台湾観光のチップ事情は?金額相場や渡し方のマナーなど詳しくチェック!

欧米ではチップが文化として残っていますが、台湾ではどうでしょうか。台湾では政府がチップの方針ということで、一部の職種でチップを払いましょうと訴えています。今回は、相場や渡し方のマナーといった台湾政府のチップ方針から台湾のチップの事情までご紹介します。

台湾観光のチップ事情は?金額相場や渡し方のマナーなど詳しくチェック!のイメージ

目次

  1. 1人気の旅行先の台湾のチップ事情
  2. 2チップの起源
  3. 3アジアでのチップ事情
  4. 4台湾のチップ事情
  5. 5台湾政府のチップの考え
  6. 6台湾政府のチップ導入の目的
  7. 7台湾のチップ制度で50台湾ドル札が復活?
  8. 8台湾のチップの相場、金額、タイミング
  9. 9台湾のチップ事情1:ホテル
  10. 10台湾のチップ事情2:レストラン
  11. 11台湾のチップ事情3:タクシー
  12. 12台湾のチップ事情4:チャータータクシー
  13. 13台湾のチップ事情5: 観光地
  14. 14台湾のチップ事情6:買い物
  15. 15台湾のチップ事情7:マッサージ
  16. 16台湾のチップ事情8:屋台
  17. 17台湾のチップ事情9:ゴルフ場
  18. 18台湾のチップ事情10:エステ・スパ
  19. 19台湾のチップ事情11:MRT
  20. 20台湾のチップ事情12:コンセルジュサービス
  21. 21台湾でのチップの渡し方
  22. 22罰金も科せられる台湾での注意すべきマナー
  23. 23台湾のチップ事情を理解して台湾旅行を楽しみましょう!

人気の旅行先の台湾のチップ事情

日本人の中で、人気の海外旅行先として有名な台湾です。海外に行くとチップが必要と言いますが、台湾ではあまり耳にしません。しかし、台湾政府はチップの方針を打ち出してからチップ事情がどうなっているのでしょうか。そこで、今回は、台湾政府のチップの方針、台湾のチップ事情などについてご紹介します。

チップの起源

チップの起源には、イギリスのパブで迅速にサービスを受けたい人への箱を置いてお金を入れてもらったことや床屋のサービスに料金がなくお客さんが出せるだけの金額を箱に入れたのが始まりなどいくつかの諸説があります。現在のチップは、国によって少し異なってきています。

サービスのお礼としてのチップ

チップはサービスのお礼として続いてきましたが、ヨーロッパの一部では、チップの廃止が進む一方で、アメリカでは、チップ文化は根強く残っています。チップの相場は、国によって違いますが、金額の15%から20%が多くなっています。日本人はチップを払わない人もいますが、マナーを知らないと言われることもあるので注意してください。

アジアでのチップ事情

アジアでは、チップの文化はあまりありません。アジアのほとんどの国は、チップの習慣がないので、外国人が泊まったりするホテルや食べたりするようなレストランでのみ、チップが必要という国もあります。アジアの国では、基本的にチップが必要ないと認識しておくとよいでしょう。

アジアの国でのチップの渡し方

とてもよいサービスをしてもらったので、チップを渡したいという方もいらっしゃるでしょう。そのような方は、チップの渡し方として、日本円にして50円から100円程度の現地通貨を渡すことをおすすめします。ただし、個人的にガイド付きのツアーに参加したときには、チップを渡します。ガイドの方への相場は、国によって異なります。

台湾のチップ事情

続いて、台湾のチップ事情についてお伝えいたします。台湾では、日本と同じく、基本的にチップの習慣はありません。ホテルやレストラン、タクシーなどを使用したときに、チップは不要なので、チップの心配をする必要はありませんでした。しかし、台湾政府によって、台湾を訪れる観光客にチップを求め始める動きが起こりました。

台湾政府のチップの考え

台湾政府によって考え出されたチップの習慣は、チップを渡す対象をホテルのドアマンや客室係といったスタッフとしています。また、チップの相場は1室あたり50台湾ドル(約182円)としています。チップは強制ではなく、あくまで観光客の意思によって支払うものとされています。今後のために、ご協力お願いしますというレベルです。

台湾政府のチップ導入の目的

台湾政府は、チップの導入によって、サービス業の現場で働いている人の収入を増やして、サービスの質を向上させられるという目的で導入を勧めています。しかし、ホテルでは既に、1泊あたり10%分の金額を上乗せしており、チップを渡すことで、二重での支払いになると言われています。

現在は、チップの対象として、台湾政府は、ホテルのドアマン、客室係といったサービス業について言及しています。しかし、チップの普及の状況によっては、観光地のスタッフや高級ショップの店員といったサービス業までチップを渡すようにという方針を拡大するかもしれません。

台湾のチップ制度で50台湾ドル札が復活?

nao.yummyさんの投稿
34671784 2098394427114792 2212026123011751936 n

現在、台湾で流通しているのは50台湾ドルの硬貨となっています。台湾の観光局は硬貨ではイメージが悪いとして、中央銀行に対し50元紙幣の発行を再開するよう提言しました。発行に反対の意見もありますが、現場では、硬貨はこじきに与えるという印象があるためチップとしてふさわしくない、紙幣を発行するのが望ましいと言われています。

台湾のチップの相場、金額、タイミング

台湾政府によって、チップの方針が出されていますが、実際に台湾を旅行中のどの場面でチップを支払う必要があるのかなど気になる方もいるでしょう。続いて、台湾の場面別のチップの相場、金額、渡し方について、ホテル、レストラン、タクシー、買い物、マッサージ、屋台別に取り上げていきます。

台湾のチップ事情1:ホテル

まず最初にご紹介するのは、台湾のホテルでのチップ事情です。台湾のホテルでは、ドアマン、客室清掃係、フロントなどチップを渡す必要があるかどうか悩む方もいらっしゃるでしょう。続いて、ドアマン、客室清掃係、フロント、そして、ルームサービススタッフにチップを渡すかどうか、相場、金額、そして渡し方などを取り上げていきます。

ホテルドアマンの場合

台湾のホテルのドアマンは、台湾政府のチップの方針に含まれています。台湾政府のチップの方針によると、ドアマンへのチップの相場は、サービス1回あたり50台湾ドル(約181円)とされています。ドアマンへのチップの渡し方は、50台湾ドル硬貨1枚を手渡しで問題ないでしょう。

ホテル客室清掃係の場合

台湾のホテルの客室清掃係へのチップは、ドアマンと同じく、台湾政府のチップの方針に含まれている職種なので、用意しておくとよいでしょう。チップの相場は、ホテルの1室あたり50台湾ドル(約181円)で、渡し方は、チェックアウト前に、枕元もしくは机に置いておくとよいでしょう。

ホテルフロントの場合

台湾のホテルのフロントへのチップは、必要ありません。台湾のホテルの料金は、金額の10%分サービス料として上乗せした金額となっています。各ホテルは、宿泊客が支払うサービス料に見合った研修などを定期的に行なっており、その研修で受けたサービスを受けたということで、お客がその分を支払うということになっています。

ルームサービススタッフの場合

台湾のホテルに宿泊したときに、ルームサービスを利用したときのチップですが、チップが必要と考えておくのがよいでしょう。台湾政府は、ホテルについて言及しているので、チップを渡すことをおすすめします。チップの相場は、ドアマン、客室清掃係と同じく、1回50台湾ドルと考えておきましょう。渡し方は、サービスを受けた後に渡しましょう。

Thumb台北のおすすめホテル特集!高級や格安など人気スポットを厳選して紹介!
台湾の首都である「台北」には、格安ホテルから高級ホテルまで観光客におすすめのホテルが数多く点...

台湾のチップ事情2:レストラン

次に見ていくのは、台湾のレストランでのチップ事情です。台湾のレストランでは、チップは必要ありません。海外の高級レストランで食事をするとなると、ウェイターやお店にチップ支払う必要があるのじゃないかと考えることも多いかもしれませんが、チップは必要ないです。

台湾のレストランではサービス料を徴収

台湾の高級レストランは、サービス料を含んだ料金となっています。ウェイターによっては、チップを求めることもあるかもしれませんが、チップを支払う必要はありません。ただし、とても良いサービスをしてもらった、急な要望を通してもらったからチップをあげたいという場合は、チップの相場はないので、お気持ちとして渡すようにしましょう。

食べ物は容器に入れてお持ち帰り

レストランなどでは食べ残しに関して、日本と文化が異なるので注意が必要です。台湾のレストランで食事を食べているとどうしても食べられないこともあるでしょう。日本では、食べきれなかったものは、そのままテーブルの上に、残して行きますが、台湾ではテーブルの上に残すことはありません。

台湾では、食べきれない量の場合は、持ち帰り用の箱に詰めて、持ち帰ります。食べ物を粗末にしないという考え方のため、日本のように捨てることはありません。ただ、どうしても持ち帰れないときは、そのままにしておきましょう。台湾では、食べ残しは肥料などになり。リサイクルされて、循環されるようになっているからです。

台湾のチップ事情3:タクシー

続いては、台湾のタクシーのチップ事情です。台湾のタクシーは、チップを支払う必要はありません。ドライバーが、とても親切にしてくれたというときときなどに気持ちとして渡したいときのみ渡せば大丈夫です。ドライバーのチップの相場はありません。チップの渡し方としては、別でチップを渡すかお釣りは要らないと伝えるのがよいでしょう。

日本と同じ割増料金

台湾でタクシーを利用するときには、日本と同じくチップは必要ありません。しかし、日本と同じ仕組みもあります。それは、深夜の割増料金です。タクシーの深夜利用の金額は、昼間料金に20台湾ドル(約65円)追加されます。深夜に利用して、金額が違うという理由でトラブルにならないようにしましょう。

Thumb台湾タクシーの乗り方&料金を徹底調査!空港の乗り場や呼び方もチェック!
台湾はタクシーの移動手段が非常に人気が高くなっています。というのも初乗り料金が安いからです。...

台湾のチップ事情4:チャータータクシー

nonoco1226さんの投稿
34787720 171469180368760 7338478145256816640 n

台湾では、タクシーを貸し切って観光地を巡るチャータータクシーを利用する方もいらっしゃいます。行きたいところ、見たいとこだけを効率良く巡ることができるので、気軽に旅することができると人気があるサービスです。実は、多くのチャータータクシーの会社のチャータータクシープランにチップは含んでいませんと記載がされています。

チャータータクシーを利用するときに、チップは必要なのでしょうか。チャータータクシーでは、チップが任意となっていることが多くなっています。ただ、多くの人がチップをプランが終わるときに渡しています。チップの相場はなく、チップの金額はアジア各国と同じく150台湾ドル(日本円で約550円)くらい渡すのがよいでしょう。

台湾のチップ事情5: 観光地

台湾の観光地でチップは、必要ありません。九份(きゅうふん)や中正紀念堂といった台湾の観光名所でも、チップを支払う必要は基本的にありません。しかし、個人で申し込むような1日ガイドさんが添乗するツアーなどでは、ガイドさんへチップを渡しましょう。チップの相場は、1日150台湾ドル(約500円)くらいを渡すようにしましょう。

観光地のトイレに注意

チップ以外にも注意点があります。それは、トイレにティッシュペーパーを流してはいけないことです。現在、台湾では水に溶けるトイレットペーパーも販売されていますが、流せるようになってきました。しかし、特に観光地では配管がホテルのように整備されてない所があります。水に流せるかどうか必ず確認するようにしましょう。

台湾の観光地での行動は注意

台湾にあるお寺や廟観光地となっているところもあり、また、信者も多く集まる神聖な場所となっています。日本では、あまり言われることはありませんが、台湾では、観光スポットでも帽子を取り、サングラスを外すのが礼儀です。観光地になっていないようなお寺や廟では、必ず帽子は取る、サングラスは外すことを徹底しましょう。

台湾のチップ事情6:買い物

次は、台湾での買い物でのチップ事情です。台湾のショッピングモール、台湾の高級店で買い物するときは、チップは必要ありません。海外では、高級店できめ細やかなサポートやアドバイスをされたときなどにチップを渡すこともありますが、台湾ではチップを渡す必要はありません。

買い物のときのレジ袋は有料

coqtravelさんの投稿
37039561 307096523361021 2871366988075106304 n

買い物をするときにはチップは必要ありませんが、レジ袋は日本のように無料ではもらえません。日本ではスーパーなどで買い物をしたときなど無料でもらうことができます。しかし、台湾では、有料です。金額は、1枚2台湾ドル前後となっています。日本でも、一部のスーパーで購入する必要がありますが、台湾では購入することを覚えておきましょう。

Thumb台湾のスーパーはお土産探しに最適!おすすめのお菓子やお茶を厳選して紹介!
観光に行ったら国内でも海外でもお見上げ選びに困るでしょう。台湾にはスーパーが沢山あり、歩いて...

台湾のチップ事情7:マッサージ

続いては、台湾でのマッサージを受けたときのチップ事情です。台湾でマッサージに立ち寄ることもありますが、台湾のマッサージ店では、チップは必要ありません。特別な施術をしてもらったなどチップを渡したいと思ったときに、チップを渡すのは問題ありません。渡し方はその場で渡し、金額は、お気持ち程度と考えておくとよいでしょう。

Thumb台北のおすすめマッサージ&足つぼ特集!高級店から安い店まで完全網羅!
足つぼマッサージが有名な都市「台北」。観光や日々の疲れた身体を癒すことができ、極上のリラック...

台湾のチップ事情8:屋台

最後に、台湾の屋台やフードコートでのチップ事情をみていきましょう。最近の日本人の観光客に人気な台湾グルメですが、台湾の屋台で台湾グルメを食べるとき、チップは必要ありません。そもそも、台湾では飲食店でのチップの文化はないので、屋台やフードコートのスタッフも受け取ることはないと考えてよいでしょう。

ローカルのフードコートでは文化の違いに注意

チップはないのですが、注意すべき点が1つあります。それは、食器の片付けです。日本のフードコートでは、食べた後、自分で片付けますが、台湾ではお店の人が食器を片付けます。もし、食べ終わった食器を片付けようとすると、「置いておいて!」と言われます。ただし、台湾のファストフードのお店では、日本と同じお店が多いので、注意が必要です。

Thumb台北グルメおすすめランキング!駅前から夜市まで人気のお店を調査!
台湾・台北でおすすめのグルメスポットランキングを特集します。台北エリアには、台北駅を中心に様...

台湾のチップ事情9:ゴルフ場

台湾のゴルフ場で、ラウンドを回るときに、キャディを付けて、回る方もいらっしゃいます。日本の場合は、キャディを付けて回るとき、全コースを終わって、キャディにチップを渡すという文化がありますが、台湾では、キャディーにチップは特に必要な場合と必要でない場合があります。

台湾の歴史ある有名なゴルフ場では、キャディーに対して、チップの受け取りを禁止しているゴルフ場もあります。もしキャディーにチップを渡すときは、チップの相場はないため、金額はお気持ち程度と考えておくと良いでしょう。渡し方は、プレー終了後に渡すという渡し方がゴルフのマナーとしてもよさそうです。

台湾のチップ事情10:エステ・スパ

台湾では、ヘッドスパや東洋の技法と西洋の技法を組み合わせたエステが人気となっています。台湾のエステやスパを利用したときには、チップを支払う必要はありません。エステやスパは、サービス業ですが、台湾政府のチップの方針の中で、触れられていません。もし渡す場合は、金額はお気持ち程度で、渡し方は、施術が終わってからにしましょう。

台湾のチップ事情11:MRT

台北市では、台北市内、台北市と桃園国際空港を結ぶMRTが走っています。MRTは、公共交通機関のため、チップは特に必要ありません。清掃係にチップを渡す必要があるという情報もありますが、マナーとしてよく見られないので、チップは渡さないようにしましょう。

台湾のチップ事情12:コンセルジュサービス

台湾での人気のレストラン、サービスを確実に行きたいという人が利用するのが、コンセルジュサービスです。チップについては、特に規定はありません。無理を通してもらったときなどに、お気持ちとして、チップを渡すかたが多くなっています。コンセルジュサービスへのチップの相場もないので、ご自身で判断することをおすすめします。

台湾でのチップの渡し方

台湾でのチップの渡し方は、他のチップの国と同じように、小銭をたくさん渡すのはチップの渡し方としてはよくありません。ドアマンやホテルのルームキーパーへの渡し方は、台湾10ドルや台湾20ドルを組み合わせて渡すのではなく、台湾50ドルを1枚渡すことをおすすめします。

チップを封筒に包むときは渡し方に注意

日本では、お金をそのまま渡すのは行儀がよくないということで、封筒にお金を入れて渡すことも多いですが、台湾では白い封筒はタブーとなっています。台湾ではお祝いの時に渡すお金は「紅包」と呼ばれる「赤い袋」に入れます。もし、日本と同じように、封筒にお金を渡すときには、白い封筒は避けておくことをおすすめします。

罰金も科せられる台湾での注意すべきマナー

台湾では、チップを渡すことで、罰金を科せられることはないですが、台湾では、マナー違反をすると罰金が取られてしまうこともあります。日本では問題ないことも台湾ではマナー違反ということもあります。知っておくべき台湾のマナーについて事例を2つみていきましょう。

チップと同様に知っておきたい台湾の公共交通機関でのマナー

最初の台湾のチップより重要なマナーは、公共交通機関でのマナーです。台湾の公共交通機関であるMRTやバスでは、喫煙や食べ物などの飲食は、罰せられます。もし、台湾の公共交通機関で違反をしたときは、1500台湾ドル以上7500台湾ドル以下の罰金を科せられます。

例えば、日本では、電車の中でペットボトルの飲料を飲んだり、ガムを噛んだり、アメを舐めたりしても問題ありません。しかし、台湾では法律に違反していると見なされます。罰金の金額は、1500台湾ドル(約4500円)です。外国人でも容赦なく罰金を徴収するので注意してください。

優先席には座らない

台湾のMRTやバスといった公共交通機関には、 博愛座という座席の優先座席があります。お年寄りと子供に対して優しい台湾では、優先座席には座るのは座らないのがマナーです。間違えて優先席に座ったとしても、罰金を支払うことはありませんが、台湾の若者は、優先席に座らないので注意してください。

台湾では、混雑してない時でも、若者は博愛座に座ろうとしません。座っても問題はないのですが、同じ車両にお年寄りがいても座席を譲らないときは、周りの方から注意され白い目で見られます。また、一般の席でも席を譲らないときは、動画を撮影され投稿されるリスクもあるので、お年寄りを見かけたら席を譲るよう心がけましょう。

チップよりも厳しい!知っておきたい台湾の喫煙マナー

次にご紹介する台湾での重要なマナーは、喫煙です。台湾では、ホテルを含む公共の場所での喫煙は全面的に禁止されています。もし、違反すると罰金が科せられます。罰金の金額は、1万台湾ドルとなっており、とても高額です。喫煙は、指定された場所で必ずするようにしましょう。

電子たばこが禁止されている台湾

metanchangさんの投稿
31687018 1872273429492193 6180012048324231168 n

喫煙者への視線が厳しくなってきた日本で人気の電子たばこ(加熱式たばこ)ですが、台湾への持ち込みは禁止されています。台湾では、電子たばこ自体が禁止されているので、間違えて日本から台湾へ電子たばこを持ち込もうとすると空港で没収されてしまうので、注意が必要です。

Thumb悠遊カードの買い方&払い戻し方法は?台湾観光で便利な乗り放題徹底ガイド!
台湾で地下鉄(MRT)を利用する場合、悠遊カードを利用するととても便利に台湾旅行を楽しむこと...

台湾のチップ事情を理解して台湾旅行を楽しみましょう!

台湾では、政府が主導となり、チップの文化を取り入れる動きが始まっています。まだ、チップは浸透していない部分もありますが、今後は普及していくことも予想されます。台湾を訪れるときには、チップや注意すべき台湾のマナーについてしっかり確認して、台湾の観光地、グルメを堪能してください。

関連記事

Noimage
この記事のライター
yuyu

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ