ヴェッキオ橋はフィレンツェ最古の橋!観光の見どころや周辺おすすめスポットは?

ウフィツィ美術館に並びフィレンツェで最も有名な観光名所として名高いヴェッキオ橋。宝石店の並ぶ一大名所として知られていますがここからトリニタ橋を望む夕焼けも、宝石に負けない美しさです。そんなヴェッキオ橋の見どころや周辺おすすめスポットまでをじっくりお見せします。

ヴェッキオ橋はフィレンツェ最古の橋!観光の見どころや周辺おすすめスポットは?のイメージ

目次

  1. 1アルノ川にかかるフィレンツェ最古のヴェッキオ橋
  2. 2フィレンツェ最古のヴェッキオ橋の歴史
  3. 3フィレンツェ最古のヴェッキオ橋の特徴
  4. 4フィレンツェ最古のヴェッキオ橋までのアクセス
  5. 5ヴェッキオ橋の上に位置する秘密の通路とは?
  6. 6ヴェッキオ橋の上にあるヴァザーリの回廊内部
  7. 7ヴェッキオ橋の上にあるヴァザーリの回廊ツアーに参加
  8. 8歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ1:自画像コレクション
  9. 9歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ2:秘密の礼拝堂
  10. 10歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ3:橋の窓からの眺め
  11. 11歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ4:宝石店
  12. 12歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ5:ピッティ宮
  13. 13歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ6:ボーボリ庭園
  14. 14歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ7:パラティーナ美術館
  15. 15歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころろ8:ヴェッキオ宮
  16. 16ヴェッキオ橋周辺は貴重な文化遺産の宝庫

アルノ川にかかるフィレンツェ最古のヴェッキオ橋

ポンテ・ヴェッキオの名で知られるヴェッキオ橋は、イタリアのフィレンツェを流れるアルノ川にかかる橋。イタリア語でポンテが「古い」を意味する通り、ウフィツィ美術館とピッティ宮とを結ぶフィレンツェ最古の橋。宝石店が軒を連ねる一大観光名所であるこの橋を覗いていくことにしましょう。

Thumbウフィツィ美術館の予約方法&見どころは?有名な作品や所要時間もリサーチ!
世界中から多くの観光客が訪れる「ウフィツィ美術館」はルネサンスの巨匠たちの名画を取り揃えた、...

フィレンツェ最古のヴェッキオ橋の歴史

ヴェッキオ橋の歴史は、今から2000年ほど前まで遡ります。この橋はヴェッキオ宮殿を中心とする北側の中心地と、ピッティ宮殿を中心とする川の南側とを結んでいる最も川幅の狭いところに架けられています。

現在橋の上には沢山の貴金属、アクセサリーを売る工房や店舗が軒をつらねており、2016年公開の映画インフェルノにも使用された場所として知られています。なお、初期のヴェッキオ橋は紀元後1世紀には既に存在していたそうです。

西暦123年にローマ皇帝のハドリアヌスがローマと当時のフィレンツェを結ぶヴィア・カッシアという道を整備した際、現在の場所にこの道が架け直され、それが街への入り口になったそうです。

当時街に入る手段はたった1つだけだったようですが、1218年に2番目の橋であるカッライア橋が架けられこれが新しい橋(ポンテ・ヌオヴォ)と呼ばれるようになり、つまりもとからあった橋は古い橋(ポンテ・ヴェッキオ)と呼ばれていたようです。

フィレンツェ最古のヴェッキオ橋の特徴

1345年に完成したフィレンツェで最も古い橋ヴェッキオの特徴は、色彩豊かな家付きの古い橋であるということ。ヨーロッパにはこのような古い橋がいくつも健在していましたが日本では規定上建設するのは困難だと言われています。

ヨーロッパでこの橋のように大規模なものはヴェネツィアのリアルト橋やドイツのエアフルトにあるクレーマー橋くらいでしょう。古い家が立ち並んでいるため橋の形は目立ちにくいですがこの古い橋は3連のアーチ橋。橋の上は観光客で賑わい両側には金銀細工の店が建ち並んでいます。

貴金属店のショーウィンドウはとてもイタリアらしい雰囲気、大勢の人々が見入っている理由が理解できます。この橋を北から南へ渡って歩き、振り返るとそこには壮大なドゥオモが姿が現れます。

橋の中央部のみ家がないため、そこからは川の絶景が望めます。当時橋の上には肉屋やなめし皮職人の店などがありましたが悪臭がひどかったため16世紀末、見かねたフェルディナンド1世が肉屋などをその場から追い払い金銀細工の街に変えてしまいました。

フィレンツェ最古のヴェッキオ橋までのアクセス

ヴェッキオ橋までは、ドゥオモから歩いて約10分で到着。フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅からは約1.2キロです。

ドゥオモからは南へ400メートルほど進み、ヴァッケレッチャ通りへと入ると徒歩で15分ほど歩いた場所にウフィツィ美術館・ヴェッキオ宮・ヴェッキオ橋が位置しています。

第二次世界大戦時、他の橋は皆交通網遮断の目的で爆撃を受けましたがヴェッキオ橋だけはその特異な美しさから、唯一爆撃の被害を免れることが出来たそうです。

橋の中央に目を向けるとベンヴェヌート・チェッリーニの胸像が建っているのがわかります。像の下には金銀細工の父と名前が刻まれていますが、彼は広場にあるペルセウス像の作者。河べりにはホテルなどが立ち並び橋の上の家をささえているのは細い支柱のみとなっています。

Thumbフィレンツェ空港から市内へのアクセスガイド!タクシーの乗り方や周辺ホテルも!
イタリア中部の中世の街並みを残す街・フィレンツェにあるフィレンツェ空港は、他の空港よりも小さ...

ヴェッキオ橋の上に位置する秘密の通路とは?

実は、橋の上に建つ家のさらに上に重なるように連なるのは「ヴァザーリの回廊」と呼ばれる秘密の廊下。北側のヴェッキオ宮からウフィツィ美術館を経て南側のピッティ宮殿まで続いています。

これはフィレンツェの権力者であったメディチ家のコジモ1世が暗殺の危機を逃れるためヴァザーリに命じて1565年に作らせたものです。ヴェッキオ橋から見てアルノ川の左にある建物がウフィツィ美術館。アーチ型の柱を持つ秘密の回廊がここから続いています。

さらにヴェッキオ宮殿内にも秘密の通路や隠し部屋があり、膨大な富を持ちフィレンツェで1番の権力者だったメディチ家の人々の当時の暮らしぶりも、手に取るように理解出来るようになっています。

「ヴァザーリの回廊」は、メディチ家が建築家ヴァザーリに依頼した執政所とメディチ家の自宅だったピッティ宮殿とを結んだ全長1キロの隠し通路。完成まで6年かかるとされていましたがヴァサーリは半年で完成させたという説があります。

ヴェッキオ橋の上にあるヴァザーリの回廊内部

以前は一般に公開されていなかったヴァザーリの回廊も近年は一般に公開されるようになったようですが、ここをウフィツィ美術館のチケットで見学する事は不可能です。秘密の通路だったこともあり、ヴァザーリの回廊への入場は完全予約制。

別途ガイド付きツアーに参加をしなければ見学は出来ないのですが、少々高いお値段の見学料を支払っても芸術や絵画に興味がある方にとってはこのツアーに参加する価値が十分にあると言えるでしょう。

ツアーを希望される方はウェブで検索をかければ、予約専門サイトを見つけることも可能。ヴァザーリの回廊内部の見学時間は約1時間。言語は英語や各国語を選択することが出来ますが日本語のツアーは割高になっているようです。

ウフィツィ美術館3階にある第3廊下の入り口付近、いつも閉まっているため気づかずに通り過ぎてしまいそうなこのドアが回廊への入り口です。集合時間になればこのドア前にツアー参加者達や観光客が集まり始めます。

ヴェッキオ橋の上にあるヴァザーリの回廊ツアーに参加

集合場所の前にあるドアを開けたら、目の前に見える長い階段を登っていきます。長い階段を登ったところの踊り場には1993年に起きたとされるマフィアの爆弾テロで被害を負った作品が展示されているがわかります。

この作品には、テロ事件の恐怖を忘れないようにするための意味が込められ現在もここに置かれているようです。そしてヴァザーリの回廊の両壁にずらりと並ぶ約1000点もの肖像画が展示されているのが印象的です。

ここに収蔵されているのは、ダヴィンチ、ティッツィアーノを始めとする画家達の作品。内部はそれぞれの画家達の自画像ギャラリーとなっていて、ルネッサンス時代から美術館として現代画も多く集められているようです。

ヴァザーリの回廊は、2017年に改装中だったため見学することは不可能でしたが、橋を渡った後にはアルノ川沿いを散策し少し離れてヴェッキオ橋を散策して見ることなども可能です。回廊の下に位置するヴェッキオ橋は見る場所や角度により美しい魅力を放ちます。

住所 Ponte Vecchio 50125 Firenze 

歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ1:自画像コレクション

ヴァザーリの回廊内部は数年に1度の頻度で絵画の入れ替えを行うそうですが、ここには総数1600の自画像が収蔵され、その中にはダヴィンチやレンブラント、ゴッホなど巨匠達の名画も含まれています。

さらに2015年には、127点の現代アーティストのコレクションも追加展示される事になり、シャガールやデキリコ、ウォーホールなどの自画像も含まれるこの美術館の自画像コレクションの多さには唯、圧巻されるばかりです。

中でもシャガール本人が描かれている幻想的な強い青が盛られた彼の自画像は珍しく、強い存在感を放っています。彼は世界有数のユダヤ人芸術家として多くの人に尊敬され、芸術家としての評価も高いものでした。

現在これらアーティストのコレクションはピッティ宮殿に近づく出口周辺にあり、なかなか足を踏み入れられない秘密の観光名所となっています。

Thumbフィレンツェの有名美術館まとめ!観光客におすすめの施設&予約方法を調査!
芸術の街であるフィレンツェにはたくさんの美術館があります。その中でも今回は観光におすすめした...

歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ2:秘密の礼拝堂

ヴェッキオ橋を渡り切ると左手に礼拝堂が見えてきますが、この礼拝堂はローマ時代に建立が始まったと言われるフィレンツェ最古のサンタ・フェリチタ教会。フィレンツェ最古の司祭に捧げられた教会として知られています。

この教会を通過する際、祈りを捧げないのは罪になるということで設置された礼拝堂で、一般の庶民とは交わることなくメディチ家の人々や司祭がミサに参加する事が出来たそうです。

回廊のところどころに現れる、小窓から見え隠れする街の景色も素晴らしく一見の価値があります。今でこそ貴金属店が軒を連ねるヴェッキオ橋ですが当時は精肉店が立ち並び、その店から出たゴミがそのまま川に投げ捨てられていたようです。

メディチ家はその悪臭や光景を一掃すべく、橋の上の店を全て宝石店に入れ替えました。権力と富を持つ彼らならではのさらに収益を向上させていく改善策です。

歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ3:橋の窓からの眺め

当時フィレンツェの政治を行っていたメディチ家のメンバーは、住居としてのピッティ宮殿がある河の反対側から橋の上に建設されたヴァザーリの回廊を通ってウフィツィ美術館、そしてヴェッキオ宮殿へと毎日通っていたそうです。

橋の中央にある東西に開かれたテラスからの大パノラマや橋の窓から眺める夕焼けの美しさは必見。663年も昔につくられた橋であるのに、時を経てもピンクや黄色に塗られた色彩豊かなアパートと橋が現在もそのままの姿で存在しています。

また、アルノ川周辺はフィレンツェでも有数の美しい景観を持つエリアとして有名な観光地。川沿いには風情のある宿泊施設が軒を連ね、ここの記念撮影スポットでは大勢の観光客達やカップルが絶景を楽しんでいます。

フィレンツェが舞台になっている映画やTVの中でもこの美しいアルノ川沿いの風景や夜景を一度は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ4:宝石店

ヴェッキオ橋の上に位置する店舗は全てが宝石店。ウフィツィ美術館からアルノ川へ出るとヴェッキオ橋はすぐ目の前にありますが、ドゥオモの西南エリアあたりにもジュエリーのお店が多数点在しています。

ヴェネツィアにあるリアルト橋も同じように素敵な店舗がずらりと並んでいますがリアルト橋はお土産屋が多いのに対し、ここは宝石店のみとなっているのが特徴です。

どの宝石店も歴史と趣があり凛とした佇まい、客引きや観光客の呼び込みなどはないため安心して気に入った商品のあるお店を見て回ることが可能です。

宝石店の営業時間は午前10時から午後8時くらいまで。日本語が通じるお店もありトラベラーズチェックやカードでも支払いが可能です。値引きや交渉を試みたい方は、現金支払いにすると良いでしょう。

歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ5:ピッティ宮

ピッティ宮は、フィレンツェ・ルネサンスの壮大な宮殿。フィレンツェの商人ピッティが宮殿建設に着工したためこの名前が付けられたそうです。

当時はヴェッキオ宮に住んでいたメディチ家のコジモ1世に売却されたため現在の姿になっていますが、フィレンツェ風の切り石積みの外観が特徴的な観光名所です。

宮殿内部には、ラファエロの作品を収めたパラティーナ美術館や銀器博物館、近代美術館、衣装博物館、陶磁器博物館、コンサートホールなどがありこれらをまとめてピッティ博物館と呼んでいます。

宮殿の裏側には自然を愛してやまないコジモの妻であるエレオノーラのために造られた広大なボーボリ庭園も広がっています。

歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ6:ボーボリ庭園

このボーボリ庭園は、ピッティ宮の裏側に広がる典型的なイタリア式庭園。ベンチもあるので、観光の最中お弁当を広げるのにも丁度いい、大きな庭園です。

庭園内の野外劇場を越え、松と糸杉の小道を行くとレモンとオレンジの木の茂る小島のある広場が見えてきます。

さらに奥へと進むと、丘の頂にはベルヴェデーレ要塞があり、ここから望むフィレンツェの街並みは美しく、忘れがたい思い出となるような景色が一面に広がっています。

緑深きこのボーボリ庭園では、眺めの良い広場から望む美しい街並みが、観光の際のおすすめ絶景ポイントになっています。周辺にはトスカーナ的田園風景が広がり、のどかな雰囲気に包まれています。

歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころ7:パラティーナ美術館

絵画や芸術、歴史好きの方には欠かせないもう1つの見どころが、パラティーナ美術館。この美術館はピッティ宮の2階に位置し、ラファエロの作品が11点収蔵されたラファエロファン必見のおすすめ観光名所です。

「大公の聖母」を始め、ラファエロの代表作である「小椅子の聖母」。その他ティッツィアーノやルーベンス、カラヴァッチョ達の作品やメディチ家の居住スペースだった部屋も見落とす事が出来ません。

館内は細部まで綿密に作り込まれ、壁一面にびっしりと飾られた絵画、真紅と金色の息を飲むような装飾がとても見事です。

甘く優しく描かれるラファエロの聖母や、かつての恋人達がモデルとなった女性の絵画も室内の装飾と完璧に調和しています。

歴史の古いヴェッキオ橋周辺!おすすめ見どころろ8:ヴェッキオ宮

パラッツォヴェッキオの名で親しまれるヴェッキオ宮は、フィレンツェ共和国の政庁舎だった場所。この街の勲章を持つ獅子の像が飾られ94メートルの塔を抱く、力強く優美なゴシック建築です。

繊細な装飾が特徴的な中庭の中央には、ダヴィンチの師匠であるヴェロッキオの作品、イルカを持つ天使の噴水が存在します。

内部は2階と3階に分かれていて、宮殿の内部を見学することも可能です。2階にある1500年代の間はフィレンツェ共和国の会議場だった場所。ヴァザーリ派の絵画で飾られるおすすめの観光名所です。

3階の1200年代の間には、天井画や当時のフィレンツェの地図を織り込んだタペストリー、その他ヴァザーリにより設計されたコジモ1世と妻エレオノーラの住居が続き、切符売り場横のインフォメーションでは秘密の通路ツアーに申し込む事も出来ます。

ヴェッキオ橋周辺は貴重な文化遺産の宝庫

珠玉コレクションに匹敵する巨匠の名画が展示される美術館やヴェッキオ橋、ヴァザーリの回廊内にある秘密の通路をご紹介してきました。教会や博物館、メディチ家礼拝堂やサンマルコ美術館、養老院、邸宅やバルなど、ヴェッキオ橋周辺には文化資産や天才達による建築、彫刻が堪能できる場所や見どころがまだまだ点在しています。

関連記事

Original
この記事のライター
Eine kleine

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ