台湾観光の旅費が安い時期はいつ?交通・食事・ホテル代など平均予算も!

台湾旅行に行くならなるべく旅行の旅費を安く抑えたいところです。台湾旅行では一体いくらぐらい旅費がかかるのか、ホテルや食事にいくらかかるのか気になるところです。今回は台湾の旅行でかかる費用について詳しく見ていきたいと思います。

台湾観光の旅費が安い時期はいつ?交通・食事・ホテル代など平均予算も!のイメージ

目次

  1. 1台湾で旅費はいくらかかる?
  2. 2台湾の旅費はいくら?安い時期は?
  3. 3台湾旅行の準備にかかる費用
  4. 4台湾でかかりそうな旅費1:航空券
  5. 5台湾でかかりそうな旅費2:遊び
  6. 6台湾でかかりそうな旅費3:交通費
  7. 7台湾でかかりそうな旅費4:宿泊
  8. 8台湾でかかりそうな旅費5:観光地
  9. 9台湾でかかりそうな旅費6:買い物
  10. 10台湾でかかりそうな旅費7:食事
  11. 11台湾でかかりそうな旅費8:イベント
  12. 12台湾でかかりそうな旅費9:お土産
  13. 13台湾二泊三日の旅費と予算は全部どれくらい?
  14. 14台湾一週間の旅費はいくら?
  15. 15台湾で旅費を抑えるなら食事は夜市がおすすめ!
  16. 16台湾旅行に行くならLCCがおすすめ!
  17. 17台湾旅行の宿泊先はゲストハウスがおすすめ!
  18. 18台湾旅行の交通の旅費は乗り放題がおすすめ!
  19. 19台湾のカフェはそれなりの値段
  20. 20台湾で安い旅費で観光を楽しもう!

台湾で旅費はいくらかかる?

台湾旅行は一体どれくらいの費用がかかるのか気になるところです。今回は台湾旅行の旅費がいくらぐらいかかるのかを計算していきたいと思います。台湾は日本人観光客がたくさん訪れている人気の観光スポットで、日本語対応しているところも多く、非常に旅行しやすいところです。今回はそんな大人気の台湾でどれくらいの旅費や費用がかかるのかを見ていきたいと思います。

台湾の旅費はいくら?安い時期は?

台湾旅行の安い時期は一体いつなのか気になるところです。台湾の航空券が安い時期を選んでいけば旅費もかなり抑えられるのではないでしょうか。観光客が多いのは基本的には春と夏になっています。観光地によっては秋に観光客が多い所もあるでしょう。台湾は紅葉が綺麗なスポットなどもあるので、秋に観光客が増える観光地などもあります。

しかし航空券に関しては安い時期がある程度決まっています。台湾の航空券で安い時期は4月から6月の春あたりと10月あたりです。2月と3月あたりは台湾は航空券の費用が高く、それが過ぎた4月から5月と6月あたりは安い時期になっています。それからまた夏の7月から8月と9月は航空券が高くなっており、再び10月あたりになると安い時期になります。

つまり台湾の旅費を抑えるために航空券の安い時期を選んで行くとなると、春の4月から6月あたりと秋の10月と11月と12月あたりに行くのがいいでしょう。ちなみに11月は少し高いので、注意が必要です。日本人観光客も多い時期なので、こうした時期に行くとホテルなどの料金も高いので注意が必要です。

台湾旅行の準備にかかる費用

台湾旅行の準備にかかる費用も見ておかなければいけません。純粋に台湾の旅行に行くだけの予算ならば、平均で2泊3日で安くて6万から8万、高くて8万円から10万円くらいではないでしょうか。学生さんならもっと安く行ってる人もいらっしゃいます。食事しかしないと言うのであれば本当に全然滞在費はかからないので、滞在費が3万円くらいでも行けてしまうのが台湾です。

滞在費などは良いのですが、台湾旅行の準備にかかる費用はそれ以上にかかる可能性があります。鞄から洋服などを揃えたい人、パスポートを持っていない人、向こうで運転する場合は国際運転免許を取るための費用など、準備にも色々お金がかかります。パスポートを取るためには1万円ほどかかりますし、国際運転免許の費用は2000円から3000円ほどかかります。

成田空港や羽田空港などに行くまでの電車料金もかかります。都内からでも片道1000円以上かかるので、それなりに交通費はかかったりするでしょう。空港まで電車や新幹線で行く場合は新幹線などの運賃もかかります。現金をなるべく台湾旅行で使いたくないならクレジットカードで支払うようにするといいでしょう。クレジットで支払いは海外では普通ですので、使えるところも多いです。

台湾でかかりそうな旅費1:航空券

台湾の旅行費用は一体いつの時期が安いのでしょうか。できれば航空券も安い時期に行きたいものです。先ほども紹介していきましたが、台湾旅行で安い時期は確かにあります。安い時期は4月から6月と10月から12月、あるいは1月も少し安い時があります。航空券は安い時期に選べば2万円以内で行く事ができるので、とってもリーズナブルです。

航空券は一番簡単に予算を下げられるものだと思います。なぜなら観光費用、つまりグルメやホテル代金、イベントに行くならイベントの料金やカフェやスイーツ代金など、これらのものはみんな予測できないからです。思わぬ誘惑に負けて予算を超えてしまうこともあります。しかし航空券は先に支払うのでその心配はありません。

航空券の予算は一番簡単に下げられる予算でもあります。旅費の一番最初に計算するものでもあり、先に支払うので、旅行中に予算の心配をする必要がありません。ですので、ぜひとも最初に安い時期を選んで、予算がどれくらいになるのか計算してみるといいでしょう。台湾なら旅費がそれほどかからないので、いい飛行機に乗ってもいいかもしれません。

台湾でかかりそうな旅費2:遊び

台湾でもっともお金がかかるのがやはり遊びではないでしょうか。台湾は遊ぶところがたくさんあるので、遊びにかかる費用がたくさんあります。遊びにかかる費用は例えば、グルメや観光地だけでなく、カフェ巡りをしたり台湾のお茶を楽しんだり、台湾の高雄などで有名な夜市に行くのも遊びです。台湾はいっぱい遊ぶところがあるので、旅費がかかりそうです。

台湾の遊びの旅費はどれくらいかかるのかも気になるところです。旅費はだいたい二泊三日なら3万から5万円くらいあれば十分なのではないでしょうか。ショッピングするならさらにかかるでしょう。グルメや観光だけなら2万から3万、もっと安くすませれば1万円でもいけます。しかしその他に交通費などもかかるので、純粋に遊びの費用だけでこれくらいの旅費です。

台湾でかかりそうな旅費3:交通費

台湾で結構かかるのが交通費です。タクシーを使う事が多いので、台湾の旅行ではタクシーに乗る事が多くなると思います。タクシーに乗るならどれくらいの旅費がかかるのかも気になるところです。台湾のタクシーは初乗りで70元ほどです。1.2kmほどの料金なので、1元3.6から4円くらいのレートとするとだいたい250円から300円くらいです。

ちなみに日本であまりタクシーに乗らない人もいるかもしれませんが、日本でタクシーに乗ると1kmほどで410円くらいです。それ以降230mごとに80円プラスされていく感じになります。なので日本よりも100円から150円くらい初乗りの料金が安い感じです。レートによっては200円近くも安くなるので、タクシーもかなりお得です。

台湾のタクシーは電話で呼ぶと10元ほどかかります。日本も同じですが、だいたい台湾のタクシー会社はこのシステムを考えておくといいでしょう。また日本と同じように一時間4500円という感じで、人数が多ければ距離や時間によって最初に提案してくれた料金で乗ることもできます。例えば九份までみんなで3500円みたいな料金があります。

Thumb台湾タクシーの乗り方&料金を徹底調査!空港の乗り場や呼び方もチェック!
台湾はタクシーの移動手段が非常に人気が高くなっています。というのも初乗り料金が安いからです。...

台湾でかかりそうな旅費4:宿泊

台湾では宿泊の予算を旅費に入れておかないと大変です。台湾では旅費がそれほどかからないのが宿泊費用ではないでしょうか。台湾はホテルやゲストハウスなどがとても安い料金で宿泊することができるので、旅費があまりかからないのがいいところです。ゲストハウスなら2000円ほどで宿泊することができるところもあり、かなり安いです。

旅費の中でもあまりかからない部類ではないでしょうか。台湾のゲストハウスなら2000円から3000円で、ホテルは日本とあまり変わらず、5000円ほどでビジネスホテルに泊まれたりするし、3000円ほどのところもあります。高級ホテルなら1万円、2万円、3万円ほどのホテルもあります。しかし比較的安い料金でも綺麗なホテルに泊まれるので、安くても大丈夫です。

台湾の旅費の中でも宿泊費は抑えることができるのがいいところです。台湾の旅費で宿泊費を抑えたいならゲストハウスなどに宿泊すると良いでしょう。ゲストハウスはオーソドックスな宿泊方法になっており、日本人観光客はたくさんゲストハウスに利用しています。男性でも女性でも大人でも台湾ではゲストハウスに宿泊することが多いので、ゲストハウスでいいでしょう。

台湾でかかりそうな旅費5:観光地

台湾では観光地に訪れることもたくさんあると思います。台湾で観光地に行くなら入場料などの観光の費用がかかります。観光地の入場料金がかかるところがあるので、入場料金がかかるところの予算くらいは計算しておいた方がいいかもしれません。観光地の入場料金はそれほどかかりません。無料で入場することができるところもいくつもあるので安く済みそうです。

台湾の定番の観光地でも無料で入場することができる観光地はたくさんあります。例えば台湾101タワーという展望台のある大きなビルは普通に入場するのは無料です。展望台も無料で入場できるので、かかるのはビルの上で買いたいスタバの料金くらいです。こうしたように無料で利用することができる観光地も台湾にはたくさんあるので旅費がかからなくて済みそうです。

国立故宮博物館などは一般のチケットが350元と日本の観光地とそれほど変わらないような入場料金になっているところもあります。場所によっては入場料金が高いところもあるので、観光地で入場料金が重なると、それなりの金額になってしまうので注意が必要です。学生割引をしているところなどもあるので、しっかり調べて、学生証などを使うと旅費が安く抑えられます。

台湾でかかりそうな旅費6:買い物

台湾では買い物にするのに大きな費用がかかったりするでしょう。買い物をした場合は旅費を思いっきり使ってしまいそうなので注意が必要です。台湾にはショッピングモールがあったり有名ブランド店があったり、原宿のように若者のファッション街やカフェやグルメを楽しむことができるスポットがあったりします。そうしたところに訪れると旅費がかかりそうです。

ファッションブランドなどのブランド物はあまり安い値段にはなっていません。ナイキなどの世界的なブランドは日本でも海外でも料金はあまり変わりません。気持ち安くなっているブランドなどもありますが、大きな価格差はありません。しかしブランドによったり、グルメやお土産に関しては安い値段で買えるものもたくさんあります。

買い物はかなりの予算を使ってしまいそうですが、安いものは台湾で買った方がいいでしょう。ちなみに生活に使うタオルや歯ブラシなどは、100円ショップにあればいいのですが、普通のお店で買うとかなり高かったりします。なのである程度の生活用品は安い値段で買うことができる日本のお店で揃えて行くのがおすすめです。生活必需品は100円均一のみで買いましょう。

台湾でかかりそうな旅費7:食事

台湾では食事もとっても大事な予算です。台湾では食事をすることが多いでしょう。台湾観光の最もの楽しみでもあります。台湾は食事の料金がとても安いので、旅行中にグルメを楽しむのも最適です。台湾には屋台が観光地にあったり、台北にもいくつもあります。それから夜市も台湾で人気のグルメスポットなので、ぜひとも台湾にきたら夜市も楽しんでください。

台湾の旅費で使いたいグルメの旅費はどれくらいかかるのかも気になるところです。台湾で屋台グルメを楽しむならどれくらいの費用がかかるのでしょうか。台湾の屋台で人気のあるかき氷などは150から200元くらいで買うことができます。豆花は50元くらいで食べれます。100元前後で屋台のグルメを堪能することができるので、予算を抑えたいなら是非とも台湾グルメを楽しむのがいいでしょう。

台湾でかかりそうな旅費8:イベント

台湾では音楽イベントなども行われているので音楽イベントに参加した時に予算もかかったりします。台湾旅行で音楽イベントに参加する目的で旅行しに行くならイベントなどの料金も考えておくといいでしょう。台湾では花火大会なども行われたりしているので、そうしたイベントに参加する時の料金は旅費でも結構かかりそうなので注意が必要です。

台湾ではお花見を楽しんだり音楽祭を楽しんだり、自転車の台湾一周やマラソンなど一年中いろんなイベントが行われたりしています。有名なのは台湾美食展です。台湾の食材を使ったおいしいご当地グルメを楽しむことができる展覧会で、ブースに分けられたグルメ店を見て回りながらお食事を楽しむことができます。こうしたイベントに参加する時も旅行費用がかかるので注意が必要です。

台湾でかかりそうな旅費9:お土産

台湾の旅費でお土産を買う場合はお土産の費用なども考えておくといいでしょう。台湾には素敵なお土産がたくさんあり、九份などに行くとお茶を買いたくなったり、台湾の美容グッズなども欲しくなります。台湾には人気のお土産がたくさんあるので、ついついお土産も買っ過ぎてしまいます。お土産の費用も旅費に入れておきましょう。

台湾二泊三日の旅費と予算は全部どれくらい?

台湾旅行で2泊3日ぐらいの旅行をすると旅費はいくらかかるのかも気になるところです。安い時期に行って、航空券が往復で2万円ほどで購入することができるので、まずは航空券の予算は2万円です。二泊三日ですと三日間お食事をすることになりますが、1日3回食べるとなると二泊三日で9回ほどお食事をすることになります。単純に一回1000円でも9000円かかります。

朝と昼は台湾の安い屋台でサクッとお食事を済ませて観光する時間を作ったりすると思うので、朝と昼はあまりかならないでしょう。夜にレストランなどでお食事することを考えると安く済ませても1日1500円から2000円くらいはかかるでしょう。なので安い費用でも2万円くらいは欲しいところです。もう少しお金の準備があるなら4万円くらいは欲しいところです。

意外と食べる時間がなかったりするのでそんなにかからなかったりしますが、今度は宿泊費用です。ゲストハウスなどに泊まると3000円で利用することができるので、二日間で6000円ほどで大丈夫です。安いホテルに泊まるならゲストハウスに宿泊した方がいいでしょう。ゲストハウスに泊まる人が多いのではないかと思います。なので、全部で衣食住で最低でも4万5000円ほどです。

Thumb台湾を2泊3日で遊び尽くすおすすめプラン!モデルコースの予算は?
日本から約4時間で行ける台湾の2泊3日におすすめな観光スポットをモデルコースを使ってご紹介し...

台湾一週間の旅費はいくら?

結局台湾旅行で一週間ぐらい滞在するとどれくらいの費用がかかるのかも気になるところです。まずはゲストハウスに宿泊して安い宿泊費にしたと想定すると、6日間宿泊で15000円から20000円ほどではないでしょうか。3000円くらいのゲストハウスには宿泊しておきたいところなので、18000円ほどはかかると考えておいた方がいいでしょう。

続いて食事について考えていきます。いろんな屋台などのグルメを回って食べ歩きたいなら、1日に2000円から3000円くらいかかるでしょう。レストランなどでも食事をしたり、夜市のお店に入ってお酒なども飲むなら、5000円ぐらいかかってしまう日もあるでしょう、しかしうまく分散して、あまり食べない日と食べる日に分けるなら一週間で3万から4万くらいでしょう。

台湾に来たらどうしてもグルメを食べたくなるので、グルメの旅費は2万くらいは一週間でかけたいものです。有名なレストランを回らず、学生さんならもっと1万円くらいでもいけるでしょう。ちなみに有名なレストランなどに行く場合は日本のレストランとほとんど変わらない料金の所が多いので、日本のレストランに行く料金を計算するといいでしょう。

航空券代を安く済ませて2万円と考えると、衣食住で6万から7万ほどかかっています。交通費などの費用を考えると10万くらいは欲しいところです。宿泊費と航空券代はあまり動かせないので、食事や観光の予算を切り詰めていけば5万から6万くらいでも一週間過ごすことができるかもしれません。お財布と相談して楽しく旅行をしましょう。

台湾で旅費を抑えるなら食事は夜市がおすすめ!

台湾で旅費を抑えたいなら食事は外食した方がいいでしょう。コンビニなどがあるので気軽に食べれるコンビニ弁当などを買いたいところですが、コンビニ弁当などを買うよりも夜市でサクッとお食事を済ませた方が安い場合があります。台湾はビールなども安いので、ビールを一緒に飲んでも全然費用がかかりません。

一皿100円ちょっとのものから、30円ほどで練り物などをいただくことができたり、餃子やショウロンポーも一皿100円から150円ほどで食べることができます。コンビニ弁当など買って飲み物なども一緒に買うと、意外と日本と変わらない料金になりますが、屋台などで作られている料理を食べれば食費はかなり抑えられるでしょう。

夜市にはお店などもあり、店の中で食事をすることもできます。フードコートのようなところがあって椅子に座れるところなどもあります。食べ歩きだけでなく台湾の夜市には椅子に座って食べれるところなどもあるので、夜市で食事するのはおすすめです。かき氷などのスイーツは高いイメージですが、台湾の家庭的なご当地グルメはかなり安いです。

台湾旅行に行くならLCCがおすすめ!

台湾旅行に行くならLCCを使うのがおすすめです。ローコストキャリアの略で、座席が狭かったり食事がなかったりと、オプション料金を支払わないと荷物量に制限があったりするのですが、普通に旅行する分にはかなり安く便利です。航空券代を抑えるならLCCがおすすめです。

台湾旅行の宿泊先はゲストハウスがおすすめ!

台湾旅行で宿泊先を選ぶ時にゲストハウスなどを利用するととてもお得に利用することができます。ゲストハウスはバックパッカー向けの宿泊施設で、相部屋やドミトリーベッドで安く宿泊することができるホテルのことです。最近は団体向けの個室からカップル向けの個室、シャワー付きの個室もあるので、ホテルのように使えます。

台湾旅行の交通の旅費は乗り放題がおすすめ!

tomizou.inさんの投稿
37866159 308234429997750 4689666002999312384 n

台湾旅行で交通費などの交通費もかなりかかってくるでしょう。交通費を抑えたいなら一日乗車券などの乗り放題券を利用するのがおすすめです。例えば悠遊カードと言うSuicaのようなカードがあり、運賃を割引してくれるカードなどがあります。また台北MTRの乗り放題券も1日150元くらいで利用することができます。乗り放題がおすすめです。

台湾のカフェはそれなりの値段

___imuyさんの投稿
37902069 875562542639571 393261915884748800 n

台湾にはスターバックスコーヒーなどコーヒーのチェーン店などもあります。台湾にはおしゃれでレトロなカフェなど、若者に人気のカフェもたくさんあります。こうしたところ日本とあまり変わらない値段でコーヒーを提供していたりするので、あまり費用は抑えられないでしょう。スタバのコーヒーなどもほとんどお値段は変わりません。

imo_stagramさんの投稿
37743748 1911511268943623 3619263803834761216 n

ただ台湾のスタバには台湾茶などの台湾でしか注文することができないメニューがあるので、台湾のご当地メニューなどを注文するのには最適です。お店もとても綺麗なので、台湾のレトロな街並みの歩きに疲れて綺麗なところに入りたいならおすすめです。電源があったり、マグなどのスタバグッズも売っています。

04_18miさんの投稿
37683346 236233260541993 2140896091585904640 n

また、台湾にはICE MONSTERと言う人気のかき氷屋さんがあります。台湾と言ったらかき氷ですが、ICE MONSTERは日本にも出店している世界的にも有名なかき氷の専門店です。こうした専門店でもやはりお値段は日本のかき氷とあまり変わりません。かき氷も160元や200元ほどかかりますので、台湾のスイーツやカフェなどの費用は普通の値段です。

台湾で安い旅費で観光を楽しもう!

いかがでしたか?台湾の旅費は大体予想することができたのではないでしょうか台湾旅行は安いと言われていますがグルメや観光などを思いっきり楽しむと普通の日本を観光してるのと変わらないぐらいお金がかかってしまうので注意が必要です。コンビニやスタバなどちょこちょこお買い物していると結構費用がかかるのでそうしたところは注意です。

関連記事

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
tabito

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ