台湾名物の『台湾茶』完全ガイド!お茶の入れ方やお土産用のおすすめまで!

台湾では日本と同様、お茶文化があります。台湾で採れるお茶を「台湾茶」と称しますが、種類は実に様々です。今回は台湾茶の種類や入れ方など、知っておくと一目置かれる豆知識から、現地に行った時に役立つ台湾茶の販売店やお土産におすすめの品までをご紹介します。

台湾名物の『台湾茶』完全ガイド!お茶の入れ方やお土産用のおすすめまで!のイメージ

目次

  1. 1奥が深い台湾のお茶
  2. 2台湾茶と中国茶は違うお茶?
  3. 3台湾茶の6つの種類のお茶
  4. 4台湾茶の代表的なお茶1:東方美人
  5. 5台湾茶の代表的なお茶2:凍頂(とうちょう)烏龍茶
  6. 6台湾茶の代表的なお茶3:高山茶
  7. 7台湾茶の代表的なお茶4:金萱茶(きんせんちゃ)
  8. 8台湾茶の代表的なお茶5:鉄観音
  9. 9台湾茶を入れるお茶道具
  10. 10台湾茶の入れ方1:お茶道具で
  11. 11台湾茶の入れ方2:蓋つきお茶碗で
  12. 12台湾茶の入れ方3:お茶用マグカップで
  13. 13台湾茶の入れ方4:お茶用水筒で
  14. 14台湾でお茶を買う時の注意とアドバイス
  15. 15台湾茶を買うのにおすすめのお茶店1:新純香茶業
  16. 16台湾茶を買うのにおすすめのお茶店2:沁園
  17. 17台湾茶を買うのにおすすめのお茶店3:王瑞珍茶業
  18. 18お土産におすすめの台湾茶1:ティーバッグ
  19. 19お土産におすすめの台湾茶2:小包のお茶
  20. 20お土産におすすめの台湾茶3:工芸茶
  21. 21台湾茶を楽しもう

奥が深い台湾のお茶

日本と同じくお茶文化が発達している台湾には、たくさんの種類のお茶があります。「茶道楽」という言葉もあり、お茶に財産をつぎ込む人もいるとか。今回は台湾茶の種類や入れ方、現地に旅行した時におすすめのお茶店やお土産にふさわしい品などについて、幅広くご紹介します。

台湾茶と中国茶は違うお茶?

37819606 682237875463763 7683778711102947328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mitsurugot

「中国茶」という言葉はよく耳にするけど「台湾茶」というのは聞きなれない、という方も多いことと思います。「台湾茶」とは台湾で作られるお茶で、中国本土の福建省の苗木が台湾に持ち込まれたのが始まりと言われています。ですから台湾茶も中国茶の一種で種類や入れ方など基本的な事項は共通しています。

37711752 277255143056680 4864360267300995072 n
yancha_food

中国からの苗木で成長してきた台湾茶ですが、台湾の気候で育ち、台湾独自の製法で作られる中で「台湾茶」という1つの分野を確立するまでになりました。種類が多く個性もさまざまな台湾茶ですが、一般的には香りが高く、味とのバランスが取れているのが特徴です。

台湾茶の6つの種類のお茶

37693716 2095578070691039 6909443369454272512 n
takayan_n

緑茶も烏龍茶も紅茶も、もとはチャノキというただ1種類の植物の葉からできています。お茶の種類を大きく左右するのは発酵の度合いです。中国茶では発酵度の低いものから順に「緑茶」「白茶」「黄茶」「青茶」となり、「紅茶」は最も発酵度合いが高くなります。「黒茶」と呼ばれる、微生物を利用して発酵させたお茶もあります。

37881696 214921665793662 4366271380975517696 n
teafive_time

台湾茶は上記6種類のお茶の中の「青茶」に分類されるものが大半です。青茶は途中で発酵を止めた半発酵のお茶ですが、その代表格が日本でもおなじみの烏龍茶です。また、台湾にはこの6種類に分類されないジャスミン茶や工芸茶などのお茶もあり、こちらもまたポピュラーなものになっています。

台湾茶の代表的なお茶1:東方美人

20394048 197800690754995 4074502497232748544 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
teaformosa

「東方美人」は青茶ですが、比較的発酵度の高いお茶で、紅茶のような風味が特徴です。19世紀末から20世紀にかけてヨーロッパで人気が高まり、イギリスで付けられた「オリエンタル・ビューティ」の訳語が「東方美人」となっています。害虫の被害にあった茶葉を製茶してみたところ、かぐわしいお茶ができたという偶然から生み出されたものです。

37271681 1152807681534059 221735451956871168 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yeh0938

台湾だけで生産される「東方美人」は台湾茶の中でも高級なお茶です。完全無農薬で栽培され収穫は年に1度、天候に左右される要素も大きく、収穫量が多くないためです。フルーティーで甘く柔らかい香りのこのお茶は、ブランデーを加えるなど入れ方をアレンジしても美味しく飲めます。整腸や美肌の効果もあると言われています。

台湾茶の代表的なお茶2:凍頂(とうちょう)烏龍茶

37790555 1734116346706850 6715352680656535552 n
s.senlin

「凍頂烏龍茶」は台湾で最も有名なお茶と言えるかもしれません。官民一体でブランド化されたお茶で、味は日本の緑茶にも近いものがありますが、加熱処理の違いから香りはより爽やかなものになっています。もとは凍頂山の周辺だけで栽培されていましたが、今では台湾国内の広い地域で作られています。

37549373 2128318124104274 3878581748639989760 n
happynorix

「凍頂烏龍茶」は今や世界中で名が知られ、日本でも認知度が高まってきています。日本で「烏龍茶」というと色の濃いお茶を想像しがちですが、「凍頂烏龍茶」は黄緑色をしています。茶葉は丸まっていて、お湯を注ぐとゆっくりと葉が開いて味と香りが高まります。価格は比較的リーズナブルなので、お土産にもおすすめの品種です。

日本人が一般的にイメージする色の濃い烏龍茶は中国大陸の烏龍茶の典型で、台湾だと「鉄観音」(後述)に近い色や香りの特徴をもっています。台湾の烏龍茶と言えば、一般的に色も薄く、味も香りもより繊細なものです。

台湾茶の代表的なお茶3:高山茶

37359318 1018762221634371 3445916368262660096 n
in73713

台湾の「高山茶」は「1000メートル以上の高地に育ち、手もみで作られたお茶」 という定義がありますが、高山茶というのはいわば総称です。高山茶の中にも「阿里山高山茶」「梨山高山茶」など複数の種類があります。高山茶は凍頂烏龍茶より知名度はないものの、価格は高めで1段上のブランドとされています。

37733794 2104697009851909 1328922375269384192 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yisyuanyang

台湾の高山茶は、標高が高い場所で栽培されたものほど高値がつきます。「阿里山高山茶」は高山茶ブームの先駆けになったもので、標高1000メートルから1700メートルの畑で栽培されている爽やかな飲み口のお茶です。一方「梨山高山茶」は2000メートル以上の高地で栽培され、柑橘系の香りと上品な甘みのある味が特徴です。

台湾茶の代表的なお茶4:金萱茶(きんせんちゃ)

37791564 1060751744088235 3997560408687771648 n
armateus1007

「金萱茶」は烏龍茶の一種でありながら、インパクトのあるバニラやミルクの甘い香りがするお茶です。このお茶の香りをナッツやキンモクセイに例える人もいます。香りに反して味はすっきりしているのが特徴です。比較的最近に開発された種類のお茶で、栽培もさほど難しくなくこれから人気が出てくるのではないかと言われています。

31953975 206525040135476 6120761037445660672 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yayaya0414

金萱茶の価格はさほど高いものではありませんが、「阿里山金萱茶」などのように地名が入ったものはより高級なものとして扱われます。台湾のお茶商人たちはこの金萱茶が日本人受けすると踏んでいるとか。確かにかぐわしい香りと爽やかな味は冷たくしてもおいしく飲め、日本人の口に合いそうです。お土産にも喜ばれる品種です。

台湾茶の代表的なお茶5:鉄観音

26866906 149880882395722 6504288564572848128 n
seiko_shimada

「鉄観音」は焙煎の度合いが高い烏龍茶で、焙煎の深い香りの中に柑橘を思わせる香りが混じり、日本人がイメージする烏龍茶に近い風味をもっています。台湾では木柵地区で作られる「木柵鉄観音」が特に有名で高価です。「木柵鉄観音」は、この地区でしか根付かなかった茶種を使った希少なお茶です。

34538167 437902710016739 6174185852172763136 n
s.senlin

鉄観音茶の外観は光沢のある焦げ茶色で球状に茶葉が丸まっています。茶揉みと焙煎を繰り返すため、手間と時間がかかる製法で造られています。鉄観音は便秘や冷え性の改善、脂肪排出などに効果があると言われています。中華料理店でも鉄観音茶を置いているところが多くあります。油分の多い中華料理とはとても相性の良いお茶です。

台湾茶を入れるお茶道具

台湾茶を楽しむためにわざわざ特別な道具を買いそろえる必要はありませんし、入れ方もさほど気にする必要はありません。家にある急須、なかったらマグカップだけでも楽しむことができるのですが、より本格的に味わいたいとか雰囲気を出したいと思っている人は、台湾のお茶道具について知っていても良いでしょう。基本的な道具をご紹介します。

33546088 1017376158417952 5021823389099098112 n
mahouno_te_to_te

「茶盤(チャバン)」は穴の開いた箱で、こぼれたお湯を受けると共に収納箱の役目も果たします。「茶壺(チャフー)」は急須ですが、日本のものと比べるとかなり小ぶりです。台湾茶は飲む分量だけお湯を注ぎ、急須の中にお湯は残さないようるするためこのようなサイズになります。

37228028 201428440537072 2601636650974969856 n
sukiatsume

茶海(チャカイ)はお茶の温度を下げたり、一旦ここにお茶を入れて濃度を一定にするための容器です。茶杯(チャハイ)や湯のみですが、これも日本のものと違ってとても小さく、おちょこのようにも見えます。中国や台湾では、この小さな茶杯で何杯もお茶を飲むのです。香りにこだわる人は聞香杯(モンコウハイ)という道具も用意します。

Thumb台湾はかわいい茶器&台湾茶がお土産におすすめ!使い方や値段まとめ!
台湾と言えば、お土産のトップ3には必ず台湾茶が挙げられます。また台湾にはお茶だけでなく、その...

台湾茶の入れ方1:お茶道具で

台湾茶の入れ方は、日本のお茶の入れ方とはかなり違います。はじめに茶壷、茶海、茶杯を全て熱湯で温めておきます。温まった茶壷の湯を捨て、茶葉を入れます。分量は茶壷の底に薄く敷き詰める程度を目安にすると良いでしょう。それから熱湯に近い高い温度の湯を高い位置からなみなみになるまで勢いよく注ぎ、茶葉を中で躍らせます。

茶壷に蓋をしたその上からさらに熱湯をかけて温めます。1分から1分半ほど蒸らしたら茶海に茶を移し、濃度を均等にした後、茶杯に注ぎ分けます。茶海を使わず茶杯に直接注いでもかまいません。いずれにせよ茶壷にお茶が残らないよう注ぎ切ります。お湯が残っていると茶葉の渋みが出てくる場合があるからです。

32121830 164781850879115 2355400712696889344 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
wmichaelhsu

湯を注いでから抽出する時間はお茶の種類や量によって違うので、指示や注意書きがあればそれに従ってください。香りを楽しみたい人は茶海から聞香杯に移し、それから茶杯に移します。聞香杯に残っている香りをかいで楽しむのです。

台湾のお茶は何度も抽出し、味の変化を楽しむものです。蒸らし時間は1回抽出するたびに15秒ほど多くしていくと良いでしょう。このように専用のお茶道具を使い、入れ方の手順をふんで入れた台湾茶は味わいもひとしおです。

台湾茶の入れ方2:蓋つきお茶碗で

37394166 299642677438899 8899330219094048768 n
lilibaraen

台湾にはお茶を飲む専用の蓋つきの蓋碗(ガイワン)があります。日本のものと違い、蓋が器の内側に収まるように作られています。この蓋碗でお茶を飲む場合は、まず熱湯をかけて碗を温めます。温まったら湯を捨て、茶葉を入れて熱湯を注ぎ、蓋をして抽出を待ちます。お湯を入れ過ぎると熱くて持てなくなるので注意です。

36781217 197127130956532 528709572194467840 n
chinese_tea_salon

蓋碗で入れたお茶の抽出時間がきたら、蓋を取って香りを楽しみます。その後、蓋を少しずらした状態で再び碗にかぶせ、茶葉を押さえながら直接碗に口を付けてお茶を飲みます。蓋碗は磁器やガラスでできたものがほとんどです。おすすめはお茶に熱が行き渡りやすい薄手の磁器製で、縁が反りが大きくて持ちやすいものです。

飲んでいる間も蓋碗の中には茶葉がお湯に浸かった状態で残るので、お茶の種類によっては苦みが出てしまう場合もあります。蓋碗で飲むのにふさわしいお茶は鉄観音、岩茶、プーアル茶などです。

台湾茶の入れ方3:お茶用マグカップで

18012056 417840061913589 1353963000972705792 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sukiatsume

もっと簡単で気軽に台湾茶を楽しみたいという方には、茶漉しが付いたマグカップがおすすめです。使い方はいたって簡単、茶漉しに茶葉を入れて熱湯を注ぐだけです。蓋の付いているものが多いので、蒸らす間は蓋をし、飲むときはこの蓋に取り出した茶漉しを置いておくと良いでしょう。

28430334 179455736020174 5807788454213320704 n
pinaata_plusafterimage

マグカップは取っ手が付いているので、何かをしながらでも気軽にお茶を飲むことができます。台湾茶は何度も抽出することができるので、飲み終わったら再び茶漉しをセットしてお湯を注ぎます。正式なお茶の飲み方からは外れますが、薄くなってきたら茶葉を入れ足せば茶葉を捨てて入れ替える手間もなく、1日中楽しめます。

台湾茶の入れ方4:お茶用水筒で

19932723 202796200249830 4568849049704202240 n
nakatsu_koto

外出の際、台湾茶を持ち歩きたい人には専用の水筒がおすすめです。これは茶漉しが付いた水筒で、日本でも通販や中国茶を扱っている店で入手できます。飲む時に茶葉が出て来ない構造になっていて、容量は500cc前後、値段は2000円台からのものが多いようです。

23498477 153833268561896 5204359769762037760 n
monchi5150

この専用水筒は、中国茶や台湾茶だけでなく、ハーブティーなどにも使えます。もちろん台湾現地でも販売されていますが、中国や台湾の人は冷たいお茶を飲む習慣がなく、お茶の熱さにもあまりこだわらないので、水筒は保温機能の付いていないものがほとんどです。保温機能付きの水筒はかなり探さないと見つからないでしょう。

台湾でお茶を買う時の注意とアドバイス

22071121 277158422797361 1803311138134294528 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tomokocokocotaiwan

台湾に旅行に行ったなら、お茶をお土産に買いたいと思っている人は多いことでしょう。現地で台湾茶を買う時の留意点をまとめてみました。まず買う場所ですが、台湾にはお茶の専門店がたくさんあります。デパートなどでも買うことはできますが、できれば専門店で店員のアドバイスを受けたり試飲をしたりしながらゆっくりと選びたいものです。

19761939 274595829684644 8807564802546204672 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
meg_a_table

台湾の個人商店などでは「斤(きん)」という単位で茶葉を売っている所があります。1斤は600グラム、半斤は300グラムです。値段が「斤」単位になっていたら、グラムに換算して計算することが必要です。また、購入の最低の重さは店によって違います。50グラムからの場合が多いのですが、よく確認しましょう。

36971440 492544521187727 601680632761810944 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
jj_minakko_jj

土産物店などで売っているお茶は、産地があいまいなものや、人工香料を付けた偽物の場合もあります。専門店で購入する場合はこのようなことはほとんどありませんが、時には中国本土のお茶を売っている場合もあるので、産地はよく確認するのが無難です。また、台湾茶の保管は缶がおすすめです。家にない場合は現地で購入してもよいでしょう。

台湾茶を買うのにおすすめのお茶店1:新純香茶業

28156750 724338471287855 342810257908563968 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
rume_1216

多くの観光客が訪れる台北には多くの台湾茶専門店があります。その中から、初めての人にも購入しやすい3店をご紹介します。MRT中山駅から徒歩10分の場所にある「新純香」は、日本語で買い物ができる店です。きちんと試飲もできるので安心です。色々な度合いに焙煎したお茶が揃っていて、試飲をしながら好みの度合いをリクエストできます。

18251968 296888964086814 3016272140895780864 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
lcopines

「新純香」でおすすめなのは茶葉だけではありません。店オリジナルのお茶うけが人気で、台湾リピーターや地元の人もわざわざ足を運んでくるほどです。特にきのこのチップが人気なので味見をさせてもらうと良いでしょう。お茶の入れ方の説明書を入れてくれたり、クレジットカードが使えたりと、観光客向けのサービスも充実しています。

台湾茶を買うのにおすすめのお茶店2:沁園

25011412 1961599384109120 7789522008521310208 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mizutanoir

永康街はMRT東門駅の南側に位置するエリアで日本人に人気のレストランが集まっている場所です。その永康街にある「沁園」では、良質な烏龍茶や女性が喜ぶ可愛らしい茶器を買うことができます。台湾茶のティスティングも日本語でできます。店に入るとまず目に飛び込んで来るのはずらりと並んだ茶器。このコーナーだけでも見応えがあります。

23969715 188281498389873 454945707908923392 n
pica1125

「沁園」の茶葉は赤の緑のオリジナルのパッケージ箱に入っています。どれにしようか迷った時は、遠慮なく店員さんに訪ねてみましょう。日本語で丁寧に対応してくれるはずです。テイスティングを申し出れば、日本語で台湾茶の入れ方を書いた紙を渡されるので、それを見ながら実際にお茶を入れるところを見られます。
 

「沁園」では「茶梅」も人気です。茶梅は台湾茶に漬けた梅ですが、甘すぎるものも多い中、こちらのお店のものは日本人にも好評なほどよい甘さです。ひと月に600個も売れるヒット商品ですので、お茶と一緒に茶梅もお土産にいかがでしょうか。

台湾茶を買うのにおすすめのお茶店3:王瑞珍茶業

1391118 459689490893072 718174288 n
yukkie_ta_cenc

台北駅の西方にある「迪化街」は問屋街です。その一角にある「王瑞珍茶業」は台湾茶の専門店で、自家茶畑でお茶の栽培もしています。経営者の夫婦は日本語が堪能で、会話を楽しみながらお茶選びができます。扱っているお茶の種類は多い方ではありませんが、どれも選りすぐられたもので、かえってあれこれと迷わずに選ぶことができます。

12940204 1665187673734641 711707677 n
yukkie_ta_cenc

「王瑞珍茶業」でももちろんお茶の試飲をすることができます。茶葉は150グラム単位で購入が可能です。例えば300グラム買う場合は、150グラムずつ2包に分けてもらう方が鮮度が落ちずに済みます。売られている茶葉も良質なものですが、この店のドライマンゴーは添加物不使用の天然の甘さで、買い求める人も多いおすすめの品です。

Thumb「林華泰茶行」はおいしい台湾茶の有名店!お土産におすすめの品を厳選!
「林華泰茶行」は、台北にある台湾茶の有名店です。台北で台湾茶をお土産に買って行きたかったら、...

お土産におすすめの台湾茶1:ティーバッグ

お土産にするのにおすすめの台湾茶についてのヒントをいくつかご紹介します。茶葉の品種については個人の好みや予算との兼ね合いがあるので、上に紹介した代表的な品種を参考に実際にお店の人と相談しながら選んで欲しいと思います。ここでは主に品種以外の事柄について述べていきます。

31086468 464096020712016 8483467407908667392 n
uzteashop

台湾茶を手軽に飲んでもらうためのお土産なら、ティーバッグになったものがおすすめです。お湯を注ぐだけで台湾茶のエッセンスを楽しむことができるからです。中でもデザイン会社の「CHARM VILLA」が販売している金魚型のティーバッグはユニークでおすすめです。カップの中でゆらゆらと泳ぐ金魚は見ているだけでも気持ちが和みます。

11055544 617635121704911 1491040573 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
jeffturbo

「CHARM VILLA」の店舗は台北から少し離れた北投という町にあり買いに行くのは大変だったのですが、2017年にMRT中山駅から数分の場所に支店ができ、時間に制約のある観光客にも買いやすくなりました。金魚型のティーバッグのお茶の味は紅玉紅茶、金萱茶、ローズ烏龍茶、東宝美人茶の4種類で、全種類が入ったアソートもあります。

Thumb日月潭紅茶は台湾で人気のお土産!ティーバックの種類や味を詳しくチェック!
日月潭紅茶は台湾の日月潭湖周辺で作られる紅茶です。日月潭紅茶は主に台茶18号や紅玉、紅玉紅茶...

お土産におすすめの台湾茶2:小包のお茶

37901745 2157567644454799 4529789337214124032 n
misato_sakai

ティーバッグでなく、茶葉を買って行きたいという方は、なるべく小さなパッケージになっているものをおすすめします。もらう方も量が多くては保管に困ったり、味に飽きたりしてしまいます。マグカップ1杯分約250ccのお湯に対して使う茶葉の量は2グラムほどですから、50グラム包でも25回分の分量があります。

28155233 145022159526908 8792507639343874048 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tomooooo_co

特に何人かにお土産として台湾茶を買って行くなら、なるべく少ない分量が入っているものを探しましょう。自宅用に買う場合にも小包のものならいろいろな種類が試せますし、荷物もかさばらないで済みます。日本人が多く行くお茶の専門店やデパートなら見つかる可能性が高いと思われます。

お土産におすすめの台湾茶3:工芸茶

13658308 1074224399331947 105527730 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ririeppen

6種類の台湾茶の分類には入りませんが「工芸茶」もお土産におすすめです。工芸茶とは、茶葉と花を組み合せて作られたもので、見かけは球体です。お湯を注ぐと丸く固められた茶葉が開いて、中から色鮮やかで美しい花が開きます。味わうことはもちろん、目で見て楽しむことができる「お茶の芸術品」とも言えるものなのです。

18723676 638069593063974 9076970929745035264 n
chibitank

工芸茶に使われる花はカーネーション、マリーゴールド、ジャスミンなどさまざまで、お茶の香りと共に花の香りも漂います。ガラスのポットやカップに入れるとことさら美しく、喜ばれること間違いありません。入れ方もただ熱湯を注ぐだけなので簡単です。

工芸茶なら1つでも気の利いたお土産になる上に値段もリーズナブルです。丸い球体が一般的ですが、中にはハート型に成型されるものもあるので、探してみてはいかがでしょうか。

Thumb桃園空港で買える台湾お土産を一挙紹介!第一ターミナルなどの店もチェック!
桃園空港は台湾への玄関口です。台湾観光で忙しくてお土産を買う時間がなかったとしても安心です。...

台湾茶を楽しもう

台湾茶の種類や入れ方、おすすめのショップからお土産についてまでご紹介しましたが、いかがでしたか。少しでも台湾茶について理解が深まり、飲んでみたいと思っていただけたら幸いです。日本にも台湾茶を扱っているお店がありますので探してみてください。台湾に行く予定のある人は、是非現地で奥深い台湾茶を味わってほしいと思います。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
MinminK

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ