台湾の治安は悪い?観光客や気を付ける注意点や地域を徹底リサーチ!

台湾は日本でも人気の観光地で、ツアーや個人旅行でも台湾を訪れる方や初めての海外旅行に台湾を訪れる方も多いです。初めて台湾に行く方や台湾でも初めて行く地域では治安が気になるところです。台湾へ観光に行く時に注意する事や地域、そして治安がどうなのかをお伝えします。

台湾の治安は悪い?観光客や気を付ける注意点や地域を徹底リサーチ!のイメージ

目次

  1. 1台湾の治安について
  2. 2台湾全体の治安
  3. 3台湾の治安の悪い地域
  4. 4台湾の治安で注意すべき地域
  5. 5台湾の治安で注意すべき地域:1空港
  6. 6台湾の治安で注意すべき地域:2駅
  7. 7台湾の治安で注意すべき地域:3龍山寺
  8. 8台湾の治安で注意すべき地域:4タクシー
  9. 9台湾の治安で注意すべき地域:5夜市
  10. 10台湾観光の注意点
  11. 11台湾の治安と注意点:1交通ルール
  12. 12台湾の治安と注意点:2飲食や喫煙
  13. 13台湾の治安と注意点:3持ち物の管理
  14. 14台湾の治安と注意点:4衛生
  15. 15台湾の治安と注意点:5時期
  16. 16台湾の治安と注意点:6夜間の独り歩き
  17. 17台湾の治安と注意点:7野良犬
  18. 18台湾の治安と注意点:8日本語
  19. 19台湾は注意していれば安全
  20. 20台湾の治安は全体的に良い

台湾の治安について

台湾は日本人観光客も多く初めて海外に行く場所としても台湾は人気です。台湾は治安が良いと言っても地域や場所で違います。台湾に観光で行く時は注意する事や治安の悪い地域があり、安全と言われる台湾ですが、地域や場所、時間帯で注意が必要な事などお伝えします。

台湾全体の治安

台湾の治安は、基本的に何処の街も良いです。海外旅行する場合外務省の海外安全ホームページというのがあって、それを見ても安全となっています。しかし、日本ではなく海外なので、日本のように安全かというとそうでもないです。置き引き、スリも多いので気をぬかないでください。

そして、治安も時間によって危険な地域もあります。さらに、日本とは違う部分が多いので、それによってトラブルになる事も中にはあります。親日と言われ日本でも人気の台湾とは言え、油断は禁物で、日本人に限らず外国人旅行者を狙うスリや置き引きもいます。

最低限の注意は必要です

台湾だけでなく海外へ行く場合、日本と比べて治安は悪い地域が多いです。しかし、よく言われる事ですが夜間の独り歩きや人通りのない道は通らない等、最低限注意しなければならない事を守り、注意してください。海外からの観光客も多い台湾では、治安が悪いとされる地域では警察官も結構います。

台湾の治安の悪い地域

台湾は治安が良いと感じる人は多いはずです。しかし、場所やある地域では多少治安が悪かったり、危険な地域もあります。

外国人が多く住み、観光客も多い台北市、そして台湾各地にたくさんある夜市など、人が多いところは、注意が必要です。観光客や人が集まる所は治安が悪くなりやすいので要注意です。

ホテルに宿泊し台湾を観光する分には、危険を感じる事は少ないです。台湾旅行と言うより台湾を一人旅する方、特に男性は野宿やテントを張る方も結構いて、そのような場合は危険を感じる場面も多々あります。

台湾の治安で注意すべき地域

台湾滞在中に気をつけた方が良く、多少治安が悪い場所は、観光客が必ず利用する空港です。そして駅で、特に注意するのが台北駅や台中駅です。更にタクシーです。あとは観光地で週末の老街や夜市です。

そしてトラブルは地下鉄などの交通機関や、マッサージ、そしてめったにないですが軍の演習や喫煙等で起きており、事前に知っておくと注意でき、全て防ぐ事が出来ることばかりです。

基本的に治安が悪いとされる地域や場所、又は危険という所は台湾でも決まっていて、地元の人も注意する事が多いです。年間に日本人が被害にあうのは、大変少ないですが100以上は被害があります。置き引き、スリが多く、気をつけて注意しておけば防げる事ばかりです。

台湾の治安で注意すべき地域:1空港

空港は警備員や警察官もいて治安の方も安心しがちですが、多少悪いです。置き引きとスリには注意してください。深夜に到着した時や帰国時のチェックインを待つ間が特に注意です。一番あるのがスマホやモバイルバッテリーで、空港内には充電できる場所があるのですが、充電してると盗まれる事が多いです。

充電中は近くにいても、ずっと見てるわけでないので簡単に持っていかれます。防止するためには延長コード等を使用しスマホやモバイルバッテリーを手元においたり、人が来たら見ておく必要があります。

スーツケースやバッグもちょっと離れた瞬間に持っていかれる事があり、お土産など紙袋に入ったままだと簡単に盗られます。離れる時はスーツケース等自転車のチェーンキーで固定された椅子の脚等につなぐと良いです。

台湾の治安で注意すべき地域:2駅

駅内は注意です。台湾鉄道や地下鉄の駅から近い街は良いですが駅の中や長距離のバスを待つときなどは置き引きやスリが多く、バッグ等はカッターで切られたり、ファスナーも気づいたら空いていたということもあります。声をかけてきたり一瞬の隙をついてくるので注意してください。

台北駅内と駅周り

台北駅はスリや置き引きが多いといわれます。中国の春節の時は観光客も特に多いのでファスナーが見えたり、上についてるバッグは危険なので、人が多い時は注意してください。ファスナーが見えないバッグや、鍵をつけたり、背中に背負わない等、気をつけていれば大丈夫です。

台中駅と周辺

台中駅と周辺では、東南アジアの人達が大変多くいる地域で、治安が悪い地域になります。少し歩くと街も凄く綺麗になり安全です。綺麗な場所は安全ですが、台中駅の中や駅周り、バス乗り場等は気をつけて注意してください。置き引きやスリの被害が多いので注意する地域です。

MRTの駅と車両

台湾のMRTの駅と車両内ですが、あまり遭遇することもないのですが、ここ数年MRTの駅や車両では、怪しい人物が増え治安が悪いというか注意が必要です。残忍な事件も実際に起きています。車両内ではスマホを使うことをひかえ、怪しく思う人がいるときは、一度下車したり他の車両に移る等した方が良いです。

台湾の治安で注意すべき地域:3龍山寺

龍山寺は台湾でも観光客が多いですが、この辺りは治安が悪い地域で、もともと売春街で、路地では客引きがいたりしてる上に、スリ、置き引きの被害も多発してます。夜に歩く場合は一人で歩くのは止めた方が良いです。

実際に治安が悪いからか、日本人の移住者も少ない地域です。そして、カメラを首から下げていたり手に持ったまま歩くのもひったくりに狙われやすいです。、バッグに入れて、人通りの多いところをできるだけ歩いてください。特に夕方からが危険ですので注意してください。

Thumb龍山寺の夜市「華西街觀光夜市」がディープ過ぎる!内容や治安を調査!
台北の夜は夜市に行かずして語れない。その中でも龍山寺の夜市「華西街觀光夜市」がディープ過ぎる...

台湾の治安で注意すべき地域:4タクシー

台湾で深夜のタクシーは数人なら安心ですが、女性一人は危険なので、注意してください。そして流しのタクシーや個人タクシーも夜間は要注意です。

夜間にタクシーを利用するときは、路上で拾わずに飲食店やホテル等でタクシーを呼んでもらってください。タクシーを呼ぶとタクシーのナンバーが記録されるため、安全です。そして黄色のタクシーでドライバーも制服のタクシーが最も安全と言われています。

違和感があればすぐに降りる

メーターをつけない場合や運転手の顔写真と名前が書かれた登録証を提示してなかったり、南に行くと多くなりますが飲酒してる場合もあります。ドアに番号がない場合も注意してください。乗車するときに違和感等感じたらすぐ降りると良いです。

無駄に遠回りするドライバーもいます。行き先の住所を書いた紙を渡し、そのときに、スマホ画面にGPSの現在地から行き先までのルートをだし、行き先地点を見せる事で、遠回りやぼったくり防止にもなります。

夜間は注意

台湾では過去に日本人女性が殺害される事件があり、それ以前からですが、女性は夜間にタクシーは一人で乗らない方がいいと言われます。もし乗る時はホテルや飲食店等でタクシーを呼んでもらうのが安全で、流しのタクシーは注意してください。路上でタクシーを拾う時は大手の黄色のタクシーで制服をきたドライバーのタクシーが良いです。

台湾の治安で注意すべき地域:5夜市

台湾の夜市は様々な夜市があり、どの地域の夜市も地元の人達や観光客で混雑しています。人が大勢集まる夜市はスリ、ぼったくりもいて治安が悪い部分もあります。そして日本人は見た目でわかるのでターゲットにされやすいので注意してください。バッグなど常に自分の前にあるようにしておくと良いです。

夜市は注意

夜市は人が多いのでスリの多発地帯でもあります。夜市に行く時は、貴重品の管理には気をつけてください。特に士林夜市や週末の夜市などは人が多いので注意してください。

バッグはショルダーバッグやリュックは危険で、ボディバッグ等、ファスナーが隠れていて、バッグの上にファスナーがついていない物が良いです。背負う時は背中ではなく、自分の前にバッグがくるようにします。

日本人男性でよくあるのですが、ズボンの後ろのポケットに財布を入れてる方がいますが、大変危険です。台湾では財布はあまり持たず最低限の現金だけ持ち、財布はバッグに入れ出さないようにすると良いです。

台湾観光の注意点

台湾の観光では他に注意点があります。前もって知っておけば防げる事です。日本と同じ感覚で過ごすのは危険ですので注意してください。治安が悪いというより日本人は注意することがあります。

被害にあう場合のほとんどが、日本と同じ感覚でいる方が多いです。交通ルールや喫煙、カフェやレストラン、そして時期等、台湾では日本とは違う習慣やルールがあります。そしてそれがトラブルに繋がる事もあります。台湾に長期滞在すると普通になるのですが、初めてなら注意しておくと良いです。

台湾の治安と注意点:1交通ルール

台湾は日本の交通ルールやマナーと違い、日本と同じ感覚でいると大変危険な目に遭うことが多いです。台湾は日本と逆の右側通行で、車道にスクーター専用車線があり、自転車も基本的にスクーター車線と同じ車線を走ります。

危険なのは横断歩道を渡るときで、周りを見ていないと、車やスクーターが突っ込んできます。日本の様に一時停止はしません。台湾では車優先なので、歩行者がいてもスクーターはそのまま浸入してくるので注意してください。

そして、スクーターは二段階左折ですので横断歩道の横に止まるのですが、基本的に直進車と同じように横断歩道の横に突っ込んできます。日本と同様にしてるとスクーターに囲まれたり接触するので、注意してください。

パーキングは歩道や歩道脇

露店や出店の多い台湾ではテイクアウトで買い物をする事が多く、歩道にスクーターが勢いよく入ってくる時がよくあります。車は歩道横ですが、歩行者が通れない場合も普通にあります。突然歩道に入ってくるスクーターや逆走するスクーターもあるので歩道だからと言っても油断せず注意してください。

自転車旅する方も注意

台湾ではサイクリングロードが何処に行ってもあり、基本的に車道をスクーターに混ざって走ります。スクーター通行禁止の車線は自転車も禁止です。信号での発信時は周りのスクーターに注意してください。そして日本と同様に逆走するのは大変危険で、歩道を走行する場合はサイクリングロードがある場合で、それ以外は車道を走ります。

信号機にはカウントが表示

台湾の信号機には車道側や横断歩道の信号機の赤信号の部分に数字が表示されカウントされます。0に近いときは青信号でも止まってください。カウント1から0になると同時と言っていいほど、すぐに信号が変わり、車やスクーターが一気に発進します。日本の様に横断歩道を走って渡ってる時に変わっても車もスクーターも待つことはせず発進します。

南ほど危険

台湾では南ほど交通マナーの悪い車やスクーターが多いので注意してください。初めは現地の人と同じように、さりげなくくっついて横断歩道を渡ればよく、台湾滞在中に、普通に渡れるようになります。そして日本にはない電動自転車に注意してください。自転車と言っても40kmのスピードが出て、音もないので注意してください。

台湾の治安と注意点:2飲食や喫煙

台湾だけでなく、海外では喫煙や飲食について厳しい法律があったりして、日本と同じ感覚でいると厳しく罰せられることもあります。特に喫煙は日本よりも厳しい国が多いので注意してください。禁煙エリアで喫煙したり、喫煙出来ないことに文句を言う日本人をよく見かけます。海外では日本と違い時には逮捕されることもあります。

台湾の喫煙は厳しい

基本的に台湾では喫煙は大変厳しく、公の場所での喫煙は禁止です。屋台や屋外や喫煙室では大丈夫ですが、それ以外は禁止です。そして歩きタバコも禁止で、立ち止まり喫煙するのは大丈夫ですが、歩きながらは罰せられます。そして赤信号で停止している車やバイクでも禁止です。

日本人だからと見逃してくれません。海外からの観光客も対象で、2000元から10000元の罰金になります。

台湾の地下鉄MRT

台湾の地下鉄であるMRTは駅構内も車両内も禁煙で飲食も禁止です。暑くてちょっと一口だけ飲み物を飲むと言うのも禁止で、罰金となります。ペットボトルの飲み物等持っているだけなら大丈夫ですが、口を潤す程度も禁止されているので注意してください。駅内に黄色の線があり飲食禁止と書いていて、そこから先は禁止です。

台鉄と言われる台湾鉄道や台湾の新幹線である湾高速鉄道は飲食はできますので、MRTに乗る時は注意してください。違反した時は罰金が1500元から7500元払わないといけません。

台湾の治安と注意点:3持ち物の管理

日本であっても気をつけなければいけない事ですが、海外である台湾も同じで、日本以上に注意してください。台湾でも一番多いのが持ち物に関するトラブルです。スリ、置き引き、ひったくりと、台湾でも特に観光客の多い台北や空港、レストランやカフェ、夜市は注意してください。

空港の注意点

空港は台湾観光を終えた旅行者も多く、お土産等も多く持っています。そのため置き引きやスリも多いです。これは空港だけでなく駅や旅行者がよく使う長距離バスや新幹線等も危険で、観光客の荷物を狙った置き引きも多いので注意してください。

特にスマホを使用してるときや、空港でのチェックイン時等、目を離す事が多い場所では要注意です。観光客が多い場所では気をつけてください。

ホテル

ホテルやドミトリー等の宿泊場所でも注意が必要です。特にドミトリーでは知らない人と同室になり、荷物を置いたまま観光に行くことも多いので、置き引きに遭う事もあるので、バッグに鍵をつけたり、自転車のチェーンキーでベッドと繋いで置くと防げます。

そして、ホテルやドミトリー等にはセキュリティボックスがありますが、使用する前に、ロックがキチンと機能してるかチェックしてください。ロックがかからなかったり、力をいれると簡単に開く等、たまにあるので使用前に確認するのをおすすめします。

レストランやカフェでの注意点

レストランやカフェだけではないですが、日本にいるとバッグや買い物袋等で席を確保しているという事はよく見かけます。しかし海外では盗まれる事も大変多いです。台湾で日本人が被害に遭う場合、最も多いと言っても良いのが荷物を席に置き、戻ると無くなっていたと言うのが多いので注意してください。

そして、スマホをテーブルの上に置きっぱなしにするのも危険です。一瞬の隙をついて盗まれる事があります。

治安が悪い場所では当然ですが、良い場所であっても注意しておく必要があります。治安が良いと言っても注意する癖をつけておくと良いです。

夜市や歓楽街

観光客も多いという事でスリも多いですが、財布をズボンの後ろのポケットに入れ歩いている日本人は本当に多く、盗ってくださいと言ってるのと同じで、リュックや女性がよく持っているファスナーが上についたバッグも危険です。

人の多い場所では混雑にまぎれ簡単に盗まれます。ポケットに入れていても危険なので、注意してください。混雑したバスや列車でも同様で、ポケットに入れていたスマホが盗まれたという事もよくあります。

台湾の治安と注意点:4衛生

気にする方は普段から持っているという方が多いですが、観光客が大変多い夜市や食堂では比較的安心ですが、南に行くほど、ローカルな場所では衛生面の不安な所も多いです。除菌用のウェットティッシュや箸等あると良く、衛生的に不安を感じる時は持参した箸やスプーン等を使用したり、ウェットティッシュで拭いて使用すると安心です。

屋台や食堂の衛生

台湾に行くと、美味しく、安い食べ物が多いので、食べ歩きを目的に台湾へ行くかたも多いですが、場所によっては衛生的に不安な部分も多く、食器等はしっかり洗浄出来てない事もあるので、除菌できるウェットティッシュがあると良く、食器類を拭いてから使用すると安心です。

台湾の治安と注意点:5時期

治安が比較的良い台湾ですが、よく言われるのが旧正月の春節です。この時期は台湾に限らず香港や上海等の中国主要都市ではスリや置き引きが多い時期で、観光客を狙うグループや台湾まで来て他の観光客を狙う海外のグループも来るので注意してください。春節が終わった後も危険で2月3月は特に注意すると良いです。

台湾の治安と注意点:6夜間の独り歩き

夜間の独り歩きは、台湾だけでなく海外では危険で、特に女性の独り歩きは注意してください。しかし、台湾は外食の文化もあり、夜市の露店や食堂で夜9時10時くらいまでは人も多くいて、子供も多いので、夜10時くらいまでは日本より治安もよく、安心できるかもしれません。

夜11時以降は注意

深夜になるとクラブのオープン時間になったりバー等の飲食店ばかりになります。その時間になるとナンパ目的や客引きが多くなってきてトラブルになることもあるので注意してください。そして流しのタクシーも注意した方が良いです。ぼったくりも多いので気をつけてください。

Thumb台湾・台北のナイトクラブの遊び方!日本人におすすめの店や服装・値段は?
台湾の中心都市である台北には、毎日盛り上がっているクラブが数多く点在しています。台湾の若い世...

台湾の治安と注意点:7野良犬

台湾でも都市部は住宅街に行くとよく放し飼いの大型犬がいます。台湾では番犬として放し飼いにしてる事も多いので注意してください。吠えられても無視しておけば大丈夫です。基本的に人に危害を与えるのは放し飼いになっていません。逃げたり、驚いたりすると危険で、平然と無視しておけば大丈夫ですが野良犬よりしつこいのが多いです。

野良犬は郊外や山中、海岸、田舎の公園によくいて、南に行くほど多く、ほとんどが群れでいて、夜間に姿を見ることが多いです。追いかけて来るときは100均の自転車用のLEDのライトを犬に当てるか、何か投げつけておけば大丈夫で、野良犬でもほとんどが吠えるだけで、飼い犬よりも無駄な争いをしないので無視してると野良犬から離れます。

台湾の治安と注意点:8日本語

台湾は北部は英語も通じますし、日本語も通じるお店も大変多いです。反対に南は英語も通じない事が多いのですが、日本語世代のお年寄りも多いです。若い世代でも日本文化に興味をもち、流暢に話せなくてもアニメ等から日本語を聞き理解してる人も多いです。語学留学をしていた方でも日本語を忘れてきたと言っても聞き取りはできます。

ツアーや個人旅行で台湾の観光地を訪れ、思ったのと違っていたりした時や、店員の態度等に、その場所の文句や誹謗中傷を言う日本人観光客を見かけることがあります。日本語で言えば大丈夫と思ってる方も多いようですが、何を言ってるか理解してる人も多いです。そこからトラブルになる時もあるので注意してください。

台湾は注意していれば安全

基本的に台湾は治安が良く、観光で台湾を訪れる時も日本ではないと注意しておけば安全です。これは日本でも同じ事で観光客や人が多い場所や人通りの少ない暗い道等では気をつけるのと同じです。実際台湾は危険と言う方もいますが、治安が悪かったり、危険な地域は時間滞や時期があり、それ以外でも注意して過ごしていると大丈夫です。

バックパッカーや自転車で旅をする場合は交通マナーやルールの違いや時間帯等で危険を感じる事もありますが、基本的にどの地域も台湾は治安が良く、日本よりも良いと感じる場面も多いです。それでも台湾は観光客が多いので、その観光客を狙う人が多いので注意は必要です。

台湾の治安は全体的に良い

台湾を観光する時は、最低限の注意をしていれば大丈夫です。日本と同じようにせず、台湾も海外だと言うのを忘れず注意していれば、危険な場面に出くわすこともほとんどないです。置き引きと夜市等でのスリに気をつけていれば大丈夫で、安心して台湾の観光を楽しめます。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
Barista Sho

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ