台湾の言語で日本語や英語は通じる?旅行で使える挨拶やフレーズも紹介!

台湾の言語は一体なんなのでしょうか。台湾語?中国語?意外と知らないものです。それから英語や日本語は通じるのかも知りたいところです。今回は海外旅行で人気の台湾で日本語が通じるかや公用言語はなんなのか、挨拶で使える日本語や英語などのフレーズを紹介していきます。

台湾の言語で日本語や英語は通じる?旅行で使える挨拶やフレーズも紹介!のイメージ

目次

  1. 1台湾で通じる言語は中国?英語?それとも日本語?
  2. 2台湾の公用語はそもそも何?
  3. 3 台湾で言語は日本語や英語が通じる?
  4. 4台湾ではどうして日本語と英語の言語がしゃべれる?
  5. 5台湾のは日本語や英語の言語だけじゃない
  6. 6他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズはある?
  7. 7他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語1:可愛い
  8. 8他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語2:本当に?
  9. 9他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語3:水道
  10. 10他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語4:日本
  11. 11他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語5:おばさん
  12. 12他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語6:what’s up?
  13. 13他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語7:how is it going
  14. 14他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語8:awesome
  15. 15台湾人は日本人よりも英語のスキルが高い?
  16. 16台湾旅行ではなんの言語をつかえばいい?
  17. 17他言語国家台湾台湾で日本語だけでなく英語も話そう!

台湾で通じる言語は中国?英語?それとも日本語?

意外と知らない人も多いのではないでしょうか。台湾旅行に行く時に台湾人は一体どんな言語を使っているか気になった事はないでしょうか。中国語なの台湾語を喋っているの?と、現地に行くと聞きなれないアジアの言語を使ってるように聞こえます。今回は台湾では日本語が通じるのか、台湾がどんな公用語があるのか、また簡単な挨拶のフレーズなども一緒に見ていきます。

台湾の公用語はそもそも何?

台湾の言語は一体なんなのでしょうか?台湾の言語は中国語で台湾華語とも呼ばれています。基本的には中国語なのです。しかし台湾の人は英語も日本語もいろんな国の言葉をしゃべります。人によりますが、英語をしゃべれる人も多いので、中国語以外に言語を持っている人もたくさんいるのです。でも基本的には台湾の言語は中国語になっています。

少し注意が必要なのは、中国語以外にも台湾では台湾語と呼ばれる言語もつかわれます。こちらは福建の方言で、この方言を使っている人もいます。一概に公用語の中国語をみんなが使っているわけでなないのです。公用語は中国語で、こちらを国語として勉強するのですが、台湾語を使っている人もいると言う事です。

台湾で言語は日本語や英語が通じる?

台湾では日本語や英語が通じるのかも気になるところです。実は台湾では日本語や英語なども通じるようになっています。台湾の人はいろんな言葉を使うことができるので、中国語以外にも英語や日本語なども出来る人が比較的多いです。観光地などに行くと英語や日本語喋れる人が多いので、日本人観光客にしっかりと対応してくれるのもいいところです。

台湾の学生さんなどは英語や日本語などを勉強している人が多いので、日本語や英語を喋れる人が比較的多いです。大手のデパートなんかに行くと英語だけでなく日本語など分かる人がいたりするので、日本語で対応してもらうこともできたりします。ゲストハウスなど、世界中からいろんなバックパッカーが訪れる施設では日本語を喋れる人もいらっしゃったりします。

日本人ですかと逆に話しかけられることもあります。日本語を勉強している台湾人は、日本に興味関心があるので、日本人がいると積極的に話しかけているようです。そうした時は友達を作るチャンスなので、ぜひとも仲良く対応しましょう。そうした台湾人は英語でもしゃべれることが多いので、英語でも話せそうです。

台湾ではどうして日本語と英語の言語がしゃべれる?

台湾では日本語がしゃべれる人もたくさんいます。日系人もいますし、統治時代を経験している高齢者の人などは日本語がしゃべれるのは日本人でもよく知っているでしょう。しかし、最近の若い子でも日本語をしゃべれる人がたくさんいるのです。どうして台湾人の若い人は日本語がしゃべれる人が多いのでしょうか。

台湾の若い人は日本文化に関心を持っている人が多く、親日家が多いのです。漫画やアニメなどで勉強したという人も多いので、日本語を聞き取ることができる人が多く、優秀な人が日本語を覚えてカタカナなども使える人がいます。日本文化の影響で日本語を使える人が台湾にはたくさんいるのです。若者世代でも台湾では英語だけでなく日本語などの言語もしゃべれるのです。

台湾のは日本語や英語の言語だけじゃない

台湾は日本語や英語の言語だけでなく、色んな言語が飛び交っています。多民族国家なので多言語国家としても知られています。日本語や英語だけでなくいろんな言語を使うことができる人がいたり公用語である中国語以外の言語を使っている人もたくさんいらっしゃいます。台湾はいろんな人種が住んでいるので公用語は中国語ですが、いろんな言語が飛び交っています。

他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズはある?

他言語の国家である台湾で、公用語の中国語を使って話しかけるのはなかなか難しいものです。しかし公用語の中国語を使わなくても、台湾人が知っている言語や日本語や英語などを使って簡単な挨拶ならできそうです。台湾で通じる日本語や英語はなんなのかも見ていきたい思います。台湾旅行で簡単な挨拶を日本語や英語で行いたいものです。

Thumb日帰りで台湾へ行こう!おすすめ観光コースから予算まで完璧プランニング!
日帰りで海外旅行に行ってみませんか?台湾なら、日帰りで旅行に行くことができます!夜プラス1日...

他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語1:可愛い

多言語国家の台湾では公用語の中国語以外にも、日本語のフレーズなども知っている人がたくさんいらっしゃいます。特に日本で流行した「可愛い」などのフレーズは台湾でも知っている人が多いです。日本人だけでなく台湾でも知っている人がいいので、可愛いと言うフレーズは使ってもすぐにわかるでしょう。実際に使ってみてもいいでしょう。

台湾だけでなく、海外でも「kawaii」と言うフレーズは使われていたりします。やはり日本のポップカルチャーなどの影響で可愛いと言うフレーズを知っている人が多いのです。日本語も徐々に世界で関心が持たれているのかもしれません。日本語のフレーズも知っている人が多いので、積極的に旅行で日本で有名なフレーズを喋ってみてはいかがでしょうか。

他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語2:本当に?

可愛いなどの世界的に有名なフレーズだけでなく、多言語国家の台湾では英語以外で通用する日本語がいくつかあります。旅行などで使うようなフレーズだけでなく日本人がよく使う言葉などは台湾人が知っている可能性が多いです。例えば「本当?」と言うフレーズは台湾のタクシーやゲストハウスの人やホテルの人は知っている人が多いです。

台湾では感じが日本とほとんど同じなので、日本でよく使う漢字も知っている人が多いのです。逆に日本人が難しい漢字を使っても、公用語が中国語ですから、漢字のフレーズは比較的通じやすい傾向にあります。英語も日本語も知っている言語が通じなかったら、紙に漢字を書いて説明してみるのもいいかもしれません。「本当」のように通じる漢字があるかもしれません。

他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語3:水道

こちらも多言語国家でたくさんの人が入ってくる台湾で使われたりする日本語です。かなり意外かもしれませんが、こちらは台湾でも漢字が同じなので使われているようです。比較的漢字だけのフレーズは台湾でも通じる可能性が高いです。やはり漢字の並べ方は違っても、意味は同じだったりするので、こうしたフレーズは通じるのでしょう。

他言語国家の台湾では漢字のみの日本語は通じるので、友達ができたらどんな言語が通じるのか試してみるのがいいでしょう。英語が通じなくても、漢字を使って意思の疎通をすることができるかもしれません。逆に漢字を覚えるだけなので、中国語に挑戦してみるのもいいいかもしれません。読み書きなら発音がないので、比較的早く覚えられるでしょう。

他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語4:日本

台湾では国名や地名などは日本語で通じることがあります。漢字で表記されている国名や地名は、日本語でも通じやすいです。日本に行ったことがある人なら渋谷や新宿など日本の地名なども日本語で通用することが多いです。台湾の人は日本に観光に来たりすることも多いので、日本の有名な地名などは比較的に通じるでしょう。

フレーズの中に日本の地名などを入れて話せばよりわかりやすく伝えることができるでしょう。この人と会話をしたいと思ったら日本の地名について話したり、どんなところに旅行に行ったかなどを話してみるといいでしょう。日本語の地名は通じるので、英語がしゃべれない場合は、日本の地名の話をしてみるのもいいかもしれません。

他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語5:おばさん

台湾でお店に入るとおばさんが接客してくれることがよくあります。そうした時におばさんと言うと反応に応じてくれるので台湾ではおばさんやおじさんなど、日本でよく使う日本語も通じることが多いようです。おじさんおばさんと呼びかけている観光客が多いのでしょう。台湾の観光地にいるおじさんおばさんはこの日本語で反応してくれます。

しかし人によってはおばさんはマナー違反になる可能性もあるので、失礼な呼び方になってしまうこともあります。台湾の人が考えているおばさんと日本人が考えているおばさんのイメージが少し違うので、おばさんを乱用するのはあまり良くないかもしれません。台湾ではお母さんやお父さんなども通じることが多いので、お母さんやお父さんと呼びかけるのがいいでしょう。

他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語6:what’s up?

続いて台湾で通用する英語のフレーズなども見ていきたいと思います。多言語国家である台湾では日本語だけでなく英語喋れる人はたくさんいらっしゃいます。むしろ日本語よりも英語の方がしゃべる人が多いでしょう。ですので英語のフレーズをいくつか知っておけば台湾を旅行する時に英語のフレーズを利用することができます。英語のフレーズも少し見ましょう。

what’s up?は「やあ!」」という意味ですが、調子はどう?元気?などと行った感じで使う挨拶です。しかしこちらの挨拶は比較的若い人向けの挨拶になるので、おばさんやおじさんにwhat’s up?と使わないように注意しましょう。おじさんやおばさんでも通じると思いますが、なかなか失礼なので若者だけに使う挨拶として覚えておきましょう。

他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語7:how is it going

似たようなフレーズで使えるのはhow is it goingです。こちらはどんな世代の人にも使うことができる挨拶のフレーズですので、ハロー以外の挨拶のフレーズを覚えるならこちらのフレーズを覚えておくといいでしょう。中学校や小学校などで習うようなフレーズですが、意外と英語の挨拶のフレーズで出てこない人が多いのではないでしょうか。

若者には若者向けの挨拶をしたり、年配の人には年配の人に失礼のないような挨拶の仕方というものがあります。場所や人によって英語の挨拶のフレーズを変えるのがおすすめです。台湾人はそうしたところも含めて英語の知識に精通しているので、下手な英語していると笑われたりしてしまうかもしれないので注意が必要です。

他言語国家台湾で通じる日本語や英語のフレーズと単語8:awesome

awesomeという言葉も最近よく耳にするのではないでしょうか。アメリカ人がよく使うフレーズでもあります。英語のスラングで、こちらもSNSなどで台湾人と会話するときなどにも使うことができるので、ネットでつかえる英語です。かっこいい、最高!などの意味がありますが、coolやincredibleやgreatなどのいろんな意味を持っています。

こちらは単体で使うのもいいですが、フレーズの中に入れることが多いです。awesomeなになにと言う風に、素晴らしいなになに(名詞)、と言う風に名詞の前につけてフレーズにするといいでしょう。適切な形容詞や感情表現が難しかった時にごまかせる英語もでもあるので、wonderfulなど感情表現が出てこなかったらフレーズにawesomeを入れるのがおすすめです。

台湾人は日本人よりも英語のスキルが高い?

台湾人は日本人よりも英語のスキルが高いと言われています。一体どうして台湾人は英語がうまく喋れるのでしょうか。台湾人などに聞くとよく日本語よりも英語の方が簡単に覚えられると言ったりします。もしかしたら私たち日本人が英語を覚えるよりも、台湾人が英語を覚える方が簡単なのかもしれません。それといろんな国の人が観光したり留学してくるのもあるでしょう。

台湾は日本と違って大陸にあるので、いろんな国の人が入ってきます。いろんな国の人が周りに住んでいたりするので比較的外国語に触れ合う機会が多いのかもしれません。台湾人の人は第二言語を習得するのがとても早く、小学生くらいでも覚えている人もいます。日本人よりも第二言語を覚える時期が早いというのもあるかもしれません。

台湾旅行ではなんの言語をつかえばいい?

では一体台湾の旅行でなんの言語をつかえばいいのかも気になるところです。公用語は中国語ですので、そのまま中国語をつかえばいいのですが、なかなか中国語を使える人が少ないのも事実です。なので、旅行などでは英語をつかえばいいでしょう。英語なら比較旅行で行く観光地くらいなら通じる事が多いでしょう。

しかし山奥の温泉などに行くと公用語の中国語だけしか通じない事も多いので、注意しておいた方がいいでしょう。中国語しか通じないところもあるので、観光地以外のところなどに行くなら英語も通じない事を予測しておいた方がいいでしょう。中心部に行けば日本人の旅行客が多いので、日本語も通じる時もありますが、地方は中国語しか通じません。

Thumb台湾を2泊3日で遊び尽くすおすすめプラン!モデルコースの予算は?
日本から約4時間で行ける台湾の2泊3日におすすめな観光スポットをモデルコースを使ってご紹介し...

他言語国家台湾台湾で日本語だけでなく英語も話そう!

いかがでしたか?台湾は日本よりもはるかに国際的な印象を受けました。日本人も負けないように、他言語国家である台湾で日本語だけでなく英語も話してみるようにしましょう台湾の人はみんなニコニコとしておりとっても優しく、心が豊かです。柔軟性もあり言語もすぐに受け入れて覚えられるのでしょう。ぜひ見習って言語学習に活かしましょう。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ