三重・ミキモト真珠島でパールアクセサリーのお土産作り!海女ショーも人気!

三重県鳥羽市にある「ミキモト真珠島」は、真珠に特化したレジャー施設です。真珠について学んだり、海女ショーを見たり、期間限定で楽しめる体験イベントなどがある三重県の「ミキモト真珠島」についてご紹介していきますので、参考にしてください。

三重・ミキモト真珠島でパールアクセサリーのお土産作り!海女ショーも人気!のイメージ

目次

  1. 1三重・ミキモト真珠島をご紹介!
  2. 2養殖真珠発祥の地「ミキモト真珠島」はどんな島?
  3. 3ミキモト真珠島の歴史と創業者について
  4. 4真珠について深く学べるおすすめの博物館
  5. 5ミキモト真珠島で人気の海女ショーとパワースポット
  6. 6ミキモト真珠島の体験イベント
  7. 7ミキモト真珠島で購入したいおすすめのお土産
  8. 8ミキモト真珠島の営業時間と入場料
  9. 9ミキモト真珠島へのアクセス方法と駐車場
  10. 10「ミキモト真珠島」は真珠の魅力を再発見できるスポット!

三重・ミキモト真珠島をご紹介!

三重県鳥羽市にある「ミキモト真珠島」は、真珠について学んだり、体験したり、お土産を購入したりと、真珠に特化したレジャー施設です。入場料金がかかりますが、さまざまな施設がそろっていて子どもから大人まで楽しめる施設となっています。今回は三重県にあるミキモト真珠島についてご紹介します。

養殖真珠発祥の地「ミキモト真珠島」はどんな島?

38425175 1914801488822191 4633984174368227328 n
naoriyoshimura

三重県にある、養殖真珠の発祥の地として知られるミキモト真珠島には、たくさんの見どころがそろっています。

ここでは、三重県のミキモト真珠島について、どのような島なのか特徴などをご紹介していきます。

三重県にある橋で渡れる小さな島

36553304 268766787212209 5259188531988791296 n
m.kinichi

三重県鳥羽市の鳥羽湾にある「ミキモト真珠島」は、鳥羽とミキモト真珠島を結ぶ「パールブリッジ」という橋を渡って行く事ができる小さな島です。

ミキモト真珠島では1893年に世界で初めて真珠の養殖に成功し、1951年にレジャー施設として開島して現在に至ります。島の大きさは7000坪ほどで、真珠に特化した島となっています。

養殖真珠について学べるレジャー施設

18722575 300406570416294 2886740810626236416 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sha10ron12

三重県にあるミキモト真珠島は、島全体が真珠について学ぶ事ができるレジャー施設となっています。

入島には入場料金がかかってしまいますが、博物館や記念館、海女の実演などさまざまな真珠に関するものの見学が楽しめます。また、お土産やアクセサリーが購入できるショップや、食事ができるレストランもそろっていて、充実した施設となっています。

29714728 148869672610332 6623506776421564416 n
kobamiyuphoto

ミキモト真珠島には自然もたくさん残っていて、散策しながらパワースポットめぐりも楽しめます。時間に余裕を持って訪問して、ミキモト真珠島で充実した1日を過ごしましょう。

また、ミキモト真珠島の周辺にも鳥羽水族館やイルカ島といった三重県の観光スポットがそろっていて、お得なセット券なども販売しているので、あわせて楽しむのもおすすめです。

ミキモト真珠島の歴史と創業者について

26154912 1798052750491932 4408866397011050496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
akihiro.nisimura

ここでは「ミキモト真珠島」が誕生するまでの歴史と、創業者の御木本幸吉についてご紹介していきます。

ミキモト真珠島にある「御木本幸吉記念館」では創業者の御木本幸吉について学ぶ事ができます。島内には「御木本幸吉銅像」もあり、あわせて見学するのもおすすめです。

ミキモト真珠島の歴史について

34821006 263489417722887 4630198336790462464 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
susumu.matsumoto.usa

ミキモト真珠島は、創業者・御木本幸吉が1893年に世界で初めて真珠の養殖に成功した島で、当時は「相島」(おじま)という島の名前でした。

その後、1951年にレジャー施設の「御木本真珠ヶ島」として開島し、1962年には「ミキモトパールミュージアム」(真珠博物館)が開設されました。

32026291 2072284523039668 8329771565134643200 n
shimyuta

1970年には鳥羽とミキモト真珠島を結ぶ「パールブリッジ」が完成し、翌年の1971年には現在の島名と同じ「ミキモト真珠島」に島の名前が変更されました。

その後、ミキモト真珠島には1985年に真珠博物館が、1993年には創業者の御木本幸吉について学べる「御木本幸吉記念館」が開館し、現在に至ります。真珠に特化した珍しい施設という事で、国内だけではなく、海外からも多くのお客さんが訪れる人気のスポットとなっています。

創業者について学べる「御木本幸吉記念館」

17334224 756477147850944 5298559758456848384 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
mlle_rika

創業者の御木本幸吉は1858年に三重県・鳥羽にあるうどん屋「阿波幸」の長男として生まれ、さまざまな商売を経験したのち、三重県・志摩の真珠に着目します。35歳で世界初となる真珠の養殖に成功し、41歳の時には東京の銀座に「御木本真珠店」を開くなど、多くの功績をのこしたあと、1954年に96歳で生涯を終えました。

18808805 1584454698233445 9170264375397711872 n
say.taki

「御木本幸吉記念館」は、実際に使っていたものや復元された生家、写真やパネル展示などによって、創業者の御木本幸吉について学ぶ事ができる施設です。生まれてから生涯を終えるまでの足跡を館内をめぐりながら順番に知る事ができ、貴重な品も展示されていて見ごたえのある施設となっています。

真珠について深く学べるおすすめの博物館

36938414 259615611492637 3198840540539912192 n
xxwaternoble

ミキモト真珠島にある「真珠博物館」は、真珠についてさまざまな視点から学ぶ事ができる施設となっています。

貴重な天然真珠のアクセサリーなども展示してあり、ジュエリーが好きな人も楽しめます。ここからはミキモト真珠島の「真珠博物館」についてご紹介していきます。

養殖真珠が学べる「真珠博物館」

36823086 491927004553424 2390815020154880 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
xxwaternoble

ミキモト真珠島にある「真珠博物館」は、5つの展示室と図書コーナーがある2階建ての施設となっています。

第1展示室では、2000年ほど前に作られた装身具や19世紀のヨーロッパの作品など、養殖真珠が発明される前の天然真珠を使ったアクセサリーを60点ほど展示しています。貴重な品が展示されているので、ジュエリーが好きな人にもおすすめです。

37221184 249378675878162 1316398186209738752 n
sprout.sprout

第2展示室では、明治から昭和初期にかけてミキモトで制作されたアクセサリーが展示されていて、真珠を贅沢に使った美術工芸品などを見学する事ができます。

第3展示室では、真珠ができる仕組みや真珠養殖について学べます。真珠養殖の「核入れ手術」などを道具や映像とともにスタッフさんの解説でわかりやすく学ぶ事ができます。

35617228 382210538851737 6947070276559437824 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
hanaeuwajima

第4展示室では、真珠の成分や輝きの秘密などを学ぶ事ができます。また、真珠の選別作業からアクセサリーになるまでの工程を知る事もできます。

企画展示室では、テーマに沿った特別展が開催されています。テーマは真珠や海女など、毎年変わります。図書コーナーには、創業者の御木本幸吉に関する本を扱っていて、購入する事もできます。

ジュエリー好きが楽しめる展示物

37330578 305685613504356 728014952584970240 n
xxwaternoble

ブローチや帯留め、髪飾りなど明治から昭和初期に制作された真珠のアクセサリーの「ミキモトクラシック」、ネックレスやブローチ、ティアラなど天然真珠のアクセサリーの「アンティークジュエリー」、地球儀や五重塔など日本の伝統技術とジュエリー製作技術で作った「美術工芸品」が展示してあり、ジュエリーが好きな人におすすめです。

ミキモト真珠島で人気の海女ショーとパワースポット

28157784 229324777615710 9095788096296845312 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
cheng121421

ミキモト真珠島では、真珠の養殖を支えてきた海女の活動を再現した「海女ショー」が人気です。

また、ミキモト真珠島には「珠の宮、願いの井戸、ラブラブの石」といった3つのパワースポットがあり、こちらもあわせて人気のスポットとなっています。ここからは海女の実演とパワースポットについてご紹介していきます。

昔の養殖風景を再現した海女ショー

32070079 377047429468411 8645046087628881920 n
enjhu_journey

ミキモト真珠島にある「海女スタンド」では、かつて真珠の養殖を支えてきた海女の実演を見学する事ができます。磯着という白い服を着た昔ながらのスタイルの海女たちが海に潜ってアコヤ貝をとったり、独特な呼吸法で呼吸を整えたりする様子を間近にながめられる人気のショーとなっています。

37384176 798330563709163 7808761310228774912 n
chikochan9233

現在では真珠の養殖技術が発達した事により海女の必要性がなくなったため、ここでは当時の海女の活動が見られる貴重な場所となっています。

海女の実演は年間を通して見学する事ができますが、台風が接近している時や荒天の場合には中止になる場合があるのでお気を付けください。また、屋外での見学となるため、暑さ・寒さ対策をして見学を楽しみましょう。

1741001 1398250120433044 1309055243 n
yuk0401mok

海女の実演は、午前9時20分から1時間ごとに、1日8回(ゴールデンウィークとお盆期間中には1日9回)おこなわれています。午後4時20分からの実演は、時期によって開始時間が午後4時や午後4時40分に変更になる場合もあるので、事前にホームページなどで時間を確認してください。

真珠島にある3つのパワースポット

23594189 128311557855850 2507513988871356416 n
7utakata7

ミキモト真珠島は真珠に特化した施設以外にも、3つのパワースポットがあります。緑豊かな島内を散策しながらめぐってみましょう。

ここからはミキモト真珠島の「珠の宮、願いの井戸、ラブラブの石」の3つのパワースポットをご紹介していきます。

珠の宮

23101337 188296415076777 7622249941628354560 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
rosaliaiko

ミキモト真珠島のパワースポット「珠の宮」は、主祭神は豊受気姫命で和銅年中710年ころに創建され、明治40年に大山祗神社と合祀されました。豊受気姫命と大山祗命にまつわる伝説から、珠の宮は「縁結び、長寿、繁栄」などにご利益があるとされているパワースポットです。

願いの井戸

37366384 1953521728031308 5735602393408602112 n
2525_suuyade

ミキモト真珠島のパワースポット「願いの井戸」は、珠の宮の手前にある古井戸です。井戸の脇に置いてあるアコヤ貝の貝殻に願い事を書いて井戸に投げ入れ、貝殻が沈んでいくあいだに念じるといつの日か願い事がかなうといわれています。真珠に特化した島ならではのスポットとなっています。

ラブラブの石

14730747 624806941057530 7130673874991054848 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
sharu.sharu

ミキモト真珠島のパワースポット「ラブラブの石」は、縦横ともに53cmほどのハート型をした石で、御木本幸吉銅像の近くにあります。2003年ころに海女のひとりが発見して密かに名付けた石で、2009年ころに広く知れ渡りました。発見した海女の夫婦仲が良い事から、カップルや夫婦におすすめのスポットとなっています。

ミキモト真珠島の体験イベント

26151880 588950361447058 7688467028683784192 n
sora.bunny

ミキモト真珠島では、通年おこなわれている体験イベントはありませんが、ゴールデンウィークや夏休みに期間限定で楽しめる体験イベントが開催されています。

今回は2018年7月21日から9月2日にかけて開催されている体験イベント「わくわく体験アイランド」をご紹介します。真珠博物館の2階・特設会場で開催されていて、さまざまな体験を楽しむ事ができます。

16585279 157469098093065 3658084582999195648 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tooomoyo29


「万華鏡工房」は、色とりどりの淡水真珠を使った万華鏡作り体験が楽しめます。体験の所要時間は30分ほどで、料金は600円となっています。

「真珠のティアラで豪華に変身体験」は、真珠を使った豪華なティアラを装着して記念撮影ができます。無料で体験でき、自分のカメラで撮影ができるので、小さいお子様にもおすすめです。

20482662 1571401469557203 3827760135065829376 n
sayu_0828

「淡水真珠ストラップ工房」は、淡水真珠やスワロフスキービーズなどを使ったストラップ作り体験が楽しめます。体験の所要時間は30分ほどで、料金は種類により1500円、または2500円が必要ですが、自分だけのオリジナルのストラップ作り体験をしたい人におすすめです。

ミキモト真珠島で購入したいおすすめのお土産

35998537 409150479604409 7938067347988807680 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
harahara210

ミキモト真珠島では、お土産の販売もしています。真珠を使ったアクセサリーやアコヤ貝をモチーフにしたお菓子など、さまざまな商品がそろっています。特に真珠のアクセサリーは、手ごろな価格のものから高価なものまで品ぞろえが豊富となっています。ここからはお土産の購入におすすめの「パールプラザ」についてご紹介していきます。

パールプラザでお土産を買おう

32807767 1708908115811173 7587812515891904512 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
meruuun333

ミキモト真珠島の真珠博物館に隣接する「パールプラザ」の1階では、ゆったりとしたフロアで真珠のアクセサリーなどのお土産を購入する事ができます。人気の真珠を使ったアクセサリーは、高価なものからお土産として手軽に購入できるものなどさまざまな品がそろっていて、購入したい人はもちろん、見ているだけでも楽しめます。

人気のお土産は?

17662526 180435239133571 8740181498725924864 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kaoringa

ミキモト真珠島のパールプラザでは、真珠のアクセサリー以外にもさまざまな人気のお土産がそろっています。

その中から、「パールアイランドマドレーヌ」と「ドーマン・セーマンアクセサリー」の2つをご紹介します。

パールアイランドマドレーヌ

30593463 194566964679870 6187629808478846976 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ichigobulldozer

ミキモト真珠島で人気のお土産「パールアイランドマドレーヌ」は、アコヤ貝から抽出したパールシェルカルシウムを配合した生地をアコヤ貝の形に焼き上げたマドレーヌです。しっとりとした食感とバターの香りを楽しむ事ができ、ミキモト真珠島のお土産人気ナンバー1となっています。

ドーマン・セーマン アクセサリー

37002559 243301696272649 4686699739670904832 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kentaphotography

もうひとつのミキモト真珠島で人気のお土産は「ドーマン・セーマンアクセサリー」です。「ドーマン・セーマン」とは、海女が魔除けとして頭に巻く手ぬぐいに刺繍したり道具に彫刻したりするマークです。

「ドーマン・セーマンアクセサリー」は、アコヤ貝を磨いてこのマークを彫り込んだアクセサリーで、ひとつひとつ手作りしています。ミキモト真珠島の海女にちなんだお土産として人気の品となっています。

パールプラザ2階「レストラン阿波幸」もおすすめ

21981045 145509282719787 1189668055085481984 n
saku6a

お土産の購入が楽しめるパールプラザの2階には「レストラン阿波幸」があり、こちらもおすすめです。「レストラン阿波幸」は御木本幸吉の生家のうどん屋の名が付けられたレストランで、窓から見える鳥羽湾の景色をながめながら、ミキモト真珠島ならではのアコヤ貝を使ったお食事をいただく事ができます。

17333267 276742036098484 9122227296495730688 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
lekha.vara

メニューは、アコヤ貝の貝柱を使った「貝柱しょうゆ煮、貝柱うに和え、貝柱フライ」などがあり、ミキモト真珠島ならではの料理がそろっています。また、貝柱料理と伊勢うどんがセットになった「真珠うどん、真珠定食」や、貝柱入りの「海の幸ピラフ」なども人気メニューとなっています。

38774350 234214273907982 1073746887766441984 n
makimaki_22

また、アコヤサンドとドリンクがセットになった「アコヤサンドセット」もおすすめです。貝殻形のバンズにアコヤ貝の貝柱のフライと野菜を挟んだかわいらしい形のサンドで、アコヤ貝の独特の歯応えが楽しめます。味は「タルタルソース、ケチャップ&粒マスタード、スイートチリペッパー」から選ぶ事ができます。

ミキモト真珠島の営業時間と入場料

20759807 856893307796527 6695360501246853120 n
kumama282828

ミキモト真珠島では季節により営業時間が変動します。朝早い時間や夕方に利用したい場合は、事前に営業開始時間や営業終了時間を確認しておきましょう。また、ミキモト真珠島は入場料金がかかります。ここからはミキモト真珠島の営業時間と入場料金についてご紹介していきます。

今日の営業時間を確認しよう

20838164 1953701354914718 3970974758694027264 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ume.jellyfish

ミキモト真珠島の営業時間は季節により、営業開始時間と営業終了時間が変動します。かなり細かく設定されているので、訪問する前に必ず施設のホームページの営業案内で確認をしておきましょう。

チケットの販売は営業終了時間の1時間前までとなっています。ミキモト真珠島は年末年始も休まず営業していますが、毎年12月の第2火曜日から3日間が休業となるのでお気を付けください。

入場料と割引情報

20969351 111771439533708 4601517520145350656 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
emicocot

ミキモト真珠島は、島に入る際に入場料金がかかります。入場料金を払えば、御木本幸吉記念館や真珠博物館など島内は自由に見学する事ができます。ただし、お土産だけ購入したいという場合でも入場料金が必要になるのでお気を付けください。お得な価格で利用できる前売りチケットや共通チケットもおすすめです。

当日の入場料金

32284980 961473344026480 5191867719942668288 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
enjhu_journey

ミキモト真珠島で当日に窓口で料金を払う場合、入場料金は大人1500円、小人(小・中学生)750円となっています。

20名以上の団体の場合は、大人1200円、小人600円です。また、学生の団体は高校生700円、中学生500円、小学生400円で、引率の教職員は無料となっています。障がい者は手帳などを提示すれば大人800円、小人400円で利用できます。

前売りチケットがお得

お得に利用するには前売りチケットがおすすめです。楽天のレジャーチケットを利用すれば、大人1200円、小人(小・中学生)600円となり、大人は300円、小人は150円お得に利用する事ができます。

そのほかにも、鳥羽水族館や鳥羽湾めぐりとの共通チケットや、「鳥羽湾めぐり、イルカ島、鳥羽水族館、ミキモト真珠島」がすべて楽しめる共通チケットなど、お得な価格で楽しめるチケットがそろっています。目的にあわせて選んで、お得に楽しみましょう。

入場に関する注意点

15625272 1417660321578578 6988016433175199744 n
renny217

ミキモト真珠島には車椅子やベビーカーでも入場が可能です。ただし、ミキモト真珠島へ渡るパールブリッジにはエレベーターが設置されていないため、研修を受けたスタッフがサポートしてエスカレーターを利用するかたちとなります。パールブリッジを渡る際に心配な場合はお気を付けください。

パールブリッジを降りた場所では、車椅子とベビーカーの貸し出しをおこなっています。車椅子は8台、ベビーカーは10台用意されていて、無料で利用する事ができます。

また、車椅子対応のトイレは「真珠博物館1階、パールプラザ1階、御木本幸吉記念館」の3ヶ所にあります。島内はスロープやエレベーターが設置されているので段差などの心配はありません。

16228897 407698856235376 4185985571765616640 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
eriihata

ミキモト真珠島には、ペット同伴での入場が可能です。ただしリードを使用し、混雑時はケージに入れるなどの配慮を忘れないようにしましょう。

レストランはペット同伴での利用ができないため、レストランのスタッフさんに声をかけてケージやサークル場所を教えてもらいましょう。マナーを守って、ペットと一緒にミキモト真珠島をお楽しみください。

ミキモト真珠島へのアクセス方法と駐車場

21688617 1489368151122712 5645499850758815744 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
ochoko7093

ここではミキモト真珠島へ電車と車でのアクセス方法と、ミキモト真珠島の駐車場をご紹介します。

ミキモト真珠島は駅からのアクセスが良く、電車での訪問もおすすめです。また、有料となりますが専用の駐車場があり、周辺にも見どころがたくさんあるので、車でも訪問しやすい施設となっています。

住所 三重県鳥羽市鳥羽1-7-1
電話番号 0599-25-2028

ミキモト真珠島までのアクセス方法

ミキモト真珠島の最寄り駅は、JR参宮線または近鉄鳥羽線の「鳥羽駅」です。各地からの所要時間は、大阪から2時間ほど、京都から2時間15分ほど、名古屋から1時間30分ほど、東京方面からは3時間20分ほどとなっています。鳥羽駅からは徒歩5分ほどでミキモト真珠島の入口となるパールブリッジに到着となります。

ミキモト真珠島へ車でのアクセスは、伊勢自動車道・県道37号・伊勢二見鳥羽ライン・国道42号を通るルートとなり、所要時間は大阪から3時間ほど、京都から2時間ほど、名古屋からも2時間ほどとなっています。東京からの場合は伊勢湾フェリーを使うルートで、所要時間は6時間45分ほどです。

駐車場情報

21568599 1465036983582717 3640420902929170432 n
aries.ey18

ミキモト真珠島には、3つの駐車場があります。乗用車のみ利用できる「ミキモトパーキング」と「岩崎駐車場」、乗用車・観光バス・マイクロバスが利用できる「専用駐車場」の3ヶ所となっています。普通車の料金は2時間まで500円で、1時間延長ごとに250円となっています。車椅子を利用している場合はミキモトパーキングがおすすめです。

「ミキモト真珠島」は真珠の魅力を再発見できるスポット!

三重県鳥羽市にある「ミキモト真珠島」について、さまざまな施設や人気のお土産、期間限定で楽しめる体験イベントなどをご紹介してきましたが、魅力は伝わりましたか?ミキモト真珠島は真珠の魅力を再発見できるスポットとなっているので、興味はある人はもちろん、そうではない人でもぜひ訪問して、真珠の魅力に触れてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
mayuge

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ