果的に高くなる事も多いです。ツアーだと個人に比べると交通費や宿泊費を考えると安い時も多いです。ただし、これは中国へ旅行する時期にもよります。

中国の大型連休や秋は中国国内でも観光客が多くなるため長距離移動する場合の交通費は驚くほど高くなる場合があり、春節では日本から中国への飛行機の交通費も片道10万円を超える場合もあり、中国の連休の時期をはずして行くのをおすすめします。

Thumb上海の物価は高いor安い?旅行の予算目安や現地での出費を詳しく調査!
中国の経済の中心地である上海は毎年多くの日本人観光客が訪れる旅行にピッタリのおすすめスポット...

中国旅行は季節で物価が違う

中国には四季があって、その中でも秋が一番物価が高くなります。10月の国慶節や旧正月の春節の時期は特に物価が上がります。ホテルや都市間の交通費や観光地の入場料は最高値になるので、そのような時期は個人旅行よりツアーで中国に行くのがおすすめです。反対に冬は最安値になることが多いです。

中国の連休に入る時期は、日本や他の国からの観光客も多くなるので、旅行者向けの場所は、店によっては2倍くらいの金額設定になり、お土産等の買い物も値上がりしている事が多いです。物価の安い地域や日用品のような物は安いですが、大都市や観光地をメインに旅行すると物価が安いと言うより高く感じる事が多いです。

中国の物価:1宿泊費

中国の宿泊費は日本に比べると安いです。部屋の設備やサービス等、日本と比べお得に感じます。最近は三ツ星のホテルでも5000円以下で宿泊できるホテルも増えてきています。

そして、中国のホテルは一般的に一人の料金ではなく、部屋単位の料金です。例えばツインルームに宿泊する場合、一人でも二人でも料金は同じなので、二人で宿泊すれば、一人辺りの金額も安くお得に宿泊出来ます。

さらに、宿泊費以外に10%から15%のサービス料があり、サービス料があるホテルでは、ホテル内のレストラン等の利用時も必要で、ホテルや宿泊する地域によっては、税金が料金にプラスされる時もあります。

時期によって変動する宿泊費

中国ではオンシーズンオフシーズンがあり、オフシーズンだと三ツ星以上のホテルでも割引があり、お得に宿泊できたりします。反対にオンシーズンだと値段が上がるので、宿泊の予約はインターネットの予約サイトで予約するのが無難です。飛び入りで行く場合三ツ星以下のホテルは値段交渉出来る場合が多いです。

中国では秋が一番の観光シーズンで最も宿泊費が高くなります。10月1日は中国では国慶節で大型連休になり、宿泊費はどこも最高値になります。

中国の一般的なオンシーズンは4月から10月で、オフシーズンがそれ以外の11月から3月ですが旧正月の春節の時も高値になります。

反対に海南省は冬のマリンリゾートなので、オンシーズンが10月から2月でオフシーズンが3月から9月になります。

宿泊時の注意点

中国では外国人宿泊には資格が必要で予約は出来るのですがホテルに行くと断られる時があり、その時は外国人が宿泊出来るホテルを聞けば教えてくれます。予約時に内宾とあると中国人だけで接待外宾とあったら外国人も泊まれます。何も無い場合はレビューに日本人または外国人のレビューがあれば宿泊出来ます。

中国の交通費

中国での交通費ですが、基本的に日本と比べるとかなり安いです。中国ではバスの路線がどの都市も多いので大変便利で、地下鉄もありますが便利さはバスです。タクシーも安いですが、日本と同じくメーター制の料金ですが、白タクやぼったくりのタクシーもあるので注意してください。

都市から都市への交通手段は長距離バスが一番安く、次に列車、そして飛行機となります。バスと列車は若干列車が高いです。バスや列車でも座席によって金額がかわります。中国の交通費は多少の差はありますが、日本より安いので移動手段はバスか地下鉄が便利です。

レンタル自転車

タクシーやバス、地下鉄や列車以外に市内の移動ではレンタル自転車もあります。スマホをかざして決算するのですが、We chatのアプリをインストロールし、中国で売られているチャージカードを購入しチャージしておくと乗る事が出来ます。ほとんどが1元で乗れて好きな場所に置いて大丈夫なので、街中でちょっと移動するときにあると便利です。

中国の物価:2タクシーの料金

中国での交通費は日本に比べると安いです。中国と言っても大変広いので都市によって多少の値段の違いはありますが平均すると日本と比べるとかなり安い印象を受けます。

タクシーの料金はメーター制で初乗りが10元から14元です。初乗り料金は大体3km位で、それ以上になると1km毎に2元くらい加算されていきます。初乗りは上海が14元で北京が13元、深センは10元からとなっていて、都市や地域で少し違いがあります。

非正規の白タクと呼ばれるタクシーはトラブルのもとになりやすいので、タクシー乗り場か空車の表示が出ているタクシーを利用してください。

地域や都市によっても違うのですが、中国では大きな川が多いため、場所によっては橋を渡る場合に料金が通行料として加算されたり、青島ではトンネルを通るとぐっと値段が上がります。夜も深夜料金がかかるので、夜にタクシーを利用する場合は結構料金が上がる事があるので覚えておくと良いです。

中国の物価:3バスの料金

バスの料金も日本に比べ大変安いです。中国の各都市でバスの路線は結構多く、市内の移動であれば2元でほとんど移動できますが、都市によって10km以上は一定距離ごとに1元追加になります。市内の移動であれば大体2元で十分移動でき、支払いは乗車時に現金かICカードで支払いします。

現金で支払う場合は乗車時に運賃を払うのですが、つり銭は出ないのでバスに乗る場合は1元コインを常に用意しておく必要があります。

ICカード

ICカードは中国国内全てにあるわけではないのですが、北京、上海、青島、広州、深センにはICカードがあります。バスと地下鉄や会社によりますがタクシーやコンビニ等でも使用でき、バス乗車時に使用すると割引になります。

購入の際にはデポジットがあり、各都市料金が違いますが帰国時に地下鉄の窓口で残りのチャージ分とデポジット分は返金出来るので、中国旅行では使った方がバス料金も半額になりお得です。

中国の物価:4地下鉄

中国の地下鉄は初乗り2元から3元になります。各都市で違うのですが、広州や深セン、天津は2元からで北京と上海は3元からになります。初乗り金額は各都市決まっていて一定距離を越えると1元ずつ加算されます。支払いは切符を買うかICカードを改札でかざすだけです。

中国国内の地下鉄は基本的に、改札で空港や香港と深セン間のイミグレの様に荷物のX線検査やボディチェックがあって、チェックを受けなければ地下鉄に乗ることができません。列車も同様にチェックを受けますが、ほぼ素通りなので、それほど気にする事はないです。田舎や郊外ではない場所もあります。

中国の物価:5長距離移動

都市から都市への長距離移動はバス、列車、飛行機になり、移動距離からすると安いです。座席によって金額も違い、安い座席は椅子も固く大変な場合も多いです。長距離=長時間なので、バスや列車では金額だけでなく座席の事も考え乗車すると良いうえに貴重品の管理も注意しなければならないです。

長距離バスも列車も移動距離にもよりますが、日本円で数百円から数千円で乗れるので、日本からみると安いです。

長距離バス

長距離バスはいくつか種類があり、距離によって金額も違いますが日本に比べて安いです。運賃が高いバスは乗車時にペットボトルの水があったり、シートも普通です。安いバスは人が多く通路にも人がいて窮屈ですが中国を感じれます。寝台車もありますがスリの被害にあうことが多いのでおすすめしません。

長距離列車

中国で長距離列車はほとんどが寝台車で、ベッドによって金額が違います。金額も距離によって違いますが、全体的にはリーズナブルで安いです。切符の購入時に保険料もとられるのですが、保険料は任意なのでいらないと断れば保険料を引いた金額で乗れます。

長距離列車の寝台ではA寝台とB寝台があり金額が1.5~2倍くらいの差がありAはカーテンつきの4人個室が多くBはカーテンなしで3段ベッドです。上段、中段、下段で多少金額が違い、下段が高いですが上段と比べ数%しか違いません。

中国の物価:6観光地

中国旅行では、世界遺産や有名な観光スポットが多いですが、観光地の入場料は無料の所もありますが、高いと200元以上します。最近は観光地の入場料が高すぎるという声もあり下がっている所もあるようですが、人気の観光地は外国人旅行者向けの料金設定で、中国の観光地の物価は日本と変わらないか高いです。

中国の観光地はランクがついていて、中国国内最高基準の国家5A級になる黄山はオンシーズンで230元、オフシーズンでも150元します。比較的物価の安い広州や深センでもそうで、広州の香江野性動物世界は250元、深センの深セン野性動物園が200元と動物園はかなり高い印象です。

中国の観光地は、その地域の物価が高い安いというのは関係なく、中国の決めた基準で決まっています。中国でも物価の安い地域だからと言っても観光スポットでの物価は高いです。

中国での飲食や買い物の物価

中国に旅行に行くと、交通費や宿泊費も気になりますが、旅行中の食事や飲み物、お土産等の買い物もするので、飲食の物価は特に気になります。中国旅行でどの都市に行き、飲食もどんな店でするのか、お土産等の買い物も何を買うのかで全く違い、飲食では正直ピンキリです。東京より高くつく時もあります。

外国人旅行者が行く店や海外ブランド、輸入品、飲食店も安いとは感じません。日本に比べ3割ほど高く、化粧品等は日本で購入した方が安いです。日本商品は物によりますが約2倍します。しかし中国産の物はかなり安いです。

中国全体で見ると中国産の物や地元の人達が行く店は安いですが、日系の店や海外の店は日本に比べると割高な場合がほとんどです。

中国の物価:7食べ物

飲食店では決して安いと言うわけでもないです。日本よりも高い店も多いです。日本人や外国人旅行者が行くような店は基本的に日本と、それほど変わらないです。しかし、安く済まそうと思うなら地元の人達が行く店に行くと良いです。安い店だと10元くらいからあって、25元もだせば、かなりお腹いっぱいになります。

しかし、中国国内の都市によって物価が違うので、安い店と言っても上海では大体50元くらいです。でも深センや広州だと20元くらいで、安いと10元の店もあります。大学の近くだと、安い店もありますが、中国のどの都市にも共通してるのは出店や露店が一番安いです。そして主食の肉まんやお粥等は安いです。

食料品

中国では、安くおさえようと思えばかなり安く出来ます。野菜等は市場や地元の人達が行く店に行けば良いですが、生野菜は注意も必要です。

中国には野菜専用の洗剤があり、安いけど安全面では不安な部分が大きいです。日系の店はちょっと高いですが安全面では安心でき、中国でも富裕層の人達は日系の店で買い物をしたり、食事も地元の食堂ではなくレストランに行くことが多いです。

チョコレート等嗜好品になる菓子類は、中国全体でもちょっと高く、日本の方が安いものが多く、入国時に持っていると没収される物もあります。香港から中国に行く時等、空路では没収される時があります。海外ファーストフードも日本より安いですが、中国国内で展開しているチェーン店の方がもっと安い場合もあります。

中国の物価:8飲み物

コンビニにあるような飲み物は中国では安いです。しかし、嗜好品にあたる飲み物は高いです。中国ではペットボトルの水が1元から8元で販売してます。中国産の水は500mlで1元から3元で外国産の水は5元から8元くらいです。店によって0.5元から1元の差がありますが、中国全体では大体同価格です。コーラが3元から4元で600mlなので安いです。

アルコール類やコーヒー

ビールは青島ビールが大体3元でドイツビール10元前後と安いです。青島がドイツ領だったこともあるようですが、他の海外ビールやベルギービールは日本とあまり変わらないです。ワインは大変高く中国では高級品です。ほとんどが日本の2~3倍の値段になっています。

コーヒーは、中国では高く日本とそれほど変わらない金額です。有名チェーン店に限らず、中国にあるどのコーヒーショップも30元前後することが多く、あまり大衆向けではなく、富裕層が多いです。全体的には日本とそれほど変わらないか、ちょっと高い感じです。

中国の物価:9買い物

中国での買い物は中国産の物は安いです。老路やちょっと入った通りにある店は安くTシャツが20元で売られていたりします。日系の店や海外ブランドの店はどこも高くて日本で購入した方が安いので、日本では買えないものや、中国産の物や中国にしか無いものを買うのがいいです。

海外ブランドでも中国で製造しているものは若干安いですが、中国で何か買い物をするなら中国産の物を買うのをおすすめします。基本的に中国の物は安い金額設定で、日系や海外の物は日本の方が安い場合がほとんどです。コスメ系も日本と同じくらいの品質は日本の方が安いです。

中国の物価:10値段交渉

中国では値札がない店も結構あります。その場合は値段交渉して買い物をするのですが、最初に言われる金額は大抵2倍くらいの金額を言われる事が多いです。

中国で買い物をする場合は、その街のスーパーや大型店に行き、値段をチェックしておき、大体の物価を知っておきましょう。中国では都市や街によって物価は違うのでスーパー等で大体の値段を調べておくと、値段交渉するときに損をしなくてすみます。

値段が表示されていたり値札がついてるのは、交渉出来ないですが、ホテルや市場では場合によっては値段交渉が出来ます。

中国の物価:11注意点

中国では各都市で物価もかわり、その都市周辺の街の物価も全然違ったりします。買い物をする時は街中にある店であっても値段が全然違う店も多くありますので、買い物する前にショッピングモールや大型店等で大体の相場を見ておくと良いです。

ショッピングモール内の店や大型店では値札が無いという事はないので、その街の相場と物価を知ることが出来ます。ただし、中国旅行者や外国人ばかりいるところは、旅行者価格になってることが多いので、少し高めの金額設定になっています。

中国旅行では安い店やホテルでは現金のみでカードは使えない場合もありますが、中国は日本よりも電子マネーが普及していて特に深センは多く、露店や一部店舗では現金、カードが使えず電子マネーしか使えない場合があるので注意してください。

そして、飲食店でもQRコードのみで、QRコードを読み取るとメニューが表示され注文が出来る店もあり、そのような店では事前に金額がわからないというのもあります。

中国旅行は行く都市によってピンきり

中国旅行では格安でおさえようと思えば十分安く行けますが、それは行く都市や店、観光スポットで大きくかわります。今はまだ人民元が安いので、物価が上がっていると言っても日本と比べて安く感じますが、輸入品や海外の物はすでに日本よりも高く、ちょっとしたレストランに行くと、日本の方が安いです。

しかし、交通費や宿泊費は日本より格段に安いので贅沢な食事をしなければまだまだ中国の旅行も安く済ませれますが、主要都市の上海等の物価は中国でも高いので日本と比べて、それほど変わらないと思って行くと良いです。

中国の物価はまだ安い

中国の物価は中国産のもの以外は高いですが、中国産のもや地元のローカルフードは凄く安く、交通費や宿泊費もまだ安いです。嗜好品が高いので、贅沢をしなければ十分安く押さえられますが、日本から近い上海や北京では日本とそれほど変わらないと思って行くとよいかもしれません。

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ