南漢山城は韓国の世界遺産!行き方や登山後の景色など見どころ紹介!

世界遺産にも指定されている南漢山城は、登山コースとしても知られている人気の高いスポットとして知られています。またソウルにも近いので行き方も容易です。そのため地元の人や観光客が訪れます。そんな南漢山城の見どころや景色、行き方について紹介します。

南漢山城は韓国の世界遺産!行き方や登山後の景色など見どころ紹介!のイメージ

目次

  1. 1南漢山城は韓国の世界遺産
  2. 2韓国にある南漢山城とは?
  3. 3南漢山城の特徴
  4. 4韓国・南漢山城の歴史は?
  5. 5韓国・南漢山城は世界遺産に認定!
  6. 6韓国・南漢山城の行き方
  7. 7南漢山城にはバスを使わず行くコースも!
  8. 8韓国・南漢山城の登山コースについて
  9. 9南漢山城の第1コース「北門から南門コース」
  10. 10南漢山城の第2コース「迎月亭から南門コース」
  11. 11南漢山城の第3コース「顯節祠から地水堂コース」
  12. 12南漢山城の第4コース「南門から開元寺コース」
  13. 13南漢山城の第5コース「東門を往復コース」
  14. 14韓国・南漢山城の登山コースの見どころ
  15. 15韓国・南漢山城に行ってみよう!

南漢山城は韓国の世界遺産

南漢山城は韓国の世界遺産として知られています。この世界遺産に選ばれている南漢山城は、登山コースが多くあり、景色も良く、見どころがたくさん存在しているスポットとなっています。そんな南漢山城の見どころや、景色の良さ、行き方や登山コースなどについて徹底的に紹介しますので参考にしてください。

韓国にある南漢山城とは?

韓国にある南漢山城(ナムハンサンソン)は、韓国の有名な都市である「ソウル」から東南方向におおよそ24キロメートルある場所に位置しており、京畿道の広州(クァンジュ)市にある山城になっています。ソウルの外側に位置していながらも、世界遺産に指定されていますので、毎日多くの観光客などが訪れる見どころになります。

iolokorea_choさんの投稿
37763826 1759620904151810 1828529987800530944 n

この山城は、韓国の自然地域として有名な清涼山や連珠峰、そして望月峰などといった標高500メートル以上の山々を結んでいる山城となっています。そのため非常に大きい山城となっています。また城の長さは全長が11.7キロメートルの大きさとなっており、本城は9キロメートル、外城は、2.7キロメートルとなっています。

南漢山城の特徴

kwangjiniさんの投稿
38040424 1893158754104945 8135143752021835776 n

城の面積はおよそ60万平方メートルとなっており、この大きさは東京で例えると、山手線の内装のおおよそ60パーセント近い広さとなっています。それほど大きな山城であるので、景色も良く、見どころが多くある観光にも登山にも楽しいスポットとなっています。そのため多くの観光客や地元に人が訪れている人気のスポットです。

scoundrelskoreaさんの投稿
37415028 1317634555037269 7704223678849875968 n

また南漢山城には、王宮のような4つの門があるほか、5つの出城というものがあります。さらに16つのトンネルのような門があります。そしてそのような巨大な建物としての価値があるだけでなく、城の内部には文化財がおおよそ200種類以上ものものが取り扱われています。そのため、歴史的にも重要な価値があるスポットです。

dldlsrb7さんの投稿
37152415 283375075730364 2134770905581092864 n

また1963年に史跡57号に指定されており、1971年には道立公園となっています。そのため歴史的な観光スポットとしての価値があるうえに、ソウル市民であったり、地元の人たちの山歩きや登山コースであったり、ハイキングコースとしても親しまれているような、興味深い登山コースや歴史的価値あるスポットになっています。

jyounge_bさんの投稿
37126889 235418323955429 1022350547438534656 n

また詳しい内容は後述しますが、2014年に韓国で11番目にユネスコ世界遺産に指定されました。ソウルからは日帰りで行くことが出来るようなスポットになっており、山城でありながらも登山やハイキング気分で楽しむことが出来るような場所として知られています。また映画のロケ地にもなったことのある有名な地域になっています。

韓国・南漢山城の歴史は?

stranger.seoulさんの投稿
34462808 359786441210956 4560437734212108288 n

南漢山城の歴史について説明します。南漢山城が築城されたのは1624年から1626年のことになっています。これは李朝の時代です。この建物が築城される前には百済の王様の城があったとされています。現在のソウルに置かれていた王城を、外敵からの攻撃から守るために、南漢山城が防御用の城として整備されています。

stranger.seoulさんの投稿
34169672 178210649539571 7582043051963449344 n

事実、1637年になると実際に清が王城に攻め込んできたときには、南漢山城にて王が47日間も籠城し抵抗していました。この籠城戦の戦いには敗れてしまったのですが、そのあとも城が増築を重ねていき、現在のような巨大な山城になりました。その後も様々な戦争で活躍しており、破損なども繰り返しながらも復元され続けています。

韓国・南漢山城は世界遺産に認定!

stranger.seoulさんの投稿
33784440 231608844281737 6679714687006801920 n

南漢山城は世界遺産に認定されています。韓国では11番目に指定されました。ソウルであれば、水原や江原道のコインドル、そして朝鮮王領に続いてい、4番目の世界遺産になっています。2014年に世界遺産に指定された南漢山城では、2010年に登録が申請されており、4年後になってようやく実現された念願の登録となりました。

stranger.seoulさんの投稿
34877027 955645837948144 3520263265768701952 n

しかしながら、世界遺産に登録されたことで、南漢山城に指定されたことで、多くの人が訪れるようになり、山城へ向かう道のりは土日祝日などになると渋滞されてしまったり、バスや車は全く進まなくなるほどの混雑っぷりです。しかし徐々に整備が進んでおり、渋滞は少しずつ緩和されていくことが期待されています。

Thumb韓国の世界遺産を観光したい!人気のおすすめスポットの見どころを紹介!
韓国には世界遺産が12ヵ所もあるのは意外に知られていません。アジアの世界遺産では4番目に多く...

韓国・南漢山城の行き方

南漢山城の行き方について説明させていただきます。南漢山城の最寄り駅については、地下鉄の8号線の山城(サンソン)駅となっています。ここはソウル中心の駅からはおおよそ50分程度になっています。また有名な韓国の観光地であるロッテワールドのある「蚕室駅」からはおおよそ15分程度になっていますので、近いです。

また「山城駅」から南漢山城への行き方は、中心部にある山城ロータリーへバスや車を使ってアクセスします。山城ロータリーから車でおおよそ15分かかるようになっています。またバスでの行き方は、山城駅の2番出口から出て、すぐバス停にある「シンフンチュコン」から山城ロータリーまで向かいますおおよそ20分程度です。

また、このバスについては少し複雑になっています。52番か9-1番が運行していますが、9-1番は週末や祝日のみの運行となっています。これでも混乱してしまいますが、さらに時刻表についても未定となっています、また別のバスでも行き方がありますが、遠回りしてしまうこともございますので、この2つのどちらかを利用しましょう。

また山城駅ではバスや車でアクセスすることが出来るようになっていますが、徒歩で南漢山城に向かうこともできます。徒歩で南漢山城に向かう行き方としては、「南漢山城入口駅(ナンハンサンソンイック)」から登山口の入り口である「南漢山城公園」までに徒歩20分ほどになっています。自然豊かな道を歩いていくのもおすすめです。

南漢山城にはバスを使わず行くコースも!

stranger.seoulさんの投稿
33701782 459777041144063 8793620087413145600 n

また道中から登山コースとしてのんびり向かう行き方もあります。南漢山城公園から西門まではおおよそ50分となっています。さらにバスが運行している山城ロータリーまではおおよそ10分程度となっています。また本格的に歩いて向かいたいというような人は、地下鉄5号線の「馬川駅(マチョン)」から向かう行き方もありおすすめです。

韓国・南漢山城の登山コースについて

stranger.seoulさんの投稿
33466852 400673117080474 5298028032915668992 n

南漢山城の登山コースについて説明します。南漢山城には5つの登山コースが用意されており、どのコースでも南漢山城の中心部になっている山城ロータリーとなっています。所要時間や難易度ごとに選べる登山コースがあり、それぞれ違った景色を楽しめたり見どころがたくさんありますので好みに合わせてコースを選択してください。

fumiko221さんの投稿
33210205 1695670373880601 519982469231935488 n

基本的には山城ロータリーから巡っていき、山城がある尾根を進んでいき、下っていくことになります。特にコースによっては本格的な登山ではなく山歩きやハイキングなどにもおすすめのコースも多々あります。またパンフレットもロータリーでもらうことが出来ますので、それを参考にしながらコースを選択してください。

hanguostoryさんの投稿
31729818 171542333680350 8438229539582115840 n

そこで、今回はパンフレットに記載されている5つのコースについて紹介します。どのコースも個性があり見どころも多く自然や景色を満喫できるようになっていますが、所要時間や距離の都合に合わせて自分の最も適切なモノを選んでいくことをおすすめします。

南漢山城の第1コース「北門から南門コース」

mutsublogさんの投稿
31288103 308051133061905 8209137465777192960 n

第一コースについて説明します。このコースはビギナー向けとなっており、3つの門を回っている標準のコースとなっています。コースとしては「山城ロータリー」を進んでいき「北門」「西門」と行き「守禦将台」「迎春亭」という見どころや景色を楽しんだ後は、「南門」を観て最後に「山城ロータリー」に戻ってくるというルートです。

mutsublogさんの投稿
31433873 458226264613918 612310273092485120 n

こちらのコースとしては3.8キロメートルと比較的短めのコースとなっており、そこまでアップダウンも激しいわけではないため、小さなお子さん連れや登山初心者向けにおすすめするコースとなっています。基本的には所要時間が1時間20分と比較的スムーズに登山を楽しめます。見どころも多くありますのでまずはこちらをおすすめします。

南漢山城の第2コース「迎月亭から南門コース」

mutsublogさんの投稿
31571240 380269552469027 7566247476508753920 n

第二コースについて説明します。このコースは時間のない人向けとなっており、標準コースよりも距離や所要時間が短くなっています。コースとしては「山城ロータリー」を進んでいき「迎月亭」「崇烈殿」と行き「国清寺」「西門」「守禦将台」などの見どころを巡り、「南門」を観て最後に「山城ロータリー」に戻ってくるルートです。

hakuspring2003さんの投稿
30884777 1651172654918512 803760433176510464 n

距離としては第一コースよりも少し短い2.9キロメートルとなっています。そのため所要時間は1時間程度になっています。こちらも見どころが多く、美しい景色を楽しめるルートになっていますので、第一コースか第二コースか好みに応じて選択することをおすすめします。

南漢山城の第3コース「顯節祠から地水堂コース」

hakuspring2003さんの投稿
30603083 431838353935743 3527898987476549632 n

第三コースについて説明します。このコースは山城の東側をしっかり回るコースで、門などというよりかは山寺を中心に巡るコースとなっています。コースとしては「山城ロータリー」を進んでいき「顯節祠」「ポル峰」に向かいます。「長慶寺」「望月寺」「地水堂」などを眺めた後は、「山城ロータリー」に戻ってくるルートです。

mycutejiniさんの投稿
28751982 1560653180908782 2709962778516389888 n

こちらは、第一コースや第二コースに比べると、距離も所要時間も長くなっています。距離としては5.7キロメートルとなっており、所要時間は2時間程度になっています。第一コースや第二コースなどに比べると、距離が長いですが、山寺をしっかりと眺めることが出来ますので、歴史が好きな人にはお勧めの登山コースです。

南漢山城の第4コース「南門から開元寺コース」

hakuspring2003さんの投稿
30830891 556230931429300 1086534435630743552 n

第四コースについて説明します。このコースは主には南漢山城の中心部や南側を歩いていくコースとなっています。自然や景色が良く、見どころがたくさんあるコースです。「山城ロータリー」を進んでいき「南門」「南将台跡」を通ります。「東門」「地水堂」「開元寺」をのんびり楽しんだ後は「山城ロータリー」に戻るルートです。

距離は少し長くなっており、3.8キロメートルとなっています。そのため少し長く感じられるかもしれませんが、所要時間は1時間20分程度になっています。距離は長いのですが、コースとしては緩やかな登山コースとなっていますので、比較的気楽にアクセスすることが出来ますので、長い距離をスムーズに歩きたい人はおすすめです。

南漢山城の第5コース「東門を往復コース」

anybosschanさんの投稿
29417966 576357816053193 7319564221681762304 n

第五コースについて説明します。このコースは主には南漢山城すべてを巡ることを目的としたコースです。そのため登山上級者向けだったり、健脚向けのコースです。「山城ロータリー」を進んでいき「東門」「東将台跡」。その後「北門」「西門」「守禦将台」「迎春亭」「南門」「東門」から「山城ロータリー」に戻るルートです。

全長としては非常に長い距離となっており、7.7キロメートルとなっています。そして所要時間は他の4つのコースに比べると圧倒的に長い3時間20分くらいの所要時間になっています。非常に時間のかかるコースとなっていますので、玄人向けの登山コースとなっています。しかし見どころも多く景色も美しいのでおすすめになっています。

韓国・南漢山城の登山コースの見どころ

yasuyokoreaさんの投稿
29417682 1005058256310720 8389099129510297600 n

南漢山城の見どころの1つ目は、「坂に急なモノと緩やかなモノ」があるということになります。南漢山城の山道には緩やかな坂が多く、初心者にもおすすめな登山コースなのですが、コースによっては急な坂も存在しています。特に南漢山城にある「甕城」に向かう階段や、脇道などは非常に急になっています。

そのため、緩やかなコースだけを楽しみたい人だけでなく、少し急になった坂も楽しみたいような人にはおすすめのコースとなっています。緩やかな道だけを選んで歩くこともできるようになっていますので、好みに応じて選ぶことが出来るようになっています。

africangreyericさんの投稿
29415079 959083100921159 8769989228890161152 n

また山城から見えるソウルの風景などは非常に見どころがあるようになっています。この景色を見るために上る価値もあります。他にも初心者に優しいように、地図や案内板が随所に設置されています。そのため初心者でも安心して登山することが出来ます。他にも山の上でくつろげるような広いスペースもあります。

山頂の広場にはベンチがあり、ブルーシートを引いたりして休むような人もいます。また食事を楽しんだりお酒を飲んだりするのも風情があって面白いです。時にはアイス売りのおじさんも山頂にいることもあるので、おすすめになっています。

韓国・南漢山城に行ってみよう!

今回は韓国のソウルから近くにある南漢山城について紹介しました。景色も良く美しい絶景を楽しむことが出来るようになっている南漢山城の登山コースは、人気が高く様々なコースがあるため、初心者だけでなく多くの観光客が訪れる人気スポットになっています。ぜひ世界遺産に指定されている南漢山城に足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
Sytry

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ